ブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」日本公演の主演決定!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら



「馬鹿なアメリカ人にはなりたくないと強烈な反体制・反戦メッセージを掲げ、世界に衝撃を与えたパンクロックバンドGREEN DAYのグラミー賞・トニー賞受賞の同名アルバムをミュージカル化した「アメリカン・イディオット」

8月にいよいよ開幕する初来日公演の主演が決定!


SEAN MICHAEL MURRAY
(ショーン・マイケル・マーレイ)

Murray-Sean-Michael.jpg

メイン州出身の"エンターテイメント業界のいろんな橋を渡り歩ける"マルチなパフォーマーを目指す期待の若手。

彼は、同作ブロードウェイ公演にも出演。GREEN DAYのフロントマンであり、本ミュージカルの共同脚本も務めたビリー・ジョー・アームストロングとも共演した。
また、日本でも大人気のミュージカル「RENT/レント」リバイバル公演にも出演している。


そんな彼が演じるのは、輝ける未来を夢見て故郷を飛び出したものの、情報や欲望が溢れる大都市の中で、自身を見失っていくジョニー。


彼は「馬鹿なアメリカ人」から抜け出せなくなってしまうのだろうか。。。


>>本人からのメッセージはこちらから

---------------------------------------------------------------------

「アメリカン・イディオット」はブロードウェイでもそうだったように、老若男女誰もが楽しめる作品だと思うね。
これまでのミュージカルとは全く違う形で観客を魅了する、別次元の作品なんだ。

日本に行ったことはまだないので、日本でジョニー役を演じられることをとても楽しみにしているよ!

◆Sean Michael Murray 


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7096

前の記事「『オペラ座の怪人』8回目の東京公演に幕」へ

次の記事「城田優が世界を代表するミュージカルスターと共演!『4Stars』開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ