チケット情報はこちら

"花緑ごのみ"というシリーズとして独演会を開催してからいよいよ第40回。

柳家花緑師匠本公演に際して貴重なコメントをいただきました🎙

花緑ごのみ40_告知用photo.jpeg

Q1.花緑師匠にとって「花緑ごのみ」はどのような会ですか?

この会は、チャレンジの会です。自分1人でやるのがこの会の特徴で、豪華ゲストや前座さんが出ることがありません。

過去には色物さんのポジションも自分でやりましたね。ピアノを弾いたり、ダンスを踊ったりして来ました。落語は根多下ろし(初演)を中心にやって参りました。ですが、ここ最近は、色物さん的な高座はやらず、演目も根多下ろしばかりでは無く、"練り直し"と題して久し振りの演目を良くやらせてもらっておりました。

11公演で2日間。多い時で4日間ということもございましたが、今回は、1日で2公演というチャレンジです。そして、根多下ろしはせず、昼夜で演目を変えよう!という企画です。

Q2.今回で40回目となる「花緑ごのみ」ですが、これまでで印象に残っている回(内容)はありますか?

SWAのメンバー(春風亭昇太師匠、三遊亭白鳥師匠、柳家喬太郎師匠、林家彦いち師匠)の作る新作落語をやった会が印象に残ってますね。「SWAをカバーします!」というタイトルで行ったこの会が今までで一番お客様にお越し頂いた会でした。ブレンドストーリーというSWAの企画で4人のメンバーがみんなで繋げて一つの噺を作り上げるという物で、タケシ君の半生を描いた作品。タイトルを上げてみましょう。

 

1,三遊亭白鳥作「恋するヘビ女」

2,春風亭昇太作「夫婦に乾杯」

3,林家彦いち作「臼親父」

4,柳家喬太郎作「明日に架ける橋」

 

それぞれの師匠方が創作した噺が、タケシ君が小学生から大人になって新婚から倦怠期、還暦をむかえるまでを描いています。その4席を私が1人で語りました。全編2時間以上の作品。覚えるのも語るのも大変だったのを思い出しましたが楽しかったですね。

 

Q3.当日に向けての意気込みや、お客様へのメッセージをお願いします。

今回は、「花緑ごのみ」が40回という記念の会になります。私が20代より始めたこの独演会は、私のライフワークです。チャレンジすることが日常で有りたいと考える私の大事な勉強会です。ですから完成を目指さず、船出をご覧いただく会と位置付けて勉強して参りましたが、今回は、今までお付き合い下さいましたお客様への感謝の思いもあって、新しい落語のチャレンジでは無くて、今まで勉強して参りました噺をドドンとお時間の許す限り語って行こうという独演会になっております。

演目は当日その時に決めさせて頂き、昼夜で何席語るのかもその時に決めさせて頂きます。短い噺から長い噺を織り交ぜてお聞きいただくことになるでしょう。花緑の今一番語りたい落語ばかりをお届け出来ればと思っております。

当日イイノホールでお会いしましょう!

karokugonomi_40_omote.jpg

karokugonomi_40_ura.jpg

<公演情報>
2022/10/15(土) イイノホール(東京都)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

2009年アカデミー賞8部門を受賞した映画『スラムドッグ$ミリオネア』(監督:ダニー・ボイル)が原作にした小説「Q&A」(ヴィカス・スワラップ著)が、世界初の舞台化

貧困、格差、虐待、搾取といったインド社会が抱える問題に鋭く切り込みつつ、「スラム街の孤児《スラムドッグ》が、なぜクイズ番組で《ミリオネア》になりえたのか?」の謎解きを、群舞やパルクールを取り入れた疾走感のある音楽劇に仕上げた新たな社会派エンターテインメント作品となります。

上演台本と演出は、今、演劇界で最も熱い注目を集める演出家の一人・瀬戸山美咲さん

本公演の開幕間近に貴重なコメントをいただきました🎙

setoyama_a【撮影:服部たかやす】.jpg

撮影:服部たかやす

――Q1.今回の公演、音楽劇「スラムドッグ$ミリオネア」の魅力・見どころを教えてください。

現実の社会を反映した人間ドラマと、歌・ダンス・パルクール・バンド演奏など「楽しい!」と思える要素のバランスが魅力の作品になっています。俳優のみなさんがエネルギッシュで素晴らしいです。

――Q2. ご自身の演出の中でお客様に注目いただきたい具体的なシーンなどがあれば教えてください。

舞台では珍しいパルクールを駆使したシーン、音楽、歌、ダンスなど見どころはたくさんありますが、屋良さん演じるラム・ムハンマド・トーマスと川平さん演じるプレム・クマールの対決シーンには是非ご注目いただきたいです。

――Q3. 稽古をしてみて感じること、稽古中のエピソード等を具体的に教えてください。

屋良朝幸さんとご一緒するのは初めてですが、表現者として自分の核をしっかり持っていて、とても信頼しています。そして、とんでもなく努力家だと思います。ど真ん中で作品をしっかり引っ張ってくれる存在です。                                     

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

世界で初めての舞台化です。小説が原作なので、映画をご覧になった方も新鮮に楽しんでいただけると思います。このご時世だからこそ、足を運んでくださったお客様が思いっきり楽しめる作品にしたいと思っています。

東宝「スラムドッグ$ミリオネア」SDM_main_0516+.jpg

<公演情報>
8/1(月)~21(日) シアタークリエ (東京都)

<稽古場・パルクール映像はコチラ!>

■稽古場特別映像
■パルクール稽古映像

<各出演者からのコメント映像はコチラ!!>

【屋良朝幸】
https://youtu.be/aGPvAidpXvE
【村井良大】
https://youtu.be/ZbAhfQs0P5g
【唯月ふうか】
https://youtu.be/T1BKaaDDyN4
【大塚千弘】
https://youtu.be/qUkkSZsopdI
【川平慈英】
https://youtu.be/_YcKKLNUlCg

チケット情報はこちら

★ゾンビフェス組写真2022新.jpgゾンビフェスとは『ゾンビ』をテーマにしたパフォーマンスがこれでもかと集結する、CBGKシブゲキ!!が提案するお祭りです。
『ゾンビ』をテーマにした作品を数多く手がけてきた入江雅人がホストを務め、晩夏の風物詩にと2017年よりスタートしました。

入江雅人のひとり芝居は、笑いながらも胸を打つ作品が多く、中でも『ゾンビ』をテーマにした作品は、

多くのファンを魅了してきました。

6年目となる今年も、浮世の憂さを吹き飛ばすメンバーでお送りします。
様々な色が織りなすゾンビフェス、今年も乞うご期待!

[入江雅人コメント]

『ゾンビフェス』は、スタンダップコメディ、落語、浪曲、演劇など異なるジャンルの達人たちが
『ゾンビ』をお題に披露する至高の芸の数々と音楽ライブが一度に楽しめる唯一無二のフェスです。
6年目を迎える今回は、『ゾンビ浪曲』が大好評だった玉川太福さん&玉川みね子さんは3年ぶりの登場!

ピアニカ前田さんは塚本功さんと組んで「二人ピラニアンズ」で初登場!
そして今年も一人芝居の名作「帰郷」がフェスの最後を飾ります。
夏の終わりの風物詩「ゾンビフェス」 ぜひ遊びに来て下さい!

―――開催概要―――
[日程] 2022年9月22日(木) 18:30開演
[会場] CBGKシブゲキ!! (242席/東京メトロ渋谷駅 A0出口直結)
[出演者] 五十音順
入江 雅人:一人芝居
オクイ シュージ:演劇
清水 宏:スタンダップコメディ
立川 志ら乃:落語
玉川太福&玉川みね子:浪曲
二人ピラニアンズ(ピアニカ前田&塚本 功):鍵盤ハーモニカとエレキギター演奏
[料金]  一般料金 6,500円
     学生チケット 3,500円
[チケット発売日]  
一般販売:8月6日(土)10:00〜 チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/zombiefes/ (PC・MB共通)

[お問合せ]  CBGKシブゲキ!!
       電話: 03-6415-3363 メール: info@cbgk.jp
[オフィシャルサイト] https://zombiefes.wixsite.com/zombiefes

三谷幸喜 作・演出「ショウ・マスト・ゴー・オン」のキャストがついに発表になった。

三谷幸喜.jpeg

"一度幕を上げたらその幕は下ろしてはならない!"という舞台人の鉄則のようなこの言葉をタイトルに、1991年に「東京サンシャインボーイズ」で初演されたものを同作のオリジナル版とし、その最後の上演(1994年)から28年の時を経て、三谷幸喜自らがリニューアル版を手がける。

ショウマスト5人組み写真.png

今回発表となったキャストは、鈴木京香 尾上松也 ウエンツ瑛士 シルビア・グラブ 小林隆 新納慎也 今井朋彦 藤本隆宏 小澤雄太 峯村リエ 秋元才加 井上小百合 中島亜梨沙 大野泰広 荻野清子 浅野和之 の総勢16名!
これまでの三谷作品を支えてきたお馴染みのチームから、初めて三谷作・演出作品に参加する新たなメンバーまでが集結した楽しみな顔触れがそろった。 「オリジナル版での舞台監督役は今度は誰なの?」「そもそも同じストーリー、シチュエーションなの?」等々は今後のお楽しみとのこと。続報を楽しみに待とう!


<公演情報>
『ショウ・マスト・ゴー・オン』

【福岡公演】
2022年11月 7日(月)~11月13日(日) キャナルシティ劇場
【京都公演】
2022年11月17日(木)~11月20日(日) 京都劇場
【東京公演】
2022年11月25日(金)~12月27日(火) 世田谷パブリックシアター

【作・演出】
三谷幸喜

【出 演】
鈴木京香 尾上松也 ウエンツ瑛士 シルビア・グラブ 小林隆 新納慎也 今井朋彦 藤本隆宏 小澤雄太 峯村リエ 秋元才加 井上小百合 中島亜梨沙 大野泰広 荻野清子 浅野和之

【企画・製作・お問合せ】
シス・カンパニー TEL:03-5423-5906
(営業時間 平日11:00~19:00)

チケット情報はこちら

大人気コミックを原作にブロードウェイの巨匠と日本の若き才能がタッグを組んで生み出す世界初演ミュージカル、『四月は君の嘘』。コロナ禍で公演中止となってから約2年の時を経て、メインキャストが再集結。この春、上演される。主人公・有馬公生役は木村達成&小関裕太のWキャスト。さらに宮園かをり役を生田絵梨花、澤部椿役を唯月ふうか、渡亮太役を水田航生と寺西拓人が演じる。インタビューでは、主演の有馬を演じ、2022年に役者としてデビュー10年を迎えるミュージカル『四月は君の嘘』稽古中の木村達成を直撃。演劇『ハイキュー!!』以来の須賀健太×木村達成コンビが復活する舞台『血の婚礼』(9月上演)のことから初のソロ・コンサートまで、ざっくばらんに語ってもらった。

15955717115962.jpg

―ミュージカル『四月は君の嘘』の開幕が目前です。今どんな気持ち?

木村達成(以下、木村):連載漫画の初のミュージカル化をどう完成形に近づけるかということばかり考えてます。改めて、ミュージカルの難しさを思い知らされました。アニメ作品って突拍子もない展開があって、それを舞台で表現するとなると、シーンにバラつきが出てくるんです。ワンシーンごとに歌があるんですけど、それを一ページずつめくっている段階というか。次のシーンへのパスやエネルギーが見えていないので、その作業がこれから重要になってきそうです。

―共演の宮園かをりの印象はいかがですか?

木村:ひとりで苦悩する瞬間もあるんですけど、そんなの"どうだって良いじゃん!"というふうに思わせてくれるのが、いくちゃん(生田絵梨花)演じる宮園かをりですね。悩んでる感情さえも、彼女のパワーを前にするとバカらしくさせてくれる。独りで作っているものじゃないっていうのが、今回は一番強いです。宮園かをりは、死期が迫ってることを自覚しての発言であったり、それだけの苦労をしてるので、凄いことを言ってのける役なんです。実際に自己防衛として落ち込んでいても元気なフリをしている人っているから、見えているものが全てじゃないんだなって感じました。

―今回はどんなところを味方に?

木村:今回は、幼い頃に苦悩していたリトル・公生を切り取れば、僕が演じすぎる必要がなくその苦悩が感じられるのではないかなと思っています。人間のギャップも見せられるし、間違いなくそれが最高の味方になってくれると思います。

―木村達成さんがどう主人公を演じるのか、キャラクターとの印象も違ったので興味がありました。

木村:違いますよね?!(笑)。

―前にグイグイ出て行く印象があったので。自分の中に役の引き出しのようなものはありましたか?

木村:模索中です(笑)。

―共通項は?

木村:まず、人間であること。これは不完全ってところです。完璧な人間なんてこの世にいないから、そこは共通なのかな。

―今作を通して、木村さんが伝えたいことは?

木村:誰かとの出会いで人生が変わるとか、見る世界がカラフルに変わることですね。その人との出会いで、その日一日が元気になれることって、僕も経験あるんですけど...音楽の力って絶大じゃないですか。その力も利用しながら、エンターテインメントとしてお客さんに元気になってもらえるような作品にはしたいです。

―木村さんは役者として今年で10年を迎えますが、役者生活の中で、作品のような人生を変える出会いってありましたか?

木村:唯一、いろんなことを吸収して、死ぬまで成長できる職業が役者なのかなって思うと、出会った作品で考え方が変わったりしていった10年間でした。自分に足りない事を作品が教えてくれるというか・・・

―今作のような挫折はあった?

木村:学生の時から一夜漬けするタイプだったんですけど、それを辞めて努力をすることの大変さを覚えて、毎日のように挫折してますよ(笑)。適当な性格なら良かったんですけど、わりと気にしいだし、それでいて強気な発言もすれば実は嫌われたくなかったり。めちゃくちゃ、メンドクサイ人間なんで。

―そうすると、主人公との共通点も少し見えてきたような?

木村:あっ、確かに!(笑)。

―『銀河鉄道の夜2020』で初主演を経験しましたが、今回も主演を務めますね。

木村:この作品は背中を見せて引っ張ってくというよりは、誰かの力を借りないと成立しない作品。誰かが手を差し伸べたくなるような主演であらなきゃと思うんです。新作ミュージカルということで、立ち上げっていうこともありますけど、みんなで何かを考えること、諦めないことが重要なのかなって主演だからじゃないけど、そういう風に考えることはありますね。ただ、苦悩させられる役をここ23年間、多くやっている気がするので、1回最後にしたいかな(笑)。終わったら滅入る気持ちを立ち上げるんですけど、心の整理をする時間がとても必要なので。

―あはは。9月には舞台『血の婚礼』で望まぬ結婚をし家庭を築き上げ、仕事に精を出しながらも"花嫁"を想い続けているレオナルド役にも挑戦することが発表されました。

木村:これは、サディストじゃないですけど...ヤバいと思いますよ。

―この役で、役者としてはどう成長していきたい?

木村:作品に携わるほど役者って言葉が嫌いになってきて、それを取っ払った状態の木村達成でいたいです。目の前の仕事を全力でやることは10年間変わらない作業だし、これからも血を吐くほど全力でぶち当たりたいです。自分の力量ではできない作品が続いている分、自分の実力以上の作品に向けて絶対に届かないところへ手を伸ばす距離感というか、その関係性を保っていたいですね。

―先ほど『血の婚礼』の話題も少し出ましたが、努力の先に新たな扉がまた開きそうな予感がします。

木村:役の印象は嫌な奴だなって感じました。 "お前は俺しかダメなんだ"という発言に力を感じたので、絶対に個で立っていなければならないと思ったし、今まで培ったものが発揮されると思います。

―演劇『ハイキュー!!』以来の須賀健太×木村達成コンビが見れることも、楽しみのひとつですが。

木村:僕と、健太の共演はめちゃ、めちゃ面白いと思いますよ! 僕自身もまた芝居を作れるのが楽しみであり、『ハイキュー!!』以降で経験してきたことが全て投影されるわけですから、ちょっと怖いっていうか、ドキドキでもあります。インタビューでは勝気なことを言いますけど、小心者なところがあるので。でも、健太はそういう僕の弱い部分も知ってるから、そこは最強の味方ですね。

―さらに12月にはソロコンサートも決定しています。

木村:これ、本当にやるの?!(驚)って、本気で思ってます。

―(笑)。ファンと一緒にデビュー10年を祝う素敵な日になりそうですね。10年後はどんな木村達成でいたいですか?

木村:10年後は結婚して子どもがいて、幸せな家庭を築けていたら良いなくらいしか考えられないんですけど(笑)、目の前のことに精一杯なので作品によって自分が変わって、自分でも嫌な人間になる時もあるけれど、そんな時でも見捨てないでほしいです。全てを愛してほしい。どれをとっても木村達成であることに変わりないので。

取材・文:後藤千尋

<公演情報>
5/7(土)~29(日) 日生劇場(東京都)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

ミュージックホールでたまたま知り合った謎の美女と、どういうわけか一夜をともに過ごすことになった主人公。甘い雰囲気を期待するも、その美女が謎の言葉を残して殺された! わけのわからないまま国家をゆるがす陰謀事件に巻き込まれ、かつ殺人容疑で指名手配されてしまった主人公の命運やいかに......!? ジョン・バカンのスパイ小説「三十九階段」及び、その小説を原作にしたアルフレッド・ヒッチコック監督映画「三十九夜」をもとにしたイギリス発の人気舞台『THE 39 STEPS ザ・サーティーナイン・ステップス』が、51()より東京・シアタークリエで上演される。登場する139役を平方元基、ソニン、あべこうじ、小松利昌のたった4人の俳優で演じる、サスペンスにして極上のコメディ。4月下旬のある日、この稽古場を取材した。

IMG_6026.jpg

取材日の稽古は、2幕冒頭のシーンからスタート。場所はのどかな田舎のようだ。マーガレット役のソニンが牧歌的な歌を口ずさむ一方、平方扮する主人公リチャード・ハネイは裁判所で判事(小松)を相手に、重大な事件が起きていることを訴えている。親身になって話を聞く判事。すでに大逃亡劇を繰り広げているハネイ、ここでやっと身の潔白をわかってもらえるか......と思いきや、実は判事は時間稼ぎをしていただけ。こっそり呼んでいた警官(あべ)に手錠をかけられ、ハネイ大ピンチ! 格闘の末、ハネイは窓から逃亡し......。おそらく本番では数分のシーンであろうが、2幕の幕開き早々、ハイスピードかつ、情報量の詰まった展開である。さらに演出のウォーリー木下からは「ソニンさん、出てくる時にその窓枠を持ってこられますか?」など、容赦なく役割が与えられていく。ただでさえ出ずっぱりで大忙しの俳優たちだが、この作品、舞台上のセット転換なども俳優が担う部分が多い。慌ただしいセットチェンジが可視化されることで、物語のスピード感が上がっていく。

IMG_6040.jpg

場面も役柄もくるくる替わり、さらに転換も担う俳優たちが肉体を酷使している様はそれだけで楽しくドタバタコメディとして成立しそうだが、この熟練の4人の俳優は、それだけで終わらせない。決め事が多い舞台なだけに動きも細かく指定されている模様だが、ソニンは木下に"その動き"をするためのキャラクターの心情の調整を相談したり、「ここ、ブラシ使っていいですか?」と小道具をリクエストしたりと積極的に役を深めている。あべからは木下に「この警官は電車のシーンに出てきた警官ですか?」という質問が。台本上の指定はないようで、木下が「その方がハネイは反応しやすいからテンポがよくなるよね、ハメられた感が出て」と判断し、同じ人物になった模様。小松は、電話で喋りながら電話の向こうにいる通話相手の声も担当するなどアクロバットでユニークな演技を器用にこなし笑わせる一方で、「この赤い幕はあべさんに運んでもらった方が(効率がいい)」など、俯瞰した視点からの提案もしている。ちなみにふたりで135役を演じていくあべと小松は"クラウン"と呼ばれる役柄。ただし、様々な役を演じるふたりをクラウンと称しているのではなく、ふたりはクラウンを演じ、そのクラウンが様々な役を演じていくという構造のようだ。ある役の衣裳を着てもすぐにその役になるわけではなく、クラウンでいる状態もあり、"スイッチが入る瞬間"が舞台上であるのが面白い。

IMG_5829.jpg

そしてハネイを演じる平方が、誰よりもハードに動き回る。思いもよらない事件に巻き込まれ、追い詰められながらも、この危機を救えるのは自分だけだと奮闘する。平方は危機に陥っているのに美女に会って目尻を下げる人間臭さなどが可愛らしい一方で、激しいアクションシーンもカッコ良くバッチリ決める。平方の愛らしい個性は、いわゆる"巻き込まれ型主人公"が非常によく似合うし、ハネイは間違いなくそのタイプではあるのだが、受け身なだけではない力強さが平方の全身から伝わってくるのもいい。ミュージカルデビュー10周年の節目を迎えている平方のこれまでの経験値が確実に自信となり、ハネイに注ぎ込まれている。同時に平方自身がこのハードな役を楽しみながら演じているのもよくわかる。

IMG_5803.jpg

手に汗握るサスペンスフルな物語展開に、ドタバタだけではない俳優たちの名演が期待できる『THE 39 STEPS』。とはいえやはり、"物語の外"の見どころもたくさんある作品だ。セットチェンジは「先にスクリーンを出さないと......」など、さながらパズルのように試行錯誤しているし、シーンの稽古の前に「モノの出し入れの練習をさせてくださーい」という時間があったり、クラウンたちは効果音さえも口で言っていたり。さらに音楽を担当するバンド・ザッハトルテもすでに稽古に合流。ストレートプレイではあるが音楽も重要な要素で、ナンバー数も多い。雷やフィルムのまわる効果音などもバンドが出しているのも面白いし、クラウンたちの衣裳チェンジにかかる時間にあわせて音楽の長さを調整もしている。全方位にわたってアナログな手間を随所に仕掛けている作品だ。だが、大変さはビシバシ伝わるものの"ピリっと"感はまったくしない。座長の平方に至っては、ちょくちょく取材カメラに向かってポーズを送ってくれるサービスっぷり。みんなが楽しんでいることが伝わってくる稽古場だった。手作り感満載、愛情いっぱいの"全力演劇"。演劇を愛する人こそ、大好きな一作になりそうだ。

公演は51()から17()まで。チケットは発売中。(取材・文・撮影:平野祥恵)

チケット情報はこちら

IMG_5744.jpg

IMG_5929.jpg

IMG_5679.jpgIMG_5981.jpg

チケット情報はこちら

Wgjg024.jpg
ゴジゲンは2008年に慶應義塾大学演劇サークル"創像工房 in front of."内で結成。年2~3回の上演を精力的に行っていたが、11年『極めてやわらかい道』の後、3年間の活動休止。14年『ごきげんさマイポレンド』より活動再開し、17年に初の3都市公演『くれなずめ』で2000人以上を動員。21年に『くれなずめ』は映画化もされた。今回の『かえりにち』では、劇団員以外に神谷大輔と結城洋平をキャストに迎え、東京、北九州、京都公演を実施する。主宰の松居と、出演する結城に話をたっぷりと聞いた。

ーー作品の仕上がりはどうですか?

松居:物語がないというか、何も起きない物語を作ろうと思っていて。最初にコロナ禍が始まった頃は、できるだけコメディをつくろう、前向きになるようにとか、思っていたんですけど、それも結構長く続いていくと、なんか世の中の方が殺伐としていたり、なんかもう嘘みたいなことばかりいっぱい起きたりする。

だから、劇の中ぐらいは、何も起きなくていいんじゃないかと思って。その脚本はなかなか難しくて、結構苦戦しましたね。劇の中ではみんな思いつきで喋っているような感じになったらいいなと思うけど、90分劇場に座って、観てもらった時の満足感みたいなものも出したいという。

めっちゃ難しいことを個人的にはやっているつもりなんですけど、難しくないように見えるんです(笑)。

ーー「普通」や「日常」を舞台に乗せる、その難しさ。

松居:そうです。これまでは何かしら拠り所があったんですよ。例えば、解散を発表するかしないか、この余興は結局やるのだろうか、とか。何かに向かって物語が進んでいたんですが、今回の芝居は「帰らない」だけなので。なぜ帰らないのかすらもどうでも良くなってくる話です。

結城:松居さんがどういうことをやりたいんだろうと僕も劇団員の皆さんも思っていたと思うんですけど、最初の稽古のときに「背骨を抜きたい」という話をしていて。あ、でも確かにそういう劇って観たことないなというのが一番最初の印象でしたね。

正直、物語を作らないなんて、何をやるのかなと思ったんですけど(笑)、段々本が出来て、形になってきて、ああ、なんとなくこういう事なのかなというのは感じています。

松居:1ヶ月ちょっとの稽古の中で、メンバーや結城くん、神谷くんと話し合って、具現化させてもらえたような感じもしています。台本が遅くなって申し訳ないけど......(笑)。

結城:(笑)。でも、僕はこれをお客さんとして観たいなと思うな。何も起こらないのを観て、どういう風に思うんだろうとわくわくがありますよね。

松居:ゴジゲンは毎回、「これ面白いのか?」みたいな芝居が多いんですけど、今回は特にそうなる気がします。

チケット購入はこちら

★げきぴあを見た方限定★

現在ぴあ半館貸切公演にて、本記事を見た方限定で割引販売を実施致します!

詳細はページ下部よりご確認ください!!

げきぴあ③.jpg

イギリス冒険小説家ジョン・バカンの小説「三十九階段」と、この小説を原作に制作された巨匠アルフレッド・ヒッチコックの映画『三十九夜』という2作を元に舞台として制作され、ブロードウェイにも進出した「THE 39 STEPS ザ・サーティーナイン・ステップス」がウォーリー木下の演出により上演される。

ひょんなことからある陰謀に巻き込まれる主人公・ハネイを演じるのは、本作が単独初主演となる平方元基。

ウォーリー木下の上演台本で"ハイパーコメディ"として生まれ変わった本作について木下と平方に話を聞いた。

――先日の下着姿での製作発表会見でみなさん「観たことがないような作品」「ジャンル分けが難しい」とおっしゃっていました。どういう部分が「見たことのない」作品なのか? ヒントをお願いします。

平方:なんとも言えないものが観られるってことじゃないでしょうか? ミュージカルとも、ストレートプレイとも言えない。「そもそも演劇をカテゴライズする必要があるか?」ということですよね。

それ(カテゴライズ)って、ものを棚に整理するために必要な名前みたいなものに過ぎなくて、でもそれは今回必要がなくて、今、目の前で繰り広げられていること全てがお芝居だとしたら、(本作は)そういう体験だと思います。

何なのかわからなくても観ていて面白い。そこが僕たちが今回やる作品の一番の長所だなって。演劇の「はじまり」みたいなことをしている感じがしませんか?げきぴあ①.jpg

木下:"ごっこ遊び"みたいなことをしていますからね。でも見ている人が、何をやっているかわかんないということはないと思うんですよね。

ちゃんと筋はあるし、昔のヒッチコックの映画が好きな人は、そういう視点からの面白さもあるし、原作映画を全く知らなくてもこんな表現があるんだと思う人もいると思います。

1930年代の映画の撮影をしている」という設定なんですけど、その頃のアナログな映画のつくり方と演劇で僕らが"ごっこ遊び"をしているのがリンクしていくような演出になっています。どの世代の人に観てもらっても楽しみ方がいろいろあると思います。

平方:まだお稽古している段階ですが、毎日「生きてるぅ...!」と思うんですよね。その感覚を持ったまま本番でお客様を客席に迎え入れたら、「生きてるぅ...!」の"先"にたどり着くのではないか?と思います()

それが見えそうな手応えもあるし、こんなに役者をやっていて嬉しい気持ちになるような稽古場ってそうそうなくて。こんな気持ちにさせてくれる稽古場でこの後、何が見えるのか・・・?我々がお客様と共鳴した時に、これまで見たこともない景色が見えるんじゃないかと思っています。

お客様が観に来てくださらないと、僕らがどんなに熱を持っていても伝わらないですし、劇場で観てこその作品だと思うので、僕らの熱と喜びを受け取って頂けたら嬉しいです。というか、純粋に楽しめると思います(笑)!

げきぴあ②.jpg

――稽古を進めていく中での平方さんの印象について教えてください。

木下:稽古場全体に気配りができているし、まさに"座長"ですね。稽古場の空気ってそのまま作品の空気になるものなんですよ。演劇が他の表現と違うのは、1か月ほどの稽古期間で寝食を共にするくらいの濃密な交流を経てできあがるってことで、それこそケンカして絆が生まれたりもします。

そういう本番にむけた真剣な遊びの空間を作ることに、平方さんが誰よりも楽しんでくれていることで、みんなはそれを信じてやっていればうまくいくだろうなという雰囲気になっていますので、本当に助かっていますね。

げきぴあ⑤.png

"単独初主演"の重圧は「全くない!」

――平方さんにとっては本作が初の単独主演舞台となりますが、"座長"を意識する部分はあるんでしょうか?

平方:本当にないですね。全くない! どこでもこんな感じです(笑)。

街で声を掛けられてもここでしゃべっていても。よそ行きの"仕事モード"の自分とかにすごく憧れていて...()

木下:とても怖い先輩がいる現場とかに行く時どうしているの(笑)? ちょっと私語が出ると「静かにしてくれない?」とか言われることはないの?

平方:「あ、やべっ!」とか言っちゃうかな(笑)。それでも可愛いがられちゃうんですよね。そういうところは意外と策士なのかも...?()

――"単独初主演"ということで背負うものだったり、プレッシャーも...?

平方:それもすごく聞いていただくんですけれど、無さ過ぎて...(苦笑)。これまでコツコツやってきたという自負は多少ありますが、ただ目の前のことを一生懸命やり続けてきたというだけなんですよね。

「主演」とか「単独初主演」というものは、そういう立場を周りや作品が与えて下さるものであり、自分が何かをやったから、そこにたどり着いたという風には思っていないです。

それが素晴らしいものだと周りの方々も教えてくださいますし、もちろん自分でもそう思います。でも、そういう機会にめぐり合えるのも、自分というより、周りの方々がこれまでやってきてくださったことの思いのかたまりであり、"ご褒美"というか、僕が「単独初主演なんですよ」と言うものではないのかな...? と思うんです。

背負うプレッシャーってないならない方が良くないですか? みんな大変だもん()

――製作発表会見で平方さんは「ハネイは変な正義感を持っている」ともおっしゃっていました。女性にもモテるし、どこか放っておけないところもあるのかなと思いますが、ハネイの魅力ってどういう部分にあると思いますか?

木下:もともと僕はヒッチコックの映画が好きで、ああいうタイプの役柄って多いんです。

今回はよりコメディにするために少しオーバーになっているんですが、意外と普通の感覚を持っている人が主役だったりするんですよね。普通の感覚の人が、何かに巻き込まれたり、"受け"の状態で物語が進んでいく中で、自分の中の新しい何かを発見したり、出会いによって変わっていくみたいなのが多いんです。

存在さえしていれば、受けていく中で勝手にハネイというのは作られていくのかもしれないし、稽古の初日から、僕の中では筋は通っていたんですよね。それは(翻訳の)小田島恒志さんも言っていたけど、平方さんは本を読み込んできているから、あとは共演者によって変わっていくので、それを今まさに稽古場でやっていて、そういうところもハネイっぽいなという印象です。

平方:「愛」って言葉を使うんですよ、ハネイは。結局、それは自分が一番弱かったところであり、欲しかったものなんだと思うんです。そういうのが見え隠れする感じが、自分で演じている役柄なんですけど、たまらなく愛おしいというか「わかりますよ!」という瞬間がたくさんあります。

ちょっと間抜けだったり、カッコつけたいのにつけきれなかったり...。相手を好きだと思いつつ、いっぱいいっぱいになると「バカじゃないのか!」と叱責してしまうところもあったり。

何だろうな...? 魅力って(笑)。すごく周りを気にしているのにどこかワガママだったりするんですよね。自分の中で欲望がしっかりとあるのかな(笑)? ハネイ自身、自分の性格をわかっていたら、あんな冒険には出ないと思うんですよね。撃ち殺されそうな状況に自ら入っていくなんてすごいなぁと。僕だったら絶対にやらないです()

木下:やりそうだけど(笑)。

平方:撃ち殺されそうな状況ですよ(笑)?

木下:僕は今回「はじめまして」ですけど、その辺りがちょっとハネイと親和性が高い心を持っているなと感じますね。

平方:自分の知らないことにものすごく興味が湧くので、そこかもしれない! 興味があって、それが自分にとって「面白そう」とか「知りたい」とか思考する前に心が先に動いちゃう! でも結局、問題が後から噴出してきて。それが(本作では)ドラマになっていくけど、普段、生きている僕としては大変ですよ(苦笑)。

取材・文・撮影=黒豆直樹

げきぴあ④.jpg

THE39_宣材組写真002.jpg

<公演情報>
5/1(日)~17(火) シアタークリエ (東京都)

★げきぴあを見た方限定★

現在ぴあ半館貸切公演にて、本記事を見た方限定で割引販売を実施致します!

販売ページは下記URLよりご確認ください!!

チケット購入はこちら

チケット情報はこちら

『ライチ☆光クラブ』や『帝一の國』で知られる古屋兎丸原作のコミック『アマネ†ギムナジウム』が、初の舞台化。原作は派遣社員で人形作家の宮方天音を主人公に、"ギムナジウム"をテーマに彼女が制作した7体の人形が、突如動き出したところから物語は始まる。舞台の演出を手がけるのは、『帝一の國』の舞台版も好評を博した小林顕作。そこで稽古場の古屋、小林とリモートを繋ぎ、作品にかける思い、稽古の手応えなどを訊いた。

げきぴあ1.jpg

――『帝一の國』に続き、古屋先生の作品が小林さん演出で舞台化されます。今回のお話があった時の心境は?

古屋 単純に「やった!」と思いました。と同時に、『アマネ†ギムナジウム』という作品が顕作さんによってどう舞台化されるのか、ちょっと想像がつかないなとも思いました。

小林 僕も単純に「やったー!」と思いました(笑)。なぜかと言うと、古屋先生のお人柄と言いますか、とてもやりやすいんですよね。原作者の方って作品における神様なので、なかなか直接本意が聞けなかったりするんですけど、先生とは直でやり取り出来ますし、ちょいちょい稽古場に来てくださる。作品を作る上で、これ以上ありがたいことはないですね。

古屋 それは顕作さんの作る現場の雰囲気が、すごく居心地がいいからだと思いますよ。こんなにアットホームで、ウェルカムな現場ってほかにないですから。僕はその片隅で、稽古の雰囲気を感じながら自分の仕事をしているだけです。

小林 そう! 別のお仕事されてますよね?(笑)

古屋 はい。稽古をBGMにしながら。それでもみんなの熱意とか、伝わるものはいっぱいあるんですよね。

――とはいえ原作者としては、自身の作品が舞台化なり、映像化なりされることに不安はありませんか?

古屋 顕作さんに関してはすごく信頼しているので、不安はまったくありません。脚本を読ませてもらっても、全7巻ある漫画が、意外ときっちり収まっている。それはお客さんを主人公の(宮方)天音にする、という手法にされたおかげだと思うんですけど。とても意外であり、面白いなと思いました。

げきぴあ2.jpg

――"お客さん=天音"という構成は本当に驚きました。

小林 まず思い浮かべたのは、テーマパークのライド型アトラクションです。お客さんにはライドに乗るような感覚で天音になってもらい、『アマネ†ギムナジウム』の世界を楽しんでもらおうと。さらに美少年たちを堪能してもらう、そういうおもてなしの舞台でもあるので、"リアリティアトラクション"とでも言いますか(笑)。ただ漫画の世界を忠実に、より深みを出そうとすると、もっと体験型にする必要がある。そういったイメージを脚本の渡辺(雄介)さんにお伝えしたところ、非常にいいものが出来上がって! これは面白いものになる、と確信しましたね。というのも今回はロングランなので、「3回は観たい!」と思ってもらえるようなものにしなければ、と考えているんです(笑)。

――改めて作品としての魅力とは?

小林 『帝一の國』は一途な少年の真っすぐ過ぎるおかしさを、半分ギャグを交えながら描いていましたが、今回は思いっきり踏み込んで、ひとりの女の子の閉ざされた過去を描いている。その核さえしっかり描けたら、僕の心の女子はえらく感動するし(笑)、実際これを観た女性のお客さんにとっても、ちゃんと残るものになるだろうなと。それって想像出来る『アマネ†ギムナジウム』ではないと思うんですけど、僕がアニメなり漫画なりを舞台化する時に心がけていることは、思いっきり逆を走ること。寄せても真似になるだけですし、作品の本質は逆に走った先にこそあると信じているんです。

――稽古は中盤に差しかかったところですが、見学されての感想は?

古屋 実際にギムナジウムの少年たちが動くと、こんなにも生き生きするのかと驚きました。やっぱり漫画というのは自分の頭の中の妄想だけなので、顕作さんの演出がついたり、実際俳優さんたちが動くことによって、こんなにも変わるのだと。またフィリクス役の(大城)ベイリさん、ヨハン役のとまんさんがすごくいいですね。立っているだけで絵になるというか。特にヨハンのあの雰囲気を出せる子って、なかなかいないと思いますよ。

小林 とまんくん、まんまヨハンですよね。ベイリくんは演じながらも、根っこにある人の良さが滲んじゃっていますけど(笑)。でもフィリクス自体、実はすごく人がいいキャラクター。そういう意味でベイリくんもぴったりなんですよね。

古屋 僕が稽古場に来るのが好きなのは、やっぱりものづくりの現場を見るのが好きだからなんです。キャストのみんながだんだん団結していく様子もわかるし、自分とは違うプロフェッショナルな方が集まって、ものを作っていく感覚がとても楽しい。今日で言えば、天音の声を演じる石川由依さんが来てくださったのも、すごく感動しました。すごく的確で、台本や原作をちゃんと読み込んできてくださっているのがよくわかりましたね。

小林 天音の声の収録をしたんですが、僕からのオーダーはほぼなかったですね。はい正解、はい正解って感じで(笑)。僕からしたらまさに天音だったんです。

げきぴあ3.jpg

――では最後に、読者の方にメッセージを。

古屋 中学生や高校生の時に『ライチ☆光クラブ』を読んでいたような子たちが、今30代になり、『アマネ†ギムナジウム』を読んでくれている印象です。自分の仕事と趣味の狭間に生きている世代、そんな人たちに刺さるものを描きたいと思ったのがこの作品で。そういう複雑な思いを少し抱きつつ、最終的には楽しかったと、その両方を味わっていただけたらいいなと思います。

小林 すごく重いテーマの作品ではありますが、最後には僕のクセで、なにを観たかよくわかんなくなっちゃう感じはあると思います(笑)。ただ僕の仕事は、「なんか今日楽しかったな」とか、「明日も頑張れるな」って思ってもらえるものを作ること。ただそれに尽きると思っていて。だからこそぜひ3回(笑)。「びっくり、なるほど、もう1回!」で、計3回観に来てもらえたらすごく嬉しいです。


取材・文:野上瑠美子



<公演情報>
アマネ†ギムナジウム オンステージ

2022年4月22日(金)~5月15日(日)
Mixalive TOKYO Theater Mixa
8,000円(全席指定/税込)

[原作]古屋兎丸(「アマネ†ギムナジウム」(講談社モーニング KC))
[脚本]渡辺雄介
[演出]小林顕作
[出演]
フィリクス・シュルツ: 大城ベイリ
ヨハン・ベルク: とまん

《チーム:プレッツェル》
テオ・アプフェル:秦 健豪
ゼップ・ジングフューゲル:松田昇大
ダミアン・ベーゼンマン:深澤悠斗
オットー・グーテンゾーン:本間一稀
エルマー・クーヒェン:矢代卓也

《チーム:バウムクーヘン》
テオ・アプフェル:弦間哲心
ゼップ・ジングフューゲル:中嶋 健
ダミアン・ベーゼンマン:広井雄士
オットー・グーテンゾーン:星 豪毅
エルマー・クーヒェン:土屋 翔

アマネ美ヨングス:小黒直樹 玉元風海人 高橋陸人

宮方天音(声の出演):石川由依

WEBアマネMV.jpg

(C)古屋兎丸・講談社/アマネ†ギムナジウム オンステージ製作委員会

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

【脚本・演出 開沼 豊】 顔合わせ後のコメントが到着しました!

≪観劇者とは≫

観劇者(再)のご案内をお読み頂きありがとうございます。

この作品は俳優たちが普段観 劇されるお客様を演じる物語となっています。

そのため舞台上に客席のとある一列のセットを設置し、開場から終演までの間に、それぞ れの観劇者がどのような事情を持ってこの舞台を観にきたのか。どのような想いを持って 演劇を観に来るのかを描いています。

登場人物の誰かにきっと自分や自分の身近な人が当てはまるかと思いますので、等身大の ストーリー展開を楽しんで頂けると幸いです。

≪昨年初演をご覧になったお客様へ≫

また、初演をご覧になったお客様には、新たなキャラクターとして「劇場という空間が好 きな女性」を追加しました。僕自身も舞台観劇はもちろん、劇場という日常の中にある非 日常の空間に、不思議なほど居心地の良さを感じたりすることがあります。 同時にこの空間に来れなくなる日が来たらそれはそれは寂しいだろうなぁと想像したりも します。

初演に登場したキャラクターと新たなキャラクターが混じり合ったはじめての読み合わせ が先日行われましたが、どの登場人物も愛らしく、可愛げと儚さが混在するとても人間ら しいキャラクターが出来ると確信しました。

どうぞ、劇場へお越し頂きまして、観劇者たちを観劇するという、普段あまりない感覚を 味わいに来てください。我々は、アナタの物語を作って劇場でお待ちしています。

【外岡えりか×清水 麻璃亜×大滝樹 インタビュー】

昨年夏に話題を呼んだ舞台「観劇者」が早くも再演。「観劇者(再)」として、202254日(水)から58日(日)まで、前回と同様に池袋・BIG TREE THEATERで上演となる。〈客席にこそドラマがある〉をテーマに、公演を観ることになった経緯にふれながら、観劇する側の客の開場から終演後までを描いており、前回は9人だった観劇者が、今回は10名に。登場人物が持つ様々なバックボーンや思いは、実際に会場に足を運んだ私たち=観劇者が共感するものばかりだ。

今回ぴあでは、前作から続投となる外岡えりか、大滝樹と、新たに参加することとなった清水 麻璃亜の3人にインタビュー。前回の上演時の思い出や、再演に挑む思いを聞きながら、本作の魅力に迫る。

_AR_7318.JPG

――「観劇者」が、早くも再演ということで...。

大滝「早くも、ですよね。1年も経たずに」

――前回の上演が昨年67月なので、〈早くも〉という言葉がぴったりのスピードですよね。まず再演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

外岡「昨年の本番中に劇場でなんとなく再演できたらいいねって言葉が飛び交っていたことをすごく覚えていて。でも出演者にそういう気持ちがあっても、再演できる作品ってなかなかないので、こんなにも早く実現したのはスタッフの方と観に来てくださった、それこそ〈観劇者〉の皆さんのおかげだと思っております。(大滝さんの方を向いて)どうでしょう?」

大滝「そう思います!(笑)本当に。一回やってもう一回できるって、私たちもなにかしら良いものを届けられたのかな、なんて思えることなので...。素直に嬉しいです」

――初演を拝見して、本当に面白かったです。観ているこちら側が誰かしらに共感できるようにキャラクターたちが作られていて、私は大滝さんが演じてらっしゃった舞が大好きです。推しがいる人なら共感するポイントがたくさんあると思うんですよね。

大滝「嬉しいです! 豊さんの作品は、言葉が面白いですよね。舞を演じるにあたって、ある意味プレッシャーもあって。みなさん、推しの方のことを真剣に応援されているから、私も(劇中に出てくる舞の推しの俳優の)サトル君のことを真剣に応援しないと、そうしないと嘘になってしまうって思って。やりがいがありましたね」

――そんな「観劇者」に、今回初参加となる清水さんですが、改めて台本の印象や参加するにあたってのお気持ちをお聞かせください。

清水「最初にお話を頂いていろいろ調べたら、舞台上に客席があって、出演者の方が座っているのを観て、え!?って思って。しかもマスクもしてますし...。どういう感じなんだろう?と思って台本を見るのが楽しみで。台本を読んだら、登場人物それぞれのお話だったので、みんなでお芝居をするっていうよりも、一人一人にストーリーがあって.

大滝「絡むかと思いきや、絡まない、みたいな(笑)」

外岡「(笑)」

大滝「それがまた面白いですよね」

清水「そうなんですよね。面白いなって思いました。私が演じる役も、ほぼ一人なので、え!?一人なんだ、どんな感じなんだろうって、稽古前からワクワクしてます」

_AR_7291.JPG

――10人で何かを演じていくのではなく、一人芝居が多いという...。

大滝「だから稽古も寂しいよね(笑)」

外岡「そうなの、寂しい(笑)」

清水「そうか!会わないんですね」

大滝「時間をずらしてというか、一人ずつの稽古みたいな感じだから。演出の開沼さん対自分みたいな」

清水「確かに...。緊張しちゃいますね」

外岡「だから舞ちゃん(大滝)は亮太くんがいたり、ご夫婦のところを見てるといいなぁ!って。1人で演じるチームは去年の稽古場で、2人で芝居するチームいいよねって話してました。常に己との稽古みたいになってくるから」

――「観劇者」は、観劇するまでの回想部分で、演技中に録音した音声と対話することも多いですよね。

外岡「すごく難しかったです。(音声のみの人が)そこに居るように見せなくてはいけないので、私たちが見えてないとお客様にはもちろん見えないし」

大滝「こっちはその場で生でやってるから、日によって違うじゃないですか。でも相手役の声はいつも同じトーンなんですよ。だからそこがどうしてもやっぱり...」

外岡「わかる!会話してるとだんだん上がっていったりすることがあるけど、それがないから」

大滝「そこは...役者の腕の見せ所だよね(笑)」

外岡「プレッシャーになっちゃうから!(笑)」

清水「怖い〜って思いました(一同爆笑)。でもそうですよね。会話って積み重ねていくけど、それができないんだって思ったら、不安だけど自分にとって挑戦になるし、貴重な経験だと思いました」

大滝「間違いないですね」

――前回見た方から反響で印象的だったものはありますか?

大滝「ありました!私のことを推して下さっている方から、私も仲間が欲しい、一緒に推せる仲間がいて、舞ちゃんは凄いいいなってコメントがあって。関心深かったし、嬉しかったです。そういう思いも持ちながら観にきてくれているんだ、とか。共感したいんですよね、みんな。」

外岡「私は、見るタイミングによって感情移入する役が全然違うって、みなさんおっしゃっていたのが印象的でした。劇場で何回か見てその時々で共感する役が異なるし、劇場とDVDでも全然違うし、共感できる部分がそれぞれに1つずつ散りばめてあって、その時の自分が選べる、みたいなことを言っていただけたのは、面白かったですね」

――清水さんが今回演じられる未来は、地方の高校に通う女子高生で演劇の仕事に憧れている、という役どころですよね。ご自身も群馬出身ということもあって、重なる部分はありますか?

清水「すごく重なります。私も高校生からアイドルを始めましたが、アイドルとして活動をする事も家族と話し合いをしたし、進学で大学にいくかどうかとかも、家族で話したりとか、東京に出るのも、家族と言い合ったりしたから、他人事じゃ無いというか。自分のことのようで。でも、誰にでもありそうじゃじゃないですか、両親と娘の関係において、」

大滝「決断の時がね」

清水「はい!私もそうですから、観ている方も重ねてくれたらいいなって思います」

_AR_7184.JPG

――今回、新たな観劇者も増えますが、未来と同じ、地方出身の女性で。前回の9人誰かしらに共感できるお話だったのに、もう一人増えてもまた共感が生まれそうですよね。

外岡「共感する人がたくさんいそうだなって思いました」

大滝「じんわり来ますよね。あたたかい話で」

――これから稽古がスタートしていくにあたって、清水さんから、外岡さんと大滝さんに聞いておきたいことはありますか?

清水「あります!開沼さんとは初めてなんですが、どういう方ですか?」

大滝「...クマさんみたいな人(笑)」

清水「クマさん!?(笑)」

外岡「キャンプが好きですね」

大滝「そう!キャンプ!」

清水「え!?」

大滝「キャンプが好きな、クマさんみたいな人(笑)」

清水「なるほど!?(笑)」

――その情報で大丈夫ですか?(笑)

大滝「いやいや(笑)。繊細な方だと思いますよ。すごく。だからこういう話も書けるんだなって思うし」

清水「確かに。どういう感じの稽古ですか? でもさっきのお話だと一対一になっちゃうんですよね」

大滝&外岡「そうそうそうそう」

清水「そんなのやったことない!(笑)」

大滝「全部自分にくるよー(笑)」

外岡「なんで怖がらせようとしてるんですか(笑)。全然和気あいあいとした感じの稽古場です」

清水「今日の取材現場の雰囲気もめちゃめちゃ明るくて、ちょっと安心しました。今後、やっていけそうだなって(全員爆笑)」

外岡「よかった〜(笑)。」

_AR_7250.JPG

――改めて、開沼さんの演出方法ってどんな感じなのでしょうか?

清水「気になる!」

大滝「(開沼)豊さんのなかには、イメージがしっかり出来上がっていて、ニュアンスをこうして欲しいみたいなものは、ありますね。台詞の言葉が豊さん独特のものだから、きっとこう言って欲しい言い方ってあるんだろうなって、台本を読んで感じていたんですけど、やってみて、修正して、またやってみてって言う感じですよね?」

外岡「基本的に役者を信頼してくれていますよね。それはすごく感じます。ただ、基本は一人なんですよね(笑)」

大滝「本番一週間前に集まってって感じです(笑)」

――最後に来てくださる方へのメッセージをお願いします

外岡「一度自分が演じた役を再び演じられる機会が本当に貴重だなと思っていまして、初演を見ていただいた方も、そうでない方にも、より深いところの観劇者、この作品をお届けできるように私たちも頑張って稽古しますので、みなさんもそれぞれの物語とともに、劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです」

大滝「本当に、舞台って贅沢なものだなって思います、上演時間は2時間ぐらいですけど、その場をお客様と共有できるっていうのは本当に嬉しいです。2回目だからどうしても前回を超えなくちゃとか、より良いものって思うけど...。(外岡さんと)同じですが、足すというよりも、掘り下げていって、より深く豊かな作品にできたらいいなと思っています。ぜひ劇場に足をお運びください」

清水「私は普段アイドルとして、ファンの方の支えや力で日々活動できているので、ファンの方は私がアイドルをしてるところを見て好きになってくれたはずなんですけど、こうやって舞台に出演をさせてもらっても絶対に来てくれて。ありがたいなっていつも思っています。今回は観に来てくれる方側を演じるということで、少しでもお客さんの気持ちに寄り添った作品にできたらって思うのと、いつも来てくれるファンの方たちに、少しでも恩返しというか、喜んでもらえるような作品にできたらいいなって思います」

_AR_7347.JPG

今回の「観劇者(再)」は、前回出演していた堀田竜成、わたなべかすみ、斉藤レイが声で登場する場面もあり、再演ながら前回とは異なる〈観劇者〉を届けてくれることだろう。202254日(水)から58日(日)まで、池袋・BIG TREE THEATERで上演となる「観劇者(再)」をお見逃しなく。

チケット情報はこちら

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ