演劇集団 円の最近のブログ記事

おかげさまで『ガリレイの生涯』、無事に幕を閉じました。
三時間という長丁場を支えてくださったお客様の熱気と体力に、心から感謝申し上げます!!!

本当に、最高のスタッフとキャストに恵まれました。
結果、とても円らしい、そして私らしいブレヒトになったのではないでしょうか。
私にしては珍しく、いま、とても爽やかな気持ちでおります。

撮影:宮内勝
en_08.jpg

撮影:宮内勝
en_09.jpg

撮影:宮内勝
en_10.jpg

撮影:宮内勝
en_11.jpg

さて、私個人の予定ですが、次は10月に三鷹のnext selectionでのモナカ興業の公演が控えております。
近くなりましたら、また、げきぴあにていろいろ書かせていただくことになると思います。
モナカ興業にもぜひぜひお越しくださいませ。

昨日はここがよかった。
今日はここがよかった。

撮影:宮内勝
en_06.jpg

うん、芝居って本当にナマモノだな。
なんて思いながらシアタートラムに通う毎日もあさってで終わりです。

あさってかー、早いなー。

芝居も日に日によくなっているし、あと一ヶ月ぐらい上演できる力も残ってる!
もったいないなー。うん、もったいない。

しかし開けた幕は下ろさねばなりません。
一ヶ月できる力、芝居のノビシロ、この全てを残り3回に注ぎ込みますので

みなさま是非お運びください!!

撮影:宮内勝
en_07.jpg

チケット情報はこちら

昨日、4回目の公演が無事終了しました。
立ち見が出るほどのパンパン具合。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます。

さてさて、今回はお運びいただいても見ることが出来ない楽屋をご紹介したいと思います。

まずコチラが楽屋その①
en_03.jpg

比較的若手男性楽屋です。
よく言えば元気がある。悪くいえば落ち着きがない。
そんな感じです。

続いて楽屋その②
en_04.jpg
ベテランのみなさんです。
さすがにどっしりと落ち着いて...ないですね。
ノリノリです。

最後はお楽しみ女性楽屋
en_05.jpg
...撮影NGでした。

なんて書いてるうちにもうこんな時間か。
さぁ、5回目の幕が開くまであと1時間!
今日も頑張りましょう!!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

3日目の戦いを終えた吉見さんです。
頭の中はもう明日の本番のことでいっぱい......のハズです。
残りの8回!
みなさまのご来場お待ちしおります!


en_02.jpg


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

みなさん、はじめまして。
演劇集団円演出部の森新太郎です。

...せっかくなんで『ガリレイの生涯』のお話を少ししますか。

この作品は1人の科学者の生き方が書かれていて、ガリレイの飽くなき探究心と、そのときの社会状況や国家権力、民衆の力などに揺さぶられてしまう姿に焦点があてられています。
3・11の後、科学と社会のあり方を今一度見つめ直さなくてはいけない時期であると思い、この作品を選びました。
みなさんご存知の通り、ガリレオ・ガリレイは中世ヨーロッパに実在した科学者で、宗教裁判において自説(地動説)の撤回にまで追い込まれた人物です。
しかし、ブレヒトの描くガリレイは、教科書で教えられる「科学の受難者」的なヒーロー像とはまるで違います。
正直、あまり身近にはいてほしくないような人物かもしれません。とにかく"欲望"の塊です。困った人です。
しかし、彼の探究心もそこから湧いてくるのです。
人間的と言えばあまりに人間的な人物として描かれており、そんな彼の"苦悩"と"屈服"は我々にも身につまされるものがあります。

さてさて、今作は劇中で約30年の時間が経過します。
ともなれば登場人物の数も多いわけで...
なんと80近くの人物が登場します!
それを演じ分けるのは円が誇る21名のキャスト!!
うちの役者はみんな芝居が「上品に収まりたくない、まずは体を動かしたい」って感じで良くも悪くも野生的です。
でもそれが「円」の特徴の一つじゃないかと思ってるんですけどね。
『コレが円だ』と言える作品になると思うので、7月はシアタートラムへ是非お運びください!

これから稽古場の様子や今回の見所、私の"苦悩"とほんの少しの"屈服"(?)をお送りできればいいなと思ってます。

ではまた。

en_01.jpg

チケット情報はこちら

【演劇集団円 森新太郎 】

1976年、東京都生まれ。福島大学在学中より演劇活動を始める。
2000年、円演劇研究所に入所。02年、演劇集団円演出部に入団。以降、本公演の演出助手として、橋爪功、岸田今日子、金田明夫などの俳優から信頼を得る。
同年10月にマーティン・マクドナー作『ロンサム・ウェスト』で本公演デビュー。
07年、仲谷昇・岸田今日子追悼公演『天使都市』(松田正隆作)、08年、『田中さんの青空』(土屋理敬作)、『孤独から一番遠い場所』(鄭義信作)、09年、『コネマラの骸骨』(マーティン・マクドナー作)を演出。
『ゴドーを待ちながら』(新国立劇場主催)、『夏の夜の夢』(水戸芸術館主催)など外部での活動も多い。ほかに自らが主宰するモナカ興業で、全公演の演出を手掛ける。

en-profile.jpg


~受賞歴~
平成20年度千田是也賞(毎日芸術賞演劇部門寄託)
平成21年度文化庁芸術祭優秀賞

演劇集団円 公式サイト


【公演情報】
「ガリレイの生涯」
作:ベルトルト・ブレヒト 訳:千田是也
演出:森新太郎

出演: 野村昇史/柏木隆太/高林由紀子/大谷朗/小川隆市/中平良夫/山崎健二    
    廣田行生/伊藤昌一/青山伊津美/福井裕子/石田登星/田原正治/吉見一豊
    石井英明/高橋理恵子/佐藤芳江/石原由宇/乙倉 遥/戎哲史/ハゼヤマ俊介

日時:7月6日(金)~15日(日)
会場:シアタートラム


チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉