フェスティバル/トーキョー(F/T)の最近のブログ記事

10月27日から1か月にわたり開催したF/T12も、11月25日をもって無事閉幕いたしました。

おかげさまで今年で5回目となる舞台芸術の祭典フェスティバル/トーキョー、みなさまお楽しみいただけましたでしょうか?

今回の「げきぴあ」連載は主催プログラムのアーティストも参加した豪華版でお届けしました!
作品を通じてそれぞれの問題意識に真っ直ぐ向き合っているアーティストたちの、意外な側面も見ることができたと思います。
作品に直接関係すること、しないこと...アーティストが普段考えていることが垣間見える連載となりました!

F/T12は閉幕いたしましたが、「げきぴあ」の連載を通して興味を持ったアーティストがいましたら、これからの彼らの活動にも是非ご注目ください!

今年もフェスティバル/トーキョーへのご支援、ありがとうございました!


panfu350.jpg

事務局一同より

みなさん、こんにちは。
台湾の劇団、アゲインスト・ アゲイン・トゥループの演出家、ホアン・スーノンです。

私のはまっていることは、「旅行」です。
最近でいえば、今年の3月にベルリンに行きました。
その時、以前知り合った日本の舞踏グループ「大駱駝艦」で音楽を担当している千野秀一さんと偶然再会し、彼からベルリン郊外の教会での演奏に誘ってもらいました。
私が持参していた二胡と千野さんのオルガンで即興ライブをしたんです。
オルガンの音色は、まるで天国からおりてきたような、時間にながされることのない音でした。
また、ベルリンで生活する台湾の知り合いはみな、結構つらい生活を送っている感じがしましたね。

CIMG1071_350.jpg

ホアン・スーノン (アゲインスト・アゲイン・トゥループ 演出家)

------------------------
F/T12公募プログラム『アメリカン・ドリーム・ファクトリー』
アゲインスト・アゲイン・トゥループ [台湾]
作・演出:ホアン・スーノン
11月22日(木)~ 11月24日(土) 
シアターグリーン BOX in BOX THEATER

料金: 自由席(整理番号付)
一般前売 2,500円(当日 +500円)
学生 2,500円、高校生以下 1,000円
(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/americandreamfactory/
------------------------

チケット情報はこちら

どもども、はじめまして。
山口を中心に活動してます舞台芸術ユニット、集団:歩行訓練、通称ほこくんちゃん(流行らそうとしている)代表の谷です。

今回はF/T12に便乗して、本州の果てよりお届けしております。
いやー、まさか「げきぴあ」に原稿載せてもらえるとは感激至極。

image002_230.jpgあ、この画像ですか?谷です。
山口には存在しない「サイゼリア」でエスカルゴを食べてラリっている谷です。

チケット情報はこちら

私が今はまっている?ことは、お正月飾りです。

や、今というか、以前、モモンガ・コンプレックスの『初めまして、おひさしぶり。』というお正月の公演でお正月飾りを髪飾りとして使用したのですが、お正月飾りって意外と手が込んでいてかわいいし、しかも軽いのでこれは髪飾りにぴったり!
頭に何か大きいものをのせるのが私の中ではやっていた時期もあったので(おにぎりとか)、お正月飾りはその中でもとてもおしゃれ。

gekipia_siragami_350.jpg

チケット情報はこちら

重力/Noteの鹿島です。
はじめまして。
これも何かのご縁だと思いますので今後ともよろしくお願いします。

『雲。家。』の上演にむけて本番までひと月を切ったということで、企画段階で可能性として拡げていたものをひとつひとつ決めていかなければならない日々が続いています。
パッと目の前が開けることもあるのですが、どこかで自分で自分の決定にすがっているような感じが嫌ですね、むしろこういうのは気がめいって仕方ない。
後悔とは別種の感覚。
こういうときこそ、気分転換にもテクニックが求められるところだけど、酒や煙草には特に愛着も執着もないんですね、付き合い程度にしか。
他に何かあるかというと、ひたすら寝ることくらいか。
寝る、とくに食後に。

さて、「いま一番ハマっていること/興味があること」というお題をいただいたので、ここのところの自分の傾向を振り返ってみたのですが、喫茶店かな。
まあ、喫茶店と言っても沢山の店をまわるほどじゃない(そもそもコーヒーもあまり好きじゃない)ので、ひとつふたつの店に通い続けるということをしています。
それも毎回同じメニューを、同じ時間帯に、同じ席でといった感じに。
べつにいま流行の反復じゃなくて惰性でなんですけど、予定に余裕がある時は朝に新聞読んで、夕方すぎまで扱いにくい感じに長居するお客です。
そうこうしていると、いつのまにか店員さんとのあいだで「いつもの」という言葉が橋架けられるようになったりするんですね、あのベタな名言が、特に会話のない、わたしたちのあいだにいつのまにか。
そういうやりとりを通じて知らない人の記憶の一部分を占めている愉悦の感覚が自分のなかにもあったんだなあと、そんな感慨。
もっとも、これを演劇に置き換えた場合、「いつもの」という言葉をかけるためにかかった時間と予算とを考えると、まあ・・・実に気の長い上演ですね。
いい演出じゃないと思います。

------------------------
F/T12公募プログラム『雲。家。』重力/Note
構成・演出:鹿島将介
11月21日(水)~ 11月24日(土) シアターグリーン BIG TREE THEATER
チケット:自由席(整理番号付)
一般前売2,500円 ほか

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/cloudshome/
------------------------

チケット情報はこちら

僕のハマっていることといえば、やっぱりエレクトロミュージックです。

そんな僕にとって一番の問題は、世界中どこに行ってもまだお気に入りのクラブが見つけられてないこと。
だから自宅の寝室で激しく踊りまくったり、作品のなかにダンスシーンを取り込んだりしてるんです。
おかげでクラブに行かずとも、エレクトロにのせてスタジオやステージで踊りまくれてるんですけどね。

そして、もうひとつハマっているものといえば、日本食。
(日本に来てるからそんなことを言っているわけじゃありません!)
製作費を削ってでも美味しい日本食を食べれたらなぁと思ってます。
海鮮なんか食べたら...もう最高に幸せです。
(ただひとつだけ、朝食に刺身が出るのは、ちょっと...。朝から冷たい魚を食べるなんて信じられません!)

danielk facepic_350.jpg

F/T12公募プログラム『ゲイ・ロメオ』 ダニエル・コック・ディスコダニー
構成・振付:ダニエル・コック
11月16日(金)~ 11月18日(日) シアターグリーン BIG TREE THEATER
チケット:自由席(整理番号付)
一般前売 2,500円(当日 +500円)
学生 2,500円、高校生以下 1,000円
(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/gayromeo/


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

WCdanceの振付家・演出家のリン・ウェンチョンです。

一番はまっているのは、「目的の無い自由な思考」ですね。
「自由な思考」って、芸術家にとって最も重要で、最も貴重な無形資産だと思うんです。
それに、自分がもともと持っていた知識とか、信じていた信仰とか概念などを打ち破ることでもあると思うんです。
そうすれば、別の角度から世界や物事を見ることができる。
今、あらゆる物事を、当然のこととして捉えていると思うのですが、実は、自分をより都合良くこの環境に適応させようとしているんですよね。
自分の意志ではないし、自由ではないんです。
芸術家は、オープン、クリエイティブ、かつ目的のない思考というのをぶつけ合わせて創作の出発点とし、自分の環境に対する新たな見方を提示する。
そうすれば、舞台芸術でも、可能性を無限に広げることができると思うんですよね。

WCdance_350.jpg

------------------------
F/T12公募プログラム『小南管』WCdance [台湾]
振付・演出:リン・ウェンチョン
11月15日(木)~ 11月17日(土) シアターグリーン BOX in BOX THEATER
チケット:自由席(整理番号付)
一般前売 2,500円(当日 +500円)
学生 2,500円、高校生以下 1,000円
(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/smallnanguan/
------------------------

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

こんにちは。
ヒッピー部の演出をしている三野と申します。

ヒッピー部とは、写真と人間の関係性をテーマに作品制作をしているカンパニーです。ヒッピー部自体も、演劇そのものを専門にしている人たちが少なく、他の幅広い分野で活動をしている人たちが集合して制作に励んでいます。
ですので、僕の興味がある物事も、写真に関わることが多いです。
ヒッピー部 HP : http://hippieb.net/

今回F/T公募プログラムで上演させて頂く『あたまのうしろ』には、様々な写真集の影響を受けています。例えば・・・
松江泰治『cell』(赤々舎)です。
image001_350.jpg

チケット情報はこちら

KENTARO!!と申します。
ダンスを生業としています。

突然ですが、Ogre you asshole というバンドが好きです。
今回のF/Tモブでも使用させて頂いてますがアレンジが面白楽しくて、唄声も凄いです。
初期はPOPさがある楽曲が多く、単純にノレる曲も多くあります。
今はサイケな感じが増し、コアになった印象です。
ここ最近の新譜2枚は特にそうだと思います。
ひとまず「フォグランプ」というアルバムをお勧めします。

ogre_300.jpg

チケット情報はこちら

最近、ひさびさにヴェンダースの「まわり道」を見たら、とても面白かった。

男が旅に出る話で、ほとんど詳細を忘れていた。
忘れていても、なんとなくいい映画だったことは覚えていた。
そういう映画が私にはいっぱいある。
それは、でも、間違っている。
映画は見なければ意味がないと思う。
あなたの好きな映画をいくつかあげてくださいと問われることがあるが、それなりに答えたとしても、たとえば、私の唯一の映画は小津の「東京物語」だったりするが、いま、見ないで、ずいぶん昔に見たものを、それがいい映画だったと思い出して答えることに躊躇があるのだ。
映画ほど、受容者の知覚が重要なジャンルはないのかもしれない。
演劇もそうあるべきだ。
だから、面白い映画というのは、最近見たことを前提として選択するものだと思う。
まだ、その知覚経験の醒めやらぬうちに判断するのが本当である。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ