チケット情報はこちら


5月8日に東京・日生劇場にてミュージカル『グレート・ギャツビー』 が開幕しました。

原作はアメリカ現代文学を代表するF・スコット・フィッツジェラルドの名作小説。

これをを1991年に宝塚歌劇団雪組でミュージカル化、その高評価が現代の活躍にも繋がっている演出家・小池修一郎が、井上芳雄を主演に据え、新作として創出する意欲作です。


★公演の模様はコチラで→ 開幕レポート


初日公演には、小池修一郎版『グレート・ギャツビー』のオリジナル版とも呼べる、1991年に宝塚歌劇団雪組公演『華麗なるギャツビー』で主演・ギャツビーを演じた杜けあきさん、デイジーを演じた鮎ゆうきさんもご来場!

井上芳雄さん曰く"レジェンド"のおふたりが、終演後、舞台裏でキャストと交流をはかりました。


▽ 左から、杜けあきさん、ギャツビー役:井上芳雄さん、デイジー役:夢咲ねねさん、鮎ゆうきさんgatsby2017_04_01_9914.JPG


杜さんと鮎さんのおふたりに2017年版『グレート・ギャツビー』の感想を伺いました。





―― 2017年版『グレート・ギャツビー』をご覧になった感想を。

「素晴らしかったです。1幕は、自分たちがやった台詞も多く、懐かしく拝見していたのですが、2幕は私たちのものより大人の世界を表現されていて、まったくの新作のようで、とても新鮮に拝見しました」

「ギャツビーの世界は独特の世界観があります。衣裳や音楽含め、媚薬のような毒気もあり、この世界に気持ちよく酔わせていただきました」gatsby2017_04_02_0572.JPG

チケット情報はこちら

5月8日に東京・日生劇場にてミュージカル『グレート・ギャツビー』が開幕しました。
gatsby2017_03_02_0360.JPG
原作はアメリカ現代文学を代表するF・スコット・フィッツジェラルドの名作小説。
これをを1991年に宝塚歌劇団雪組でミュージカル化、その高評価が現代の活躍にも繋がっている演出家・小池修一郎が、井上芳雄を主演に据え、構成や音楽を一新、新作として創出する意欲作です。

今回はその開幕レポートをお届けします!


舞台は1920年代のNY。第一次世界大戦がおわり、右肩上がりで国が栄えていく一方で禁酒法が施行され、光と闇がくっきり分かれた"狂乱の時代"。そんな中で主人公ジェイ・ギャツビーは、豪邸で毎晩、豪華絢爛なパーティを開き、謎の大富豪として噂になっている。彼は一体何者なのか...。

大富豪で、美男で、謎めいた男・ギャツビーに扮するのは、ミュージカル界のスター、井上芳雄
井上は隙のない立ち居振る舞いで、余裕のある男といった存在感。
パーティでのギャツビー登場シーンは、一気に観客の心を掴むこと間違いなし。

gatsby2017_03_11_0198.JPGgatsby2017_03_12_0715.JPG


しかし彼の目的はただひとつ、かつての恋人・デイジーの愛を求めることだけ...。
闇の世界も知り尽くし、常に余裕の笑みを浮かべているようなギャツビーが、デイジーに関することには、取り繕わず様々な表情を見せる。歌声のみならず、井上の芝居の深さも存分に活きる役どころだ。
gatsby2017_03_13_0515.JPG

チケット情報はこちら

KAAT神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃が演出を手掛け、近代戯曲を現代に蘇らせるシリーズの第4作目 『春のめざめ』 が開幕。

ドイツの劇作家フランク・ヴェデキントが、中等教育機関で学ぶ少年少女の姿を赤裸々に描いた作品だ。

1891年の発表当時、社会に衝撃を与えた問題作は、現代に何を見せるのか? 

客席に入ると、そこには"めざめる"前のような蒼然たる空間が広がっている。

舞台下部には透明のアクリル板による壁があり、音楽が始まると、少年少女役達は一列に並び、壁に向かって自らの身体をぶつけたり、外に手を伸ばしたり。一方、舞台上部には教師や親ら大人達が立ち、彼らを見下ろしている。

白井は制作発表時に本作の世界を保育器に例えたが、見方によっては動物園か水族館のよう。少年少女は、大人の観察下にあるのだ。

抑圧的な道徳観に自らを縛りつけて生きる大人達とは対照的に、閉塞感や不安に押しつぶされそうになりながらも、懸命に外へ羽ばたこうとする少年少女達。

優等生のメルヒオールは劣等生の友人モーリッツの頼みに応じて、子供の作り方を図解。

一方、同級生のヴェントラは母親に子供がどこから来るのかと訊ねるが曖昧な返事でごまかされてしまう。これらの事柄が、やがて大きな悲劇となって彼らに襲いかかるとも知らずに......。

一見スタイリッシュな世界から、生々しい出来事や感情を浮かび上がらせる白井演出の妙。

その中で、運命に翻弄されながらも芯の強さと真っ直ぐな眼差しを失わないメルヒオール役・志尊淳

繊細さと誇り高さを宿したモーリッツ役・栗原類

無垢で伸びやかなヴェントラ役・大野いと

奔放で成熟した魅力のイルゼ役・中別府葵 ら若いキャスト勢が熱演し、

大鷹明良、あめくみちこ、那須佐代子、河内大和 のベテラン勢がそれを支える。

降谷建志の憂いを帯びた抒情的な音楽、平原慎太郎によるエッヂの効いた振付も功を奏して、緊密にして先鋭的な劇空間が立ち現れた。

開幕前の囲み会見では、

志尊 「稽古場ではメルヒオールが社会に対して抱く憤りと向き合ってきました。白井さんやみんなと作ってきたものを、舞台で最大限に出し、そして超えていきたい」

大野 「緊張していますが、稽古も沢山したし、自分なりに沢山考えたので、あとはヴェントラをちゃんと生きたい」

栗原 「不安がないと言ったら嘘になるけれど、みんなで一から作ってきたこの舞台で、僕らが何を表現すべきなのか考えながら挑みたい」

とそれぞれに抱負を語ったが、白井の「ベテランとは違う若い皆さんのエネルギーが、我々にとっても新鮮でしたし、その良さが舞台にも出るのではないか」という言葉通り、演じ手達の瑞々しい感性が観る者に突き刺さるような舞台となっていた。

取材・文:高橋彩子

-----------------

げきぴharumeza_266.jpg

げきぴharumeza_105.jpg

げきぴharumeza_448.jpgげきぴharumeza_278.jpgげきぴharumeza_278.jpgげきぴ?トリミング不可harumeza_333.jpg

撮影:二石友希

--------------------------------

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「春のめざめ」
2017年5月5日~23日 於:KAAT神奈川芸術劇場〈大スタジオ〉
主催:KAAT神奈川芸術劇場

【原作】フランク・ヴェデキント【翻訳】酒寄進一

【音楽】降谷建志

【構成・演出】白井 晃

【出演】志尊 淳 大野いと 栗原類

小川ゲン 中別府葵 北浦愛 安藤輪子 

古木将也 吉田健悟 長友郁真 山根大弥

あめくみちこ 河内大和 那須佐代子 大鷹明良 

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

2.5次元舞台からシェイクスピアまで幅広く活躍中の平野 良×元宝塚の帆風成海×人気お笑いコンビ・エレキコミックの今立 進、演出は劇団「□字ック」の山田佳奈、という前代未聞な組み合わせの3人芝居が5月に上演されます。

「もっと気軽に文学と演劇に触れられるものを!」をテーマに立ち上げられた'文劇喫茶'シリーズの、記念すべき第一弾となる本作。

演目は、夏目漱石『それから』で、定職に就かず、毎月1回、本家にもらいに行く金で裕福な生活を送る長井代助(平野)が、友人・平岡常次郎(今立)の妻である三千代(帆風)とともに生きる決意をするまでを描きます。

そんな注目の本作で親友役を演じる、平野さんと今立さんに、前・後編でお話をうかがいました。

役柄の話や出演者3人の相性のよさなどを語っていただいた前編。後編ではだんだんと思わぬほうに話が進んでいき...?

げきぴあげきぴあNL0_1700.jpg

――原作のストーリー全体への感想もお聞かせください。

平野:僕はねー...あまり好きではないんです。

今立:三角関係?

平野:読んでて心が苦しくならないですか?昼ドラとかもそうですけど。俺、心が持たないんです。だからドラマは最後まで観れないですもん。

――それは登場人物の気持ちになってしまって辛い? 見ていて辛いってことでしょうか?

平野:みんなの気持ちになって観ちゃうので耐えられないです。僕は、そういうのは嫌だって逃げてきた人生なので。友達の恋人に恋しちゃったりもしないし、いいなと思っても誰かと付き合ってるとわかったら一瞬で引いちゃいます。

――それを演じるのってどうなんでしょう?

平野:だからこそ楽しくできるところはありますね。これは自分じゃない、っていう。

――今立さんはどうでしょうか?

今立:今びっくりしてる。僕もそうなんです。悲しい系の恋愛ものを全然見ないんですよ。僕も見てて辛くなるんです。悲しいし、なんでこんなことが起きちゃうのって。

――演じるのも辛いですか?

今立:でもいい感じにリアルになると思いますよ。しんどさから逃げられないわけだし。2人とも「なんでお前が」って心から思うだろうし。「お前知ってるだろ、俺の嫁だって」って。これはだから今まで辛い恋愛ドラマから逃げた仕打ちですね、僕らの!

平野:(笑)。

今立:でも僕も平岡みたいなところはあるんですよ。別れ話されてから必死に取り繕ってみたりとか。もう遅いことは俺もわかってるのに、追わずにはいられおれない。彼女が読んでる本を買って、俺も読んでみたりとか...。

平野:(笑)超かわいいっすね!

今立:そういうダメ男な一面も...。

――それ、ダメ男ですか?

今立:結局ダメなんですよ。女の人はほぼほぼ戻ってこないですから。そういうのを経験してきたので、なんか...本当に泣いてしまうかもしれません、舞台上で。

平野:あはははは!

今立:いろいろと思い出して。うん、ありがとうございます。話してて過去の自分と向き合えました!

――(笑)。

今立:......いいときって気付かないんですよね。

平野:居酒屋みたいになってきた(笑)。

今立:男ってだめなんですよ...。

げきぴあげきぴNL0_1658.jpg

げきぴあげきぴあNL0_1650.jpg

――平野さんは、代助の行動でわかるところはありますか?

平野:いや、ないですね。でも僕、人妻とか奪う役、多いんですよ。

今立:(笑)。

平野:なんでなんですかね。全然そういうとこないんですけどね。来る者は拒まないですけど、去る者も追わないし。十代の頃とか「別れよっか」って言われたら「じゃ、バイバイ」って言うので「何で止めてくれないの!」ってなってましたよ。すぐ引いちゃうんです、傷つきたくないし。

今立:でもその前はあったんでしょ? "追う良"が。

平野:ありました、高校生のとき。

今立:ほら、あるんですよ! 追う良も。男がなんでそうなったかっていうところをちゃんと考えてください!

――はい(笑)。

平野:そこで傷ついてしまったから、もう...。

今立:わかる、わかるよ! 黒霧ロックでお願いします!

全員:(笑)

平野:いやーだって飯食えなくなったよ、そのとき...(居酒屋トークは続く)

今立:でも今話した僕らの経験からの共感もそうですし、原作で描かれている時代だけのものじゃないですよね。みんなが経験してきたことだったり、これから経験するかもしれない恋愛だったり。決して古い話とは言えないと思うので、。ぜひそこら辺もふまえて観てもらいたい。あと、この記事を読んだ人は「ああ、二人とも過去に追いかけた人生があったんだな」って(笑)、そう思って観ていただくと面白いと思います。

――では最後に舞台を楽しみにしている皆さまに一言お願いします。

平野:恋愛っていつの時代もあるものだし、時代は違えどもきっと胸に刺さる作品だと思います。観ててイライラしたり、むかむかしたり、切なくなったり、キュンとしたり、いろんな感情を与えられる作品だと思うし、僕らもそうできるようにこれからがんばっていきいます。文学作品っていう敷居は杞憂に終わると思いますので、ひとつの舞台作品として気軽に観に来ていただきたいです。

今立:劇場で待ってます!

平野:(笑)。もう一声!

今立:話してて、やっぱりみんなに共通するものがいっぱいあるんだなって。ふたりで話しただけでもこれだけいろいろ出てきましたし。きっと女性側の想いもあると思います。多分僕らもやっていくうちに変わっていくものもあると思う。そうなると感じ方も変わるはずだから、ぜひ全公演観に来てください!

平野:全公演(笑)。でもこれ観終わった後の女子会は楽しいと思いますよ。女の子は「あーでもないこーでもない」がいっぱい出てくると思います。

――男性はどうですか?

平野:男性のお客さんは共感するんじゃないですか? 男は(代助と平岡)どっちの要素もあると思うし。亭主関白気取って胡坐かいてたら...

立:三行半突きつけられてね!

平野:逆に意外と一途なんですっていう、男の正当化する気持ちもあるし。男って正当化するんですよ!自分を。

今立:ああ~(と深く頷く)。

平野:だから面白いと思いますよ。

今立:それを違うジャンルから集まってきた僕らが演じるということで、そんなに重い感じにもならないと思いますし。文劇"喫茶"ですから、軽い気持ちで。アフタヌーンティー感覚で気軽に来てください。まあ、アフタヌーンティーってけっこうガッツリなのでびっくりしますけどね(笑)。

げきぴあげきぴあNL0_1716.jpg

文劇喫茶シリーズ 第一弾 舞台『それから』は5月 3日(水・祝)から14 日(日)まで、東京・俳優座劇場で上演。

文:中川實穗

-----------------------------

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

miu001.JPG 作・演出の岩松了にとって、「国民傘」以来、6年ぶりとなるザ・スズナリでの新作公演「少女ミウ」。
堀井新太、黒島結菜をはじめ、10名の若手俳優との芝居づくりの現場は、ほどよい緊張感に包まれている。繰り返し行われる部分稽古は、岩松の具体的な指示で、ちょっとしたニュアンスが変わり、全体の空気もがらりと変わる。

miu002.JPG miu003.JPG若い俳優たちの素直な演技で、字面ではわかりにくかったそれぞれの関係性もあらわになっていき、まさに行間に書かれた空気感があらわれてくる。
家族の最後の晩餐のシーンで岩松が繰り返し口にするのは、「何気ない会話にしないで」ということ。一言一言が緊張感を孕み、隠された感情が関係を動かしてゆく様が、具体的に見えてくると、なぜ、この会話が今なされているか、その深い意味に納得できる。

miu004.JPG miu005.JPGお芝居は、家族の食卓のシーンと、少女ミウがマスコミに注目されてある番組に参加するTV局のシーンが交互に展開する。
時間軸のずれた二つのシーンがそれぞれに影響しあい、時折融合するような気配も見せる。二つのシーンで二役を演じる役者もいるのだが、それぞれの役割に共通点と、その役でなければならない意味があることがわかってきて、興味深い。

miu006.JPG miu007.JPG色んな意味で、「多重構造」になっている、一筋縄ではいかない戯曲に、若い俳優たちが真摯に向き合い、演出家の指示に愚直に取り組む姿に、完成形の舞台が早くも楽しみな、今日の稽古場である。

miu008.JPG miu009.JPG <公演情報>
M&Oplaysプロデュース「少女ミウ」
公演期間:2017/5/21(日)~6/4(日)
会場:ザ・スズナリ(東京・下北沢)
チケットは好評発売中!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

5月8日に東京・日生劇場で開幕するミュージカル『グレート・ギャツビー』の通し稽古を取材した。20世紀文学史における最高傑作のひとつと言われるF・スコット・フィッツジェラルドの名作小説『グレート・ギャツビー』を、1991年・2008年に宝塚歌劇団でも舞台化している小池修一郎が、宝塚版とはまた違う、新たなミュージカル化に挑む意欲作。ミュージカル界が誇るスター、井上芳雄を主演に据え、今春『BANDSTAND』でブロードウェイ・デビューを果たしたリチャード・オベラッカーが全曲書き下ろすナンバーも注目の、話題作である。
gatsby01_h02h03_1123.jpg
舞台エリア奥には、緩やかにカーブを描く大きな階段。左右に割れる円形のセット。稽古場での通し稽古のため、仮のセットで、俳優たちも稽古着だったが、奥行きのある舞台空間が広がっていて、本番では美しく叙情的な空間になりそうな予感がする。そんな中、キャスト同士が声を掛け合い、和やかな雰囲気から通し稽古はスタート。しかしひとたび物語がはじまると、ミステリアスなオープニングからめくるめく1920年代のNYの華やかで退廃的な世界に飲み込まれていってしまう。このインパクトある鮮やかな構成は、鬼才・小池修一郎の脚本の上手さだ。

チケット情報はこちら

1996年オフ・ブロードウェイで初演、以降、世界中で熱烈に愛されているミュージカル『RENT』

20世紀末のNYを舞台に、セクシャルマイノリティー、HIVポジティブ、貧困、麻薬中毒...様々な現代的な悩みを抱えながらも、夢に向かって生きている若者たちの姿を描いたビビッドな物語、
そして『Seasons of Love』などの珠玉のナンバーの数々も、愛されるポイントです。

日本でもたびたび上演されている作品ですが、この夏、2年ぶりに『RENT』がやってきます!

2015年公演で、初の翻訳ミュージカル出演ながら、主人公・マーク役に抜擢された村井良大さん
その後、『キム・ジョンウク探し あなたの初恋探します』 『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』とミュージカル界でも着実にステップアップしている村井さんに、
2年ぶりに『RENT』の世界に挑む思いを伺ってきました。


◆ 村井良大 ロングインタビュー ◆

RENT2017-02_01_9369.JPG
『RENT』は僕のベスト・オブ・ミュージカル


―― 『RENT』2回目の挑戦ですね。初出演が2015年公演でしたが、2年前の公演を振り返るとどんな思い出ですか?

「大変でしたね。大変でしたよ!」


―― なにが大変でしたか?

「楽しすぎて大変でした(笑)」


―― なるほど(笑)。村井さんはその後、様々なミュージカルの舞台を踏んでいますが、翻訳ミュージカルとしては、2015年版『RENT』が初挑戦でしたね。

「そうです。海外ミュージカルも初めてでしたし、海外の演出家さんの作品に出演するのも、初めての経験でした。毎日すごく刺激的でしたね。共演のみんなも、俳優をメインでやっている人はもちろん、音楽活動がメインだったり、さらにやっている音楽のジャンルも違っていたり、出身国も違ったり...バラバラなフィールドから集まっていた。そのみんなが、こんなにもバラバラなんだけどひとつになっていくというのが、すごく不思議な体験でした


―― 『RENT』カンパニーって、独特ですよね。空気感が本当にファミリーのようで。

「独特ですよねー。でも僕は、本格的なミュージカル経験がここから始まったから、これが当たり前になってしまいました。もちろん、距離感の近さとかに驚きはしたんですが、特殊なところをいきなり知りすぎちゃった感じで、僕、もう『RENT』以外は(ミュージカルは)無理なんじゃないかなあ...って思ったくらいです(笑)。でも"特殊"からスタートしたというのは、僕の人生、やっぱりこういう流れなのかな(笑)」


―― 「やっぱり」なんですか(笑)?

「王道を歩まないというか(笑)」
RENT2017-02_04_9408.JPG

チケット情報はこちら

princess002.JPG  近ごろバレエ関連のニュースがメディアをにぎわせている。ローザンヌをはじめとする国際バレエコンクールにおいて日本の若いダンサーが相次いで受賞し、"バレエ界のアカデミー賞"と称されるブノワ賞を2014年と2016年 に日本出身者が獲得した快挙も話題になった。昨年、英国ロイヤル・バレエ団に吉田都以来となる2人の日本人プリンシパル(最高位のダンサー)が誕生した際に大きく報じられたのも記憶に新しい。

princess003.JPG
princess003.JPG 日本のバレエ界は卓越した踊り手を続々輩出し、その点に関しては世界レベルにあろう。しかし公演となると――。来日公演や日本を代表するバレエ団である新国立劇場バレエ団の公演に通う熱心な観客もいるが、本格的な舞台に接したことのある方はまだまだ少ないはず。バレエと聞けばチュチュを付けたバレリーナがキラキラと舞い踊るおとぎ話を想像される方が多いかもしれない。でも、それは表面的なこと。人間の身体が珠玉の音楽とともに奏でる夢の世界は奥深く、見る人の心を潤す。だからこそ五輪を目指すフィギュアスケーターたちもバレエの門を叩き、そのエッセンスを吸収しようとするのだろう。

princess003.JPG
 そうしたバレエ芸術の豊かな魅力をあらためて感じたのが昨年(2016年)3月、東京で初演された「バレエ・プリンセス~バレエの世界のお姫様たち~」(主催:チャコット株式会社)。古典バレエのヒロインであり、女性の永遠の憧れであるプリンセス=お姫様に焦点をあて、「白雪姫」(音楽:チェレプニン)に始まり、「シンデレラ」(音楽:プロコフィエフ)、そして古典バレエの代名詞「眠れる森の美女」(音楽:チャイコフスキー)という誰もが知る物語で構成されていた。とはいえ単なるダイジェストや子供向けではない。バレエを習う愛らしい少女アンが登場し、悪役のヴィランにほんろうされたり、善の精に優しく導かれたりしながら3つのプリンセスの物語を旅する。良質のアニメーション映画に接しているかのような目くるめく展開とバレエならではの華やかな踊りを楽しめる快作で、好評を受けて今年は金沢・東京で上演される運びとなった。

princess003.JPG
演出・振付は伊藤範子。名門・谷桃子バレエ団のプリマバレリーナとして名をはせたが振付にも並々ならぬ才能を発揮し、先ごろミラノ・スカラ座での研修を終えて技量を一層磨き上げている。おとぎ話を楽しく感動的に盛り上げ、センスあふれる秀作に仕上げた腕前は非凡だ。宣伝画を少女漫画の巨匠・萩尾望都が担当しているのも注目点である。 3人のプリンセスをはじめとして出演者も豪華だ。「眠れる森の美女」のオーロラ姫を踊る米沢唯、「シンデレラ」、「白雪姫」それぞれのタイトル・ロールの池田理沙子、木村優里は新国立劇場バレエ団の公演で主役を務める。なかでも米沢は平成28年度(第67回)芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞したばかりで、現在最も見るべきバレリーナのひとり。善の精の西田佑子、悪役ヴィランの逸見智彦(牧阿佐美バレヱ団)も日本バレエ界の至宝である。王子役の橋本直樹(「シンデレラ」)、浅田良和(「眠れる森の美女」)も、日本バレエ界を束ねる日本バレエ協会の公演でも主役を務める実力者である。ソリスト、アンサンブルも精鋭がそろい(前述した世界的コンクール受賞経験者も多数出演)、2014年のローザンヌ国際バレエコンクール第1位に輝き、世界最高峰のパリ・オペラ座バレエ団と短期契約も交わした二山治雄が「眠れる森の美女」でブルーバードを踊るのも見逃せない。

princess003.JPG
princess003.JPG
所属の垣根を越え第一線で活躍する、いま旬のスターたちが集結し、1つの作品のなかで一丸となって共演するのは極めてまれだ。それが実現したのは「バレエファンを1人でも多く増やしたい」という強い想いがあるからに違いない。今回の公演はバレエ鑑賞普及啓発公演と銘打たれた特別公演だが、バレエ好きも必見の濃い内容である。美の極みであるプリンセスの世界に誘われ、そのきらめくオーラを全身に浴び、生き返ったような清々しい気分で帰路につけるだろう。ぜひ劇場へ足を運ばれてはいかがだろうか。

舞踊評論家:高橋森彦
(写真:瀬戸秀美)


<公演情報>
バレエ・プリンセス ~バレエの世界のお姫様たち~
6/4(日) 石川・北陸電力会館 本多の森ホール
7/20(木) 東京・新宿文化センター 大ホール

チケット情報はこちら

4月27日、第42回(2016年度)菊田一夫演劇賞授賞式が開催されました。
kikutaaw42th_01_9761.JPG
菊田一夫演劇賞は、演劇界に偉大な足跡を残した菊田一夫氏の業績を伝えるとともに
演劇の発展のための一助として大衆演劇の世界ですぐれた業績をあげた芸術家(スタッフ・キャスト)を表彰するもの。

今回は、2016年4月1日から、2017年3月末日までに東京で上演された作品が選考の対象となっています。


●菊田一夫演劇大賞
麻実れい
...『8月の家族たち August:Osage County』のバイオレット、『炎 アンサンディ』のナワルの役の演技に対して

●菊田一夫演劇賞
中川晃教
...『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリの役の演技に対して
小池徹平
...『1789-バスティーユの恋人たち-』のロナン、『キンキーブーツ』のチャーリー・プライスの役の演技に対して
新橋耐子
...『食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~』の八重役の演技に対して
藤田俊太郎
...『ジャージー・ボーイズ』『手紙 2017』の演出の成果に対して

●特別賞
勝柴次朗
...永年の舞台照明デザインにおける功績に対して


授賞式での皆さんのご挨拶を、ご紹介いたします!


麻実れいさん
kikutaaw42th_11_9780.JPG
「このたびは『8月の家族たち』『炎 アンサンディ』の舞台で、菊田一夫演劇賞大賞を頂きました。どうもありがとうございます。
演出のケラリーノ・サンドロヴィッチさん、上村聡史さんから豊かな本をいただき、カンパニーに恵まれ、お客さまに支えていただき、この受賞が叶いました。KERAさんと上村さんの作られる世界はとても深く、仲間たちとともに、その中で充実した時間を過ごさせていただきました。みんながいなかったらきっとこの大きな作品を乗り越えることはできなかったと思います。心から感謝します。
桜の咲く季節に宝塚歌劇団で初舞台を踏み、47年目の春を迎えています。この先どうなるかわかりませんが、頂いた勇気をもって、改めて歩き出したいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします」
kikutaaw42th_12_9664.JPG

チケット情報はこちら

20世紀文学史における最高傑作のひとつと言われるF・スコット・フィッツジェラルドの名作小説『グレート・ギャツビー』

本作を1991年に宝塚歌劇団で"世界初のミュージカル化"し、成功させた小池修一郎が、キャストのみならず脚本・演出・音楽を一新して新たにこの名作に挑みます

主役である謎の大富豪、ジェイ・ギャツビーを演じるのはミュージカル界のトップランナー、井上芳雄
ほか、夢咲ねね、広瀬友祐、畠中洋、蒼乃夕妃、AKANE LIV、田代万里生ら、華も実力もあるキャストが揃いました。

gatsby2017_01_01.JPG
(写真は1月に行われた製作発表会見より)

来週の開幕も待ちきれない本作ですが、稽古場動画が到着しました!


先日、ブロードウェイデビュー作『バンドスタンド』が開幕したばかり、そして早くも「ドラマ・デスク・アワード」で優秀作曲賞にノミネートを果たしているリチャード・オベラッカーによる楽曲も美しくカッコよく必聴! ですが、動画自体、期待感が高まる素敵なものになっていますのでぜひ!
gatsby2017_01_02.JPG
【バックナンバー】

【公演情報】
5月8日(月)~29日(月) 日生劇場(東京)
6月3日(土)~15日(木) 中日劇場(愛知)
7月4日(火)~16日(日) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
7月20日(木)~25日(火) 博多座(福岡)

チケット情報はこちら

<< 前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ