城田優が世界を代表するミュージカルスターと共演!『4Stars』開幕

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

【チケットぴあニュース】


城田優と、ブロードウェイ、ウェストエンドの第一線で活躍するスター3名で贈るミュージカル・コンサート『4Stars』が、6月15日に東京・青山劇場で開幕した。演出は『オペラ座の怪人』などを手がけたハロルド・プリンスの一番弟子でありブロードウェイでも数々の話題作を演出しているダニエル・カトナー、音楽監督は日本でも上演された『ラスト・ファイヴ・イヤーズ』などを作ったジェイソン・ロバート・ブラウンという一流のクリエイターが務める。まさに世界にも類を見ない"プレミアム・ショー"だ。4stars03061501.JPGステージは、ロジャース&ハマースタインやソンドハイムなど、名作曲家の作品をまとめたコーナーや、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』など名作をフィーチャーしたコーナーなどから構成。これぞというミュージカルのビッグナンバーから、ミュージカルファンも唸るツウな選曲で多彩に魅せていく。中でも、ディズニー映画『アラジン』のジャスミン姫、『ムーラン』のムーランの歌声を担当し、ディズニーランドから"ディズニー・レジェンド"の称号を授けられたレア・サロンガ、そしてブロードウェイ・ミュージカル『リトルマーメイド』のアリエル役をオリジナルキャストで務めたシエラ・ボーゲス、ふたりの歌姫がそれぞれの持ち歌とも言うべきナンバーを歌うコーナーは、"ホンモノ"の歌声が劇場を包みこみ、圧巻のひと言。さらに、2011年に世界のミュージカル界の話題を集めた『オペラ座の怪人』25周年記念公演でファントムを務めたラミン・カリムルー、クリスティーヌ役を演じたシエラのコンビでの『オペラ座の怪人』コーナーも、ファン感涙の豪華共演。まさに世界の伝説となっている歌声が、日本のステージで聴ける贅沢なステージになっている。この世界トップクラスの3人に、城田も日本代表として負けじと食らいつき、彼がミュージカルスターとして一躍注目された出世作『エリザベート』のナンバーなどを堂々と披露。4人でのハーモニーも美しく響かせていた。4stars03061502.JPG
初日前の会見で、城田は「とにかく緊張のひと言。前日のリハーサルでもめちゃめちゃ緊張して、久々に泣きました。俺はこの人たちと同じ舞台に立つのかと思った瞬間にもう、怖くて」と心境を明かすも、「でもお三方からたくさんアドバイスをいただいたし、緊張してるといろんな言い方で僕を和ませてくれるんです。3人に付いていって、最高のショーを届けられたら」と腹をくくった様子。「この世界を代表する3人のスターと一緒に歌えることを心から幸せに思い、この幸せが皆さまにも届くように一生懸命歌っていきたい」と力強くアピールをしていた。

公演は6月23日(日)まで同劇場にて行われる。その後、6月27日(木)から30日(日)にかけて、大阪・梅田芸術劇場 メインホールでも上演。チケットはともに発売中。




以上、ニュースサイトでも配信した記事ですが、げきぴあでは会見の模様をもう少し詳しくお届けします!

「とにかく緊張のひと言!」城田優さん。
「昨日のリハーサルでもめちゃめちゃ緊張していて、こんなに緊張したことないってくらい怖くて。久しぶりに泣きました...。皆さんの歌を聴いて、俺はこの人たちと同じ舞台に立つのかと思った瞬間にもう、怖くなっちゃいまして...」と開口一番、心境を吐露します。
でも「とにかくこのお三方からアドバイスや色んな力をいただいて、付いていっているという感覚ですが、できることをただステージでやるだけです。緊張してる自分を皆さんが色んな言い方で和ませてくれて、昨日よりはだいぶ落ち着いていますので、ずっと終わるまで落ち着いて最高のショーを届けられたら」と意気込みを話していました。
4stars03061504.JPG

一方で
「リハーサルがかなり上手くいったので、すごく自信はあるんですが、(リハーサルと異なり)お客さまの前で本番の舞台を行うので少し緊張はしています。もちろんベストは尽くすしとてもいい公演になるんゃないかと思います」レア・サロンガ
4stars03061505.JPG

「歌うのはすごく有名な曲ばかりですし、私たちも世界中でこれらの作品に出演してきていますので、この日本でお客さまにどう伝わるのかが楽しみですし、ワクワクしています」シエラ・ボーゲス
4stars03061506.JPG

「この共演者といっしょにできて嬉しいし、楽しんでいます」ラミン・カリムルー
4stars03061507.JPG
...と、日本で"アウェイ"のはずの3名は自信のコメント!


そんな3名は、城田さんの印象を
「とっても尊敬しています。ほとんど英語で歌っていますし、わたしたち3人にもすごく優しいし、とても元気な声でいつも盛り上げてくれるし、愛のオーラをいつも発しているような人間なので、大好きだし尊敬しています」(シエラ)

「プロとしてしっかりしているし、頑張りやさん。NYでリハーサルが始まったとき、みんな楽譜をよみながら歌ったんですが城田さんが一番暗譜が早かった。NYに来た時にはもう覚えていたんじゃないかというくらい早かった。それにどんなことでもチャレンジするし、すごく謙虚に自分のわからないところは人に訊く、でも自信のあるところは自信もって責任をもってやる。ともすれば相容れない感情をあわせもっている素晴らしい人です。あとはすごく面白い方で、4人で食事もしましたが、素晴らしい英語で向こうのジョークのセンスもわかりつつ自分もジョークをとばしていました。すごく面白い人なので大好きです」(レア)

「ふたりが言ってしまって、他に言うことがない(笑)。ふたりの言ったことに賛成するし、彼の友だちであることが光栄です」(ラミン)

と語っていました。
この質問、会見中一番盛り上がった部分でもあります!
すっかり仲良しの4人です。
4stars03061503.JPG

なお、2幕中盤にピアノの周りで4人が歌うシーンがあります。
そこは城田さん曰く「それぞれのアイデンティティを代表して歌うコーナーで、僕はスペイン語で、(フィリピン出身の)レアがフィリピン語で、(オペラのソプラノ歌手でもある)シエラはイタリア語で、ラミンは日本語と英語で歌うところがあるのですが、そこは音楽は世界共通だということが伝わるしそれぞれの個性がすごく出ているところなので楽しんでいただきたいです」と言うシーンなのですが、
そのシーンのナンバーチョイスについても説明も。

『ISABEL』というナンバーを歌う城田さんは「イサベルというのは、自分のおばあちゃんの名前でもあるんです。スペイン語で歌を歌おうとなった時にこの曲がふわっと頭に浮かんで。母も観に来ることですし、歌詞の内容も母やおばあちゃんの話がリンクするところもあって、切ない曲なのですが歌いたいなと思って選びました」

レアさんは『IKAW』という曲をセレクト。これは「"あなた"という意味で、基本的にラブソングなんですが、私にとって思い入れの強い曲でもあります。私の母の親戚が心臓発作でしゃべれなくなってしまったんですが、発作が起きる前、この曲が流れるたびに、この曲は私の曲なんだよと彼女が言っていたんです。彼女が作曲家に委託して書いてもらった曲なんだそうなんですね。だからこの曲を歌うたびにおばが私の曲なんだよと言っていたことを思い出すし、彼女のかわりに私が歌ってあげるという強い思いがある、とても大事な曲なんです」とその理由を話していました。

シエラさんはオペラの『ラ・ボエーム』よりミミのアリア『Quando me n'vo soletta per la via』を。「『ラ・ボエーム』が一番お気に入りのオペラで、私が学校で最初にやったアリアでもあるので、この曲が大好きなんです」

ラミンさんは『REMINDER』という曲を日本語と英語で、ギターの弾き語りで聴かせます。「ダニエルがギターを使って1曲歌って欲しいということだったので、僕がリストを送り、彼がピックした曲がこれだった。中にはバンジョーを使ってやる曲があったのでギター曲でよかった(笑)」とチャーミングな笑顔で話していました。

会見中、にっこり顔を見合わせるラミン&シエラ。
息ぴったりな感じ!
4stars03061508.JPG
ラミン&シエラは『オペラ座の怪人』25周年記念コンサートinロンドンのDVD発売のプロモーションで、ふたり揃って来日したこともありました


舞台写真ももう少しお届けしましょう。
4stars03061510.JPG
4stars03061511.JPG4stars03061512.JPG4stars03061513.JPG4stars03061514.JPG

ディズニー映画『アラジン』のジャスミン姫、『ムーラン』のムーランの歌声を担当し、ディズニーランドから"ディズニー・レジェンド"の称号を授けられたレアさん。
ホンモノの、あのアニメ映画で聴いた『ア・ホール・ニュー・ワールド』ですよ!!!
この声が日本で聴ける奇跡!
レアさんはウェストエンドの『ミス・サイゴン』伝説の初代キムでもあります。
そんなキムのナンバーももちろんあります!
4stars03061515.JPG

そしてシエラさんは、今年日本でも開幕し話題となったブロードウェイ・ミュージカル『リトルマーメイド』のアリエル役をオリジナルキャストで務めています!
なんかもう、水の泡がたゆたっているのが見える気がする...。
4stars03061516.JPG

『オペラ座の怪人』コーナーは、様々なバージョンからこの愛の物語を紡ぎます。
こんなかんじで、作品名と曲名が映し出されるので、観る者にやさしいです。
4stars03061517.JPG
そして上記でも書きましたが、世界中のミュージカルファンの注目を集め、2011年ミュージカル界最大のお祭りになった『オペラ座の怪人』25周年記念コンサートinロンドンでファントムを務めたラミンのファントム!
4stars03061518.JPG
シエラのクリスティーヌ!!
4stars03061519.JPG
鳥肌モノです...。

城田さんのラウルも素敵でした...♪
4stars03061520.JPG
4stars03061521.JPG
男性ふたりの粋なナンバーも。
4stars03061522.JPG

舞台上でニヤリとアイコンタクトをとるラミン&城田さん。
4stars03061523.JPG

4人のハーモニーもバッチリです!
4stars03061524.JPG

この奇跡のコンサート、ミュージカルファンなら、いやミュージカルファンじゃなくても、見逃したら後悔しますよ!
チケットは残りわずか。お気をつけください!!

取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7095

前の記事「ブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」日本公演の主演決定!」へ

次の記事「プリンスはなぜシベリアで命を落としたのか。劇団四季ミュージカル『異国の丘』開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ