劇団チャリT企画の最近のブログ記事

チケット情報はこちら


げきぴあブログをお読みの皆さん、こんにちは!
劇団チャリT企画主宰の楢原拓です。

来週12月9日(水)から劇団チャリT企画の公演『1995』(イチキュウキュウゴ)が始まります!
初日まで1週間をきり、劇場の稽古場に入って、稽古もいよいよ佳境に入ってきました。

今回は、今から20年前の1995年を題材にした作品です。

1995年と言えば、1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件と、未曾有の大災害・大事件が立て続けに起こった年。私は、当時大学1年生で、早稲田大学の演劇研究会(劇研)というところで、学業そっちのけ、演劇漬けの毎日を送っていました。
 
台本執筆にあたり、いろいろと古い資料をあさっていたところ、この頃の日記が出てきまして、それを読んでみますと、やはり書いてあるのは、演劇、演劇、演劇......ほとんど演劇のことばかり。
 
この時、所属していたのが先輩劇団「双数姉妹」なんですが、公演があるわけでもないのに年明け1月3日からみっちり稽古があって、怒られたり誉められたり、そんな稽古の様子や、先輩や同期劇団員に対する思い、自分自身についての反省や課題、劇団旗揚げについての野望などなど、そんなことが赤裸々に綴られていました。(いやー恥ずかしい......)

そんなわけで、若干のネタばらしになるかもしれませんが、このブログをお読みの皆さんにこっそりお教えしますと、今回の舞台となるのは、とある大学演劇サークルの稽古場です(モデルとなっているのは、もちろん......)。そこの日常を描きながら、1995年と2015年が行ったり来たり......そこにオウムの事件が絡んできたり......とまあ、こんなような感じの青春群像グラフティ的な?そんな感じの作品に仕上がっています。
 
あの時代を知る世代の人にとっては懐かしく、またホロ苦い感じで観ていただけるでしょうし、当時を知らない若い世代の人にも、興味をもって楽しく観ていただけるような、そんなつくりになっていますので、皆さん、ぜひぜひ、劇場に足を運んでいただきたいと思います。
 
出演者一同、ご来場、心よりお待ちしております!


作・演出 楢原 拓(chari-T)


chari-t_350.jpg


【公演情報】
座・高円寺 冬の劇場22 日本劇作家協会プログラム
劇団チャリT企画 第28回公演
「1995」
作・演出:楢原 拓(chari-T)
2015年12月9日(水)~13日(日)
@座・高円寺1(JR中央・総武線高円寺駅北口徒歩5分)

12/9(水)19:00
12/10(木)19:00
12/11(金)14:00/19:00
12/12(土)14:00/19:00
12/13(日)14:00
※受付開始は開演60分前、開場は開演30分前
※上演時間は2時間弱を予定しております。

料金:一般 3,500円(全席自由・入場整理番号付き・税込)


チケット情報はこちら

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.13

| トラックバック(0)

「12人のそりゃ恐ろしい日本人 2012」終了しました!
チャリT企画主宰の楢原です。

これまでいつも100席くらいの小劇場でしかやったことがなかったので、200席以上の座・高円寺で本当に客席は埋まるのか?と、正直不安ではありましたが、おかげさまで連日大盛況(これまでの劇団の観客動員記録を更新しました!)、大きな事故もなく無事千秋楽を迎えることができました。

ご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました。

写真は千秋楽の開場直前、舞台上で撮影された出演者の集合写真です。
総勢24人、役者としての出番以外にも舞台の転換(舞台が左右に移動しました)をやったり、小道具の準備をしたり、裏方も含めてみんなで協力して頑張りました!!
chari-t17.jpg

4日間というのはホントあっという間でしたね。
せっかくの舞台セットが、もったいない・・・。
もっともっと長くやれるように、さらに頑張りたいと思います。

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.12

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


「12人のそりゃ恐ろしい日本人 2012」小屋入り2日目!
チャリT企画・楢原です。

小屋入り2日目が終わりました。
この日は照明さんの明かりづくりがあって、夕方からは舞台の転換稽古でした。
今回、なかなか舞台セットが見ものでして、しっかり場面転換の稽古をしないと大変なことになるんですねえ・・・・・・。
どんなセットかは見てのお楽しみです(^^)

休憩前には、この日が誕生日だった客演のカズピーこと岡田一博君をサプライズでお祝いしました。
歌と踊りの場面があるんですが、その稽古をすると見せかけて、歌がいつのまにやらお祝いバージョンになっていて・・・・・・♪ハッピバースデー・・・・・・てな具合で。
急ごしらえということもあり、練習不足でちょっとグダグタではありましたが、本人はえらく感動していたようなので良かったです。

しかしまあ、その歌と踊りは相当不謹慎なネタなんで、あまりお祝い向きではなかったんですけどねえ・・・・・・まあいいでしょう、めでたいめでたい(笑)
写真は、お祝いケーキを手にした岡田一博君とワインを手にした私。
chari-t16.jpg

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.11

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

「12人のそりゃ恐ろしい日本人」劇場入りしました!
チャリT企画・楢原です。

一週間前から劇場地下にある稽古場で稽古していて、昨日から上の劇場へと場所を移しました。
写真は稽古場入り口から中を写したものです。
chari-t15.jpg
入口のポスターの横に貼られているのは、新聞に掲載された私のインタビュー記事です。
今回は扱っている題材ゆえか、反響もなかなか大きく、6/19付けの東京新聞夕刊の芸能面に結構なスペースで掲載されました。
ちょっと日にちは経ってしまってますが、ご興味のある方、探して読んでみて下さい。

公演は6/28(木)初日!
7/1(日)までと期間が短いので、ぜひお早めに!

尚、6/29(金)と6/30(土)各14:00の回は終演後にアフタートークがありますので、そちらもオススメです。

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.10

| トラックバック(0)

「12人のそりゃ恐ろしい日本人」いよいよ9日前!
チャリT企画・楢原です。

 一昨日6/17はラストOFF。
 大学時代の語学クラスの同窓生の結婚披露宴に参列してきました。
 写真は新郎新婦を囲んで、同窓生達との一枚(私は前列右端です)。

chari-t14.jpg

大学時代に私が所属していた早稲田の劇研(演劇研究会)というところは、よく「授業に出られない。留年・中退あたりまえ」みたいに言われていて、まあ、実際そういう人も多くいましたが、しかしそんなものは本人次第で、ちゃっかりものの私なんかはさりげなーく稽古や作業を抜けて、単位落とさない程度ではありましたが、授業にはそこそこ顔出すようにしてました。
(着替えてるような時間もなかったので、よく汚っなーいジャージ姿で教室に現れて、奇異な目で見られてましたけど・・・・・・笑)

おかげで一年時は全単位取得という劇研的には大変な快挙を成し遂げることができましたv

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.09

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

お久しぶりです!!
チャリT企画主宰の楢原です。

6/28~7/1まで座・高円寺1にて『12人のそりゃ恐ろしい日本人 2012』という作品を上演します。
2009年に下北沢OFFOFFシアターで上演された作品の改訂再演なんですが、何しろ今回の劇場がOFFOFFシアターの数倍はあろうかという大空間! 座・高円寺!
ここにどう挑むか、創り手の力量が試されますね。
頑張ります!!

写真は稽古後、打ち合わせがてらの飲みの様子。
奥にいるのは、左から客演のカズピーこと岡田一博さん、劇団員の内山奈々、同じく客演の大将こと雷時雨(アズマシグレ)さん。
客演の二人はいずれもチャリT企画3度目の出演で、いろいろと意見やアイディアを出してくれる頼もしい存在です。

ちなみに「12人」といいながら、出演者はちょうど倍の24人。
Wキャストというわけではありません。
なかなかの大所帯ですが、それを生かして迫力ある舞台にしたいと思っています。

ご来場お待ちしてます!

chari-t13.jpg

チケット情報はこちら

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.08

| トラックバック(0)

チャリT企画主宰の楢原です。
3月公演の『ネズミ狩り』以来、久々のげきぴあブログです。

さてさて、休刊となる『ぴあ』がついに最終号を迎えました。
皆さん、もうご覧になりましたか?

私が初めて『ぴあ』を購入したのは10歳の時。
薬師丸ひろ子さんの大ファンで、その夏に公開されていた映画『探偵物語』(同時上映は『時をかける少女』)の情報を得ようと手に取ったのが最初です。
すっごいおませな子供でしたが・・・・・・(^^ゞ
以来、30年近く愛読し続け、劇団を旗揚げしてからは公演を紹介していただいたりもして、すっごいお世話になりました。
今回はその『ぴあ』への思いと、それから8月の公演の宣伝をちょろっと・・・。

この度の休刊にあたって、古い雑誌の山を漁っていたら、見つけました、ぴあのバックナンバー!

chari-t10.jpg

一番古いのが1986年の3/7号、表紙の絵はボブ・ディラン。(写真の真ん中のやつです)
「あなたが選んだぴあテン&もあテン1985投票結果発表」とあります。
そうそう、「ぴあテン」と「もあテン」の号は捨てずに保管しておいたんでした。

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.07

| トラックバック(0)

チャリT企画の楢原です。

11日(金)の地震、ホント凄かったですねえ。
皆さん、ご無事でしょうか?
私はちょうど自宅にいて、本棚から本やファイルがバッサバッサ落ちてきて、棚がひん曲がったりして、、、ちょっとした恐怖を味わいました。
そのあと、電車も止まり、身動きがとれなくなり、結局、その日の公演は中止を決定しました。

大変、悲惨な状況が続いてましたが、劇場の安全が確認され、交通機関も復旧し出したため、劇場側・スタッフ側とも協議を重ねて、翌12日の昼から公演を再開しました。
こんな時に演劇なんて、、、というご批判もありますが、こういう時だからこそ演劇!という思いでの上演決定でした。
その日は昼の回、夜の回共に、一瞬だけグラッときた瞬間がありましたが、なんとか最後までやり遂げました。
いつもより役者の集中力が高まっていて、とても良いステージだったと思います。
ホント、役者は頑張ったと思います。
そして何よりも、こんな状況下でも劇場に足を運んでくださった皆さん、ホント感謝したいと思います。

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.06

| トラックバック(0)

チャリT企画主宰の楢原です。
「ネズミ狩り」も、本日3/11を入れて残すところあと3日、4ステージのみ。
4つあるキャストパターン(大きく分けるとAキャスト・Bキャストの2パターン)、それぞれ1ステージずつとなりました。
ホント早いものです。

今回は一部Wキャスト・トリプルキャストで、ステージごとの配役がちょっと分かりづらいようなので、全ステージのキャスト表が以下にアップされています。
http://www.chari-t.com/image/nezumi_cast.pdf
会場でもこれを配布してるんですが、なんかちょっと「レ・ミゼラブル」みたいですよね?(笑)

せっかくなので、AキャストとBキャストの集合写真を初公開!
(撮影:鈴木淳)

chari-t07.jpg


chari-t08.jpg

上がAで、下がB。
大きな違いとしては、そば打ち職人役のユニフォームが違ったりしてますね。
芝居の中身では、微妙に小ネタがAとBで違ったりして、、、。
まあ、大筋は変わらないので、どちらを観ても楽しんでいただけるかと思います。

劇団チャリT企画 楢原拓 vol.05

| トラックバック(0)

チャリT企画主宰の楢原です。
公演中の「ネズミ狩り」、本日3/8(火)は休演日。
早起きして溜まった仕事を片づけようと思っていましたが、起きたのは昼すぎ。ウダウダしていたらもう夕飯時(__;)
さすがに疲れが溜まっているのかもしれませんね。
今日はゆっくり過ごしてリフレッシュですV

昨日3/7(月)は終演後に、社民党の前衆議院議員・保坂展人さんをお迎えしてアフタートークを行いました。
(「アフタートーク」というのは文法的におかしので「ポストパフォーマンストーク」にすべきだという話もありますけど・・・「アフタートーク」はもはや日本の造語だと思うんで、これでいきます)

1   2   

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉