FUKAIPRODUCE 羽衣の最近のブログ記事

チケット情報はこちら

2004年女優の深井順子により設立した「FUKAIPRODUCE羽衣」。5月24日に初日を迎える、FUKAIPRODUCE羽衣の最新公演、深井順子40歳記念 第23回公演「春母夏母秋母冬母」

fukai_1.png

作家部・平井寛人さんの柔らかな筆致で綴られてきたこの連載も3回目です。更新されていく稽古場の様子に、いったいどんなパフォーマンスが見られるのか、期待が膨らみます!どうぞご覧ください。

***

こんにちはこんばんは。平井寛人です。FUKAIPRODUCE羽衣 作家部にいます。舞台作家として今は東京を拠点に活動しています。羽衣に入って1年9カ月経ちました。早いか遅いか、濃いか薄いかで言ったら、私的な体感ですが、濃くて長い21カ月を過ごしています。よく目を少し逸らしたり眠っていたりする隙に物を盗まれますが、そもそも危険に曝される、外に持っていく時点で、失くしても仕様がないものしかないのだと決めました。いつ事故に遭うかも分かりませんが、そうなってしまっても仕方ないような。今なら刺されても仕方ないか、そう思える時でないと髪を切られるのも怖いです。そうした、ひっそりとした見解の中で、こっそりした視点から『春母夏母秋母冬母』の稽古場を見ていきたく思います。羽衣をチラ見するような視点での、稽古場日誌です。

稽古場写真:金子愛帆

――

実り熟して、秋思い出し。色んなものをなくし、それでも前に前にと進んできている素朴な生活のさなか、産声間近と、『春母夏母秋母冬母』が役者方を産婆に頭をもたげ始めている。神聖な程入込まれた光景に、視界を奪取されもした。顔つきがどこか違う。例えば舞台美術においても今回は目を見張る鮮やかさであるが、そうした色味細やかな流動にまで美的に一致し、役者方は稽古を重ねて練度を高めている。創作の場が美しい。羽衣の稽古場は多大にチームプレーだ。全員総出で、このこと――舞台が立ち上げられようとしている。誰もが作品そのものを推理するように、ことを明らかにしようとしている。保証され、オリジナルさがある。まず仕事として成立つだろう舞台と感じた。

チケット情報はこちら

2004年女優の深井順子により設立した「FUKAIPRODUCE羽衣」。妖艶かつ混沌とした詩的作品世界、韻を踏んだ歌詩と耳に残るメロディで高い評価を得るオリジナル楽曲、圧倒的熱量を持って放射される演者のパフォーマンスが特徴の、FUKAIPRODUCE羽衣の最新公演、深井順子40歳記念 第23回公演「春母夏母秋母冬母」

1525762358.jpg

作家部・平井寛人さんから届いた、本公演の稽古場レポート第2弾をお送りします。

***

こんにちはこんばんは。FUKAIPRODUCE羽衣 作家部平井寛人です。普段は舞台作家として私的に活動しています。羽衣では糸井さんの楽曲のPVを作ったりしました。また今回の公演の宣伝用にと、目下新しいPVも制作中です。幼稚園に通っている頃、学友と先生と一緒に隠れんぼをしていたのになかなか見つけにこなくて、僕から探す羽目になって見つけた時には皆んな縄跳び遊びをやっていました。それを見てなんだか体が軽くなった覚えがあります。そうした、ひっそりとした働きの中で、こっそりとした視点で今作の稽古場を見ていきたく思います。羽衣をチラ見するような視点での、稽古場日誌です。

――

肌も汗ばみつつ、夏目前にて。太陽が辺りのくすんだ景色を、ときには眩くイタズラに鮮やかに粟立たせる中で、一際強く日常の風景から切り出されようと『春母夏母秋母冬母』の舞台があらゆる面から築き上げられていっている。一週間ぶりに観た稽古場は、糸井さん不在の役者御両人による自主練の場だった。緊張感に歯止めを感じられない程、スリルを影にしていた。何を落として何が遅れてきても、意に介さず進み作るしかないのだという逞しさがあった。影を落として、進めてwildな作品になってきていた。それらは比喩や何でもなく、まま命を賭代にするような。観ていて実に爽快だった。季節が舞台でころころと変わった。

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第14弾、最後の一人は、、主宰の深井順子大鶴佐助さんがご紹介くださいます。

今回が初対面ではない二人の関係、ぜひご紹介文でご確認ください!


イトイーランド』は14日(木)に無事初日を迎えました。

チケットは残席のあります限り、公演の前日までお求めいただけます

当日券も毎公演発売いたします


皆さまもご来場、心よりお待ちしております。


DSC03411cop.jpg


皆さんもご存知!FUKAIPRODUCE羽衣の女頭領

深井順子さん!!


実は僕、順子さんとは初めましてではなく、3歳の頃に会っているんです!

それから長〜い時間が過ぎて、ふっとした切っ掛けで再会をし、今共に作品づくりをしていると思うと不思議な縁を感じて仕方ありません。



当時の記憶は流石に無いんですが、今、稽古場で毎日顔を合わす順子さんは、

とにかく活気に満ち溢れてる!!

身体表現も、も、も、全てがいきいきとしている!!!!

魚だったら生きが良過ぎて1日で太平洋を10周はするんじゃないでしょうか。



そしてとても澄んだ瞳をしている!

どんな事にも素直に反応し、

真剣に物事に向き合い、

無邪気な笑顔を絶やさない順子さんだからこそ、こんな瞳を持てるんだと思います!


このまま順子さんの魅力を書き続けたら一冊の本になってしまいそうなので、とりあえずここまでにしときます!


今回の「イトイーランド」、その順子さんの魅力全てが見れます!文字にしたら本一冊になる程の魅力全てが!!!

是非!劇場まで足をお運びに!!!!



DSC034240415.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者Fileも残り二人。第13弾は、メンバーの日髙啓介を扉座の岡森諦さんがご紹介くださいます。

14日間をかけて、出演者がどんどん揃ってまいりました。紹介された時、紹介している時、遡りつつ、ぜひ両方お楽しみください。


『イトイーランド』は今週14日(水)に初日を迎えます。

チケットは前日まで絶賛発売中です!


DSC03396cop.jpg


初めて参加させていただく、羽衣さん。

それにしても、今回、初共演の方ばかりです。

こんなのほんとうに久々です。

当然、ものすごく不安なわけです。

そんな中で「アニキ、兄貴」と皆から慕われている日高さん。

ほんとうに優しい頼りがいのある方です。

頼らせていただきます。頼りにさせていただきます。

もう・・・ 頼って頼って骨の髄まで頼り切ります!

よろしくお願いいたします。


DSC03398copp.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者Fileも残りわずかになってまいりました。

第12弾は、メンバーの鯉和鮎美幸田尚子さんがご紹介くださいます。

稽古場で一緒に作品をつくりながら感じたことを優しくつづってくださいました。


イトイーランド』は来週いよいよ姿を現します!

前半公演のチケットのお求めはぜひお早目に

チケットは前日まで絶賛発売中です。


IMG_1324cop.jpg


鯉和さんは、

相手をそっと見て感じて、その人の深い部分に寄り添いそっとリンクしてくれる。

そんなの深い方だと感じます。


だから、お芝居中も、踊り中も、そっと寄り添って合わせてくれる。

私が実はコッソリ不安な時にも、察してくれてそっと手を差し伸べてくれるのです。


超能力者なのかな。。


鯉和さんは、作品にも人にも大きな敬意を持って接していらっしゃるのが分かる。

素敵なんです。

慈愛のある女優さん。


見た目は可愛い妹のようなのに。

中身は優しい母のような。


お若いのに、何があったらそうなるんでしょうか。生まれつきですか?教えて下さい!おせーて!


そんな素敵な鯉和さんは

ダンスをすぐに覚えて分析し、みんなの立ち位置振り付けまで瞬時に把握してくれます。


やっぱり超能力者だ。。


あの可愛い瞳前髪の奥にどんな脳みそが潜んでいらっしゃるのでしょうか?!


だから私は、分からなくなったらつい鯉和さんに頼ってしまう質問してしまう。いつも頼ってごめんなさいテヘペロ


みんなに信頼されてます。

として、女優として。


イトイーランドでは、鯉和さんがあんな風に登場しあんな会話をしたりあんな物やこんな物に遭遇し、そしてラストは、、、??


いちファンとして、私も楽しみです。

皆様もお楽しみに。


IMG_1328cop.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第11弾は、メンバーの高橋義和をメンバーの浅川千絵が紹介いたします。

初共演の思い出から高橋の印象を語っていますが、二人の初共演作「サロメvsヨカナーン」は主題歌を公式サイトでみていただけます。公式サイトもぜひのぞいてみてください。


稽古場では『イトイーランド』がどんどん立ち上がっております。

チケットは絶賛発売中!


皆様こんにちは。


FUKAIPRODUCE羽衣メンバーの浅川千絵です。

げきぴあ 初登場でございます!

よろしくお願いします。


今回、私が紹介させていただくのは

同じくFUKAIPRODUCE羽衣メンバーの高橋義和さんです。


image1cop.jpg


高橋さんとは、3年前に東京芸術劇場で上演しました「サロメvsヨカナーン」に出演した時に初めましてでした。

高橋さんは、とってもとってもお優しく

舞台袖での待機場所が同じで 出番直前の私の緊張をいつもほぐしてくださいました。

あと、羽衣初参加の私に色々と教えてくださいました。私にとって、頼りになるお兄さんのような存在です。


それから、高橋さんはいつも私の頓珍漢な話とか最近あった出来事の話などを聞いてくれます。

ちゃんと聞いてくれるので 何かあるとすぐ高橋さんにいろんなお話をしてしまいます。

にこにこ笑顔で聞いてくださって 時にツッコミを入れてくれる高橋さん。ありがとうございます。大好きです。


笑顔も素敵なのですが、舞台に立つと

汗が飛び散る程エネルギッシュな高橋さん。

鋭いまなざしの高橋さん。

大きな声力強く歌う高橋さん。

パワフルな高橋さん。

普段とのギャップに......ビリビリ痺れます。

どきどきします!

今回は 稽古中にかわいい!と思った瞬間もあります。


イトイーランド」の高橋さんも

皆様どうぞお楽しみに!!


たくさんどきどきさせてくれて

たくさん素敵な高橋さんが見られること間違いなしです。


image1 (1)cop.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら


チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第10弾は、メンバーの澤田慎司伊藤昌子さんがご紹介くださいます。

FUKAIPRODUCE羽衣への出演は常連の伊藤昌子さん、二人の共演歴の深さを感じさせるご紹介文、写真にもそれが表れてます。

ぜひご堪能ください。


イトイーランド』は盛りだくさんで、鋭意制作中です。

ぜひお楽しみに!

チケットは絶賛発売中です。


IMG_1934cop.jpg


LOVELIKEかはっきりさせようか?

LOVEです。はっきりしました。

澤田慎司紹介と言うよりも今日は私の気持ちを聞いて貰えたらと思います。

いつも大変、大変お世話になって御居ます。

澤田君とは恋人の設定が多いですが、介護みたいと言われる事があります。澤田君が介護する人私が介護される人

段取りが上手に出来なくても嫌な顔せず付き合ってくれます。でも「タバコ吸ってくる。」と時々逃げて行きます。そんな時、背中を見送りながら、彼が喫煙者で良かった。また私が禁煙者で良かった。と思うのは喫煙所という駆け込み寺が無ければきっと彼はストレスで死んで居たでしょう。けれども火をお貸しましょうか?恋という名のを。

16歳下ですから肉体的には子供でもおかしくないですが、だからって諦められるでしょうか?台本とはいえ、抱きしめてくるのよ。台本とはいえ、愛してるっていうのよ。台本とはいえ、パンツを脱がすのよ。台本にあるからって何でもかんでも台本通りにしてくるってそんな事ってあるの?しかし、お芝居を離れると一切連絡など無く稽古中でもさほど連絡をとる訳でもなく。本当にこれが救いでこれで"まめ"だったら私は彼に狂って居たでしょう。興味が無いという意思表示は親切です。どうも有難う御座居ます。

昔は自分に対して脈のない異性には全く興味がありませんでしたが、年取るってこういう事か。と澤田君に気付かされます。見て居るだけで清々しい気分になります。

どうしてそんなに脚が長いの?お前を惚れさせる為だよ。どうしてそんなに歌が上手いの?お前を惚れさせる為だよ。どうしてそんなにイケメンなの?お前を惚れさせる為だよ。同様のパターンで物真似踊りエヴァンゲリオン好き下ネタ等々、多数挙げられます。妄想の中で彼はとなって居ますが、私は赤ずきんちゃんですけれども(え?)「お前を食べる為だよ。」とは決して言わぬです。チッ。

ギリギリゆとり教育だったそうです。

人とのコミュニケーションが苦手で妙なプライドを持ってしまっている私の相手役をするというのは厄介な作業だと思います。象使いがいるならば、昌子使い、猿回しがいるならば、昌子回しと言う専門職があるならばやるでしょうか?やらないでしょう。

なかなか理解出来ない事が多いので段取りの変更も把握するのが遅れていたりします。今迄と違うと分かると慌てて確認しますが何回か相手役してるうちに最終的に澤田君の決断は「あ、それ俺フォロー出来るから大丈夫だよ。(変更)言ったらパニクるでしょ。今迄通りで平気だよ。」とこうでした。「大丈夫だよ。」と「(変更)言ったら〜」の間に私の名前を呼び捨てて入れてしまったら、私は彼に狂って居たでしょう。

時々こうやってタメ口にしてくれる事があって、ただでさえ頼りがいがあるのにそんな時はスーパーマン(SAWADAのS)に見えます。カッコいいだけじゃない。面白いだけじゃない。空も飛べるかもしれない。2、3回空飛んでるの見たかもしれない。はい、確かにあれは澤田ーマンでした。

澤田君いつもありがとう。

澤田君、フォロー上手なのですが、フォロー上手は突っ込み上手と繋がっているという事も教えてくれました。気がきくという事だと思うのですが、日常の小さなギャグ言葉が救われた瞬間に幾度となく立ち会いました。優しい面白い

こうして私の気持ちを聞いて頂きましたが、実は澤田君よりも澤田君のお父さんがタイプです。シャイで大きくて天然で器用で、何よりも心優しく澤田君を立派に育てたことが心を掴んで離しません。

そんなにお話した事はないですが、同じ空間に居たらそれだけで安らぐ包容力にここは竹林ですか?マイナスイオンなんですか?と聞きたくなります。お父さんも澤田君、澤田君も澤田君。

澤田君ありがとう。

本当はもうちょっと書きたいのだけど。もし次回があるならば、「話し易い理由」「私のカートはストップモーション」「101回目のプロ坊主」「目糞→鼻糞を語る」「本日もごいせなり!!」の5本でお送り致します。

有難う御座居ました。


IMG_1983cop.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第9弾は、メンバーの新部聖子を同じくメンバーの

キムユスが紹介いたします。

端的な紹介文に、それぞれの個性が出ていますでしょうか。


イトイーランド』初日まで、あと10日

チケットは絶賛発売中です。


DSC_0082a.jpg


羽衣メンバーの新部聖子さんです。

私は心の中では新兵衛(にいべぇ)と呼んでいます。


初めて出会ったのは『サロメVSヨカナーン』の頃なので3、4年前だったと思います。

身長が低くおかっぱ頭独特の声、そして稽古着はモンペ、、、これまた凄いのがやって来た、、、と思いました。

結構人懐っこい印象なんですが、肝が座っているのか物怖じせずスパッと物をを言うので小気味がいいのです。


そして、舞台上ではコロコロ変わる豊かな表情に耳に残る声とその小さな身体のエネルギーガッツに目が離せなくなります。

でもダンスの振り付け中は高確率でナンバ(右手右足が同時に出る)になってたり、歌でも派手に音程を外してたりしますがそれもまた愛嬌で面白いです。


きっと一目見たら忘れられない小さな巨人新部聖子

どうぞお楽しみに!


DSC_0086b.jpg



FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/



チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第8弾は、メンバーの岡本陽介高山のえみさんがご紹介してくださいます。


『よるべナイター』ではペアを組んでいた二人。共演経験を踏まえての温かいコメント、ぜひご覧ください


イトイーランド開幕はいよいよ来週に迫ってまいりました

チケットは絶賛発売中です。


image1a.jpg


おかもっち(とすぐ呼べたのもおかもっちの優しさがあったからなんだと思う)とは'14『よるべナイター』で出会い、歩道橋の下と上で語り合う、endless sex in the worldの只中にいた恋人同士の役でした。

終わりのない行き着くところの知らない悲しい二人だった気がします。あの二人は今どうしているのかしら?思い出したら切なくなってきた...。

実際、相手役としては別れてしまったけど、今回の『イトイーランド』顔合わせの日読み合わせをしていると、おかもっちの声に私のどこか、細胞のどこかが反応しているのがわかりました。


ずっと至近距離で聞いていた声。


おかもっちの声はストレート低く優しくて、なんだか落ち着くのです。


よく引き合いに出されるだろう身体能力も、ただダンスが上手なだけじゃなく、時に気持ち悪かった笑、時に静かだったり、時に怖かったり...します。


そこにおかもっちの声がのっかって、いま稽古しているシーンも、ひとつの感情じゃ収まらない言い知れぬシーンになっています。


楽しみにしていてください。私も楽しみ。


image2a.jpg



チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第7弾は、メンバーのキムユスを同じくメンバーの

鯉和鮎美が紹介いたします。

キムユス昨年メンバーになりましたが、FUKAIPRODUCE羽衣へは2008年から度々出演しております。以下の記事では鯉和が出会いの頃を振り返っております。ぜひご覧ください


総勢14名の出演者が繰り広げる『イトイーランド』。

チケットは絶賛発売中です。


IMG_8550b.jpg


ユスさん。


去年の夏に羽衣メンバーになりました。

でも、ユスさんと羽衣が出会ったのは、もう10年近く前、ロマンスプールという作品をつくる前ころです。


ユスさんをみつけたのは順子さんです。

すてきなひとをみつけた!と、順子さんはいつにもまして目がキラキラっとしていました。

ある日、羽衣が出演していた舞台をユスさんがみにきてくれました。

待機場所から客席がみえたので、みんなで固まってユスさんはあのひと、と、おしえてもらいました(みんな黒い衣装だったので、かくれていたはず)。

はじめてみたのは、ユスさんの横顔でした。

耳にかけた髪の毛が、くるりん、としていたかなあ。


ユスさんとは、羽衣の公演でなんどかペアになり、15分くらいただみつめあったことがあります。

ひとみの奥の奥の方までみようとしたけど、みえたのかな。

最初の数分、たぶんユスさんシャイなので、恥ずかしそうで、目がすこし赤くなったりしていました。

でも、ちょっとしたら、とてもおだやかやさしいしずかな、たとえるならやっぱり、なのでしょうか、しずかな、どこまでもユスさんでした。

あのころからかわらず、ユスさんはずっと、ユスさんです。

しずかでやさしくて、不器用そうに笑うユスさんですが、どうやら、小さい子が好きみたいで、そんな子が近くにいると、くしゃーっと笑ったりもします。

同じくメンバーのちーちゃん(浅川さん)とは、子供みたいにやりとりしてる姿をみせてくれたりします。


過去の舞台を思い出すときに、あれ?この作品はユスさん出てなかったんだっけ?みたいによくなってたのですが、つまり、いないと不思議なくらいだったから、去年からメンバーとして一緒に活動できることが、とてもうれしいです。

今回のイトイーランドでは、ユスさんの今まででいちばん、おとなな役どころなのじゃないかなっていうシーンもあります。

夜空をみたくなって、歩いて帰りました。

そういえば、ユスさんはどんな景色を好んで過ごしてるのかな。

知らないこともいっぱいだけど、ユスさんといると、それもいいなって、おもいます。


ユスさん、

すてきな名前です。

ユ、ス、さん。

そのひびきの、その通りの、そんな方だなって感じながら、います。


写真は、ロマンスプールのチラシを思い出してみました。


IMG_7962a.jpg


FUKAIPRODUCE羽衣第20回公演

『イトイーランド』

2016/4/14(木) ~ 4/24(日) 東京/吉祥寺シアター

2016/4/28(木)~4/29(金・祝) 伊丹/AI・HALL 

[プロデュース]深井順子  [作・演出・音楽]糸井幸之介 

[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

/ 伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ 大鶴佐助 岡森 諦(扉座)


公式サイトはこちら

http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ