「アメリカン・イディオット」出演者インタビュー Vol.3

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


いよいよ初来日公演の幕が上がるブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」の全米ツアーキャストにインタビュー第3弾!

今回はタニー役を務めるThomas Hettrick
未来を夢見て故郷を飛び出すも、都会に、そして現実にも幻滅。
力と愛国主義に惹かれて軍隊に入隊するという役です。

この透き通った目は何を見つめているのでしょう・・・。

img_interview_vol5_1.jpg

★ウィル役のインタビューはこちらから
☆ヘザー役のインタビューはこちらから

---------------------------------------------------------------------
<ミュージカル化について>

最初ミュージカル化の話を聞いたときは、不安に思ったんだ。
ミュージカルにすることによって、アルバムの良さを壊してしまうのではないかと思った。

でもいざ参加してみたら、振り付けはとても激しく活気に満ちていて、トム・キットの編曲は最高だった。

ここの作品はまさにロックアルバムとミュージカル舞台の完璧な融合だといえるね!
クリエイティブチームが、ミュージカルとロックの間にある矛盾を、見事に纏めるという、驚くべき仕事をしてくれた。

パンクロックファンも演劇・ミュージカルファンもこの作品を心から楽しめるし、新しい発見もあるんじゃないかな。


IDIOT 13.jpg

<演じていて難しい部分は・・・>

演じることの難しさの一つに、「自分自身の身をいかに投じることができるか」が挙げられると思う。
そしてこの作品からは、それが大きく求められているんだ。

それぞれの曲に対して、自分自身の経験からくる思いをのせなければ、それは間違った叫びになってしまう。

でも思いを正直に込められることは、幸せなことだと感じているよ。

---------------------------------------------------------------------

さぁ、いよいよ、日本公演開幕まであと1日。
彼らのたくさんのメッセージを感じてください!


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7205

前の記事「『続!! 押忍!!ふんどし部!』舞台キャスト★生トーク!をUstream生配信!」へ

次の記事「ミュージカル『ウィキッド』、4年ぶりの東京公演が開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉