【うつろのまこと(1)】徳兵衛役・戸谷公人ビジュアル撮影レポート&インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


■『うつろのまこと』特別連載 vol.1■


劇団InnocentSphereを率い、様々な社会問題をエッジのある切り口で舞台作品として贈りだしている西森英行

同時に、歌舞伎をはじめとする古典作品にも造詣が深く、これまでにも歌舞伎三大名作のひとつ『義経千本桜』を "義経は実は女だった" という切り口でアレンジした『新版 義経千本桜』、同じく歌舞伎の名作を力強い壮大な歴史絵巻として描く『新版 国性爺合戦』など古典に材をとった作品の数々も好評を博しています。

その西森さんが日本を代表する浄瑠璃・歌舞伎作者、近松門左衛門に挑むのが今作『うつろのまこと―近松浄瑠璃久遠道行』
uturo_full.jpg
様々な名作を生み出していく近松自身の物語を縦軸に、
彼が生み出した『出世景清』『曽根崎心中』『心中天網島』の物語を横軸として絡め、
近松がどういう状況で、どういう思いでこれらの作品を生み出していったのか、
手を組んだ竹本座の座頭・竹本義太夫とはどんな関係性の中で、当時の時流をどう掴み、駆け上っていったのか......。

後の世まで語り継がれる作品を生み出していった近松と義太夫の真実を描き出す、渾身の一作になりそうです。

劇中、ピックアップされる近松作品は『出世景清』『曽根崎心中』『心中天網島』の3作。
近松33歳、義太夫35歳という、ふたりが出会い最初に作り上げた『出世景清』を巡る【出世之章】
一世を風靡したものの、その後人気に少しかげりが出てきた近松51歳、義太夫53歳の頃、葛藤の中で傑作『曽根崎心中』を生み出した時代を描く【名残之章】
そして義太夫の死後、近松68歳で次世代の竹本座に書いた『心中天網島』を巡る【生瓢之章】
の3章から成る構造。

そして出演する俳優は、近松の〈現実世界〉を演じるもの、
近松の書いた〈劇中世界〉を演じるものに分かれ、
多重構造の物語を浮かび上がらせていきます。

この『うつろのまこと―近松浄瑠璃久遠道行』、げきぴあでは特別連載としてご紹介していく予定ですが、まずは4月某日に行われた、ビジュアル撮影現場に潜入!

【名残之章】に出演、劇中作『曽根崎心中』の主人公・徳兵衛を演じる戸谷公人さんの撮影現場を取材してきました。utsuro01_04_4032.JPG
 

◆ 戸谷公人ビジュアル撮影レポート&インタビュー ◆

撮影現場は、こんな雰囲気。utsuro01_00_4004.JPG

まず驚くのは、この扮装です。

江戸時代を描く作品ですが、和服でもなければ、和を感じさせるものでもありません。
普通に現代のスタイリッシュな洋服です。
ううむ、一体どんな舞台になるのでしょう!?utsuro01_01_3986.JPG

そして青い!
こちら、劇中作チームが青と赤、近松の現実世界チームが白と黒、となっているようですので、文字で読むとちょっと複雑に思える構造ですが、ビジュアルが一緒になると把握しやすくなると思います。
視線を外す表情も、キマりますね~。utsuro01_02_3991.JPG

立ちポーズから、座ったポーズへ。
戸谷さん、座るとさらに脚の長さが強調されるようで、見ているスタッフから「フィギュアみたい...」という声も上がっていました。utsuro01_03_4020.JPGutsuro01_05_4036.JPG

撮影後、戸谷さんに意気込みをうかがいました。

「なぜ青なのか気になりますね(笑)。そもそも洋装だということが驚きで、この先どうなっていくのかまったくわからないのですが、楽しみになりました。
今回、近松門左衛門の作った『曽根崎心中』の劇中人物・徳兵衛を演じます。僕はデビュー作が時代劇(映画『椿三十郎』、2007年)だったので、時代劇というものが自分にとって大事なものなんです。ですので今回も時代作品ということで、気が引き締まります。
演じるのは "心中もの" で悲恋ですので、「楽しく頑張ります」とは言えませんが(笑)、一生懸命やりたいと思います」utsuro01_11_4044.JPG

 
取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


 
【公演情報】
・6月3日(日)~10日(日) 博品館劇場(東京)

※この作品は【出世之章】【名残之章】【生瓢之章】の3章から成る。
公演回により
A:【出世之章】+【名残之章】
B:【出世之章】+【生瓢之章】
C:【出世之章】+【名残之章】+【生瓢之章】
の3パターンで上演。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9028

前の記事「KAAT×サンプル 「グッド・デス・バイブレーション考」松井周 インタビュー」へ

次の記事「【1789特集(5)】キャストの成長と成熟で輝きを増した再演版『1789 -バスティーユの恋人たち-』公演レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ