チケット情報はこちら


緻密で勢いのある良質なコメディーを作らせたら天下一品!の劇作家で演出家の倉持裕さん。その倉持さんがこの秋、待望の新作コメディー『家族の基礎~大道寺家の人々~』を引っ提げ、シアターコクーンに初登場します。9/6(火)の初日に向けて着々と準備が進行中の稽古場に潜入、果たしてどんな作品になりそうかを探ってきました!


RE_LSI6431cp.jpg


RE_LSI6565cp.jpg


とある家族の、ある意味"壮大"な歴史を描く群像劇となる今作は、キャストも超豪華! 大道寺家の父・尚親(なおちか)と母・須真(すま)に扮するのは、これが舞台初共演となる松重豊さんと鈴木京香さん。長男・益人(ますと)には初舞台の林遣都さん、長女・紅子(べにこ)には舞台でも大活躍中の夏帆さん。さらには堀井新太さん、黒川芽以さん、坪倉由幸さん、眞島秀和さん、六角精児さんといった個性派がズラリと顔を揃えます。


お邪魔した日は本番まであと約2週間、というタイミングで稽古はまさに佳境。稽古場に入ると、真ん中には大きな円が描かれていて、これは廻り舞台との境界線の印とのこと。実は今回の芝居、廻り舞台を駆使する演出を行っている模様。とはいえ稽古場の床は実際に廻すことができないため(本番前に廻り舞台を使える稽古場に移動するそう)、ここでは演出の倉持さんはもちろん、スタッフもキャストも各自の動きと舞台の回り具合を想像力で補いつつ、動きを計算していかなくてはいけないのです。これってかなり、脳が刺激される作業といえそう!


RE_LSI6726cp.jpg


見学させていただいたのは、二十一場。この芝居はトータルで二十七場まであるので、ここは後半部分のクライマックスシーンと言えそうです。稽古場の中央には可動式の大きな3つの箱状の舞台装置があり、これが物語の展開によって出たり入ったり、向きを変えたりすることで場面転換を行うのです。この場面では舞台は東京のはずれにオープンさせた劇場"大道寺シアター"の舞台袖ということになっていて、この箱状装置の向こう側がステージという設定。劇場のこけら落とし公演の初日を迎え、右往左往する大道寺家の人々、そしてその周囲の人々。ステージ上では須真役の鈴木さんと、大衆演劇の座長・五郎丸役の六角さんとが劇中劇を行うことになっているのですが......。観客席からは装置が邪魔して、この劇中劇は後ろのほうでチラチラ見える、という感じになりそうな様子。倉持さんから「手前でやっている芝居がメインですので、劇中劇のほうは気楽にやってみてください!」と言われ、鈴木さんも六角さんも時々アドリブを入れたりもしながら楽しそうにセリフを重ねていきます。途中、鈴木さんがうっかり他の役者に向かって「須真さん?」と呼び掛けてしまい、「あ、須真さんは私だった!」と叫ぶというお茶目な一面を見せて一同爆笑、という場面も。倉持さんも「よくあることですよ」とニコニコ。


RE_LSI7171cp.jpg

RE_LSI7555cp.jpg



■ミュージカル『王家の紋章』#19■


帝国劇場にて現在絶賛上演中のミュージカル『王家の紋章』

開幕前からインタビュー、稽古場取材等々、さまざまな形でこの公演を追っている当連載、最後の更新はメンフィス役・浦井健治さんと、ライアン役・伊礼彼方さんの対談をお届けします。
oumon2016_19_71_0604.JPGoumon2016_19_72_0380.JPG
『エリザベート』ルドルフ役を同じ時期に努めていたおふたりが、6年ぶりにこの帝国劇場の地で顔を揃えています。

爆笑の中にも、ふたりの同志としての絆や友情が垣間見える対談となりました。


◆ 浦井健治 & 伊礼彼方 ロングインタビュー ◆

oumon2016_19_01_7A9456.JPG
●帝劇にいたのは、魔物ではなく天使でした


――おふたり、待望の帝国劇場での初共演ですよね。『エリザベート』ルドルフ役を同じ時期に演じていらして、でもその時は同じ役だから共演はされていませんから。

伊礼「完全に俺、健ちゃんの主演だから、出演オファーを受けたからね!」

浦井「かなり...ありがたいです」

伊礼「本当にもう、その一心だよ」
oumon2016_19_04_9507.JPG

――伊礼さん、ビジュアル撮影時の取材でも「楽しみは健ちゃん」って仰ってました。なぜそんなに「健ちゃんだから」って?

伊礼「やっぱりそれは...約束したから。ルドルフの頃「いつか一緒にやりたいね」って言っていたんです。しかも主演はもう何度もやっているけど、帝国劇場のセンターに立つ、というのは、ひとつの...」

浦井「そうですね、ひとつの大きな、特別な何かがありますよね。帝国劇場はやっぱり"聖地"ですから」

伊礼「うん。だから、僕もそこには絶対に入りたいなって」


――実際、帝国劇場のセンターに立っていかがでしたか? 初日、終幕したときのお気持ちは。

浦井「見ている景色が、明らかに自分の中で違っていました。ああ、これが帝国劇場なんだなぁと。しかも、(『エリザベート』の)ルドルフの時とも、『ダンス オブ ヴァンパイア』のアルフレートの時とも違うな、とすごく感じました。でも同時に真ん中って、ひとりじゃなく、みんなと一緒にやってるんだ...って。"支えられている感"、それに気付けたことが、嬉しかった」

伊礼「主演の言葉だねー!」

浦井「あと、「帝劇には魔物がいる」ってよく言われているらしいんですが、僕にとってそこにいたのは、天使だった。魔物じゃなくて、すごく見守ってくれていました。帝劇の空間も...それが神様なのかもしれないけど...、お客さまも、スタッフさんも、オーケストラも。みんなが本当に舞台を愛していて、このすべてが合わさって、一回一回を大切にライブとして楽しんでいた。帝国劇場にいらっしゃる約2千人のお客さま、すべてからそれを感じたので嬉しかったですね」
oumon2016_19_75_0815.jpg

――初日、客席で観ていたのですが、すごくピースフルな空間でした。

浦井「すごかったですね! お客さまからの熱い拍手とスタンディングオベーション。胸の中に熱いものがじわーっとしみわたりました。初日に感じたそれが、今も続いています。やっぱり皆さんに支えられ、見守られているんだなって感じます」


――あと、2幕でメンフィスとライアンとイズミルとで、3人で歌うところ。あそこを平方元基さんイズミル回で観た時に、「元ルドルフ3人が帝劇の空間を埋めている!」と、勝手に感慨深くなりました。

伊礼「あっ、ホントだ」

浦井「そうだった!みんなルドルフやってるね」

伊礼「やっぱこの仕事、受けてよかったわ~」

浦井「今!?」


8月16日、東京はお盆中、強い雨も降る日であったが、渋谷・CBGKシブゲキ‼にて「実験落語neo~シブヤ炎上ふたたび~」(主催:CBGKシブゲキ!!)が開催され、客席は満席の落語ファンで賑わった。

かつて1970~80年代、渋谷のライブハウス「ジァン・ジァン」で定期開催されていた「実験落語」を復活させる形で、当時実験落語を牽引した三遊亭円丈をはじめ新旧バラエティに富んだメンバーが結集し、「実験落語neo」と題して2016年6月に第一回を開催、好評を博した企画の第二回。

第二回となる今回は、三遊亭円丈はもちろん、かつて実験落語に出演もしていた柳家小ゑん、今チケット完売必至と言われる柳家喬太郎、立川流の若き風雲児・立川吉笑、そして「世界のナベアツ」としても知られる桂三度が勢ぞろいし、それぞれ創作落語を披露した。

トップバッターの立川吉笑は、会話しながらやたらと舌打ちしてしまう人物が登場する「舌打たず」を披露。その口跡とテンポの良さで、若々しく軽妙な雰囲気が会場を包んだ。
次に出演の、上方落語の桂三度は、とことん勘が悪い男とのやりとりを描いた「隣の空き地」を一席。
柳家小ゑんは、溢れる鉄道愛、鉄道マニアであることを遺憾なく発揮した「鉄の男」を披露し、鉄道マニアの結婚式をネタに、オタクたちの可愛らしさを描いた。
柳家喬太郎は、好きな人に振られたと気を揉む後輩とその先輩たちの酒の席を描いた「もんじゃラブストーリー」。次々に登場する人物たちを、さながら一人芝居のように、何役も演じわけ、切れと華のあるパフォーマンスで客席を引き付けた。
そしてトリの三遊亭円丈は、円丈の専売特許"アクション落語"(!)「ランボー 怒りの脱出」を披露。独特の間と、味、所作で会場を笑わせた。
それぞれ活躍する5人が一堂に集い、創作落語を披露した贅沢な空間だった。

円丈さんkp.jpg
喬太郎さんkp.jpg
桂三度さんkp.jpg
好評の「実験落語neo」シリーズは、次回、第三回「実験落語neo シブヤ炎上またもや(仮)」10月4日(火)にCBGKシブゲキ‼で開催することが決定している。現在出演は、三遊亭円丈、川柳川柳、夢月亭清麿、NON STYLE石田明、が決定しているが、これからの追加の出演者発表も期待される。

今後発表される詳細は順次こちらより。



チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.2■


ベトナム戦争を背景に、ベトナム人少女キム、アメリカ兵クリスの悲恋をはじめ様々な愛の形と、戦争の虚しさを描いたミュージカル『ミス・サイゴン』

公演の本格的な稽古に先立ち行われる稽古の場、"ミス・サイゴン・スクール"の取材レポート後編です!
misssaigon2016_02_01_5043.JPG
misssaigon2016_02_04_5036.JPG
この日は、前日にみんなで観たという映画『7月4日に生まれて』(1989年制作/トム・クルーズ主演)の感想を言い合う場も。

「アメリカの負けた言い訳のように感じた。あの若い人たちは、何のために必死に戦っていたんだろう」
「英雄に憧れていた、英雄になりたい、そういう風潮があったんだと思う」
「単純に、家族に喜んでほしかった、家族に自分を認めてほしかったんじゃないかな」
等々、皆さん活発に意見を口に出していきます。

それぞれの言葉に、なるほどなーと頷きつつも、こういう意見を戦わせる場が作品への理解を深めると同時に、カンパニーの絆を強めていくのだなぁ、とも思ったり...。

チケット情報はこちら


2016年9月23日(金)~10月2日(日)まで、天王洲 銀河劇場にて上演される、ブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』。

上演に先立ち、8月7日(日)に行われた製作発表の模様をお送りいたします!


げ①_GMF9789-3.jpg

天才演出・振付家ボブ・フォッシーの代表作

『スウィート・チャリティ』

ヒロイン"チャリティ"役は、 初舞台・初主演となる

元KARAの知英。


_GMF9850-3.jpg


『スウィート・チャリティ』 は、1966年にブロードウェイで上演され、

1968年にはシャーリー・マクレーン主演で映画化もされた大ヒットミュージカルです。

時代を超えてもなお愛され続ける本作の魅力は、王道のジャズからファンキーなナンバー、切ないバラードまでがたっぷり詰まった音楽と華やかなショーシーンとなります。


今回、この名作の振付・演出を担うのは、ミュージカル界を牽引する上島雪夫。

そしてヒロインの"チャリティ"役には、パワフルな歌とダンスを武器に舞台初挑戦・初主演となる元KARAの知英が務めます。

知英演じる"チャリティ"は、愛を求めては傷つき、それでも負けずに立ち上がるとてもチャーミングで誰もが愛さずにはいられない役柄。

また、今回の製作発表には、ビジュアル撮影を担当し、

知英の写真集も手掛けたレスリー・キーが知英の未公開写真10枚を特大パネルにして製作発表の会場を華やかに飾りました。


出演者の知英さん平方元基さん岡幸二郎さん
上演台本・演出・振付の上島雪夫さん、音楽監督の玉麻尚一さんが登場しそれぞれ意気込みを語りました。


_GMF9727-3.jpg
■知英
「ミュージカルは女優を始めた時からの夢だったので、こんなに早く実現できるとは思わなかったのでとても嬉しいです。
初めてミュージカルに挑戦するので不安ばかりでどうすればいいか分からない状態ですが、先輩方に教えて頂き頑張っていきたいと思います。
まだ歌稽古が始まったばかりで、今はセリフを覚えるのに頭がいっぱいですが、毎日歌を聴いたりスウィート・チャリティの映画を観てどういう風に自分が演じられるかイメージしています。」


_GMF9576-3.jpg

■岡幸二郎
「このお話をもらった時、実は別の役だと思っていたんです。
それがまさか真面目な会計士という役が回ってくるとは、こんな不真面目な恰好をした...、これはちなみに私服です。コンビニ行く時の私服です。(笑)。
知英さんのような素晴らしい方と共演させていただいて、今回知英さんは初舞台・初ミュージカルだそうなので、これで嫌いにならないように私達がうまい具合にサポートしながら楽しい舞台にしていきたいなと思っております。私達がしっかりすれば、良い舞台になるように頑張りたいと思います。」


_GMF9596-3.jpg

■平方元基
「決まった時に楽曲を聞かせていただいたら、とてもポップでどこか懐かしい様な、心揺さぶられる音楽なので今からとてもワクワクしています。
僕の役は、世界的に有名で超絶人気がある映画スターなのですが、今日は岡さん(の私服)に負けているので本番までには、華やかさで負けないように頑張っていかなきゃいけないなと思っております。
ぜひ成長のほどをお楽しみください。」


_GMF9621-3.jpg
■上島雪夫
「ずっと追いかけていたボブフォッシーの作品に関われることは幸せです。知英さんを歌って踊らせることが今から楽しみでしょうがない。
先日のセリフの稽古で、チャリティは一度舞台に出たらずっと舞台にいることに気がついて、『大変だけど絶対頑張る』と言った知英さんは、チャリティにとても合ってる。
岡さんをはじめとする周りの出演者は、日本のミュージカル界のトップレベルの歌い手とダンサーを集めたので、ブロードウェイに引けをとらない"スウィート・チャリティ"になると僕自身ワクワクしています。」



_GMF9539-3.jpg

玉麻尚一
「僕は30年ミュージカルばかりやっていまして、"スウィート・チャリティ"は初めてなんですが、この作品は若い世代から、懐かしいなと思う人にも見て頂ける作品だと思います。
特に60年台のミュージカルは一番変わろうとしていたころで、今のポップスにすごい近いものを取り入れようとしていて、その音楽をまた今の人たちに親近感のわく音楽にしたいなと思っております。
普段舞台を観ない方にも観ていただきたいミュージカルにしようと思います。」
---------------------------




0526メイン編集済み.jpg



【公演情報】
ブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』

公演期間:2016/9/23(金)~10/2(日)
会場:天王洲 銀河劇場

脚本:ニ-ル・サイモン
作曲:サイ・コールマン
作詞:ドロシー・フィールズ
原案・原作:ボブ・フォッシー
 
演出・振付:上島雪夫
音楽監督:玉麻尚一

<出演者>
知英、平方元基、坂元健児、黒須洋壬、原田薫、ジェニファー、岡幸二郎 他



チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.1■


ベトナム戦争を背景に、ベトナム人少女キム、アメリカ兵クリスの悲恋をはじめ様々な愛の形と、戦争の虚しさを描いたミュージカル『ミス・サイゴン』

『レ・ミゼラブル』を作ったアラン・ブーブリルとクロード=ミッシェル・シェーンベルクの美しい音楽が、「生と死」「母子の愛と絆」「理想と悪夢」「戦争と平和」「難民と孤児」等の深いテーマを抉り出し、感動の中にも現代社会でも通じる大きなテーマを突きつける、壮大な作品です。

日本では1992年の初演以降幾度となく上演を重ね、2012年には"新演出版"が登場、好評を博しました。
この作品が2016年もまた、新たなキャストを迎えて上演されます。

10月の上演までまだまだ時間のある中、カンパニーは動き出しています!
8月上旬の某日、"ミス・サイゴン・スクール"を取材してきました。
misssaigon2016_01_01_5041.JPG
"ミス・サイゴン・スクール"とは、公演の本格的な稽古に先立ち行われる稽古の場。
もともとは1992年の日本初演当時、すべてオーディションで選ばれたキャスト...もちろん中には舞台デビューの人もいますので、その基礎稽古のために用意された場でした。
初演当時はこのスクールも、1年の長きにわたって開催されたとか。

今は歌やダンスの基礎練習というよりは、ベトナム戦争とはどういうものだったのか、そもそもベトナムとはどういう国なのか、当時の世界情勢は、アメリカはなぜこの国に介入していったのか...といった作品背景を深く理解するための学びの場、といった色合いが強いようですが、今もなお、上演されるたびに、必ず行われています。

ということで、今年も開催されています、"ミス・サイゴン・スクール"。

ほとんどのキャストが顔を揃えています!
misssaigon2016_01_02_5042.JPG

チケット情報はこちら

 舞台『遙かなる時空の中で5』の続編、舞台『遙かなる時空の中で5 風花記』が8月11日(木・祝)に初日を迎えた。
大人気ネオロマンスゲームを題材とする、この作品は白龍の神子・蓮水ゆき(君島光輝)と彼女を守る八葉たちが現代世界と異界とを救う物語。

DSC_0753.jpg
 無事に二つの世界を崩壊から守ったゆきは、しかし、荒廃したままの現代で目覚める。果たして何が起こっているのか......
彼女は再び、兄妹のように育った桐生瞬(越智友己)、いとこの八雲都(汐月しゅう)とともに異界へと飛ぶ。
ところが、そこは見知った京の街ではなく、幕末の江戸城の中だった!?

haruka5_DSC_0695.jpg
 今作から登場するのは、江戸幕府に仕える陰陽師・リンドウ(山川宗一郎)。怜悧な眼差しで、ゆきの資質を疑い、神子をやめるよう進言する。けれど聞き入れることなく凛とした眼差しで「やめません」と答える、ゆき。
 そんな彼女のもとに集う、瞬を始めとした八葉たち、坂本龍馬(塩口量平)、チナミ(河原田巧也)、沖田総司(秋葉友佑)、小松帯刀(吉田龍介)、福地桜智(伊万里有)、アーネスト・サトウ(冨森ジャスティン)、高杉晋作(仲田博喜)も前作同様、それぞれに個性あふれる演技を披露。
 さらに脇を固める土方歳三(小島祐輔)、勝海舟(中神一保)、小栗忠慶(太田裕二)らも物語を彩る。

haruka5_DSC_0789.jpg
haruka5_DSC_0710.jpg
haruka5_DSC_0803.jpg
 ひょうひょうとした笑顔で銃を撃ちまくる龍馬、見事な殺陣で刀を振るう高杉、自在に薙刀を操る小松──八葉たちが華麗な衣裳をひるがえし怨霊たちと戦う姿は実に艶やか。さらに江戸時代から現代に飛ぶ、彼らの洋装も見どころのひとつ。
 怨霊退治とともに、幕府の手による江戸の大火をキッカケにチナミの兄や仲間への熱い心も明かされる。描かれるのは戦う日々ばかりではなく、総司がゆきの笑顔のために金平糖を渡す姿も微笑ましく、もちろん鞭を手にする桜智の挙動不審さ(笑)も健在!
 さらに公演ごとに八葉たちのマルチシーンが日替わりで8パターン用意され、それぞれが抱く、ゆきへの想いも語られる。なお、初日ではアーネストが登場。それらがどう描かれるかは、劇場でのお楽しみ。

 やがて、現実世界と異世界の二つの世界が崩壊し融合した先に生まれる合わせ世の存在と瞬と弟の祟(熊谷魁人)の秘密を知り、ゆきは神子としてひとつの選択を迫られる。
 リンドウはうそぶく「がんばっても運命は変わらないよ」と。都は叫ぶ「全部を背負い込んでつぶれちゃダメだ」と。瞬は願う「俺は、あなたとともに生きたい」と──そして、ゆきは誓う、みんなを守る、と。

haruka5_DSC_0874.jpg
haruka5_DSC_0918.jpg
 ゲーム世界そのままに届けられる、本公演は8月21日(日)まで、全労済ホール スペース・ゼロにて上演中。

haruka5_DSC_0902.jpg
文/おーちようこ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

昨日、待望の続編が開幕した舞台『遙かなる時空の中で5 風花記』の稽古場を取材してきました!
haruka_kazahana01_3853.JPG
haruka_kazahana02_3923.JPG
『遙かなる時空の中で』は、コーエーから発売されている人気ゲームシリーズ。
龍神の神子としての宿命を持ったヒロインが、過去のある時代に似た異世界へ跳び、彼女を守る男性キャラクターらとともに、世界の崩壊を食い止めるために戦う和風ファンタジーゲームの傑作です。

作品ごとに、ヒロインが行く"過去のある時代"が異なっているのですが、「5」は幕末~明治維新期(に似た世界)が舞台
『風花記』は、その「5」の続編ですが、続編とはいえパラレルワールド的に、「5」とも少し異なるところもあるため、前作を見ていなくても大丈夫!...です。

が、もちろん「5」と同じキャラクター、そして2014年に舞台化されたときにも出演していた俳優さんも再登場していますので、ファンの方はそこは見どころのひとつですね!


現代と怨霊のはびこる異世界の幕末、ふたつの世界は密接に繋がっており、片方の世界の崩壊は、もうひとつの世界の崩壊を招きます。
現代に生きる女子高生・ゆきは、「5」で様々な試練を乗り越え、彼女を守る"八葉"とも心を通わせ、世界を救ったかと思われましたが...。

現代に戻っても、そこは砂の荒地でした...。
haruka_kazahana03_3927.JPG

世界を救うことができる選ばれし存在"白龍の神子"蓮水ゆき=君島光輝さん
haruka_kazahana05_3912.JPG
君島さんは新キャスト!
ひたむきでまっすぐな思いが伝わる、素敵なゆきになりそうですよ。
殺陣もキレがありました!

小返しで演出を受けている時の素の笑顔はキュート!
haruka_kazahana06_3828.JPG

ゆきと一緒に、現代から異世界へ旅をするのがこのふたり。
haruka_kazahana51_3942.JPG

ゆきの家に引き取られて一緒に育てられた、兄のような存在である桐生瞬=越智友己さん
感情をあまり表に出さない、年上の敬語キャラ!
でも、一緒に育ったゆきを誰よりも大切に思っているのが伝わってきます。
haruka_kazahana09_3908.JPG

チケット情報はこちら

防空壕の中チームの四人(青柳文子、大窪人衛、目次立樹、川村紗也)が語る、それぞれの役との向かいあい方と演技論。四人四色の役作りから、防空壕の子供たちが生まれるまでの過程を、役者の視点から語りあう。

_MG_1103.jpg

チケット情報はこちら

7月某日、都内で行われた舞台「TARO URASHIMA」の製作発表に行ってまいりました。

taro_MG_2174.jpg

明治座×る・ひまわりは過去6作品、歴史物・時代劇を製作してきましたが、今回は歴史とは別の観点で新たなシリーズ製作を始動!
今回題材として挙げられたのは『浦島太郎』。日本人なら誰もが知っているこの物語、しかし多くの謎があります。
「たまて箱」ってなんだったの?浦島太郎はその後どうなったの?
この美しい世界観と解決されていない謎を、新たな解釈の物語としてコミカル且つシュールにリメイクするのは、脚本・池田鉄洋さん&演出・板垣恭一さん!!

池田さんは会見で「なぜ僕がミュージカル?!と謎に思われるかもしれません。明治座でミュージカル......軽くドッキリなんじゃないかな?と思いました。今年に入って題材は「浦島太郎」と聞いて、だいぶ無茶振りだなと思いましたが、俳優としては無茶振りはすべてこなしていこうと思っているのでやってみようと思いました。どんどんキャスト・スタッフが発表になる中で、これ『本格的ミュージカル』と言っちゃっていいんじゃないか?って思ってきました。1分くらいで説明のつく『浦島太郎』の話ですが、謎がたくさんつまっています。今回、すべて解き明かされます。これが本当の浦島太郎の話なんだと納得いただける素敵な作品になっております。日本が誇れるミュージカルになれるはずなんじゃないかと、期待でわくわくしています。是非ご家族で観に来てください。」と熱く語ってくれました。

トラブルメーカーで世界一ツイていない男・浦島太郎役の木村了さんは「人生で浦島太郎役をやるとは思ってなかったです。嘘だ!と思いました(笑)でも、いただいたからには国民がみんな知っている浦島太郎の人生を、僕なりに理解してお届けします」とコメント。


チケット情報はこちら

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ