「アメリカン・イディオット」出演者インタビュー Vol.1

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

全米・全英が熱狂したブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」が今年夏、遂に日本に!

現在、全米ツアー真っ最中の出演者にインタビューを実施。自身の役の事などについて語ってもらいました。


アメリカン・イディオットとは・・・
圧倒的な人気を誇るパンク・ロックバンドGREEN DAYの代表的アルバム「アメリカン・イディオット」をミュージカルとして舞台化。
(世界中の人々の度肝を抜いた同アルバムは、全米全英チャート1位を獲得!)

バンドのボーカル、ビリー・ジョー・アームストロングとミュージカル「春のめざめ」の演出でトニー賞を受賞しているマイケル・メイヤーによる共同脚本でも注目を集めた本作は、新時代のロックミュージカルとなり、グラミー賞とトニー賞を受賞しました

輝ける未来を夢見て故郷を飛び出そうとした3人の青年達が、9.11後の世界で人生の意義を見つけようともがき、 現実の厳しさを突きつけられ、葛藤し成長していく姿を描きます。


インタビュー1人目は、親友達と都会へ飛び出す決心をするも、恋人から妊娠を告げられ町(家)に残る「ウィル」役を演じるO'Farrell, Casey

落ち込み、ソファーの上でずっとふてくされているという難しい役どころを演じます。


---------------------------------------------------------------------

この作品は今のアメリカを語っている。
小さな町の日々の生活に慣れてしまい、それが当たり前になって逃れられないでいるんだ。ウィルはその象徴で自分の世界にこもってしまう。一方同じ状況の中で、(恋人)ヘザーは妊娠を機に変わっていく。だから別れの場面はこの作品の中でも面白いポイントだよ。ダンスでもその動きの裏にある感情表現に気を使っているからね。
   AI_cast01.JPG

リハーサル中からウィルになりきる為、彼の様に一人ソファでふてくされていたよ。色んな感情で悩んでいるうちに、90分間そうしている事が楽しくなったんだ。ウィルそのものになっていたよ。

こうやって自分自身とキャラクターとの違いを埋めていくのは楽しいと感じたね。彼は自分が頼りなくて落ち込んでいるけど、その姿に悲しんで欲しくないし、不満ばかり言っていると思ってほしくないと思っている。ウィルは自分がそんなひどいやつじゃないし、弱くないと信じているんだ。

みんなも自分が何か間違った時、非難されたくはないけれど、同情はしてほしいと思うでしょ?

ウィルの人間らしさは、多くの人から共感を得ているし、これからも人々の心に響いていくと思っているよ。

---------------------------------------------------------------------


Vol. 2もお楽しみに!!

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6975

前の記事「新生『マイ・フェア・レディ』の世界 衣裳編」へ

次の記事「劇団四季『キャッツ』、仙台公演開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉