舞台のウラ話の最近のブログ記事

チケット情報はこちら

ソング&ダンス、芝居、タップ、ミュージカル、スケッチ(=コント)など、色とりどりの要素が詰まったエンタテインメントショー『CLUB SEVEN』シリーズの最新作が、6月8日(木)に東京・シアタークリエで開幕します。

2003年に始まった"怒涛のジェットコースター大娯楽エンタテインメント"11作目となる今作のタイトルは『CLUB SEVEN-ZERO-』。『ZERO』に込められた想いは以前、座談会(http://community.pia.jp/stage_pia/2017/04/club-seven-2.html)でお話しいただきましたが、構成・脚本・作詞・訳詞・演出・振付・出演(1人7役!)の玉野和紀さんが「『CLUB SEVEN』の原型を創り上げた」と話す、吉野圭吾さん、東山義久さん、西村直人さんの"レジェンドメンバー"が6年ぶりに集結したことが大きな理由。それに加え、3rdに出演した香寿たつきさん、6thに出演した原田優一さん、初出演の蘭乃はなさんも参加し、1stと同じ<男5人・女2人>の構成で上演されます。

今回、5月半ばに行われた顔寄せ(出演者やスタッフが集まる会)におじゃましてきました!

IMG_8166.jpg

チケット情報はこちら

ミュージカル『王家の紋章』再演が、昨年の初演を経て、現在好評上演中です。

約半年という異例のスピードでの再演にもかかわらず、大きなところから細部に至るまでブラッシュアップされた、新たな『王家の紋章』になっており、キャスト陣も日々熱演中!


5月7日に千秋楽を迎えた東京公演に続き、5月13日(土)には大阪公演が開幕します。


再演版のみどころやディープな裏話を、ともに「王族(=原作漫画のファン)」でもあるメンフィス役・浦井健治さん、キャロル役・新妻聖子さんに伺いました。

東京公演終盤の某日行われた、公演直後のアツい対談をご堪能ください!

浦井健治 & 新妻聖子
ロングインタビュー

oumon2017-04_01_0500.JPG

●再演で、どこが変わった?


―― メンフィスとキャロルのおふたりに揃ってご登場頂いて光栄です!

新妻「(浦井さんに)いやー、なんか、久しぶりだねえ!?」

浦井「いやいや、今、一緒に舞台に立ってたでしょ!」

新妻「そうなんだけど!"健ちゃん"と会うのは久しぶりな感じだよ!」

浦井「あぁ、それね。しかも、この間廊下で「メンフィス~!」って言ってたよね」

新妻「そうそう、私、自分の昼公演が終わったあと、しばらく用事があって楽屋にいたんです。それで廊下で夜公演に出ていくメンフィスと素の状態ですれ違ったら「メンフィスだー!!」って思ったんですよね」


―― ご自分がキャロルじゃない状態で。

新妻「自分がキャロルでいる時は平気なのに。「あー!メンフィスだ!」って...」

浦井「言った、言った。あなたキャロルでしょ、何を考えてるの!? って思ったよ」

新妻「もう、「ひゃあ!」ってなっちゃって。マイケル・ジャクソンに会った、みたいな感覚よ。だから冷静に見ると健ちゃん、相当メンフィスですよね」

浦井「わははは(笑)!」


―― さっそく、仲の良さが滲み出ておりますが...。現在『王家の紋章』再演を好評上演中です。昨年8月の初演を経て、半年ちょっとのはやさでの再演となりましたね。

浦井「稽古最初から全ステージングが変わっていくし、間に合わないんじゃないかと思うくらいだったんです。でも聖ちゃんと、稽古場で "メンフィス&キャロルはこうだ"というようなことを、どんどん提示していったの。これがすごく有意義な時間になって、今僕は「この人に一生ついていこう」ってくらいになってます(笑)」

新妻「あっはっは(笑)。ついてこーい!」

浦井「エジプト統一しちゃってください(笑)! ...いやもう、ほんと頼もしかった。でも愛らしいし、最高だよね」

新妻「ありがとうございます。私は今回、"芝居の稽古"の時間があったことがすごく楽しくて。初演はゼロから立ち上げる作業なので、例えるならばみんなが大工さんで、家の枠組みを全員がトンカチを持ってひとつずつ釘を打って作り上げた、って感じなんです。今回はもう、枠組みは作って頂いていたので、家のインテリア選び、内装から始められた」

浦井「そうそう」

新妻「内装というのはつまり、役の中身。心を作る作業に1ヵ月かけられた手応えがあります。それが今回の公演の充実に繋がってるんじゃないかな」


―― とはいえ、初演からこんなに変わると想像してました?

浦井「演出の荻田(浩一)さんはじめ、みんなの中に「変えたい」という思いがあったんだよね」

新妻「でも私は、むしろもっと変わると思ってました」


――本当ですか?

浦井「結構違いますよね? ...そうだよ! 全部違うじゃん!」


―― と、思います。新曲の追加やシーンのカットとかもありますが、やっぱりセットがずいぶん変わったので受ける印象が違いますし、皆さんの動線もずいぶん変わったなと。

新妻「それは荻田さんのメスの入れ方が上手いんですよね。やってる側としては実はそんなに変わった感覚がないんです。お客さまの第一印象は、セットが変わった! というのが多いみたいですね。今日も観に来てくださった方がそれを話していました。中にいると私、本当に気付いていないんですけど(笑)」

浦井「えー!? もう東京公演終わるから、そろそろわかって(笑)」

新妻「(笑)。どこが変わったの?」


―― なんというか、"石"感が出ました。古代エジプトの石の宮殿感が。高低のバリエーションもついて。

浦井「古代感ね!」

新妻「そうなんだ~!いやほんと、気付いてなくて」

浦井「この太陽のように天真爛漫な聖ちゃんが、どーんと居てくれる、それがメンフィスとしてどれだけ心強いか!...って、ことです(笑)!」
oumon2017-04_02_0023.jpg

チケット情報はこちら

昨年10月にスタートしたアニメ『TRICKSTER』が早くも舞台化!
日本の探偵小説の礎、江戸川乱歩の『少年探偵団』を原案に、舞台を2030年を移し、少年たちが力を合わせ事件解決に立ち向かう物語です。

世紀の犯罪者・怪人二十面相が起こす怪事件、
謎の探偵・明智小五郎のもとに集う少年探偵団、
そして探偵団のメンバーのひとりである小林少年は、正体不明の"モヤ"によって、"死ねない"身体に......。
めくるめく乱歩的妖しい不可思議と、SF的要素が絡まり、謎めいた物語が紡がれていきます。


アニメはつい先日、3月27日に最終回を迎えましたが、舞台版『TRICKSTER』はいよいよこれからですよ!

細貝圭、鳥越裕貴、赤澤燈、赤澤遼太郎、輝山立、古谷大和、今川碧海、斎藤准一郎、山口大地、鯨井康介といった注目の若手俳優が揃う舞台、『TRICKSTER~the STAGE~』が、4月12日(水)に開幕します。

先日は公開稽古も披露されましたが、げきぴあではまたまた稽古場にお邪魔してきました。
その様子をレポートします。
trickster02_01_8172.JPG

【バックナンバー】


カンパニーは前回伺ったときより、広い稽古場に場所を移していました。
そして大きなセットも入ったとのことで、まずは全員で、セットの確認を。
trickster02_05_6402.JPG
ここから先は袖中になるので演技はそこより内側で、といったことや、
もちろんセットの幅・高さなどを確認して危険がないように...というようなスタッフさんの説明を、皆さんマジメな表情で聞き入っています。

チケット情報はこちら

■『ビッグ・フィッシュ』vol.9■


日生劇場で好評上演中のミュージカル『ビッグ・フィッシュ』
とても素敵な世界が広がっています。

作品の魅力に迫ったこれまでの連載はコチラ→

今回は、2月15日の終演後に開催されたアフタートークショーをレポートします。
BigFish09_01_a_1371.JPGBigFish09_02_1398.JPG
出席者は霧矢大夢さん、赤根那奈さん、藤井隆さんの3名。
司会は中山昇さんです。

翌々日は公演の折り返し地点、【中日】というタイミングで行われた、このアフタートーク。
霧矢さんは主人公・エドワードの妻サンドラ、
赤根さんはエドワードとサンドラの息子・ウィルの妻ジョセフィーン、
藤井さんはエドワードの友人ドン・プライスを演じています。
プライベートでは、霧矢さんと赤根さんがともに宝塚歌劇団出身(しかも同時期を同じ月組で過ごしていたこともある)というご関係です。

ちなみに司会の中山さんは、漁師役etcを演じています。


●まずは我らがヒーロー、エドワード・ブルーム役の川平慈英さんについて。

霧矢「はじめからすごく雰囲気のいい現場で。まず川平慈英さんが本当にもう、"ムードメイカー"を通り越して...なんなんでしょうね」

藤井"ムード"ですね!(客席笑)

霧矢「そこに藤井隆さん、ROLLYさんが加わって。皆さん個性的ですし、この作品のために生まれたんじゃないかというキャストが揃って。毎日笑い転げてます」

赤根「慈英さんはお稽古場からフルパワーで、楽しんでいらっしゃるのが伝わってくる。始まってからも、本当にエネルギーが衰えるどころかクレッシェンドしていくんですよ。毎日、カーテンコール終わったあとも舞台袖で繰り広げられるパフォーマンスがあって...

霧矢ミュージカル『グリース』(笑)。慈英さんのカーテンコールの扮装が"それ風"なので、ずっと袖で、そのマネをやって、私たちに見せてくださっている(笑)」

▽ 霧矢大夢さん
BigFish09_11_1500.JPG
中山「止まっている瞬間がないんですよね~」

藤井「慈英さんがすごく素敵な空気を出してくださって。稽古中でも「ムムっ」とか「クゥー!」とか言ってくださるんですよ(笑)。失敗しても「いいんです!」と親指を立てて言ってくださって。おかげさまで僕、人生でこんなことしたことないんですが、いい癖が出来ました。家でも何かあったら「いいんです」と親指を立てて言うようになりました。あと稽古場で楽しかったのは、霧矢さんがおいしい差し入れをいつも持ってきてくださったこと!カレーパン、ラスク、ドーナツ...それをみんなで食べてみんなで感想言うのも楽しい時間でした」

霧矢「稽古場から本番まで、"どよん"とした空気にになることがほとんどなかったですよね」

...と、カンパニーの素敵な空気が伝わってくるエピソードを披露。

▽ 「いい癖が出来た」という藤井さん
BigFish09_13_1392.JPG

ちなみに「日生劇場の空間も壁がブルーになっていて『ビッグ・フィッシュ』の世界になっている。素敵」と霧矢さん。

▽ こんなかんじです
BigFish09_15_0018.JPG

「ROLLYさんがすごく素敵なことを仰っていました。『お魚のおなかの中にいるみたいですよね』って」と藤井さん。

チケット情報はこちら

渡辺流演劇塾5期生の早石です!

オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」本日の稽古場をレポート致します!


今日は、芝居のこと細やかのことを決めていきました。

更に更にグレードアップしていっている稽古場、腹がシックスパックになるか⁉というくらい稽古場に笑いが絶えません! 段々と形になってていくことが凄いと...壮大なドタバタ劇になっております。


今日はこんな一コマをご紹介!

S__18210823.jpg

舞台を盛り上げるための衣装作りをやっております。女性陣が一丸となり作業にあたっております。どこのシーンの衣装なのか?

全ての答えは... 是非、1月18日よりシアタートラムまでお越しください!!今年初の劇場での初大笑いを!! 大いに笑えます^_^ 劇場でお待ちしております。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

こんにちは!

渡辺流演劇塾三期生の秋山日登美です。

『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古は、いよいよ活気付いております。

今日は劇中ミュージカルの振付が中心でした。

役者として、どう考えてどう動くか。自分の考えが反映されなければ活きない演技になってしまう!

当たり前の事が何故か当たり前に出来無くなっていた事をえりさんから御指摘を受け、己れに自身に愕然としているΣ(-᷅_-᷄๑)

間も最早、無い位に現実は、本番が刻々と近付いています!

そんな緊張感と1月の寒さで縮こまる心と身体を制作さんの温かい御心遣いが救って下さいます❗️

感謝の気持ちで又、明日を頑張って行きたいと思います!

宜しくお願い致します!!m(_ _)m

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

本日のレポートを担当します、渡辺流演劇塾4期生藤枝です。


初日まで数える日数となってまいりました。

稽古場にも冬の寒さなどものともしないほど熱が入ります。

半袖で稽古する人がちらほらいるほどです。


本作品「鯨よ!私の手に乗れ」は老人施設が舞台の話なのですがなんと!

歌あり、ダンスあり、更に演奏もあるのです。

ミュージカルもありますよ!

ヒップホップやりますよ!


そしてそして、今回使用する楽器の目玉のひとつがこちら!


KIMG0365.jpg


遂にお披露目。

ハープです!!

しかも3つ!!


なんと、えりさん自身が実際に触り音を確かめ選びました!

ベテランの客演の方々も、ハープの音色を初めて聞いた時は思わずため息をつかれたほどに素敵です。

ハープの柔らかな音色が、えりさんの劇世界へ誘います。



ぜひ劇場に足を運び、その音色を生でご覧下さい。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

はじめまして。
渡辺流演劇塾4期生の菊地祥子です。
オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」の稽古場レポートをします!

本日は止め通しと言い、何かあれば止めながら最初から最後まで通して演じる稽古の予定でしたが...
止まることなく最後までいきました!
通し後、演出の渡辺えりさんもおっしゃっていたのですが、とてもおもしろくなりそうです!

S__18456665.jpg
通し後は制作さんが作ってくださったおしるこで一息!
甘いおしるこで元気回復した後は、各々稽古したり、衣装や美術等の作業をしたりしました。

写真はタップを練習中の広岡由里子さん、土屋良太さん、坂梨磨弥さんです。

明日はとあるシーンの振付です!
今回、作・演出だけでなく振付もえりさんがします!
どんなダンスになるのか、楽しみです。

オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」今月18日からです。
ぜひシアタートラムにお越しください!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

初めまして。渡辺流演劇塾4期生の宮本 翔太と申します。北海道札幌市出身です!

4期生石井から引き継ぎ私 宮本がレポートしたいと思います!!

渡辺えり新作『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古場風景をお伝えします!


本日は朝から立て込み作業に入りました!!

舞台セットがドンドン出来上がって行くとテンションが上がりますね!!!

皆さんで作り上げている作品なので えりさんの熱も上がってます!!


出演してる僕も楽しみで仕方ないです !!


そんなお昼は毎日美味しいケータリングが頂けるのです!!!!!、

もうモゥ美味しくて美味しくて仕方ないんですよ~!!

本当に感謝!感謝!! 感謝!!!です!!

な・の・で!!ケータリングのご飯も次回 ご紹介させて頂きたいです!!


さてさてそんな中!

時間がたつのがはやいもんで稽古終わりになってしまいましたが!!!素敵なツーショット写真とご紹介させて下さい!!


ドーン!!!!

00image1.JPG

桑原裕子さんと吉田芽吹さんです!!


お二人は稽古中も仲が良いので写真を撮らせて頂きました!!!


お二人の役所は!?

それは言いたいけど言えません 笑

僕は毎日学びながら観ています!!

慌ただしい日々ですが!!

鯨よ!私の手に乗れ。は、2017.1/18より公演します。私 宮本も最善の芝居をお見せ致します!


明日はどんなレポートになるでしょう!?


最後に1枚!

00image2.JPG

全身 バージョン!!!

明日もご期待あれ!!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

初めまして。渡辺流演劇塾4期生の石井幸と申します。
渡辺えり新作『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古場風景をお伝えします

本日は、えりさんがスタッフ、役者全ての関係者の方々の為に、芋煮を作って持ってきて下さりました。

S__48758788.jpg
えりさんの芋煮は、美味しいと評判らしく、芋煮が登場すると、稽古場内が、おお!っと活気付き、えりさんの芋煮美味しいんだよね〜、と、言ったその人が既に芋煮を取り囲みに走り出しているほど、大変な盛況でした。
残念ながら、僕が小道具を弄っている間に芋煮は終わってしまい、食べる事が出来ませんでした。
芋煮を食べようと鍋を見た時には、既に汁しか残っていませんでした。
出演者の方々や、関係者の皆さんで芋煮を食べている間は、緊迫した雰囲気が和らぎ、皆さん笑顔で談笑したり、各々伸び伸びと過ごされていました。
しかし稽古が始まると、また直ぐに緊迫した様相を見せ、本番に向けて、エンジンが全開になって来ている、そんな雰囲気でした。
鯨よ!私の手に乗れ。は、2017.1/18より公演します。
これからどんどん出演者やスタッフさんの様子等レポートして行きます!
是非、劇場にお越しくださいませ!劇場で、お待ちしております。

えりさんの芋煮を食べる、出演者の土屋良太さん。土屋さんにとっては、ご家庭の味?

S__48758787.jpg

チケット情報はこちら

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ