チケット情報はこちら

■『マイ・フェア・レディ』2016 #4■


"リボーン版"『マイ・フェア・レディ』が待望の再登場!

『マイ・フェア・レディ』は、下町育ちでひどい訛りのイライザが、言語学者のヒギンズ教授の特訓で、美しい言葉と上流階級の作法を身に着け、淑女となる...1956年にブロードウェイで初演、1963年には日本で初めて日本語で上演されたブロードウェイ・ミュージカルとして登場、以来長く愛され続けている、名作中の名作です。

2013年には日本語訳・演出等が一新され、今を生きる新鮮な作品として生まれ変わった本作。
今回は、映画でオードリー・ヘップバーンが演じたヒロイン・イライザに霧矢大夢真飛聖、ヒギンズ教授に寺脇康文という、好評を博した2013年版キャストが続投し、そしてヒギンズ教授の母親役に高橋惠子、イライザに恋をするフレディに水田航生が新たに加わります。

※先日披露された「公開稽古」の模様はコチラ→

さて、オフィシャルサイトの方で、どうやらその新キャスト・水田航生さんが、<稽古場レポーター>として任命された模様!
当げきぴあでは、水田さんのレポーターっぷりをレポートせんと、密着取材を敢行いたしました。
おそらくキャストならではの親近感で、カンパニーの皆さんの素の表情を撮っていただける...に、違いありません。期待!

ちなみに水田さんが扮する"フレディ"は、若手二枚目ミュージカル俳優の登竜門といっても良い役どころです。
初演は藤木孝さん。その後、川崎麻世さん、岡幸二郎さん、浦井健治さん、平方元基さんetc.etc...と、錚々たる面々が演じています。


▽ 公開稽古中、フレディに扮している水田さん
myfairlady16_04_41_9933.JPG

チケット情報はこちら


昨年11月に上演した初のソロ公演「独立」に続き、

早くも第2弾の上演が決定!

前回同様、演出には小林顕作さんをお迎えします!

「独りで立ち」、「独りで歩く」。 

川本成の次なる挑戦に乞うご期待!!

gekipia.jpg

チラシのイラストは画家・浮世絵師の石川真澄さんの描き下ろし!!

きっかけは石川真澄さんの個展に行って原画を購入させてもらったところからなんです。

ギャラリーの方が石川さんを紹介してくれて、そこからなんだか意気投合してしまって。趣味や趣向が共通していてビックリだったのです。

ある日「実は自分の舞台があって、なんとか描いていただけませんか?」とお願いしたところ、快諾してくれました。


「独歩」の見所は?

今回は攻めます。

前回の「独立」では様々なシチュエーションを1人で立ってみましたが、今回の「独歩」はそこから正に覚悟の中歩き始めるというイメージでしたので、内容が決まってきた現在、これは大丈夫だろうか、ドキドキだなぁ、でもやってみたいなぁ、というモノが揃ったと思います。

ちょっと他で見た事がないようなモノもやります。前回同様オムニバス的に話は繰り広げられます。

前回来ていただいた方はニヤリの展開もありますし、もちろん初めての方は存分に楽しんでいただける内容になります。


川本成gekipia.jpg


「げきぴあ」をご覧の皆様へのメッセージ

独りで舞台に立ち、独りで歩き始める今回。

独りきりで皆様と向き合える事が楽しみでなりません。とことん楽しんでもらえるように本番までまだまだ探りたいと思います。

是非とも劇場に会いにきてください!



《公演概要》

時速246億川本成ソロ公演「独歩」

【演出】小林顕作

【作】川本成、小林顕作

【出演】川本成


【日程】7月6日(水)〜10日(日)

【劇場】中野・テアトルBONBON

時速246億オフィシャルサイト http://www.jisoku246.com/

時速246億Twitter https://twitter.com/jisoku246oku

川本成Twitter https://twitter.com/Runarurunaru


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

井上ひさしの戯曲『頭痛肩こり樋口一葉』(東宝・こまつ座提携特別公演)が、樋口一葉没後120年記念として8月から上演されます。

本作は、1984年の初演以来、これまでの上演回数755回(!)という女性6人による群像劇。前回は2013年に栗山民也演出版として上演されました。今回は、主演に永作博美さんを迎え、三田和代さん、熊谷真実さん、愛華みれさん、深谷美歩さん、若村麻由美さんは2013年公演に引き続き出演されます。

そこで、主演の永作さん、三田さん、熊谷さん、愛華さん、若村さんにお話を伺ってきました! 

1.jpg

チケット情報はこちら

ラッパ屋の1年ぶりの新作が東京・紀伊國屋ホールで上演中だ。
タイトルの「筋書ナシコ」とは作・演出の鈴木聡曰く「この先の筋書きが見えない、あるいは決まっていない状態および人物」を指す言葉だそう。

gekipia_5J1A0073 .JPG


主人公は40代のフリーライターでバツイチ独身のナシコ。
少し前までーーそれこそバブルの頃は世の中みんながハッピーエンドの筋書を持っていたのに、いつの間にか仕事は減り、収入は不安定になり......。
人生の筋書を見失ってしまったナシコは、生き辛いこの世の中で、新たな筋書を見つけることはできるのか!?


鈴木が稽古中に語ったインタビュー記事はこちら

gekipia_0W9A9600.JPG

gekipia_IMG_4447.JPG

gekipia_0W9A9690 .JPG


夢や希望を持ちにくい今の時代だからこそ、自分なりの筋書を描いて欲しい。
そんな鈴木のメッセージがたくさんの笑いと一緒に詰まっている。
公演は6月26日(日)まで。
東京公演の後、7月17日(日)に北九州芸術劇場で上演。


■舞台写真 撮影:木村洋一


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


geki_nobunaga1.jpg

宝塚歌劇月組トップスター・龍真咲(りゅう・まさき)の退団公演となるロック・ミュージカル『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-』、シャイニング・ショー『Forever LOVE!!』が、6月10日、兵庫・宝塚大劇場にて幕を開けた。

第一幕の『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-』は、織田信長の生涯をロックテイストの楽曲で彩ったミュージカル。龍演じる信長が白装束をまとい、ひとりで『敦盛』を舞う冒頭のシーンから、赤い照明とロックな音楽にパッと切り替わり、羽柴秀吉役の美弥(みや)るりかを中心とする群舞で魅せる。音楽はもとより、ビジュアルも美しく、目で耳で楽しませてくれる。

geki_nobunaga3.jpg

信長は龍が一度は演じてみたかったという人物。己を信じて前だけを見て突き進む信長と、そんな信長についていく者たちの姿が、龍のトップスター像と重ねて描かれ、信長が放つ言葉や、楽曲の歌詞にも投影されている。信長のカリスマ性、大胆さ、人を惹きつけるカッコ良さ...、龍の集大成にピッタリのキャラクターだ。

geki_nobunaga2.jpg

トップ娘役・愛希(まなき)れいかは、信長の妻・帰蝶(きちょう)役。勝気な女性で、なぎなたを持って立廻りをする姿が勇ましい。信長へは愛情や尊敬の念を持ちながらも、故郷を滅ぼされた憎しみを潜ませ、バランスよく表現。次期トップスターの珠城(たまき)りょうはローマ出身の騎士・ロルテス役で、信長を滅ぼそうと計画する人物。龍から珠城へ、ふたりを繋ぐラストシーンの粋な演出が見どころのひとつとなっている。また、凪七瑠海(なぎな・るうみ)は知的で頭脳明晰な明智光秀をクールに、美弥は秀吉を明るく、時には野心をのぞかせながら好演。さらに、専科・沙央(さおう)くらまが足利義昭役で出演し、舞台の空気をピリッと締める重要な役どころを担っている。

geki_nobunaga4.jpg

第二幕のショー『Forever LOVE!!』は、プロローグから壮観。ピンクの衣装をまとった男役がズラリと並んで踊る景色は迫力満点だ。さらに、愛希と娘役が加わった後、龍がひとりゴージャスな衣装で笑顔いっぱいに歌い上げる。夢と愛を持って走り続けてきた龍の心情を表す歌詞が、観る者の心をグッと掴み、その後も、龍はほぼ出ずっぱりで駆け抜ける。女役に扮した凪七、美弥、沙央とのダンス、大勢の仲間に見守られながら龍が光の中へと進んでいく演出など、サヨナラ公演ならではの見どころ満載だ。念願の役をイキイキと演じる芝居に、愛を込めて全身全霊で歌い踊るショー。龍真咲のラストステージは、輝きに満ちている。

geki_nobunaga5.jpg

兵庫・宝塚大劇場公演は7月18日(月・祝)まで。また、8月5日(金)から9月4日(日)まで、東京宝塚劇場にて上演される。


取材・文:黒石悦子

チケット情報はこちら

デビュー15周年を迎え、今年8月には『王家の紋章』で、帝国劇場初単独主演も控えている浦井健治さん
8月3日に初のソロアルバム『Wonderland』がリリースされることはすでに発表になっていますが、その中に収録される楽曲が発表になりました。
URAI_SHOKAI_SLEEVE_H1.jpg

デビューから15年のあいだに携わった作品からの楽曲や新曲、未発表曲の全10曲入り、とのことですが、中でも注目は、劇団☆新感線「五右衛門ロック」で浦井さんが演じた人気キャラ、シャルル・ド・ボスコーニュの後日談にあたる「シャルルの小冒険」!!

この曲は、このアルバムをリリースするにあたり、劇団☆新感線の中島かずきさんがプロットを作成し、作詞:森雪乃丞さん、作曲:岡崎司さんという、劇団☆新感線「五右衛門ロック」シリーズお馴染みの豪華メンバーが書き下ろしたとのこと。
さらに新感線の劇団員である右近健一さん、高田聖子さん、粟根まことさん、河野まさとさん、礒野慎吾さん、吉田メタルさんというメンバーが参加する贅沢な一曲とのことです!!

ほか、本人作詞のオリジナル楽曲「Color of Dream」や、「ホール・ニュー・ワールド~ミュージカル「アラジン」より」での、濱田めぐみさんとのデュエット、出演作『二都物語』『デスノート』『エリザベート』など、自身が演じてきた様々なミュージカル作品の楽曲も。

9月29日(木)東京国際フォーラム・ホールAでの初ソロコンサートとともに、リリースが楽しみです!
■『マイ・フェア・レディ』2016 #3■


クラシックな魅力はそのままに、フレッシュな感覚で生まれ変わったミュージカル『マイ・フェア・レディ』
この秋、好評を博したリボーン版が待望の再登場。
myfairlady16_03_01_9770.JPGmyfairlady16_03_02_9827.JPGmyfairlady16_03_21_9947.JPG
6月14日に行われた公開稽古レポートの後半です。
後半は囲み取材の模様をレポートします。
※前半はコチラ→
myfairlady16_03_05_9992.JPG
イライザ役、霧矢大夢さん。
「2回目の参加ですが、今回改めてこの作品と向き合い、色々な発見をしています。2013年からさらにバージョンアップしたイライザを、そして『マイ・フェア・レディ』をお見せできたらと思います」
myfairlady16_03_06_9998.JPG

同じくイライザ役、真飛聖さん。
「私自身もイライザをやりながら、毎日とても楽しく、イライザとして生きられることがとても幸せです。その幸せな気持ちを見てくださるお客さまが一緒に感じていただいて、『マイ・フェア・レディ』って本当に幸せな気持ちになるな...と感じていただける舞台を全員で作っていきたいと思っています」
myfairlady16_03_07_0001.JPG

チケット情報はこちら

■『マイ・フェア・レディ』2016 #2■


オードリー・ヘップバーン主演の映画でも名高い『マイ・フェア・レディ』
ロンドンの下町で育った貧しい花売り娘のイライザが、言語学者のヒギンズ教授の教えを受け、訛りの矯正と淑女らしい礼儀作法を学び、貴婦人へと変身していく"シンデレラ・ストーリーの決定版"。
myfairlady16_02_01_IMG_9986.JPG
1956年にNYで初演されてから60年、
そして日本では1964年に初演されてから53年。
長く愛され続けている作品です。

2013年には、ヒロインのイライザに霧矢大夢真飛聖のWキャスト、ヒギンズ教授に寺脇康文といったフレッシュなキャストを得て、G2の演出により、クラシカルな魅力はそのままに、登場人物たちの生き生きとした情感を際立たせた"リボーン版"として生まれ変わり、大好評を得ました。
その好評を得た"リボーン版"のキャストを中心に、そして新たなキャストも加わり、2016年、再びあのキュートなリボーン版『マイ・フェア・レディ』が登場します!

6月14日、その稽古の様子が一部公開されました。
その模様を2回に分けてお届けします!

リボーン版の演出はコチラ、G2さん
myfairlady16_02_03_9711.JPG
「2013年、『マイ・フェア・レディ』日本上演50年目の節目の時に、東宝さんから私の方にリニューアルしてやってほしいとご依頼いただだきました。
リメイクではなくリボーン版と言っていますが、どう違うのかというと、<変えるというより、むしろ元の本に忠実に、そして時間的制約で割愛していたシーンを、別の工夫を持ち込むことで全シーン復活して、原作者、作曲者の意図をもう一度見直した>ということからリボーン版と呼んでいます。
プラス、そこに現代感覚を加えています。日本だけでも、初演から50年たっている作品ですが、女性が社会でどう生きていくか..."女性の社会進出"ということの先鞭をつけた物語でもあります。現代の日本においてもその問題はまだ残っています。今を生きる女性の皆さん、もちろん男性にも何かジーンとくる話にしたいということから、より人間関係や人の思いに焦点を当てました。音楽も少しアレンジを変えてやっています」
と説明されました。

チケット情報はこちら

■『キム・ジョンウク探し』#6■


村井良大彩吹真央駒田一という、たった3人のキャストで贈るミュージカル『キム・ジョンウク探し~あなたの初恋探します~』
ついに6月12日、開幕しました!
hatsukoi06_01_9584.jpg

今回は、初日直前・6月11日に行われた囲み取材&プレスコールの模様をレポートします。
※ひと足先に出した<ニュース>もチェック!違う写真でご紹介してます→
hatsukoi06_02_9324.jpg

★囲みインタビュー★


主人公の"ダメダメ君"ミニョクと、ヒロインの初恋の相手キム・ジョンウクの2役を演じる村井良大さん。
「たった3人しかいない舞台ですが、舞台上では僕ら、所狭しと暴れまくっています。笑って痛快なテンポで進んで行くラブ・コメディです。1公演1公演を楽しんでいきたいと思ってます」
hatsukoi06_03_9397.jpg

ヒロイン、アン・リタ役、彩吹真央さん。
「お稽古場でもすごく楽しかったのですが、実際に舞台に来て、もっと楽しさが倍増しました。バンドさんが入り、照明が入り...想像していた以上の空間になった実感がありますので、あとはお客さまに楽しんでいただければ」
hatsukoi06_04_9404.jpg

24役も演じます、"マルチマン"駒田一さん!
「お互い協力し合いながら、助け合いながら、励まし合いながらとにかく頑張ってきました。現場(舞台)に来て、僕らもテンションが上がっています。バンドさん、照明さん含め、ウワっと...何かおもちゃ箱をひっくり返したくらいに色々な要素があって、これ絶対に楽しくなるなと思えるものになりました。本当は初日前で、今日なんかはドキドキしているはずなんですが、もちろんドキドキもしてますが、数日前から早くお客さまの前でやりたいなと思えるようになってきています」
hatsukoi06_05_9391.jpg

...という挨拶の中でも、とってもチームワークが良いのが、バシバシ伝わってくる3人!
囲み取材が、掛け合い漫才みたいになっています。
70~80年代、渋谷ジァンジァンで毎月開催されていた伝説の『実験落語』。6月9日(木)、同じく渋谷のCBGKシブゲキで、『実験落語neo』として復活!!
実験落語の創始者・三遊亭円丈を筆頭とし、林家しん平、ダンカン、清水宏、神田松之丞が、一堂に会し、新作落語を披露した。

jikkenrakugo1.JPG


トップバッターの清水宏は、トレードマークのオレンジのジャージで客席から登場。しっかりと客席を温めた後、"アングラ演劇と落語"をテーマにしたハイテンションでシュールな噺を披露。この会がただならぬ会になることを予感させた。

次に登場したダンカンは、タイガース柄の和装で登場し、あの"フライデー事件"から30年の真相、というお題で一席。

続く林家しん平は、客席から5つのお題を募り、即興で組み立てる五題噺を披露。

講談師の神田松之丞は、リズム感と勢いのある話芸で客席をぐいぐい引き込んでいった。

そして、大トリ・三遊亭円丈が、北千住をテーマにした噺を、時に囁くような声で、時にハリのある声で生き生きと語る。その軽やかさと味わい深さに客席も酔いしれた。

復活といっても、全く新しい、何とも実験的な一時。
渋谷発の新たな文化発信の1ページが開かれた一夜となった。

jikkenrakugo-entrance.JPG

早くも「実験落語neo」は、第二回が決定!
三遊亭円丈の他、柳家小ゑん、柳家喬太郎が参戦するなど、新たなメンバーでの上演。
今から期待が高まる。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
速報!

『実験落語neo~シブヤ炎上 ふたたび(仮)~』
日時:8月16日(火)19:00開演
会場:渋谷・CBGKシブゲキ‼
出演者:三遊亭円丈、柳家小ゑん、柳家喬太郎、立川吉笑 ほか
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ