ブロードウェイミュージカル『アメリカン・イディオット』の最近のブログ記事

チケット情報はこちら

8月7日に東京国際フォーラム ホールCで開幕したブロードウェイミュージカル『アメリカン・イディオット』
グリーン・デイが2004年にリリースした同名アルバムを元に制作されたこの作品、
もともとのアルバムが持つ9.11アメリカ同時多発テロ以降のアメリカに対する政治的・社会的メッセージを柱に、人生の意義を求めようともがく若者たちの葛藤を描く、"今"の私たちに深く突き刺さるミュージカルになっています。
そして、グリーン・デイの楽曲の持つパワフルさも改めて感じとることができますので、ミュージカルファンのみならず、洋楽ファンにもおススメ!

この作品を手掛けたのは、マイケル・メイヤー(共同脚本・演出)。
2007年、トニー賞で作品賞を含む計8部門を受賞(この独占っぷりはすごいことなんです!)したミュージカル『Spring Awakening/春のめざめ』で最優秀演出賞を受賞した、〈トニー賞受賞演出家〉です。

そのマイケルと、『アメリカン・イディオット』で主人公ジョニーを演じているショーン・マイケル・マーレイ、さらに前述の『春のめざめ』日本初演で主人公・メルヒオールを演じた柿澤勇人をゲストに迎えてのトークショーが8月8日夜公演後に開催されました。americanidiot_talkshow00.JPG(なお、同日昼公演後のトークショーには、マイケルに加え、ワッツァーネイム役のアリッサ・ディパルマとウィル役のケイシー・オファレルが登壇しました)

アジアツアーに、オリジナルの演出家がやってくるというのはかなり珍しい!
本日は、そんな貴重なトークショーの模様をレポートします。

チケット情報はこちら


第3弾に引続き、ブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」の全米ツアーキャストにインタビュー第4弾!

今回はワッツァーネイム役を務めるALYSSA DIPALMA
彼女の役名「whatsername」は、what's her name「彼女の名前って??」という意味。


img_interview_vol6_1.jpg

小柄で本当に本当にキュートな彼女。
(私は思わず「かわいい」を連呼してしまいました。)

ステージではパワフルなパフォーマンスを魅せてくれます。

孤独感に苛まれ、心身ともにボロボロになっていくジョニーへ、語りかけるように歌うシーンにはぐっとくる方も多いはず。



★ウィル役のインタビューはこちらから
☆ヘザー役のインタビューはこちらから

---------------------------------------------------------------------
<ワッツァーネイムについて>

情熱的、力強くて、かっこいい女性だわ。
ストーリーの中で重要な要素でもあるし、自立していて、人生が満ち足りている。

でもジョニーと出会い、自分の人生の中に彼を受け入れる。
それから彼はすべてをめちゃくちゃにするけど、彼女はいつでも強く、自分を持っている人なの。

ワッツァーネイムは「彼女の名前って??」を体現していると思う。とても独立しているし、強い意志をもち、変わった娘だなとみんな思っているでしょ。
でも彼女は気にしないし、自分のやり方で人生を歩んでいるし、たとえ他人からひどい扱いをうけても、その人の良い面や良い点を見つけることができる人なの。


aI_main_kai.jpg

<「アメリカン・イディオット」の魅力は・・・>

ショーの中で描かれている苦闘や人間らしさは、人生はいつでも輝かしい物じゃない、ってことを表しているわ。

ショーの邪悪な面は人の苦闘を描いているの
若い女性が妊娠し、無意味な戦争に行った若い男性が傷を負い、恋に落ちた男女は、中毒に冒される。

これらのテーマがステージ上で美しく、力強く表現されていると思う。本当に素晴らしいわ!

---------------------------------------------------------------------

GREEN DAYの楽曲を彼女たち、女性の演者も歌います。
これはミュージカルならでは。

どのような表現になるのか、お楽しみに!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


いよいよ初来日公演の幕が上がるブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」の全米ツアーキャストにインタビュー第3弾!

今回はタニー役を務めるThomas Hettrick
未来を夢見て故郷を飛び出すも、都会に、そして現実にも幻滅。
力と愛国主義に惹かれて軍隊に入隊するという役です。

この透き通った目は何を見つめているのでしょう・・・。

img_interview_vol5_1.jpg

★ウィル役のインタビューはこちらから
☆ヘザー役のインタビューはこちらから

---------------------------------------------------------------------
<ミュージカル化について>

最初ミュージカル化の話を聞いたときは、不安に思ったんだ。
ミュージカルにすることによって、アルバムの良さを壊してしまうのではないかと思った。

でもいざ参加してみたら、振り付けはとても激しく活気に満ちていて、トム・キットの編曲は最高だった。

ここの作品はまさにロックアルバムとミュージカル舞台の完璧な融合だといえるね!
クリエイティブチームが、ミュージカルとロックの間にある矛盾を、見事に纏めるという、驚くべき仕事をしてくれた。

パンクロックファンも演劇・ミュージカルファンもこの作品を心から楽しめるし、新しい発見もあるんじゃないかな。


IDIOT 13.jpg

<演じていて難しい部分は・・・>

演じることの難しさの一つに、「自分自身の身をいかに投じることができるか」が挙げられると思う。
そしてこの作品からは、それが大きく求められているんだ。

それぞれの曲に対して、自分自身の経験からくる思いをのせなければ、それは間違った叫びになってしまう。

でも思いを正直に込められることは、幸せなことだと感じているよ。

---------------------------------------------------------------------

さぁ、いよいよ、日本公演開幕まであと1日。
彼らのたくさんのメッセージを感じてください!


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

いよいよ明後日8/7(水)に開幕する
ブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」!!

その全米ツアーの映像が到着!
一気に5曲をご紹介しちゃいます!!!

日本公演を前にドキドキ度を上げちゃっておきましょう!
★STORYはこちらからCHECK!


(1)ますは『Holiday』をご紹介。

社会に対する怒り・・・。そして自分は自分の道を進むという覚悟を表現するナンバーです。
若者の爆発寸前のエネルギーに満ち溢れていますよね。

チケット情報はこちら

トニー賞受賞演出家の話が、ここ日本で聞ける! 
そんなすご~く貴重な機会8月8日(木)にやってきます。

8月7日(水)からいよいよ開幕する
ブロードウェイミュージカル『アメリカン・イディオット』

IDIOT 01_m.jpg

この公演に合わせて、
トニー賞受賞演出家マイケル・メイヤー氏が来日!

そして、公演後 (8/8(木)14時と19時公演の終演時)のアフタートークが開催決定。しかも19時公演のアフタートークにはゲスト柿澤勇人さんも登壇!

『春のめざめ』以来となる2人の再会を目撃するチャンスです!

■マイケル・メイヤー (Michael Mayer)【共同脚本・演出】
☆マイケル・メイヤーら、クリエイター陣が語る『アメリカン・イディオット』動画はコチラから。

Mayer, Michael_s.jpg

ミュージカルの演出をはじめ、演劇や映画監督として幅広く活躍。
2007年トニー賞で作品賞を含む計8部門を受賞したミュージカル『Spring Awakening/春のめざめ』で最優秀演出賞を受賞。

その後2010年に本作『アメリカン・イディオット』で、トニー賞の前哨戦といわれるドラマデスク賞最優秀演出賞を受賞。

2012年にはアメリカ3大ネットーワークNBCで放送されたスティーブン・スピルバーグ総指揮のドラマ『SMASH/スマッシュ』第一シーズンで監督を務め大ヒットとなる。このブロードウェイを舞台にミュージカル製作の裏側を描いたショービズ・サバイバル・ドラマは日本でも放送され、大きな話題を呼んでいる。

また2013年には、メトロポリタンオペラで「リゴレット」の新演出を手掛け、その斬新で大胆不敵な演出は大喝采を浴びた。
代表作「アメリカン・イディオット」「春のめざめ」「モダン・ミリー」「On A Clear Day You Can See Forever」「Everyday Rapture」など。


柿澤 勇人 (かきざわはやと) 

柿澤勇人宣材2012.8~small_s.jpg

1987年10月12日生まれ。2007年 劇団四季に入団後、同年『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。
その後、同劇団公演の『人間になりたがった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』で立て続けに主演を務め、09年末に同劇団を退団。そ
の後の主な出演作として、舞台は『スリル・ミー』『海辺のカフカ』『アリス・イン・ワンダーランド』『スウィーニー・トッド』、そして9月3日から東急シアターオーブにて開催されるミュージカル『ロミオ&ジュリエット』にロミオ役として主演(東京公演のみ)。
ドラマは『ピースボート』『平清盛』『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』など。映画『カイジ2』『ひみつのアッコちゃん』などがある。
映画『BAD  BOYS J』が11月9日、映画『クローズ EXPLODE』が来春公開予定。



★★アフタートーク開催公演★★
8月8日(木)14:00公演終演後 出演者: マイケル・メイヤー(演出)、キャスト(当日発表)
8月8日(木)19:00公演終演後 出演者: マイケル・メイヤー(演出)、柿澤勇人、キャスト(当日発表)
進行役: 伊達なつめさん(演劇ジャーナリスト)*14時と19時2回とも *通訳あり
※同公演のチケット購入者のみ入場可能。


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら



この夏注目の招聘ミュージカル「アメリカン・イディオット」の全米ツアーキャストにインタビュー第2弾!

今回はウィルの恋人ヘザー役を務めるKennedy Gaughell
笑顔がかわいい!

AI_heather_mini.jpg

子どもが生まれても毎日ソファでTVを見て何もしないウィルに対し、
ヘザーは現実と向き合い成長をしていく強い女性です。

★ウィル役のインタビューはこちらから


---------------------------------------------------------------------
<ヘザーについて>

彼女の話は誰にでも起こる話だけど、あまり話されない話でもある。

全編を通して言えるのは、彼女自身を見つける旅だってことかしら。
彼女は最初普通の高校生が考えるように、人生はいい事ばかりだと思っていたの。
でも人生は自分の為でなく、隣にいる男と子供の為に選択をしなければならないという現実に直面する。
全体を通して彼女の感情が変わっていくのがわかるのは、演じていてすごく楽しかったわ。

21Gunsでは過去に捕われず、自分と子供の為に、新たな道を行くという変化がみえるの。

望めばより良い環境へ行けるという証だと思う。
別れ、それぞれの道を歩む、よくある悲しい話だけど、とってもリアルな話よね。


IDIOT 15_mini.jpg

<演じていて面白い部分は・・・>

この作品はロックンロールな動きが盛りだくさんなの。
スティーヴン・ホゲット(※)の振付ひとつひとつが、ショーを体現しているわ。

ヘッドバンギング一つにしても、ただそれだけの意味じゃないの。
行き詰まった人生へのフラストレーションを表現していたり、パーティー中を表現していたり、振付の手法として使われていたり、様々よ。大きな動きはもちろん、ソファーでの細かい動きまですべてが振付されている。

だから彼の振付は美しいと言われるのだと思うわ。

---------------------------------------------------------------------

(※)スティーブン・ホゲットは、人の感情・心情を見事に体現するユニークな振付で有名な振付家。
ブロードウェイで大人気の「ONCE」の振付も担当。「ブラック・ウォッチ」で2009年ローレンス・オリヴィエ賞受賞。


Vol. 3もお楽しみに!!


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら



「馬鹿なアメリカ人にはなりたくないと強烈な反体制・反戦メッセージを掲げ、世界に衝撃を与えたパンクロックバンドGREEN DAYのグラミー賞・トニー賞受賞の同名アルバムをミュージカル化した「アメリカン・イディオット」

8月にいよいよ開幕する初来日公演の主演が決定!


SEAN MICHAEL MURRAY
(ショーン・マイケル・マーレイ)

Murray-Sean-Michael.jpg

メイン州出身の"エンターテイメント業界のいろんな橋を渡り歩ける"マルチなパフォーマーを目指す期待の若手。

彼は、同作ブロードウェイ公演にも出演。GREEN DAYのフロントマンであり、本ミュージカルの共同脚本も務めたビリー・ジョー・アームストロングとも共演した。
また、日本でも大人気のミュージカル「RENT/レント」リバイバル公演にも出演している。


そんな彼が演じるのは、輝ける未来を夢見て故郷を飛び出したものの、情報や欲望が溢れる大都市の中で、自身を見失っていくジョニー。


彼は「馬鹿なアメリカ人」から抜け出せなくなってしまうのだろうか。。。


>>本人からのメッセージはこちらから

チケット情報はこちら

全米・全英が熱狂したブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」が今年夏、遂に日本に!

現在、全米ツアー真っ最中の出演者にインタビューを実施。自身の役の事などについて語ってもらいました。


アメリカン・イディオットとは・・・
圧倒的な人気を誇るパンク・ロックバンドGREEN DAYの代表的アルバム「アメリカン・イディオット」をミュージカルとして舞台化。
(世界中の人々の度肝を抜いた同アルバムは、全米全英チャート1位を獲得!)

バンドのボーカル、ビリー・ジョー・アームストロングとミュージカル「春のめざめ」の演出でトニー賞を受賞しているマイケル・メイヤーによる共同脚本でも注目を集めた本作は、新時代のロックミュージカルとなり、グラミー賞とトニー賞を受賞しました

輝ける未来を夢見て故郷を飛び出そうとした3人の青年達が、9.11後の世界で人生の意義を見つけようともがき、 現実の厳しさを突きつけられ、葛藤し成長していく姿を描きます。


インタビュー1人目は、親友達と都会へ飛び出す決心をするも、恋人から妊娠を告げられ町(家)に残る「ウィル」役を演じるO'Farrell, Casey

落ち込み、ソファーの上でずっとふてくされているという難しい役どころを演じます。

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ