チケット情報はこちら

「夏の終わりの、とびきり幸福なバレエの贈り物」

舞踊評論家:岡見さえ

げきぴあ0)メインビジュアル.jpg

近年、テレビや新聞では、日本人ダンサーの世界的コンクールや権威ある賞での受賞や、世界のバレエ団での活躍が頻繁に報じられている。身近に目を向けても、町にはジュニアから大人向けまでさまざまなバレエ教室があり、日本のバレエ文化は高いレベルと大きな広がりをもっていることが実感されるだろう。

実際にレッスンでバレエに親しんでいる人、これからバレエに触れてみたいという人、そしてもちろんバレエ通にもお勧めなのが、この「吉田都×堀内元 Ballet for the Future」だ。

 その理由はまず、国内外の第一線で活躍するダンサーからプロを目指す若手まで、さまざまなダンサーを一度に見られること。なかでも、このプロジェクトの中心人物の吉田都と堀内元(芸術監督も務める)は、まさにレジェンド。共にローザンヌ国際バレエコンクールでの受賞を機に世界に羽ばたき、吉田は英国ロイヤル・バレエ団、堀内はニューヨーク・シティ・バレエ団という世界一流のバレエ団に入団、しかも日本人女性、日本人男性としてそれぞれ初めてプリンシパル(最高位)ダンサーに昇進し、活躍した。

気品溢れる踊りでロイヤルのドラマティックな全幕バレエで唯一無二の輝きを放った吉田、アメリカで独自のスタイルを生み出した天才振付家バランシンを知り抜く堀内。この二人が踊る貴重な機会は、見逃せない。新国立劇場バレエ団からは、強い技術と豊かな感受性を持つ米沢唯、伸びやかで爽快な福岡雄大の両プリンシパルと、ファースト・ソリストの寺田亜沙子が参加。

げきぴあ1)吉田都.jpg吉田都

げきぴあ2)堀内元.jpg堀内元


げきぴあ3)米沢唯.jpg

米沢唯

アメリカからもセントルイス・バレエを中心に若手が集まり、所属バレエ団の枠組を超えて踊る趣向も面白い。吉田と堀内の豊かな経験が、この公演を通して後輩たちに伝えられていく。堀内直伝で、バランシン作品に挑戦する国内コンクール1位受賞者のパフォーマンスにも注目だ。

 もう一つの理由は、古典から最先端の現代バレエまで網羅する5演目で、バレエ芸術の歴史と今を体感できること。プティパ振付『ライモンダ』第3幕は、中世フランス貴族の令嬢ライモンダが、困難を経て恋人の騎士と結ばれる華やかな婚礼の場。憂いを帯びたメロディにのせ、異国情緒が漂うソロ、デュオ、男女8組の踊りが立体的に展開し、絢爛なステージを繰り広げる。吉田都と福岡雄大が中心に、19世紀末ロシアで生まれた古典バレエの美を堪能させてくれるに違いない。

対してバランシン振付『タランテラ』は、筋書きは無く、イタリア発祥の速い舞曲にのせて難技巧を次々繰り出し、踊り続けるエネルギッシュなペアダンス。さらにこの公演ならではの演目は、2000年からセントルイス・バレエ芸術監督を務める堀内による振付作品、『Haydn Cello Concerto』と『Passage』。物語を排し、ムーヴメントと音楽が純粋に結びつく抽象バレエを創造したバランシンの系譜に連なる堀内は、18世紀の古典派ハイドンのチェロ協奏曲と、現代イタリアの作曲家エイナウディの楽曲を選び、異なる二つの世界を表現する。音楽が喚起する感覚が、振付と鍛え上げられたダンサーによって視覚化されていくダンスは、刺激に満ちた経験になるだろう。『Passage』での堀内と米沢唯の出演にも期待が高まる。

さらに、日本初演のエメリー・ルクローン振付『And My Beloved』。スタイリッシュな作風で注目される気鋭の振付家が、アメリカ・バレエの旬を運んでくれる。

げきぴあ4)2016公演より.jpg

2016公演より

 バレエのレッスンを受けている人なら、さまざまなレベルでの気付きや学びがあるだろう。バレエを初めて見る人なら、バレエの多様な可能性、伝統とコンテンポラリーの魅力を発見できるに違いない。そして誰もが実感するのは、バレエの美は、ダンサーの誠実な努力と真摯な対話から実現し、次の世代へ大切に引き継がれていくということ。好評を博した過去2回の公演も、ダンサーたちの踊りへの情熱と、経験を伝え、分かち合うことの喜びが観客にも届き、感動と心地よい余韻が残った。

灼熱の夏を経て、やがて来る豊かな実りの季節へ-夏の終わりを彩る忘れられない晩になるだろう。

げきぴあ5)2016公演カーテンコールより.jpg

2016公演カーテンコールより

舞台写真: 瀬戸秀美 (吉田都×堀内元Ballet for the Future より)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

■ミュージカル『ビューティフル』特別連載 vol.4■


数々の名曲を生み出しているアメリカのシンガーソングライター、キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『ビューティフル』、いよいよ本日7月26日に初日の幕を開けます!

2013年にブロードウェイで開幕、翌年にはトニー賞主演女優賞などを受賞した大人気ミュージカル。
日本初演となる今回、主人公であるキャロル・キングに扮するのは水樹奈々平原綾香のふたり。

7月24日、そのふたりのキャロルに加え、中川晃教伊礼彼方ソニン武田真治剣 幸の7名が出席し、初日前の意気込みを語りました。


beautiful04_01_3903.JPGbeautiful04_14_3927.JPG△キャロルのふたりは、キャロル・キング、カーネギーホールコンサート時の衣裳!



――初日を前にした現在の心境は。

水樹奈々(キャロル・キング役)
「ついにこの日がやってきたなと、緊張と興奮と色々な思いで、テンションが上がりまくっている状態です。私は人生初のミュージカル出演で、この初日が初舞台。初めてだからこそ出せる思い切りの良さ、勢いで、全力投球でとにかく自分を信じて頑張りたいです」beautiful04_02_3921.JPG


平原綾香(キャロル・キング役)
「ついに帝国劇場生活が始まります。ワクワクし、すごく興奮しています。この帝国劇場に入ったときに圧倒されて、いい意味での"何か"がいるなという感覚でした。ファントムみたいな、劇場の神様がいる感じ。まだお会いはしていないのですが(笑)、そういうパワーを感じるすごく素晴らしいステージです。そのパワーを感じながらお稽古をしています。慣れないことばかりですが、信頼のおける最高の仲間と一緒にいま頑張っていますので、この夏しっかりと、いい歌とお芝居をお届けしようと思っています。ぜひ皆さん観に来てください」beautiful04_03_3915.JPG


中川晃教(バリー・マン役)
「この作品の中でキャロル・キングが生み出した名曲たちをたくさん聴けるのですが、僕の演じる作曲家のバリー・マンと、未来の妻になるシンシア・ワイルのふたりが生み出していった名曲たちも、この物語の中にたくさん溢れています。音楽、音楽、音楽......、これがミュージカルのひとつの醍醐味ですが、一方でこの物語は、作詞・作曲家といったクリエイターたちの、音楽が生まれるまでの苦悩の物語も描かれています。その両面をはやくお客さまに感じていただきたいです」beautiful04_04_3934.JPG


伊礼彼方(ジェリー・ゴフィン役)
「僕はふたりのキャロルと対峙している時間が長く、本当にふたりがまるで全然違うキャロルで、彼女たちが抱えている興奮・高揚に僕も鼓舞されて、激しく脈打っています。......僕は帝国劇場では実働20分までしか立ったことがないので、ふたりのおかげで初めて20分以上、帝国劇場のステージに立たせていただきます(笑)。(「計ったの?ちなみに何て作品?」という武田さんの質問に答えて)えー、計ったことあります。『エリザベート』(ルドルフ役)と、『王家の紋章』(ライアン役)では、20分くらいの出番でした(笑)。ですので今回、意気込んでいます!」beautiful04_05_3946.JPG

onepiece_03.jpgスーパー歌舞伎II「ワンピース」市川猿之助、横内謙介

市川猿之助が演出・出演するスーパー歌舞伎II「ワンピース」の製作発表が行われた。

本作は大ヒットマンガ「ONE PIECE」の世界観を市川猿之助が「スーパー歌舞伎II」の手法で歌舞伎化したもの。
2015年10月・11月に新橋演舞場で初演。さらに新しい登場人物を加えた新演出で2016年3月・4月に再演された。

そして、今回さらに内容を進化させて東京・新橋演舞場で上演される。

本作の製作発表が行われ、演出・出演の市川猿之助、脚本・演出の横内謙介が登壇して意気込みを語った。【動画4分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

weigleコピー.jpg

セバスティアン・ヴァイグレ(東京公演指揮)

「『ばらの騎士』は、本当に大好きな作品のひとつです。愛について、人生について、時間、そして人間関係について...およそ、オペラの要素になるべきものがすべてこの作品の中に見られます。
リヒャルト・シュトラウスは、それまで『サロメ』や『エレクトラ』のような尖鋭的で進歩的な作品を書いていました。しかし、『ばらの騎士』は、それらとはまったく異なるコメディです。美しいメロディーに溢れ、そして、ウィンナ・ワルツの舞踏曲――作品舞台の設定された時代にはなかったものですが――が織り混ぜられています。聴く人の様々な感情、体験を呼び起こす、すばらしい作品です。
日本でこの作品を作ることは、私にとって特別です。なにしろ歌手はみな日本人で、その多くは初役です。このようなシチュエーションは今までなかったことです。私は、日本の音楽スタッフのみなさんを称えたい。みなさんは長い時間をかけて本当に準備をしてきてくれました。今、私たちは、最終的に目指す『ばらの騎士』の世界の空気や、台詞の裏にこめられた特別な意味あいなど、色合いをつけ、演出家とともにこのよき挑戦に取り組んでいるところです」

jonesコピー.jpgリチャード・ジョーンズ(演出)

「作品のコンセプトを、ということですが、基本的に、私は'美しいこのオペラの物語を語りたい'と思っています。『ばらの騎士』は、自分がずっとやりたかった作品です。まず強調したいことは、各3幕はそれぞれ異なった社会が描かれているということです。古き良きウィーンの伝統的社会の第1幕、そして新興貴族と裕福な社会の第2幕につづいて、第3幕ではアウトサイドな社会も描かれます。それらを体現する舞台装置や衣裳は、18世紀をベースにしながら、現代的意匠を採り入れています。
そして、またこの作品は、台本がすばらしい。本当にファンタスティックなコメディです。モリエールなどの綿綿たるヨーロッパの劇作家の影響を受けています。例えば、様々な場面で、やってはいけないという行動が許されているのだけれどある人にそれがばれてしまってはいけないという状況が描かれます。
また登場人物もバラエティに富んでいます。とりわけ、オックス男爵は特徴的な存在で、下品でありながらも華麗であり、そして正直者です。
ずっと来たいと思っていた日本に、今回初めて来ることができてとても嬉しいです。そして、今回の『ばらの騎士』が東京だけでなく、愛知、大分でも上演されることも、さらに喜ばしく思っています」

W&J1コピー.jpg

Q.グラインドボーン音楽祭と「東京ヴァージョン」との違いは?

ジョーンズ:
「演出そのものが変わるということはほとんどありません。それはキャストが(稽古場に)持ってくるものに大きく依ります。たとえば、昨日の稽古では、2幕のファーニナル役の歌手のやっていることを新たに採り入れました。他にも、オックス役の2人は持っているコメディのセンスや動きが違うように思われましたので、それぞれのキャラクターを出してもらえるように作っていきたい。このように、劇は異なる歌手との相互作用の中で生まれてくるものなので、それはごく自然なことだと思っています」

Q.この歌手は特別だと思った歌手はいましたか?

ジョーンズ:
「どの歌手も本当にすばらしく、しっかりと準備をされているので、この人が特別ということはありません。その意味で、答えは『ノー』でしょうか。それよりも、通常はヨーロッパの人とやっていることが、今回は様々なところで文化的な違いが見られるというのはとても興味深い。また、みなさんのパフォーマンスのディテールがすばらしいです。テキストもしっかりと読みこんでいて、言葉の意味が分からないと動けばすぐわかるものですが、そういうところもありません」

Q. 『ばらの騎士』は日本では上演機会の少ない演目のひとつですが、ヨーロッパでのステータスはどのようなものと考えられますか?

ジョーンズ:
「最高級品です。
作曲、台本とも、扱う内容や時代の幅が広く、それでいて洗練されています。この物語は、3つの世紀に跨ったもので、複雑でありながらも、なにより美しく、ストーリーのテンポも早く、そして最後には内省的になるシーンがあるなど、驚きに満ちていて、初めて見る人でも、予備知識などなく面白く楽しめるオペラだと思います」

チケット情報はこちら

lucy_04.jpg 舞台「気づかいルーシー」岸井ゆきの

岸井ゆきのが主演を務める舞台「気づかいルーシー」が東京芸術劇場シアターイーストで7月21日から開幕した。

本作は松尾スズキの絵本を原作に、ノゾエ征爾が演出を手掛け、2015年に東京芸術劇場オリジナルの音楽劇として初演。ルーシー役の岸井ゆきのをはじめ、初演と同じキャストが集結して再演される。

本作の公開舞台稽古が行われた。動画は歌唱シーンを中心に抜粋したもの。クセになるいい曲だ。【動画2分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

9月に上演される、栗山千明さん、溝端淳平さん、浅田美代子さん、中村雅俊さんが出演する舞台『ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜~』。

170225_GHS64477.jpg本作は、バリでの結婚式を翌日に控えた男女が織りなす"ハイスピード毒舌ラブコメディ"。現在放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」も好評の脚本家・岡田惠和さん書き下ろしのオリジナル戯曲で、映画『60歳のラブレター』などの監督を務めた深川栄洋さんが舞台初演出に挑みます。

そんな本作について、出演者の浅田さんと脚本家の岡田さんに直撃。1973年のデビュー以来、女優に歌にバラエティにとあらゆるジャンルで愛され続ける浅田さんと、前述の「ひよっこ」以外にも「若者のすべて」(1995年)や「アルジャーノンに花束を」(2002年)、「さよなら私」(2014年)など1990年の作家デビュー以来活躍し続ける岡田さん。対談では、岡田さんが生んだあの名作ドラマの裏に、浅田さんにまつわるエピソードがあることも語られました。

15分・編集NGの【演劇×動画】を競う 「第6回クォータースターコンテスト(略称:QSC)」の審査員が鴻上尚史氏、行定 勲氏・福原充則氏・桑原裕子氏に決定しました。

 

qsc6_flyer350.jpg

 

株式会社ヴィレッヂが開催しているQSCは、2012年から始まり今年で6回目を迎えます。

WEB上に投稿された【演劇×動画】を競う同コンテストは、 これまで5大会開催され、400本以上の作品が投稿されました。

 
各審査員から、参加者へ向けたメッセージが到着!

qsc6_t04_350.jpg

写真左から鴻上尚史氏・行定 勲氏・福原充則氏・桑原裕子氏

 
★鴻上尚史(作家・演出家)[6年連続 6度目の審査員]

面白いものを創ろうとすればするほど、「映像と演劇の違いは何だ?」という、根本にぶつかるでしょう。
その難問に対して、パワーでぶつかったり、うりゃあ!と投げとばしたり、軽やかに笑い倒したり、一点突破したり、はしゃぎまくったり、誠実に向き合ったりした作品を待っています。


★行定 勲(映画監督)[4年連続 4度目の審査員]

クォータースターコンテスト、今年で4回目の審査員です。回を重ねるごとに上がっていくクォリティーの高さに感心させられています。混迷の社会を反映させた作品でもよし、いつの時代にも通じる普遍的な作品でもよし。とにかく独創的な15分を楽しみにしています!


★福原充則(脚本・演出家)[審査員を務めて頂くのは今回が初めて]

12年前、稽古場に早く着いてしまい、近くの羽根木公園で時間を潰している時にふと泣いた。「この公演もきっと誰にも見てもらえねぇな」って。当時の動員は800人くらい。だから〝誰にも〟ってことはなかったんだけど、そんな気分でした。...応募してもらえれば、俺、見ますよ。必死で。必死でさ

★桑原裕子(俳優・脚本・演出家)[審査員を務めて頂くのは今回が初めて]

初めて審査させていただくので、予習のために過去の応募作をいくつか拝見しました。いやはや!面白くてたまげました。演劇は劇場という「ハコ」が決まっているなかでどれだけ世界を拡げられるかがキモですが、1カット編集なしの動画はもしかすればさらに狭いハコ。そこからどんな飛び出した世界を見せていただけるか、今からとても楽しみです。

チケット情報はこちら

2017年1月に上演されたミュージカル「しゃばけ」。大人気のファンタジー時代小説をミュージカルにした同作は、この9月に新作公演が決定! げきぴあではミュージカル「しゃばけ」弐 ~空のビードロ・畳紙~の主人公・松之助役を演じる平野 良さん、また初演に引き続き佐助役を演じる滝川英治さんに話を聞きました。

NL0_7622.jpg

『感情が揺れ動く部分と心が浮き立つような楽しさ、その両方を伝えたい』

――1月に上演されたミュージカル「しゃばけ」の第2弾が早くも上演決定ということで、今のお気持ちは?

平野:僕は今回初めて参加するんですが、昨年の制作発表の時からずっと気になっていた作品なので、すごく嬉しいです。英治さん(滝川)は前作も出ていたんですよね。
滝川:引き続き、佐助役で出させていただきます。平野さんは今回、主人公の松之助役で、さらに座長さんですからね。
平野前回好評だった作品に座長として参加するというのは、ちょっと不安で......。
滝川:なんでよ。大丈夫だって!

――ちなみに追加公演も決定しているそうですよ。

滝川:ほら、"平野 良効果"じゃないですか。
平野それを聞いてホッとしました(笑)。

NL1_2177.jpg

7月12日、都内にて宝塚歌劇花組公演『ハンナのお花屋さん ―Hanna's Florist―』 の制作発表会が開催されました。
flower_hanna_01_3284.JPG
作品は花組トップスター・明日海りおが主演するオリジナルミュージカル。
flower_hanna_02_3185.JPG

ロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒースの一角にある花屋を舞台に、明日海はデンマーク人のフラワーアーティスト、クリス・ヨハンソンを、相手役の仙名彩世はクロアチア出身の少女ミア・ペルコヴィッチを演じます。


会見の冒頭では明日海さん、仙名さんふたりによるパフォーマンスも披露されました。

明日海りおさん扮する主人公クリス・ヨハンソンは、フラワーアーティストであり、お花屋さん。

自分の"幸せ"について思いをめぐらせる、クリス。
「願い事を、make a wish...」flower_hanna_12_3187.JPGflower_hanna_14_3218.JPG

お花に水をあげてます。flower_hanna_13_3194.JPG

チケット情報はこちら

alata_09.jpg 「アラタ~ALATA~」早乙女友貴

ノンバーバル(非言語)パフォーマンスのお楽しみが満載! 「アラタ~ALATA~」観劇レビュー

こんにちは! 観劇レビュー書かせて頂きます小暮智美(青年座/On7)です。 有楽町から世界へ。今までにないエンターテインメントを発信する最先端劇場"オルタナティブシアター"がオープン。そのスタートにお邪魔させて頂きました。 劇場が産声をあげる瞬間に立ち会うのは初めてだったので、なんとも可能性を感じる晴れ晴れしい気持ちを頂きました! 世界中から来場されるすべての方が言葉の壁を超えて楽しめるよう、ノンバーバル(非言語)でのパフォーミングアーツを提供していくという劇場コンセプト。とてもその点に興味がひかれました。どんな感じだろう??
記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉