チケット情報はこちら

029.jpg

歌、ダンス、芝居、ミュージカル、スケッチ(コント)が盛りだくさんのエンターテイメントショー"CLUB SEVEN"!

2003年の初演以降、大人気のシリーズですが、その最新作となる『CLUB SEVEN ZERO Ⅱ』が6月15〜30日にシアタークリエで上演されます。シリーズ12弾となる今作は、前作『CLUB SEVEN ZERO』に続き、レジェンドメンバーとも言われる玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人が出演。そこに2度目の参加となる大山真志と、初参加の北翔海莉、沙央くらまが加わります。

008.jpg「よぅし!」と言いながらインタビューの場にやってきたのは、出演者の男性5名。さっそく写真撮影がはじまりますが、レジェンドたちは2年ぶりに集まったそうでとても楽しそうです(笑)。カメラマンが「では好きなポーズで!」と言えば、吉野さんがクールな真顔で片足だけをお茶目に上げ、西村さんは後ろの壁を向いてだるまさん転んだのポーズになり、東山さんがそれにツッこみ、大山さんが困り果て、玉野さんがそんなみんなを見て嬉しそうに笑う......とバラバラかと思えば、「こんなのどう?」と玉野さんの座るイスを全員で御神輿のように持ち上げたり、息の合った一体感です。

022.jpg

和気あいあいとした5名は撮影を終え、「チャッチャッチャ〜」と陽気に歌いながらインタビューが始まりました。

026.jpg

----ひさびさの共演、いかがですか?

玉野「見てのとおりの感じです(笑)"CLUB SEVEN"の原点に立ち返って「少人数でがんばろう、おじさんたち!」という感じ。16年一緒にやってきた4名は、一を言えば十わかってくれるのでやりやすい人たちです」

----「やっぱりこのメンバーだな」という魅力は?

西村「それぞれのポジションが決まっていて、どう反応するのかわかるので、まかせられます。それに乗っかって、自分もどう動くか考えられる。あまり考えなくても、互いを認め合うという段階はとうに過ぎているので、不安もないし、気負わなくていい。新しい人が入ると流れが変わるけど、この四人でいると、出口はお客さんが喜んでくれる方にいけると自信がある。家族みたいな感じです」

037.jpg

玉野「お互いにリスペクトしているから、任せられるし、自分が前に出なきゃいけない時も出られるんです。"CLUB SEVEN"では自分のキャラのイメージを一回壊して、踊りも、歌も、コントも、芝居も、なんでもやる。自分のキャラに合わなくても、じゃあどうするのかともがくことで引き出しが増えていく。舞台人として原点に立ち返る作品なのかなぁ」
吉野「必死ですけど、たくさん刺激がもらえるし、新たな引き出しもできる。みんなすごいなって思うんです。でもとにかく、必死!成長しますね」

050.jpg

東山「バカなこともやってるけど、安心して見れて楽しい。他の現場ではリーダー的な立場になったりすることもありますが、ここでは関係ない。かっこつけず、全部さらけ出しているので、僕も「裸で温泉に入ろう」という気分になります。隠すことがない」
大山「僕も楽しみでしょうがないです。この作品は、おもちゃ箱みたいな、いろんなものが飛び出してくる作品なので、僕もその仲間に戻ってきて、自分の持っているものを出せるのは楽しみでしょうがないですね」

----大山さん出演の決め手は?


玉野「若いけど、このメンバーに入っても引けをとらない。考え方も大人だし、若手というか中堅以上になっているんだろうな。一線に並べると思いますよ。出すぎたらガーンとやられるけどね(笑)」
大山「嬉しいです。第一線で戦ってきているメンバーのなかに僕もいられて本当に幸せです」

054.jpg

吉野「(大山君は)すごく出演してるイメージあるなあ」
東山「そう言うけど、圭吾さんまだ共演したことないでしょ(笑)」

大山「10thで出演させていただいたんですが、今回2度目の出演です。」

玉野「キャラクー的にすごく助かっています。踊れるデブって最高ですよ」

大山「あはははは、そうですね、前回出演よりまた太りました」

玉野「もうちょっと太ってほしいなあ」

大山「勘弁してください!(笑)」

----公演はAとBの2バージョンありますね。内容は違いますか?

玉野「一番大きな違いは、3つあるスケッチの内容が変わりますね」
西村「衣装もぜんぜん違うでしょう。前回のスケッチはタイツ履いたなあ」

東山「僕が出演した時も女装しましたよ。本番前はまず網タイツの仕込みからだよね(笑)」

046.jpg

----宝塚の元男役のふたりが出演しますね。彼女たちも男装を?

玉野「どうでしょうね(にやり)。ふたりのダンスもあるかもなぁ」

----今回は『ZERO Ⅱ』ですが、『Ⅱ』ならではの見どころは?

玉野「今までやってきたことが進化して、これまで『CLUB SEVEN』をご覧になった方も、初めての方も楽しんでいただけると思います。構成的には前回の『ZERO』と同じで、1幕はオープニング、二曲目、スケッチ、ダンス、ソング。2幕はミニミュージカル、五十音ヒットメドレー......でもやる内容が違う。スケッチは新しいバージョンを考えていますけど、まだ言えないんですよねぇ〜」

みんな「おお〜。なにやるんだろう!」

035.jpg

東山「"CLUB SEVEN"のいいところは、出演者からインスピレーションを受けた僕たちがアンサンブルにもなったり、真ん中に立ったりして、ミックスアップしていく。出演者が変わるとぜんぜん違いますよね」

玉野「このメンバーならではの"CLUB SEVEN"をお届けしたいので、どうぞお楽しみに!」

【公演情報】

シアタークリエ 2019/6/15(土) ~ 2019/6/30(日)

日本特殊陶業市民会館 2019/7/3(水)

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 2019/7/5(金) ~ 2019/7/7(日)

018.jpg017.jpg002.jpg

取材・文:河野桃子

撮影:源賀津己

ヘアメイク:福島久美子 後藤満紀子

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

warau_otoko_01.jpg



ミュージカル「笑う男」が4月9日、日生劇場で開幕した。出演は浦井健治、夢咲ねね(Wキャスト)、衛藤美彩(Wキャスト)、朝夏まなと等。

本作は、『レ・ミゼラブル』で知られるヴィクトル・ユゴーの小説『The Man Who Laughs』を原作としたミュージカル。脚本はロバート・ヨハンソン、音楽と歌詞はフランク・ワイルドホーンとジャック・マーフィー。
2018年初夏に韓国で初めて上演された本作が、この度日本で上演される。

出演は浦井健治、夢咲ねね(Wキャスト)、衛藤美彩(Wキャスト)、朝夏まなと、宮原浩暢、石川禅、山口祐一郎など。翻訳・訳詞・演出は上田一豪が手掛ける。

 
本作の公開舞台稽古が行われ、一幕が報道向けに公開された。動画は歌唱シーンを中心に抜粋したもの。【動画3分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

 
■音楽劇『ライムライト』vol.4■
 

【開幕ニュース】人生の哀愁を温かく照らす――音楽劇『ライムライト』開幕レポート

 

石丸幹二が主演する珠玉の音楽劇『ライムライト』が4月9日、東京・シアタークリエで開幕する。喜劇王チャールズ・チャップリンが晩年に監督・主演・音楽などを手掛けた名作映画をもとに、2015年に同劇場で世界初演された感動作だ。チャップリン生誕130年に当たる今年、装いも新たによみがえる。limelight2019-4-01_6684.JPG

客電が落ち、チャップリン作曲の名ナンバー『エターナリー』のメロディが流れ始めるや、"ライムライト(舞台上を照らすための器具/「名声」の意も持つ)" の光にいざなわれるかのように物語の世界へ――。limelight2019-4-12_6444.JPG

チケット情報はこちら

 
■音楽劇『ライムライト』vol.3■


チャップリン晩年の傑作映画として名高い『ライムライト』
その名作を2015年に世界で初めて舞台化、好評を博した作品が、4年ぶりに上演されます。
 
映画でチャップリンが演じた老芸人カルヴェロに扮するのは、初演に引続き石丸幹二
カルヴェロと心を通わすバレリーナ テリー実咲凜音、テリーに想いを寄せる作曲家ネヴィル矢崎広が演じます。

ノスタルジックで美しく、切ない物語。
この作品に今回の再演から参加するネヴィル役、矢崎広さんにお話を伺ってきました!

 

◆ 矢崎広 INTERVIEW ◆

limelight2019-03_c_SSS0414.JPG●映画『ライムライト』と、今回の舞台『ライムライト』
 
―― お稽古もかなり進んでいるかと思いますが、現在の稽古場はどんな雰囲気でしょう。

「いい緊張感があります。張りつめた空気がありながら殺伐としているわけではない、すごく良い雰囲気ですよ。本当に『ライムライト』の空気感という感じでしょうか。ゆったりと、でも繊細に...みたいな感じです」


―― 稽古が始まる前に原作であるチャップリンの映画をご覧になったと伺いました。どんな印象を受けましたか?

「70年近く昔の映画ですが、今見てもすごく面白い。というより、年齢を重ねるごとにどんどん響く作品になっていくのだろうと思いましたし、今の自分にも響くところがたくさんありました。僕も役者をやっているので、芸人カルヴェロの生き方、バレリーナとして再起するテリーの姿に感じ入るところがありますし、僕の演じる作曲家ネヴィルの姿にも、演じ手として共感するメッセージ性があります。それに、主人公は芸人ですが、どんな職業の方にも当てはまることが描かれているんじゃないかなとも思います。時代の移り変わりによって、今までの技法が通用しなくなっていく。身近なところでいえば、紙ではなくどんどんWEBに移行する世の中で、コンテンツをうまく使っていくにはどうすればいいのか。僕はツイッターやブログ、最近ではインターネットラジオなどもやっていますが、何が新しいのか、何がユーザーにひっかかるのか、そんな "ついていけてなさ" を感じることもあります。この作品は、何を大切にしてお仕事と向かい合っていけばいいのか。何が愛なのか。何を支えに人は生きていくんだろう? そんなことを色々と考えさせられる話だなと思いました」


―― 稽古場で拝見して、初演からずいぶん変わった部分もあるな、と思いました。

「今回は演出の荻田(浩一)さん、脚本の大野(裕之)さんとで構成を新たにされていますし、音楽の入り方など編成を変えている部分もあります。ご覧になる方にとって感じる部分が変わってくるんじゃないかなと思います。観やすくなり、かつ真に迫るものになったというか。映画『ライムライト』の世界観を大事にするという部分は変わっていないのですが、初演で抽象的に時代の説明をしていた部分を"省く"というのではなく、"他のシーンを綿密に"したという感じです。『ライムライト』らしさがより濃くなった」


―― 『ライムライト』らしさ。

「それはつまり、カルヴェロですよね。カルヴェロというひとりの人物をフィーチャーした。チャップリンの映画である『ライムライト』をやろうとしているのではなく、カルヴェロの物語......彼とテリーの心を追った物語になっていると思います」limelight2019-03_SSS0208.JPG

チケット情報はこちら

 
■音楽劇『ライムライト』vol.2■


チャップリン晩年の傑作映画として名高い『ライムライト』
その名作を2015年に世界で初めて舞台化、好評を博した作品が、4年ぶりに上演されます。
出演は石丸幹二、実咲凜音、矢崎広ら。

その稽古場レポート、後半をお届けします。limelight2019-02-01_5956.JPG

物語は、かつては人気だったが今は落ちぶれた老芸人カルヴェロと、足が動かなくなってしまったバレリーナ・テリーが出会い、心を通わせ、お互いを思いやるがゆえにそれぞれの決意をしていく過程を、人間の優しさと社会の厳しさの中で描いていくもの。

11-a_AAA2747.JPG

カルヴェロ=石丸幹二さん、テリー=実咲凜音さんは "通し役" ですが、ほかの方々はシーンによって様々な役を演じていくのも楽しいところ。
 

矢崎広さんは、テリーがかつて恋心を抱いていた作曲家・ネヴィル役。
淡い思い出だけだったふたりですが、才能を開花させた若者たちはのちに再会を果たします。limelight2019-02-15_SSS0407.JPG

チケット情報はこちら

■ミュージカル『SMOKE』2019年版 vol.1■
 
 
昨年日本初演され、その濃密な世界観と美しい音楽でたちまち話題となり、多くの熱狂的ファンを生み出したミュージカル『SMOKE』
20世紀初頭に生きた韓国の天才詩人、李箱(イ・サン)の遺した詩と彼の人生にインスパイアされたミュージカルで、たった3人のキャストが、ミステリアスで奥深い世界を作り上げていきます。

このミュージカルが早くも今年、再演されることになりました!

しかも今回は、昨年出演したキャストを中心としたバージョンを7~8月、
そしてニューキャストバージョンを6月と、
<ふたつのSMOKE>が上演されます!
 

◆ about『SMOKE』 ◆

李箱(イ・サン)の作品「烏瞰図 詩第15号」にインスパイアされ、その詩のみならず彼の人生やその他の作品群の要素も盛り込み作られたミュージカル。
イ・サンは、才気ほとばしる作風が讃えられる一方で、その独自性と難解さゆえに酷評もされた、両極端の天才詩人。結核をわずらった後、日本に流れつき、そのまま異国の地・東京で27歳の若さで亡くなります。

このミュージカルでは、彼の精神世界を謎めいた筆致で描き、誰も想像できなかった物語が繰り広げられます。
登場人物は、
 詩を書く男「(チョ)」、
 海を描く者「(ヘ)」、
 心を覗く者「(ホン)」
の3名のみ。 俳優の実力も問われる、スリリングな作品です。

 
まず最初に登場するのは〈NEW CAST〉バージョン
こちらは石井一孝藤岡正明彩吹真央という、いまのミュージカル界を支える実力派が出演します。

さっそく3人にお話を伺ってきました。
SMOKE2019-01-01_2C0A9439_re.JPG

★ 石井一孝×藤岡正明×彩吹真央 INTERVIEW ★

 
―― 昨年の日本初演版を、彩吹さんはご覧になったそうですね。どんな印象を抱きましたか?


彩吹「まず最初に、タイトルがどうして『SMOKE』なのかなと思ったんです。そしてモチーフであるイ・サンのことを私は存じ上げず、「難しいかもしれない」と思いながら観に行きました。この作品から私はどんなインスピレーションを得られるんだろう、と思いながら観ようとしたのですが、実際に劇場に入ったら、そんなことを途中で忘れてしまうくらいに作品の世界にのめりこみました。去年の上演は浅草九劇だったのですが、客席が四方をぐるりと取り囲んだステージで、とても密な空間だったということも相まっていたのかもしれません。映像や実際のスモークを使った演出も素晴らしく、エンタテインメントとしてすごく贅沢だな、という印象です。あとは、音楽の素晴らしさですね。感動しました。だから今回、出演のお話をいただいたときはまず、あの数々の歌を歌わせていただくんだということに喜びを感じました」


―― まだお稽古も始まっていない段階ですが、石井さんと藤岡さんは現時点で作品について、どんな印象でしょうか。

藤岡「台本を読みましたが、悪い意味ではなく "ぶっとんで" いる。感情を辿っていこうとしても跳んでしまう、線で繋ぐのが難しいというか。芸術ってある種、そういうものかもしれません。3×4が1になったりマイナス5になったりすることが起こりうる、理屈で説明できない作品なのかなと思いました。世の中にはサイケデリックなことや前衛的なことをやればスゴイ、という風潮ってあるじゃないですか。たまにそれを気取った舞台作品に出会うこともあって、そういうのって僕はシラケるんですが(笑)、『SMOKE』はそうではなく "本物" になるんじゃないのかなと思いました。なんか妙な説得力を感じたんです」

石井「僕もまだ語れるほどではないのですが、台本や資料をあたった感想だと、難しいところもあるのかなって思うんです。ただこの物語、最初は犯罪劇のように始まり、だんだん心の葛藤の物語になっていく。登場人物3人の謎を解き明かしていく中で、イ・サンという人の悲しみや、背負ってきた十字架がわかってくる。素晴らしい着眼点で描かれた戯曲だと思います。あと、最初から今回のキャストを聞いていていたんですよ。トーマス(藤岡)が<海>で、ゆみちゃん(彩吹)が<紅>だって。だから、トーマスだったらこう来るだろうな、ゆみちゃんだったらこうやるだろうなって想像しながら読んで楽しかった! そこにさらに、菅野こうめいさんの熱い演出でどうなっていくのか。初演メンバーの『SMOKE』とはまた違う『SMOKE』を作っていけるんじゃないかなと、楽しみにしています」

▽ 石井一孝SMOKE2019-01-31-2C0A9186_re.JPG


―― ......藤岡さんのことをトーマスと呼んでいるんですか?

石井「(そう呼ぶのは)業界オンリーですね! 機関車トーマスから?」

藤岡「違いますよー。10代の頃、なぜかわからないのですが、当時のレコード会社のスタッフたちと、外国風の名前をつけるとしたら(藤岡さんは)トーマスっぽいよね、と言われたんです。で、カズさん(石井)と最初に『レ・ミゼラブル』でご一緒させていただいたとき「何て呼べばいい?あだ名は?」と聞かれて、「何ですかねえ、よく"マサ"って呼ばれてますが」と答えたら、「マサはなぁ......ほかにないの?」「10代の頃にちょっとだけトーマスって呼ばれてました」と言ったら「それもらった!」と(笑)。カズさんしかそう呼ばないですよ!」

彩吹「呼びましょうか」

藤岡「いいですよ、今更変えなくても(笑)」SMOKE2019-01-02-2C0A9297_re.JPG

チケット情報はこちら

 
■音楽劇『ライムライト』vol.1■


チャップリン晩年の傑作映画として名高い『ライムライト』
その名作を2015年に世界で初めて舞台化、好評を博した作品が、4年ぶりに上演されます。
 
映画でチャップリンが演じた老芸人カルヴェロに扮するのは、初演に引続き石丸幹二
カルヴェロと心を通わすバレリーナ、テリー実咲凜音
テリーに想いを寄せる作曲家ネヴィル矢崎広と、爽やかなふたりが初参加。

ほか吉野圭吾、植本純米、保坂知寿、佐藤洋介、舞城のどかというベテラン勢が初演から続投し、ノスタルジックな『ライムライト』の世界を作り上げます。

3月末の某日、稽古場を取材してきました!
 
 
物語は1914年、ロンドンが舞台。
かつて名声を得ていたものの、いまは落ちぶれた老芸人カルヴェロが、自殺をはかったバレリーナ・テリーを助けるところから始まります。01_AAA1791.JPG

......もちろん原作がありますし、基本的にストーリーは初演と変わらないのですが。
どうやらセットも変わりそうですし、幕開きから初演と違います!

具体的にどこがどう違うか......は、実際観てのお楽しみにしていただきたいのですが。
ポエティックに描かれていた初演に対し、2019年版は物語の輪郭がくっきりとし、より伝わりやすくなった、という感じでしょうか。

初演時、ご自身のパブリックイメージを覆す"老人"役に挑んだ石丸さん。
稽古場の石丸さんは、いつもの品のある素敵なビジュアルなのですが、芸人らしい調子の良さ、かつての栄光を捨てきれないプライド、アルコールに溺れる弱さ......といった、幾重にも重なるカルヴェロの心の層を、見事に立ち上げていきます。limelight2019-01-13_AAA2120.JPG

チケット情報はこちら

haru_main_軽.png

薮宏太(Hey! Say! JUMP)が主演を務めるミュージカル『ハル』が4月1日に開幕した。

本作は、脚本・作詞を高橋亜子、演出を栗山民也、音楽を甲斐正人でつくりあげたオリジナルミュージカル。病を乗り越えボクシングに挑戦する主人公・ハル役を約10年ぶりの単独主演となる薮、ヒロイン・真由役を北乃きいが演じるほか、安蘭けい、栗原英雄、七五三掛龍也(Travis Japan / ジャニーズJr.)、梅沢昌代、今井清隆らが出演する。

高校生のハル(薮)は、再開発が頓挫し寂れた小さな田舎町で母(安蘭)と二人で暮らしている。子供の頃に患った病を乗り越え、元気な体を手に入れたハル。しかしどこか虚しい日々を過ごしていた。そんなとき、真由(北乃)と出会う。真由に誘われ、ボクシングを始めるハル。その楽しさにのめり込んでいくうちに、ハル自身はもちろん、彼を囲む人々も少しずつ変化していく。母との関係、過去のトラウマ、世間との葛藤...ハルが自らの人生と向き合い始めた頃、町にも変化がおとずれる───。

「病を克服した少年」という言葉から自動的に連想される、希望や輝きなどとはある意味逆の面持ちで暮らすハル。病気になる前までは無邪気で元気だったのに、病気を克服してからは心を閉ざした覇気のない生活をしていた。それはなぜなのか。本人だけではなく、母親や親友という周りの人間たちの思いが絡み合い生まれた複雑な状況が、歌で、芝居で、丁寧に描かれる。そこに突然現れる真由という存在。ハルの過去とも現在ともつながっていない新しい人物との出会いは、ハルの閉鎖的な気持ちに大きな風穴を開ける。真由の「あなたを知りたい」という言葉から生まれる安心、正直になる心、初めて口に出す言葉......。たった一人の存在がもたらす変化、広がっていくハルの世界は、観ていて救われるようだった。

さまざまな思いを抱えるハルを演じる薮の歌声と、北乃ののびのびとした歌声が、時に離れ、時に重なりながら物語は動いていく。さまざまな立場の人たちの前向きな気持ちも後ろ向きな気持ちも掬いながら結末へと進んでいくなかで、幅広い楽曲の数々が登場人物それぞれの繊細な気持ちをあぶり出し、物語をより深いものにしていた。

関西テレビ放送開局60周年記念 ミュージカル「ハル」は4月14日(日)まで東京・TBS赤坂ACTシアター、4月22日(月)から 28日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演中。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

201904010016_ex.png

1990年代の長崎を舞台に、同じ刻に生を受けた双子の兄弟が、家族を愛しながらも愛に飢え、さながら聖書のカインとアベルのように、葛藤とすれ違いの中紡がれてゆく人間ドラマ、舞台『黒白珠』。2019年6月にBunkamuraシアターコクーンで上演され、青木豪さんの書き下ろし脚本を、河原雅彦さんが演出するという注目の新作です。
また、双子の兄弟役で出演する松下優也さんと平間壮一さんが、風間杜夫さんをはじめ村井國夫さん、高橋惠子さんら実力も華もあわせ持つベテラン俳優陣とともに、ストレートプレイでどんな姿をみせてくれるのかも、とても楽しみ。

今回、脚本の青木豪さん、演出の河原雅彦さん、出演する松下優也さん、平間壮一さん、風間杜夫さんからコメント動画が到着しましたのでお届けします!

⇒【コメント動画】脚本:青木豪さん

⇒【コメント動画】演出:河原雅彦さん

⇒【コメント動画】松下優也さん

⇒【コメント動画】平間壮一さん

⇒【コメント動画】風間杜夫さん


公演は6/7(金)〜23(日)のBunkamuraシアターコクーンを皮切りに、兵庫、愛知、長崎、久留米で上演します!



<公演情報>
舞台『黒白珠』

脚本:青木豪
演出:河原雅彦
出演:
松下優也 平間壮一 清水くるみ 平田敦子 植本純米
青谷優衣 村井國夫 高橋惠子 風間杜夫

【東京公演】
2019年6月7日(金)~23日(日)
Bunkamura シアターコクーン
【兵庫公演】
2019年6月28日(金)~30日(日)
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【愛知公演】
2019年7月6日(土)~7日(日)
刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【長崎公演】
2019年7月10日(水)
長崎ブリックホール
【久留米公演】
2019年7月13日(土)~14日(日)
久留米シティプラザ ザ・グランドホール

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

方南ぐみの作・演出を手がける樫田正剛さんにとって「THE面接」は自信作。これまでも上演を重ねてきました。

『固定給50万円。プラス歩合。賞与年7ヶ月。約束します。』急成長を遂げる某イベント会社の中途採用試験の最終の最終の最終試験日。一癖も二癖もある最終の最終の最終面接者たちは思っていた。ここまで来たんだ、 何としても受かりたい、どんな手を使って...ズルをしても泣き落としをしても ...。その彼等の前に現れたのは一癖も二癖も三癖もある最終の最終の最終の面接官。生き残るのは誰だっ!!

今月4/24(水)からの公演に出演する寿里さん、舘野将平さん、遊佐航さんから熱いメッセージが届きました!
新元号になっても色褪せることのない普遍のテーマ。働くことの意味を問い、考えさせられる「THE面接」にご期待ください!

寿里.jpg

寿里さん

方南ぐみ企画公演「THE面接」に出演することになりました寿里です。毎日、樫田さんに熱く指導頂いております。この作品、実はまだ現時点で僕を含め何人かの配役が決まっておりません。樫田さんが毎日、役者の特性やアプローチを見ながらベストの布陣を敷く為に役をシャッフルしながら稽古に臨んでおります!僕にとっても初めての事なので楽しみながら戦っております。台本の持てる力を存分に引き出して皆様にお届け出来るように頑張って参りますので、皆様、何卒、応援よろしくお願い致します!!

舘野将平jpg.jpg

舘野将平さん

「THE面接」この作品は僕が人生で初めて観た舞台でした!

とにかく笑って、舞台って面白いなーって思いました!

今回、役者として初めて台本を読んだ際、改めて作品の面白さと難しさを再認識しました!

作品の面白さは自信持って言えるので「役者が凄かった」と言っていただけるよう必死に作品に挑みたいと思います!

Yusa jpg.jpg

遊佐航さん

絶賛稽古中、いや、激闘中の「THE面接」。作品を深めれば深めるほどに、今作の難しさを実感する日々。面接の域を超えた、戦場と化してます。沢山の方々に愛され、演じられてきた今作、沢山の想いを胸に...生き残りたい!その一心で「THE面接」を皆様にお届けします!熱き面接会場でお待ちしてます!

*************************************************************************

公演は2019年4月24日(水)~4月30日(火・祝)に東京・下北沢OFF・OFFシアターにて上演。チケットは発売中!

チケット情報はこちら

<< 前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ