チケット情報はこちら

photo510403.jpg

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

2018年4月4日(水)〜4月15(日)に東京芸術劇場シアターイーストで上演されるオフブロードウェイ・ミュージカル『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』。

この作品はグラミー賞受賞作曲家であるマイク・リードが手掛けた現代ドラマ。

60歳を過ぎた老夫婦と30歳前後のカップルが大晦日の夜の偶然の出会いから、それぞれの人生を振り返ったり未来についての不安を打ち明けるというシンプルな構造でありながら、現代を生きるそれぞれの世代のリアルな心情を描いている。

開幕を1週間前に控え、佳境を迎えつつある稽古場で、岸祐二、入絵加奈子、綿引さやか、法月康平の4人の出演者に現在の稽古の様子や心情を聞いてみた。

全4回の稽古場レポート第2弾は、ルイーサ・アーデン役の入絵加奈子さんにお話を伺いました。

0321_23.jpg

最初に台本を読んだときの印象はどうでしたか?

ルイーサに選んで頂いたことをすごく嬉しいと思いました。台本を最初に読んだ段階で自分の中にすっと入ってくる役で、とても好きになったんです。きっと楽しんで演じられるだろうなと感じたし、この役を演じられることが今の私に大きな力になってくれる、そんな気がしました。

今稽古の真最中ですが、その中で感じている変化や、もしくはフォーカスしていることはなんですか?

板垣さんの上演台本の素晴らしさに助けられています。翻訳台本の初稿を読んだときとは自分の中に入ってき方が全然違ってたんです。普通は新しい台本を頂くと必ずどこかで何箇所かノッキングを起こすんですね。これってどういう意味だろう?とか、これちょっとつじつまが・・・ということがあるんですけど、今回の上演台本ではそうならなかったです。

それから、割と板垣さんが自由に演じさせてくださるので、ほとんど自由にやらせていただきつつも、日々役が成長しているのを実感しています。でもそれは私だけの問題じゃなくて、舞台は総合芸術なので、やっているうちにいろんなものがどんどん積み重なっていって、その中で自分の役自体も底上げされていくものですから、だから今まさに前進している最中なんだと思います。

私が今お稽古の中で特に感じている変化は、若者二人の変化なんです。板垣さんが時間をかけて手取り足取り丁寧に教えてくださっているから、彼らは日々成長しています。それに板垣さんがあの二人に教えている事が自分にも当てはまったりすることがあって、すごく勉強になっていますね。お稽古、大好きです!

0321_09.jpg

−皆さんの稽古を見てて楽しいですよ。

本当ですか?それは台本と作品がいいんですよ。

−不思議ですよね、アメリカの田舎が背景の話なのに。

自分にも必ず照らしあわせることができるというか、人生を振り返って思い起こされるセリフがあったり、ふと「あ、そういうことだったんだ」って気付かされることがある、そういうストーリーだと思うんです。「観客は自分の物語を観にくる」と、いつも板垣さんが仰っています。自分の物語を見せられるとつらすぎるので、私たちが紡ぐ物語の中に自分を見つけて癒されたいのだと。最近本当にそう思うようになってきました。私たちの仕事って、そんな責任を担っているのかも知れないと。

入絵さんが演じるルイーサという人物の好きなところと嫌いなところがあるとしたらなんでしょう?

好きなところは、愛情深くて優しいところですね。人を責めるのではなくて自分が悪いんだって全部自分のせいにしてしまう優しさ。でも、その優しさ故に自らつらい生き方を選んでしまった可哀想な人でもあります。そういうところが、ルイーサのすごく好きなところです。

−嫌いなところはないですか?

嫌いなところはキーが高いところです。急にそんな高い音で歌わんでもいいやんって!それだけ(笑)

歌っていて一番気持ちが入ってしまう曲はどんな曲ですか?

「毎日祈った、心が傷んだ」のところです("時はゆく")。この歌詞が入ってるM11("この家で")からM12("時はゆく")への流れがとてもよくできていて、この二曲の間にエミーの物語(ヘンリー夫妻の娘)をセリフで語ってから歌に入るのですが、その流れが本当に完成されているんです。あのシーンだけでも完璧にミュージカルになっていると思います。M1("時間")もそうです。一曲でミュージカルとして完成しているんですよ。M1であるにも関わらず歌い上げて終わるという。この3曲が大好きです。

0323_22.jpg

−この作品の登場人物は過去か現在に何かしらに没頭していた時期があるんですけど、入絵さんはこれまで思わず没頭してしまったことって何かありますか?

考えたたのですが答えがないです。多分この仕事かなって思います。物心ついた頃から舞台に立ちたいと思っていたんです。4歳の時にバレエを始めて、年に2〜3回は舞台に立っていましたし。

−バレエから自然と舞台を目指すようになったんですか?

でも実はアイドル志望だったんです(笑)。15歳くらいのときは。それでアイドルオーディションをいっぱい受けて、いつも最終審査まで残るんですけど、私が通ってたのがカトリック系の厳しい学校だったのでマスコミの仕事をすると退学になってしまうという状況で、それで諦めるしかなかったですね。だからとにかく東京に出よう、東京に出ようと、ずっとそれしか考えていなかったです。

−幼い時から夢がはっきりしてたということですか?

はっきりしてました。それ以外ないと思ってました。他のことを考えたことがないですね。没頭と言ったらそれしかないです。それだけは全然ぶれてないんです。女優になるということは。

−この作品でほとんどの登場人物が、過去に何かの夢を諦めていますが、今の仕事じゃなかったら、こんな事をしてみたかったっていうのはありますか?

専業主婦です。10代で結婚して子供をたくさん産んで育てる。肝っ玉母ちゃんと呼ばれたい。4人とか5人とか育ててもいいかもですね。この歳になると母親の役が多くなってくるのですが、どんなに愛情をかけようと思っても子供を育てたことがないから、本当の母親の気持ちは分からないんです。子供は好きですけど、でも自分の子供への愛情を、肌で、細胞レベルでは分からないですから。お腹を痛めて産んだ子供って言うじゃないですか。それを経験してみたかった。私たちって人間という仕事をしてるから、この歳になってみると子供を育てるという経験はしておきたかったと思えてきちゃうんですけど、そうはなってないから、きっと今の自分には神様が違うミッションを与えてくださってるんだなと考えるようにしてます。

−最後に、この作品のタイトルは『In This House』ですが、入絵さんにとって家(house)ってなんでしょう?

一言では言えなくて・・・。いい意味でも悪い意味でも、甘えられる安全基地だと思います。いい意味では同居人に対して普通に甘えられるということだけど、例えば、喧嘩をしたり反抗をしたりというのは相手に対して心を許して甘えてるからこそできることなので、悪い意味ではそういうことです。それが私にとっての家です。

例え一人だったとしても、自分を甘えさせられる場所、本当の自分自身に戻る場所って絶対必要じゃないですか。家がそうあるべきだと思ってるから、だからいい意味でも悪い意味でも甘えられるということがとても大事な気がします。

************************************************

「In This House ~最後の夜、最初の朝~」

公演日:2018/4/4(水) ~ 2018/4/15(日)

会場:東京芸術劇場 シアターイースト

************************************************

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

2018年4月4日(水)〜4月15(日)に東京芸術劇場シアターイーストで上演されるオフブロードウェイ・ミュージカル『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』。

この作品はグラミー賞受賞作曲家であるマイク・リードが手掛けた現代ドラマ。

60歳を過ぎた老夫婦と30歳前後のカップルが大晦日の夜の偶然の出会いから、それぞれの人生を振り返ったり未来についての不安を打ち明けるというシンプルな構造でありながら、現代を生きるそれぞれの世代のリアルな心情を描いている。

開幕を1週間前に控え、佳境を迎えつつある稽古場で、岸祐二、入絵加奈子、綿引さやか、法月康平の4人の出演者に現在の稽古の様子や心情を聞いてみた。

全4回の稽古場レポートのトップバッターは、ジョニー・ダマート役を演じる法月康平さん。

最初に台本を読んだときの印象はどうでしたか?

今は稽古をやりながらいろいろ変わって来ているんですけど、初めて台本をもらった時はよく分からなくて、結局これはハッピーエンドなのかバッドエンドなのか、という段階だったんですよ。ジョニーという人物は家族が好きで彼女(アニー)のことを愛していてっていう表面的なことは分かったんですけど、ヘンリーとルイーサとの関係とか、この話の流れとか全く分からないまま本読みに入ったんで、今思うと台本の読み方というのも本当には分かっていなかったし、台詞の一つ一つの意味も考えて読んでなかったから分からなかったんだなって。とにかく初めて台本を読んだときは理解するまでにすごく時間がかかったっていうのを覚えてます。

今稽古の真最中ですが、その中で感じている変化や、もしくはフォーカスしていることはなんですか?

板垣さんが、お客さんが観てて自分と重なる部分を見つけたら成功だって仰ってて、それは僕自身もジョニーを演じながら、その中に法月康平という人物もきっとリンクしているだろうって思うし、そういうところを擦り合わせていいジョニーを、素直なジョニーを作っていきたいなと。あと僕が大事にしてるのはヘンリーとの関係性なんですけど、それが稽古の最初のときは人生を長く生きている先輩と、人生の勝負どころにぶち当たっている若者という関係性だったのが、やっていくうちに二人きりになると自然と言葉が漏れてきちゃうみたいな、ある意味親子みたいな関係に・・・だから深まっているということを今すごく感じてて、ただまだまだこれから僕の台詞の読み方とかで変わってくるとは思うんですけど、その二つを今すごく意識して稽古しているし、ジョニーの中に僕らしさを見つけ始めている気はします。ヘンリーとの関係も、もっと表面的じゃなくて、深いあったかい感じになってきている気はしてます。

0323_28.jpg

−どちらかというと男性同士の関係性にフォーカスしているようですけど、女性陣に対してはどうですか?

ルイーサさんとは、あまり直接的に絡むところはないんですけど、ただお父さんが(役の上で)同じ職業(警官)をやっているということもあって、ルイーサさんとの会話は子供が親に今日こんなことがあったんだよって話す感じがあります。自然にそうなれている僕がいて、ある意味親戚だったり家族になっているような感じがあって、稽古やっている中での大きな変化だなと思ってます。

0321_18.jpg

法月さんが演じるジョニーという人物の好きなところと嫌いなところがあるとしたらなんでしょう?

好きなところは素直で家族思いなところ。あとは出来るだけ多くの人がハッピーでいて欲しいと平和を願っているところが自分とも重なっている部分があって僕は好きなんですけど、でもそれが嫌いなところにも繋がるんです。皆んなが平和でいて欲しいと思うがばかりに自分一人で思ってたことや描いてたことが、逆にアニーにつらい思いをさせていたということに気付けなくて、最後はそれに気付いてぼろぼろになっちゃうんですよね。僕も稽古している中でいろいろ教えて貰うんですけど、自分の中にあるのにやっぱりこの歳になるまで気付けずにいたことがあるっていうのが今は凄く身にしみてます。興奮するとどんどん前のめりになるところがジョニーにはあって、きっともっと冷静になればいろんな事が見えてくるんだろうけど、男の子だしアニーのことも家族のことも大好きだしってことで結構勝手に突っ走っちゃうところがジョニーの欠点なのかなって僕は思うし、嫌いなところではないんですけど、そこがもう少しアニーと分かち合えていたらこういうことにはならなかったんだと思います。イケてるんだろうと思ってることが、ちょっと考えると違うっていう。

歌っていて一番気持ちが入ってしまう曲はどんな曲ですか?

ソロは両方大事にしてるんですけど、結局妄想で描いているハッピーなもの("家族")と、それが崩れてしまった瞬間の心情("どんな男だ?")なので、そこのギャップが大きく出ればジョニーが大人になる瞬間を、その葛藤を見せられると思っています。"家族"は自分が描いている素敵なものを歌う、だけどそれが全て崩れて悪い妄想になっちゃってる要素を"どんな男だ?"では伝えていきたいと思いますね。

0321_17.jpg

−この作品の登場人物は過去か現在に何かしらに没頭していた時期があるんですけど、法月さんはこれまで思わず没頭してしまったことって何かありますか?

没頭していたことですか・・・うーん・・・あ、ありました!実は高校時代は勉強に没頭してたんです。僕は中学2年生から芸能界に入って、普通に学生もしてて、ちょっと大学入る前に悩む時期があったんですけど、高校のときはとにかく勉強頑張っていい大学に入ろうって目標を立ててたんですよ。だから高校はものすごく成績よかったですよ。なんですけど、面白いことに高3で初めてのドラマが決まって、成績が結局ダメになっちゃって(笑)。大学のときも芸能活動をあと4年やってダメだったら辞めようと思っていたら『ブリーチ』に受かって(笑)。で、やめることが出来なくなって。でも基本的には勉強するしかないって思っているところがあったんです。オーディションを何百と受けて落ちていたから、そろそろ就職をしようとかと。

それ以外では、僕はアウトドアよりはインドア派だったんで、パソコンを相当いじって詳しくなったしタイピングもものすごく速いんですよ。

だから勉強とパソコンは一時期集中的にしてました。

−この作品でほとんどの登場人物が、過去に何かの夢を諦めていますが、今の仕事じゃなかったら、こんな事をしてみたかったっていうのはありますか?

この業界に入る前から家族が舞台好きだったんで舞台を観に行ってたから、人に自分を見せることに対して憧れはあったと思います。だから、たぶん人に対面する仕事に就いてたと思うんですよね。僕むかし飲食のアルバイトをしてた経験もあるので、バイトリーダーとかになってたんじゃないかな・・・。もしかしたら飲食で天下取ってたかも知れないですね(笑)飲食じゃなくても例えばホテルマンとかバーテンダーとか人と対面する仕事には就いてたと思います。

−最後に、この作品のタイトルは『In This House』ですが、法月さんにとって家(house)ってなんでしょう?

僕ほんと家大好きなんですよ。なんか家では自然と台本を開く気にはなれないんです。自分の部屋が、その日の自分をリセットする場所になってます。稽古場で上手く行ってないシーンがあったり褒められたシーンがあっても、1回それはそれでリセットして引きずらないないように。

************************************************
「In This House ~最後の夜、最初の朝~」

公演日:2018/4/4(水) ~ 2018/4/15(日)

会場:東京芸術劇場 シアターイースト
************************************************

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

脚本・作詞・演出・石丸さち子×音楽・和田俊輔によるRock Musical『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』が、4月3日にKAAT神奈川芸術劇場 中スタジオで開幕! 現在上演中です。

げきぴあでは、開幕直前のKAATで主演の東啓介さんの稽古の様子を取材&プチインタビューしてきました!!

本作は、シェイクスピアの恋愛悲劇「ロミオとジュリエット」を下敷きに、舞台を現代にうつし、血縁や国境、性別、人種、宗教、経済など見えない"ライン"に隔てられた若者が、その"ライン"をも飛び越え命を燃やした5日間の恋を描くオリジナルミュージカルです。主演は東啓介さん、ヒロインは豊原江理佳さん、そして柳下大さん、中山義紘さん、大山真志さん、マルシアさんが出演します。

DSC05879.jpg

*****

この日、稽古が行われていたのは、愛するリェータ(大原)の兄シーラ(大山)を刺したハワル(東)が逃げた先でドゥーシャ(マルシア)と話をするシーン。
「ロミオとジュリエット」では長く描かれる場面がギュギュッと濃縮され、ハワルにとってリェータと会えないということが何よりの絶望であることが、ドゥーシャとの会話によって鮮烈に描かれます。

ドゥーシャと話しているうちに感情が抑えきれなくなる東さんの芝居を見ていると、小さな表情の変化や呼吸音まですべてが客席に届くということが意識されていると感じました。取り乱したハワルは残酷な台詞を言うのですが、その感情が全身から剥き出しで表現されているからこそ、台詞を超えた想いを受け取ることができ、なんともいえない切なさを感じるシーンになっていました。

ここではハワルがセットを滑り落ちるシーンの確認も。身長187㎝の東さんが斜面を滑っていく姿はインパクト大で、その姿から無意識に感じてしまう痛みがハワルの心情ともつながりました。これもこの劇場のサイズ感ならではの感覚ですよね(東さんはその滑り落ち方や倒れ方を何度も練習していました!)。

そして歌にもぜひご注目を!『マタ・ハリ』やミュージカル『薄桜鬼』などをご覧になった方はご存知だと思いますが、ストレートプレイでの東さんしか観たことない方は、その歌から広がる鮮やかな世界にきっと驚くはずです!

......とそんな白熱した稽古の合間に、東さんにプチインタビューを敢行!開幕に向けての気持ちを語ってもらいました。

――本日稽古最終日ですが、開幕を目前に控えての気持ちを聞かせてください。
 楽しみです。稽古最終日まで、つくっては壊し、つくっては壊しという作業をしてきたので、幕が開いて、お客さんがどう受け止めてくれるのか、どう反応してくださるのかなって。この作品が愛されればいいなとも、今すごく思っています。

――今だから言える作品の魅力はどこですか?
 「愛」でできた作品だということです。まず(石丸)さち子さんの愛があって、そこからキャストみんながいろんな想いをもって芝居をつくって...。物語としても、「誰に向けての愛なのか」というものが描かれているし、愛がギュッと詰まった作品になったなと思います。

――東さんはこの作品をどう感じていますか。
 ミュージカルでありながらストレートプレイの要素もたくさんありますので、新鮮ですし、すごくいろいろ考えました。体力的にも精神的にもエネルギーをつかう作品だなと思いますね。

――考えたというのはどんなことですか?
 この作品はオリジナルミュージカルの初演なので、キャストもまるで作家のように作品づくりに携わってきたんです。その中で、やっぱり自分の役のことだけではなく、芝居全体のことや、お客さんのことも考えて、みんなでつくってきましたね。

DSC05864.jpg

――カンパニーのことはどんなふうに感じていますか?
 和気あいあいとしてるけど、やるところはピシッとやる、いいカンパニーです。いろんなことをみんなで乗り越えてきました。最初に話した「つくっては壊す」のってやっぱり大きな作業なんです。だけどそれをやってこれたのはこのカンパニーだからだし、先陣切って走ってくれているのがさち子さんだからだなというのはすごく思います。

――和田俊輔さんの音楽も素敵ですね。
 音楽の力ってすごいなと改めて思いましたし、歌うのが楽しい曲ばかりです!オケが出来上がるとイメージがより掴めて、芝居も変わったりしました。

――ハワルを演じていて楽しいことは?
 これほどまでに感情が揺れ動くことは、なかなかないなと思います。そこはすごく新鮮でもありますし、苦労もありましたし、でも楽しいっていう、いろんな思いがありますね。

――役に関して稽古の初めの頃から何か変化はありますか?
 一つひとつが濃くなっています。なんのためにここまで生きてるんだろうとか、なんでここまで(リェータが)好きなんだろうとか、そういういうこともすごく考えました。今は、人の思いは儚いなって感じています。

――この作品を観た方はどんなことが受け取れると思いますか?
ベースが「ロミオとジュリエット」なので悲劇ではあるのですが、ひとつの希望をみなさんに抱いていただけたらと思います。生きる活力でもいいし、人に会いたいという思いでもいいし、誰かに影響を与えたいとかでもいい。そういう"なにか"に繋がっていったらいいなとすごく思いますね。「言わなくていいかな」とか「今じゃなくても」が、「行動してみよう!」になる力になったらいいなって。

――最後に読者のみなさんに一言をお願いします!
 この一か月間、稽古で"つくって壊して"を何度も繰り返してきました。稽古場見学で観てくださった方も本番を観たらきっと「全然違う」という発見もあると思います。ぜひ皆さんに新鮮な気持ちで観に来ていただきたいです。そして「ロミオとジュリエット」を知ってる方も知らない方も、全く新しい『5DAYS』という作品ができあがっているので。ぜひ楽しみにして劇場にお越しください!


公演は 4月 23日(月)まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオにて上演中!

文:中川實穂

撮影:源賀津己

DSC05846.jpgDSC05875.jpgDSC05845.jpg

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

burn_the_floor_03.jpg 「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」制作発表より

「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」の制作発表が行われ、ダンスパフォーマンスが披露された。

「バーン・ザ・フロア」は1999年の初演以来、世界トップレベルのダンサーたちによる圧倒的なパフォーマンスでブロードウェイをはじめ、世界30ヵ国以上の観客を魅了してきたダンスエンタテインメント。

日本では2002年に初上陸。今回で10回目の公演となる。

本作の制作発表が行われ、出演ダンサー7人によるダンスパフォーマンスが披露された。動画はこれを抜粋したもの。【動画2分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

matsui_ishizaki.jpg

石崎ひゅーいさんと。

ご無沙汰してます、
ゴジゲンの松居です。

暖かくなってきて最高の季節ですね!
花粉は僕がやっつけておきます!
R-1を飲んだらだいたい治ります!

今日は、いくつかお知らせがあって、
ブログ投稿しました!

◯まず1つ目

ゴジゲンは今年10周年なのです!!
それでいくつかイベントをやって10周年を盛り上げようとしてまして、
4月28.29日にゴジゲン上映会をやります!
過去公演や最新公演やツイッター投票などを行って、
個人的には錚々たる作品群が揃いました。
ゴジゲンを知らない方でも知ってもらえるし、楽しいと思うし、チケット激安なので、
ぜひ遊びに来てほしいです!!
毎ステージ誰かしら、僕と東迎はおそらくすべての回にいます。

詳細はこちらのブログ。
ブログからブログへ!
http://blog.livedoor.jp/gojiblog/archives/2401897.html

ゴジゲンの10周年記念公演は10月に下北沢駅前劇場で予定してます。
こちらは近くなったらまたおしらせします。


◯2つ目。

来年2月に下北沢本多劇場で、
J-WAVE30周年×ゴジゲン10周年
で舞台を作ります!
それに合わせて、ラジオで毎週放送しながら舞台を作るという、ちょっと新しいやり方をやるつもりです!
ラジオ番組が稽古場みたいになったらいいなと思っているので、
よければ4月1日から
毎週日曜23時〜23時54分
J-WAVE
「JUMP OVER」
聞いてください!!
東京・福岡の2局ネットです。
聞いてというか、稽古場に集合!という感じです!!
日曜夜は、ラジオの前で、待ってる!!

https://www.j-wave.co.jp/original/jumpover/


◯3つ目

舞台映画というか、
舞台が中止になったため、作った映画、
「アイスと雨音」
という作品が公開中です!
こちらは少年少女の1ヶ月間を74分ワンカットという代物ですが、
とにかく見たら色んなものを感じるとおもいます。
観劇好き、演劇に何かしら関わりがある方は
全員見てほしいです。
とりあえず予告編だけでも見てください。
劇場に来てほしいんです。
全国ちょっとずつ広がっていきます。

http://ice-amaoto.com/


とまぁ!
色々お知らせしてしまいましたが、
気が向いたらぜひ。
僕はもう、
生きているのだから、
色んなことに戸惑って、大事なことを見失ってしまいそうになるけど、
最初にやりたかった、楽しかったことを大事にして、
これからも一緒に作る人と、大事に一緒に作っていきたいと思ってます。
文章おかしくなりましたねすみません。
深呼吸です。
生きてるのだ。
楽しいほうに、笑ったり感動したりできるところを
めざしましょう。
誰だ俺は!
おれはおれだ!

ではでは、
色んなところで会いましょう!

松居

チケット情報はこちら

photo510402_02.jpg

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

 
■『リトル・ナイト・ミュージック』特集vol.5■


ミュージカル界の大巨匠スティーヴン・ソンドハイムの最高傑作と称されるミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』 が4月に上演されます。

19世紀末のスウェーデンを舞台に、大女優と元カレ、年の差夫婦、年下の義母へ恋する息子、愛人の浮気を本妻に調べさせる旦那......などなど、様々な恋と思惑が入り乱れるラブ・コメディ。

主役である大女優デジレは、エリザベス・テイラーをはじめ、ジュディ・デンチ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズといった名だたる女優たちが演じてきた役。

劇中デジレが歌う『ピエロたちの喜劇(Send in the Clowns)』は多くの女優たちに愛され、歌われてきた名曲です。

このデジレに今回、日本が誇る大女優・大竹しのぶが挑みます!
大竹さんに作品について、役柄について等々、お話を伺ってきました。

 

 ◆大竹しのぶ INTERVIEW ◆

LNM2018_05_11_0384.JPG
●「夢みたいに面白おかしい中に、人間の本質を突く辛辣さがあるところが魅力」


――大竹さんにとって、『スウィーニー・トッド』以来2作目のソンドハイム作品になります。まずは今回、ご出演を決められた理由をお聞かせいただけますか?

「『スウィーニー~』をやっている時に、共演の市村(正親)さんが『リトル・ナイト・ミュージック』のデジレをやったほうがいいよ、と言ってくださったんです。その時の私は、作品のことを知らなかったんですね、観たこともなかったですし。でも色々と調べてみたら、デジレはジュディ・デンチをはじめ素晴らしい女優さんたちがやってこられた役だと分かって、音楽もすごく素敵ですし、できたらいいなと夢見るようになりました」


――そんな時に、ちょうどオファーが?

「というか、市村さんが「しのぶちゃんで『リトル・ナイト~』を」って、もうことあるごとに言ってくださっていたので(笑)、それを聞いたプロデューサーの方々が実現してくださったのだと思います。...市村さん、自分が出るわけでもないのに(笑)。「僕の役はないし、僕も忙しいからね!」って、私の出演だけを勧めてくださいました(笑)」


――大竹さん、そして市村さんの夢が叶ってのご出演なのですね(笑)。稽古が始まった今あらためて、この作品のどんなところに魅力を感じていらっしゃいますか?

「夢みたいに面白おかしい中に、どこか辛辣さがあるところが、やっぱりソンドハイム作品だなあって思います。誰もが孤独を抱えているとか、若さというのはすごくキラキラしたものであるとか...描かれていることが、人間の本質を突いているんですよね。日が沈みかけて、太陽と月が一緒に出ている夕暮れ時なのか、それとも星がそろそろ出てきたのか、そういうワケの分からない感じの時間に起こる出来事ですが(笑)、音楽と詞を聴いているとイメージがどんどん膨らんで、「人生にもこういうことっていっぱいあるな」と思えてくるんです。マリアが今、そんな世界を具体的にするような演出をつけてくれているから、私たちがちゃんとその通りにやれば、きっとすごく素敵なミュージカルになると思います」
LNM2018_05_18_0748.JPG

チケット情報はこちら

highlife_01.jpg 左から演出の谷賢一、出演の伊藤祐輝、古河耕史、細田善彦、ROLLY

舞台『High Life -ハイ・ライフ-』の公開稽古が行われ、一部のシーンが公開された。

本作は、カナダの劇作家リー・マクドゥーガルの戯曲処女作で、1996年にカナダ・トロントで初演。その後、欧米で数多く上演されている人気作で、日本でも多くの劇団やプロデュース公演が行われている。

今回、上演台本と演出を担うのは、先般異色の音楽劇「三文オペラ」で世間の注目を浴びた演出家・谷賢一。
音楽にはOpen Reel Ensembleから吉田悠・吉田匡、そしてドラムに山口 元基(moltbeats)が参加。映像をDRAWING AND MANUAL清水貴栄が担当し、古河耕史、細田善彦、伊藤祐輝、ROLLYといった魅力的な4名のキャストと奇才・谷賢一とともに不協和音をステージで奏でる。

 
本作の公開稽古が行われ、一部のシーンが公開された。動画は稽古の様子と、各人のコメントを抜粋したもの。【動画3分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

ginga999_01.jpg

「銀河鉄道999」GARAXY OPERA 制作発表フォトセッションより

6月23日から東京・北九州・大阪で上演される舞台「銀河鉄道999」GALAXY OPERAの制作発表が行われ、星野鉄郎を演じる中川晃教らが劇中歌を歌唱披露した。

本作はあの「銀河鉄道999」を舞台化するもの。
1979年に公開された劇場版第1作のストーリーをもとに、オリジナルのシーンも交えて、主人公の星野鉄郎が宿敵の機械伯爵と時間城で対決するまでを描く。

主人公の星野鉄郎を演じるのは中川晃教。メーテルは2人組バンド「ハルカトミユキ」のGt/Voのハルカが演じる。さらに染谷俊之、矢沢洋子 、雅原 慶、入野自由、お宮の松、小野妃香里、塚原大助、平方元基が出演し、凰稀かなめが特別出演する。

本作の制作発表が行われ、中川晃教 自らが作曲したテーマ曲が歌唱披露された。【動画1分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

<< 前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉