『RENT』の最近のブログ記事

チケット情報はこちら

■『RENT』2017年 vol.2■

1996年オフ・ブロードウェイで初演、以降、世界中で熱烈に愛されている
ミュージカル『RENT』


20世紀末のNYを舞台に、セクシャルマイノリティー、HIVポジティブ、貧困、麻薬中毒...様々な現代的な悩みを抱えながらも、夢に向かって生きている若者たちの姿を描いたビビッドな物語、
そして『Seasons of Love』などの珠玉のナンバーの数々も、愛されるポイントです。

日本でもたびたび上演されている作品ですが、この夏、2年ぶりに『RENT』がやってきます!


2015年公演で、初の翻訳ミュージカル出演ながら、主人公・マーク役に抜擢された村井良大さん
その後、『キム・ジョンウク探し あなたの初恋探します』 『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』とミュージカル界でも着実にステップアップしている村井さんに、
2年ぶりに『RENT』の世界に挑む思いを伺ってきました。

◆ 村井良大 ロングインタビュー ◆

RENT2017-02_01_9369.JPG
『RENT』は僕のベスト・オブ・ミュージカル


―― 『RENT』2回目の挑戦ですね。初出演が2015年公演でしたが、2年前の公演を振り返るとどんな思い出ですか?

「大変でしたね。大変でしたよ!」

―― なにが大変でしたか?

「楽しすぎて大変でした(笑)」

―― なるほど(笑)。村井さんはその後、様々なミュージカルの舞台を踏んでいますが、翻訳ミュージカルとしては、2015年版『RENT』が初挑戦でしたね。

「そうです。海外ミュージカルも初めてでしたし、海外の演出家さんの作品に出演するのも、初めての経験でした。毎日すごく刺激的でしたね。共演のみんなも、俳優をメインでやっている人はもちろん、音楽活動がメインだったり、さらにやっている音楽のジャンルも違っていたり、出身国も違ったり...バラバラなフィールドから集まっていた。そのみんなが、こんなにもバラバラなんだけどひとつになっていくというのが、すごく不思議な体験でした

―― 『RENT』カンパニーって、独特ですよね。空気感が本当にファミリーのようで。

「独特ですよねー。でも僕は、本格的なミュージカル経験がここから始まったから、これが当たり前になってしまいました。もちろん、距離感の近さとかに驚きはしたんですが、特殊なところをいきなり知りすぎちゃった感じで、僕、もう『RENT』以外は(ミュージカルは)無理なんじゃないかなあ...って思ったくらいです(笑)。でも"特殊"からスタートしたというのは、僕の人生、やっぱりこういう流れなのかな(笑)」

―― 「やっぱり」なんですか(笑)?

「王道を歩まないというか(笑)」
RENT2017-02_04_9408.JPG

チケット情報はこちら

■『RENT』2017年 vol.1■

あなたは【525600分=1年】を、どう生きますか...?

1996年オフ・ブロードウェイで初演、以降、世界中で熱烈に愛されているミュージカル『RENT』

20世紀末のNYを舞台に、セクシャルマイノリティー、HIVポジティブ、貧困、麻薬中毒...様々な現代的な悩みを抱えながらも、夢に向かって生きている若者たちの姿を描いたビビッドな物語、
そして『Seasons of Love』などの珠玉のナンバーの数々も、愛されるポイントです。

日本でもたびたび上演されている作品ですが、この夏、2年ぶりに『RENT』がやってきます!
RENT2017_01_01_7998.JPG
【参考】
『RENT』はこれまでも、当げきぴあで特集を組んでご紹介しています!



4月5日、2017年版キャストが揃い、製作発表会見が開催されました。

会見ではまず劇中歌3曲を披露。
♪『Seasons of Love』
RENT2017_01_04_7802.JPGRENT2017_01_05_7803.JPGRENT2017_01_06_7833.JPGRENT2017_01_07_7930.JPGRENT2017_01_08_7812.JPGRENT2017_01_09_7817.JPGRENT2017_01_10_7825.JPGRENT2017_01_11_7827.JPGRENT2017_01_12_7836.JPG

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.6■

ミュージカル『RENT』
連載中のげきぴあですが、今回はマーク&ロジャー鼎談をお届けします!
ストーリーの中心となるマークとロジャーですが、今回はいずれも新キャスト。
『RENT』との出会いから、彼らが現在抱いている『RENT』への思いなど、じっくり伺ってきました。

RENT2015_04_01_3148.JPG

◆ 村井良大×堂珍嘉邦×ユナク INTERVIEW ◆


最近、明るくなったねって言われます。
変わっていく自分が新鮮です(ユナク)

――稽古も進んでいるようですが、『RENT』2015年カンパニー、どんな感じですか?

村井「めちゃくちゃ、仲良いです」

堂珍「最初のときからもう、仲良くなりそうな感じだったよね。みんなが顔を合わせたのは、製作発表の時だったんですが、すでに男子楽屋はのんびりとした、いい感じだった。ソニンとかジェニ(ジェニファー)とか、今までにも『RENT』に出ていたキャストが「あれ? もうこんなに仲良いの?」みたいなことを言ってて」

村井「TAKEさんと加藤(潤一)さんは「うちらはもう見ているだけでいいね」みたいな感じで。前はコリンズのふたりがみんなをまとめて支えている、って感じだったらしいんですが。今はふたりとも、楽しんじゃって「あとは任せた!」って」


――ユナクさんは、堂珍さんのファンだったとか?

ユナク「だった、じゃないです。今もファンです。現在進行形」

堂珍「ING...。Thank you very much. ...中一の英語や!(笑)」


――まだ、緊張はします?

堂珍「全然、大丈夫だよね」

村井「ちゃんと(普通に)話していますよ」

ユナク「緊張は...していますよ(笑)。でも、みんなで騒いだりするときも、(堂珍さんが)一番話しかけたりしてくれて。ほかのみんなとは結構、友だちみたいにしゃべっているんですが、やっぱり堂珍さんにはできないですね」

堂珍「そう言ってくれるのはすごく嬉しいんですが、村井ちゃんとかが、あまりに俺に対して上から来るから。おい、その姿をユナクにあまり見せるんじゃねーぞ?(笑) ま、冗談ですけど」

村井「嫌なの? 嫌なの?」

堂珍「...嫌じゃない(笑)」

ユナク「そういうやりとりも、最初は「えーっ」って思って見てたんですが、いまは慣れてきました(笑)。ずっとこんなかんじだから。僕、すごいシャイなんですよ。でもみんなでいるのがすごく楽しくて、(超新星の)メンバーも、なんか最近、ユナク明るくなったねって言ってます。変わっていく自分が新鮮です」
RENT2015_04_02_3111.JPG

『RENT』稽古場レポート Part4

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.5■

ミュージカル『RENT』
稽古場より、2幕
「Happy New Year」のシーンの続きのレポートです。
前半はコチラからどうぞ。
RENT2015_06_01_3888.JPGRENT2015_06_02_3628.JPG
"ロフトのっとり作戦"、このカップルも参戦です。
RENT2015_06_03_3943.JPG
ジェームズ・ボンド?なコリンズ=加藤潤一さん、
RENT2015_06_04_3849.JPGプッシー・ガロア?なエンジェル=IVANさん。
この高いヒールのブーツを難なく履きこなすIVANさん、さすがです。
RENT2015_06_05_3540.JPG

『RENT』稽古場レポート Part3

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.4■

ミュージカル『RENT』
、今回は「Happy New Year」のお稽古をしているところへ伺ってきました!

シーンとしては2幕が始まってすぐ、のあたり。
『RENT』はクリスマスイブに始まる物語ですので、約1週間後の出来事、です。
RENT2015_05_01_3881.JPG
古いロフトに暮らす、映像作家志望のマークと、元ロッカーのロジャーですが、クリスマス以降、再会した仲間や新たに知り合った仲間たちと、様々な体験を重ねてきました。
中でも大きかったのは、マークの元彼女・モーリーンによる、ホームレス迫害に対する抗議ライブ。
そこで一気に距離を縮めた彼らが迎えた新年ですが、住んでいたロフトは家賃(=RENT)滞納のため閉鎖されてしまっています。

そんなわけで、これも抗議の一環とばかりに、彼らは閉鎖されたロフトに侵入しようと、大騒ぎ。
...なのですが、少しずつすれ違いも起こってきてしまいます。

ロジャーとミミは、お互いHIV感染者ということもあり距離を縮め、恋人同士に。
ロジャーユナクさん。
RENT2015_05_03_3619.JPG
ミミSoweluさんです。
RENT2015_05_04_3504.JPG
ふたりともニュー・キャスト。
ふだんはアーティストとしての活動が主なユナクさん、Soweluさんですが、演技もナチュラルで役になじんでいましたよ。

『RENT』稽古場レポート Part2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.3■

『RENT』
稽古場レポートの続きです!
引き続き、オープニングナンバー『RENT』のシーン。
RENT2015_03_02_3454.JPG
舞台セットはほぼ本番同様のものが、すでに稽古場に入っていました。
この2階建ての鉄骨のセットが、マーク&ロジャーたちが住むロフトになったり、路上になったり...と、景色を変えていきます。

別れた元恋人・モーリーンからの電話に「OK、すぐ行く!」とマーク=村井良大さん
RENT2015_03_05_3391.JPG
ギターを弾く姿がサマになっている(当たり前ですかね...)、堂珍嘉邦ロジャー
RENT2015_03_06_3329.JPG

堂珍ロジャーが動きをつけている間、少し離れたところから、同じ動きをトレースしているユナク・ロジャー
RENT2015_03_07_3332.JPG
とっても細かく動きが指定されているのは、前回のレポでも書いたとおりですが、演出のアンディ自身が時折「ギターは左手で持つんだっけ?右手だっけ?」と確認しているのが、ちょっと微笑ましいところでもあります(笑)。

『RENT』稽古場レポート Part1

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.2■


今年も
『RENT』がやってきます!

1996年のオフ・ブロードウェイ初演以降、世界15ヵ国で上演されている"伝説の"ブロードウェイ・ミュージカル『RENT』。

伝説である理由は、様々あります。
オフ・ブロードウェイ開幕後、わずか3ヵ月後にブロードウェイに進出。破竹の勢いで同年度のトニー賞で4部門を受賞したこと。
タブー視されていた貧困、エイズ、ドラッグ、同性愛等々の現代都市が抱える病を、ストレートに作品に反映させ、ビビッドに"今"を描き出したこと。
ヒットチャートに乗るような、生き生きとしたロックで綴られていること。
原作・作詞・作曲・脚本を手がけたジョナサン・ラーソンがまさに開幕前夜、35歳の若さで夭折したこと...。

様々な要素が絡みあい、世界でカルト的人気を得ているのが『RENT』。

日本でもたびたび上演されていますが、今回は前回公演(2012年)に続き、オリジナル版(オフ・ブロードウェイ&ブロードウェイ)の演出を手がけたマイケル・グライフが、新たに2011年に手がけた新演出版での上演。

そして『RENT』といえば、いわゆるミュージカル俳優や舞台俳優に限らない、超・個性的な面々が集うのも特徴。2015年版も、カラフルなキャストとなりました。


げきぴあでは2012年公演に続き、2015年版『RENT』も、詳しく追っていく予定です!
【バックナンバー】2012年『RENT』連載


まずは8月上旬の某日、稽古場を取材してきました。
RENT2015_02_01_3249.JPG

物語は、20世紀末のNY・イーストヴィレッジが舞台。
彼女に女性の恋人ができてフラれた上に、家賃(レント)を滞納しクリスマス・イブに電気も暖房も止められたビデオ・アーティストのマーク。
同居人のロジャーは元ロックバンドのボーカルで、元ジャンキーの引きこもり。下の階に住むミミに惹かれながら、自分がHIV陽性であることから厭世的になっている。

ほかにも、お互いHIVに感染していることを知りながら瞬く間に恋に落ちたゲイのカップル、コリンズとエンジェルら、貧困やエイズといった問題を抱えつつも、今を大切にしながら夢を追いかける若者の姿を描く群像劇です。


この日はオープニングナンバー『RENT』の稽古中。
今回、Wキャストの人たちは別々の稽古日になっていることが多いそうで、マーク&Wロジャーが揃う稽古場は、なかなか貴重!とのこと。

この楽曲は、マークが映像作家であったり、ロジャーが元ロッカーだったりと、彼らの現在の状況が語られると同時に、若者たちの爆発しそうなパワーが伝わる、熱いナンバー。

マーク=村井良大さん。
RENT2015_02_03_3254_.JPG
村井さんは、雰囲気がもう、すでにマークなんです。
HIVポジティブではない彼は、仲間たちを、一歩引いたところから見つめている。そんな冷静さと、孤独をも感じさせるマークです。

チケット情報はこちら

■『RENT』2015年 vol.1■


今年も『RENT』がやってきます!

20世紀末のNY、セクシャルマイノリティー、HIVポジティブ、貧困、麻薬中毒...様々な現代的な悩みを抱えながらも、夢に向かって生きている若者たちの姿を描き、1996年度トニー賞では10部門にノミネート(うち4部門で受賞)という旋風を巻き起こしたロック・ミュージカル。
若者が抱えるセンシティブな感情が、『Seasons of Love』などの珠玉のナンバーで綴られ、世界中で熱狂的なファンを獲得している作品です。
(ちなみに今をときめくイディナ・メンゼルは本作のオリジナルキャストであり、本作は彼女にとってのブロードウェイ・デビュー作でもあります)

日本でもたびたび上演されている作品ですが、2012年にはオリジナル版の演出を手掛けたマイケル・グライフによる新演出版が登場、好評を博しました。
2015年もその新演出版での登場。
新キャストも加わり、どんな『RENT』が誕生するのか楽しみです!

★2012年版の特集はコチラから!


6月8日、本作の製作発表会見が都内ライブハウスにて行われました。
RENT2015_01_01_0574.JPG
1

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉