チケット情報はこちら

ジョニー・デップ主演、米アカデミー賞7部門にノミネートされた映画を舞台化したブロードウェイミュージカル「ファインディング・ネバーランド」がいよいよ本日、開幕する。

IMG_6439.JPG

本作は名作"ピーターパン"ができるまでの実話を描いた感動ストーリー。

スランプに陥っていた劇作家のバリは、父を失った少年・ピーターら4兄弟と母親である未亡人のシルビアと出会い交流する中で、名作を生み出してゆく。

「ヘアー」「ピピン」など、いくつものトニー賞を受賞しているブロードウェイトップ演出家、ダイアン・パウルスが手がけ、本国アメリカでは観客が選ぶベストミュージカル賞(Broadway.com)を受賞するなど注目を集めるも、日本での上演は今回が初めて。

チケット情報はこちら


新国立劇場開場20周年記念演劇公演の第二弾として、2014年の米ピュリッツァー賞で最終候補になった秀作、ジョーダン・ハリソン作の『プライムたちの夜』が11月、小劇場にて上演される。

新国立劇場開場20周年記念公演

『プライムたちの夜』
-世界の今を伝える現代演劇セレクション-

http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009663.html

チケット一般発売は9月9日(土)から


puraimu1_350.jpg

本作は「世界は今...」をキーワードに、現在の海外の演劇シーンから上質な戯曲を紹介するという、新国立劇場の企画。同劇場は過去にも、現代の海外戯曲をたびたび取り上げているが、それらはいずれも明確なコンセプトの元、演劇芸術監督の宮田慶子自らがセレクトしている。"日本初演"にこだわり、同時代の劇作家たちが世界の何を見、どんな切り口で問題提起しているかを日本に初めて伝える役割も担っている。

過去、同劇場がセレクトした作品は『負傷者16人-SIXTEEN WOUNDED-』『永遠の一瞬-Time Stands Still-』『バグダッド動物園のベンガルタイガー』『フリック』の4作品。

最初の3作品は、いずれも戦争が切り口。一作目となる『負傷者16人』は宮田慶子演出で井上芳雄が新国立劇場に初登場した。宗教に身を捧げたが故に、大切な人との心の交流をついに断ち切る男。人生の岐路に立たされた男は、最後に自爆テロという悲劇の道へと突き進む。2012年上演。まさにタイムリーなテーマを扱う作品で、全公演がほぼ完売するなど、反響も大きかった。

fusyousya350.jpg

チケット情報はこちら

NHK連続テレビ小説「あさが来た」(2015~2016年)でもお馴染みの女性実業家・広岡浅子のドラマチックな生涯を描く舞台『土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』が10月4日(水)に開幕します。

原作は、「あさが来た」の原案でもある「小説 土佐堀川」(作者:古川智映子)。
激動の時代に並外れた知性と行動力で、炭鉱経営、銀行設立、日本発の女子大学校設立、生命保険会社(大同生命)設立と、数々の事業を成功させ、女性に自由をもたらした女性実業家・広岡浅子さんの笑いと涙に満ちた人生を、高畑淳子さんが演じます。

今回、初めて一代記を演じるという高畑さんにお話をうかがいました。

0058修正_2.jpg

2017年8月30日 CBGK シブゲキ‼にて『なつのおわりのゾンビフェス!』が開催された。"ゾンビ"をキーワードに、俳優・入江雅人がホストを務める形で、お笑いコンビ、落語家、俳優、活弁士と様々なエンターティナーが集合し開催された。

小松利昌.jpg

小松利昌

オープニングアクトは俳優・小松利昌。おどろおどろしくゾンビに扮し登場。しかし一変、ゾンビが告白の練習をする"恋するゾンビ"話。小松扮するゾンビ女子が、一生懸命に告白しようと練習しようとする姿が、健気で妙に可愛い。
小松が自ら創る小道具のクオリティも彼のコントの見所だが、この日も質感のある"内臓各種"を披露し、全力のゾンビ芸が笑いを誘った。

阿佐ヶ谷姉妹 .jpg

阿佐ヶ谷姉妹

次に登場したのは、お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹。トレードマークのピンクの揃いのドレスで登場し、このイベントの為に作られたゾンビのオリジナルテーマソングの歌唱を披露。「はらわたからアイラブユー」というキテレツな歌詞を2声コーラスの美声で披露。それだけで終わらず"歌って漫才"のネタも披露。

チョコレートプラネット .jpg チョコレートプラネット2.jpg

チョコレートプラネット

続いて、お笑いコンビ・チョコレートプラネットが登場。ゾンビと人間の男が、ひたすら取っ組み合いをするコント。長田庄平扮するゾンビが、松尾駿扮する男に迫り、男は「臭い臭い」と突き放すが、懲りずにゾンビは絡んで来る。通常4分くらいのネタを、この日はロングバージョンで叫び戦い続けた。

立川志ら乃.jpg

立川志ら乃『ナイトプールに行くような女をゾンビになってどうにかしたい』

そして次は、落語家・立川志ら乃の落語。志ら乃は従来から『悪魔のいけにえ』というテーマで落語を行ない、同じゾンビ好きとして、twitter上で入江雅人との縁が出来たことから、このイベントの出演に至った。この日は、『ナイトプールに行くような女をゾンビになってどうにかしたい』という新ネタを披露。ゾンビになるための稽古を習いに行くという、古典落語『あくび指南』を彷彿させながらも全編がゾンビという独創的な噺を、歯切れのいい語り口で聞かせた。

2017年8月24日 渋谷の中心にある劇場・CBGKシブゲキ‼にて、「キング・オブ・スタンダップコメディ~サマーフェスティバル2017@CBGKシブゲキ!!~」が開催された。

kosc00.jpg

2016年7月に、会長・清水宏副会長・ぜんじろう会員・ラサール石井を中心に旗揚げされた日本スタンダップコメディ協会。スタンダップコメディは、1人の芸人がステージ上マイク1本で観客と対峙し笑わせるという話芸の極み。協会設立以来、ジャンルを問わず様々なゲストを迎えて、積極的に公演が行われてきた。今回は、ゲストスピーカーに水道橋博士、トークゲストとしていとうせいこうが参加し、CBGKシブゲキ‼に初上陸した。

チケット情報はこちら

三越劇場PRESENTS「朗読舞台 逢いたくて...」
ラストを飾る9月公演出演者6名より公演に向けてコメントが届きました!

aitakute.jpg

まずは9/17(日)公演に出演のこちらの3名から!

花乃まりあ

【花乃まりあ】
台本を読み、しずゑの言葉の中にある様々な想いを感じ、胸が熱くなりました。
言葉に想いと魂を込め演じられたらと思います。
私にとって朗読劇は初めての経験となりますが演出の樫田さんのもと精一杯努めたいと思います。

石倉三郎

【石倉三郎】
「逢いたくて...」読み込むほど、実に名作ですね。私は二回目になりますが、皆様により一層楽しんでいただけるよう頑張ります!

小澤雄太.jpg

【小澤雄太(劇団EXILE)】
この度、朗読舞台「逢いたくて」に参加出来て本当に光栄に思います。元々観劇させて頂く機会があり、作品は知っていたのですが、まさか自分がやるとは思いもしなく、本当に嬉しく思う反面、緊張に包まれてから本を読ませて頂きました。 変わらず。やりたいと思う気持ちも増しましたし、しっかりこの本を通じて見て居る方々に伝えていかなければならない使命を感じました。
奮って全力で努めさせて頂きたいと思います!!
皆様どうか宜しくお願い致します!!


 

つづいては9/18(月・祝)公演に出演の3名!

実咲凛音

【実咲凛音】
私にとりまして、新しい分野への挑戦となります。
この素晴らしい機会に沢山のことを学び、そして自分にとってこれからの新しい力となりますよう誠心誠意、取り組みたいと思います。
また、ベンガルさん、宮田悟志さんと共に創らせて頂けますこと、今からわくわくしております。
未熟な点も多々あると思いますが、この『逢いたくて...』の世界観にお客様をいざなえますよう、頑張りたいと思います。 どうぞ、沢山の皆様に足をお運び頂ければ嬉しいです。

ベンガル

【ベンガル】
おこがましいですが 題材 構成 展開 見事だと思います
辛い物語ですが 古きよき日本人の心 家庭の形が美しく思えます
最後の ぼた餅 泣きましたぁ

宮田悟志

【宮田悟志】
朗読舞台「逢いたくて」は、名だたる方々が出演されてきた素敵な作品。僕自身も兼ねてからのファンであり、作品を観させていただく中で、"いつか自分も読ませていただきたい"と願っておりましたので、心より嬉しく思います。


 

<公演情報>
三越劇場PRESENTS 朗読舞台「逢いたくて・・・」
2017/9/17(日) ~ 2017/9/18(月・祝)
三越劇場 (東京都)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

pajama-game_08.jpg ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」公開稽古より 北翔海莉・新納慎也

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」の公開稽古が行われ、北翔海莉、新納慎也などの出演者によって劇中歌が披露された。

ミュージカル・コメディ「パジャマゲーム」は、リチャード・ビッセルのベストセラー小説「7セント半」を元に、7セント半の賃上げを望むパジャマ工場の労働者と雇用者の闘いと、若木工場長と組合員の恋をロマンチックに描いた作品。

1954年に初演。トニー賞最優秀作品賞などを受賞した名作であり、ボブ・フォッシーが初めて振付を手掛けた作品としても有名だ。

そして今作の演出を手掛けるのはトム・サザーランド。
日本では「タイタニック」や「グランドホテル」を手掛け彼の手腕が楽しみだ。

出演は北翔海莉、新納慎也、大塚千弘、上口耕平、広瀬友祐、阿知波悟美、佐山陽規、栗原英雄など。

今年2月に行われた製作発表での歌唱披露の様子はこちら

本作の公開稽古が行われ、一部のシーンが公開された。動画はパジャマゲームオープニング、ブルータウンなどの部分を抜粋したもの。特に北翔海莉がフォッシースタイルでダンスする「Steam Heat」のシーンは必見。【動画3分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら



チケット情報はこちら

尚月地の同名漫画を原作にした舞台「浪漫活劇譚『艶漢(あでかん)』」の第二弾となる「浪漫活劇譚『艶漢』第二夜」が12月に上演されます。

NL0_1532_.jpg

→そもそも『艶漢』とは?

ノーフン(フンドシをはいていないってこと!)がちで柳腰の美少年で傘職人の吉原詩郎(女ったらしの助平)と、熱血正義感の巡査殿・山田光路郎(筋肉質で無類の猫好き)、そして詩郎の兄貴分で無敵な色気を放つ吉原安里の物語を軸にした、エログロナンセンスな昭和郷愁的アンダーグラウンド事件簿。(公式HPより)

昨年3・4月の初演では、その思い切った再現度に(いろんな意味で)話題騒然に! 一気に注目&人気を集め、同年8月には「歌謡倶楽部『艶漢』」として歌謡エンタテインメントショーも開催されました。

待望の第二弾となる今作も、初演同様、脚本・演出をほさかよう(空想組曲)さんが手掛け、主人公・吉原詩郎役の櫻井圭登さん、山田光路郎役の末原拓馬さん、吉原安里役の三上俊さんをはじめとするメインキャストは続投! さらに新キャストとして、佐倉春澄役の村田 恒さん、内海明人役の加藤良輔さんも出演し、あのエピソードやこのエピソードが描かれることになりそう!

というわけで、主演の櫻井さん、新キャストの村田さん加藤さんにお話をうかがいました。

脱ぐことにはもはや快感すら覚える......!?

――「第二夜」が決まっていかがですか?

櫻井 初演から1年9か月ぶりの公演なのですが、また『艶漢』ができると思うと本当に幸せです。僕にとって印象が強い作品なので、再び詩郎として生きることができてとても嬉しいです。

――印象が強いというのは?

櫻井 やっぱり大勢の人の前であんな......素肌を出すことはないので(笑)。『艶漢』には、人生で経験できない、いろんなことを経験させていただきました。

――初演はふんどし姿もありましたしね。そこは今回もう抵抗ないですか?
櫻井 もう脱ぐことに対しての抵抗は全くなくて。もはや快感すら覚える......。

一同 (笑)。

櫻井 次はどういう風に脱ぐんだろうって楽しみにしています(笑)。
NL0_1551.jpg

チケット情報はこちら

キャスト一新、河原雅彦さん演出で14年ぶりに上演される、PARCO&CUBE 20th.present『人間風車』

NL0_4018.jpg

そんな本作について、演出家の河原さん、出演者の成河さん、ミムラさん、加藤 諒さんの座談会を3回に渡ってお送りしましたが、今回が最終回。最後までぜひご覧ください!

★連載第1弾第2弾 ※概要やあらすじは、連載第1弾をご覧ください。

チケット情報はこちら

_DSC3598.jpg

枢やな氏の大人気漫画を原作にしたミュージカル「黒執事」シリーズ最新作・『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania- 』が、大晦日の12月31日から上演されます。

19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国を舞台に、全てにおいて完璧な執事・セバスチャンと名門貴族の若き当主・シエルの物語を描き、そのゴシックで華麗なヴィジュアルと、ミステリー・アクション・ギャグがふんだんに盛り込まれたエンタテインメント性の高いストーリーが大人気の作品です。

舞台シリーズは2009年が初演。第5弾となる本作は、今年1月に劇場版アニメも公開された人気エピソード「豪華客船編」の初の舞台化。今作は児玉明子さんが演出を手掛け、新たな物語を紡ぎます。

というわけで、今作でセバスチャンを演じる古川雄大さんと、シエルを演じる内川蓮生さんに直撃! 2015年の「-地に燃えるリコリス2015-」から3度目の出演となる古川さんと、昨年の「〜NOAH'S ARK CIRCUS〜」で初舞台を踏んだ内川さんという、2回目のタッグだからこそのお話を聞かせていただきました。全2回に渡ってお送りします!

<< 前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
アーカイブ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉