会見・イベントレポートの最近のブログ記事

チケット情報はこちら

まもなく開幕する劇団四季の新作ミュージカル『アラジン』
1992年公開の劇場版長編アニメーションをもとにディズニーが制作、昨年3月にブロードウェイで開幕したばかりの超話題作が、米国外では世界のどの国よりも早く日本で上演されます!

3月のチケット一般発売当日には、正午時点で総販売枚数20万9千枚を突破、これは劇団史上最高販売枚数とのこと。このことからも作品への期待の高さが伺いしれます。

そんな話題作の稽古場が去る4月28日、横浜・あざみ野の四季芸術センターで報道陣に公開されました。
aladdin15042801_01_7342.JPG
aladdin15042801_02_7590.JPG

稽古を進めているクリエイティブスタッフはこちらのおふたり。
演出補のスコット・テイラーさん(左)と、
ダンス・スーパーバイザーのマイケル・ミンドリンさん(右)。
aladdin15042801_05_7136.JPG

「最初に、怪我をしないように毎日これをやっています」というマイケルさんのお話で、まずダンスシーンの一部を音楽をかけずにやっていきます。
おお、アクロバティック!
aladdin15042801_10_7143.JPG

チケット情報はこちら

【チケットぴあニュース】
『レミゼ』のレジェンド、日本版に「最高!」


『レ・ミゼラブル』の世界初演で主人公ジャン・バルジャンを務めた"伝説の男"コルム・ウィルキンソンが日本で初のコンサートを開催する。現在このコンサートのために来日中の彼が4月16日、東京・帝国劇場でプレビュー公演中の日本版『レ・ミゼラブル』を観劇し、出演者たちと交流をした。
colm01_0037.JPG
映画版のヒットも記憶に新しい『レ・ミゼラブル』だが、日本でも28年のあいだ愛され続けており、2013年からは"新演出版"が好評を博している。この日もキャストたちの熱演が客席の涙を誘っていたが、コルムも「皆さん情感豊かで素晴らしかったです。最高でした。本当にこの場に呼んでくださって光栄に思います」と賞賛の言葉を贈っていた。

コルムのコンサートに出演するアール・カーペンター、スーザン・ギルモアもともに観劇。"世界一のジャベール"と称されるアールはロンドン・ブロードウェイ等でジャベールを演じ、スーザンもファンテーヌを演じていた経験がある。ふたりも「ファンタスティック!素晴らしいステージで、皆さんを観ることが出来て嬉しい体験でした」(アール)、「本当に皆さんが素晴らしくて、今日は涙が止まらなかった」(スーザン)と日本版を絶賛。その後笑顔でハグを交わすなど、出演者たちとなごやかに交流をしていた。

『Colm Wilkinson Broadway and Beyond Japan ~コルム・ウィルキンソン 日本スペシャルコンサート~』は4月18日(土)から22日(水)まで東京・東急シアターオーブ、4月25日(土)・26日(日)に大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。チケットは発売中。『レ・ミゼラブル』東京公演はプレビュー公演を経て、本日4月17日(金)に初日を迎え、6月1日(月)まで帝国劇場で上演。その後、愛知、福岡、大阪、富山、静岡でも上演される。


チケット情報はこちら

2013年4月に、劇団四季60周年の新作として開幕した、ミュージカル『リトルマーメイド』
ディズニーアニメの中でも特に人気の高い作品を舞台化、フライングなど演劇的技術を駆使し、海の中の世界をファンタジックに描くミュージカルです。

この作品が4月7日、上演2周年を迎えました!
当日時点での総公演回数は671回、通算入場者数は約76万人。
2年間でのチケット販売率は約99%(!!)と、開幕して2年たってもいまだその人気は衰えていません。

この日は本編終了後に、特別カーテンコールを実施。
キャスト全員で、劇中最後に登場するナンバー『フィナーレ』をもう一度合唱した後、キャストを代表して、トリトン役の芝清道さんが
「これからも、お客様一人一人の心に熱い感動をお届けできるよう全力で泳いでまいります」と感謝の気持ちを客席に伝えました。

Shiki_LM150408.jpg
(C)Disney 撮影:下坂敦俊



チケット情報はこちら

いよいよ世界初演の幕を開ける『デスノート THE MUSICAL』
初日前日、4月5日にはゲネプロが公開され、同時に浦井健治、柿澤勇人、小池徹平の囲み取材が行われました。
その囲み取材で発せられた、皆さんの意気込みをお届けします!
deathnote_kaimaku01_6135.JPG

主人公・夜神月(やがみらいと)役の浦井健治さん
「いま興奮状態です。世界初演、日本初演のオリジナル作品ということで、カンパニーが一致団結して、『デスノート』の世界に酔いしれて作っている状況です」と現在の心境を。
また「ワイルドホーンさんが1曲1曲、本当に『デスノート』を愛して作ってくださった。各キャラクターの歌があり、死神のリュークやレムまで歌うというのがミュージカルならでは。さらに日本という身近なフィールドを舞台にしているというのも、栗山さんの演出では効果的に扱われていて、様々な問題提起も感じることが多い。素敵な演劇的な部分もある作品になっているんじゃないかなと思います」とアピールポイントを語ります。
deathnote_kaimaku02_6154.JPG
deathnote_kaimaku21.jpg

同じく夜神月を演じる柿澤勇人さん
「世界初演とは思えないほどの順調ぶり。キャスト、スタッフ一同、一致団結して、明日の初日に向けて準備をしています。早くこの作品をお届けしたい。健ちゃん(浦井)が言ってくれたとおりなのですが、原作の漫画の濃いキャラクター性で、アニメのような面白さももちろんありますが、今回のミュージカル化では現代日本を舞台にしているということで日本人が観たら誰でも、何かしら突き刺さるメッセージがたくさん含まれている。音楽もすごく魅力的なので、マンガを知らない方も、映画を見た方も、ファンの方もそうでない方も楽しめる作品になっていると思いますので、本当に自信を持ってやるだけです」と自信を見せます。
deathnote_kaimaku03_6238.JPG
deathnote_kaimaku22.JPG
そしてふたりのライトと対決する、探偵L(エル)小池徹平さん
「劇場に入って照明などが入ることで、すべてのスタッフさん、キャストがまとまって、みんなが「こんな感じなんだな」と自覚が出て、ここからいよいよスタート。みんなかなり気合いが入っています。本当に楽しんでいただける作品になっているんじゃないかなと思います」と話しました。
deathnote_kaimaku04_6252.JPGdeathnote_kaimaku23.JPG
Lは原作でも人気の高いキャラクターですが、小池さん、なかなかのビジュアル再現率!
そして会見は裸足で登場です。
「ラフすぎて申し訳ないな、この場には似合わないなと思いますが、Lは見た目を気にするよりも頭脳を使って追い詰めることにすべてをかけてる人だと思いますし...衣裳の着心地はいいです」とのこと。
さらにメイクについても「クマとか(原作を)意識はしてやってるようにしています。(メイクですか?と聞かれ)稽古のしすぎ(でクマが出来ている)とかじゃないです(笑)、僕自身は健康です!」と笑っていました。
deathnote_kaimaku13_6171.JPG


宝塚歌劇星組「ミュージカル・プレイ『黒豹の如く』/ダイナミック・ドリーム『Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』」東京公演が3月27日、東京宝塚劇場で開幕しました。

この公演は、2009年より星組トップスターとして組を牽引し、絶大な人気を誇った柚希礼音のサヨナラ公演
柚希とコンビを組んでいたトップ娘役・夢咲ねねも同時退団
様々な名作を贈り出した人気トップコンビの宝塚での最後の公演ということで、大きな注目を集めています。

初日に先駆け同日、柚希、夢咲が取材に応じました。
その会見の様子をレポートします。
hoshi_kurohyo00_4997.JPG

==ミュージカル・プレイ『黒豹の如く』==
hoshi_kurohyo11_3783.JPGhoshi_kurohyo12_3871.JPGhoshi_kurohyo13_3867.JPGhoshi_kurohyo14_3943.JPGhoshi_kurohyo15_3614.JPG
==ダイナミック・ドリーム『Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』==
hoshi_kurohyo21_4143.JPGhoshi_kurohyo22_4272.JPGhoshi_kurohyo23_4715.JPGhoshi_kurohyo24_4843.JPGhoshi_kurohyo25_4912.JPG


柚希礼音&夢咲ねね 囲み取材

「こうして取材していただくのも最後だと思うと...。(報道陣からそんなことないと言われ)そうでもない(笑)? あの、幸せです。最後までよろしくお願いいたします」柚希さん。
hoshi_kurohyo31_4942.JPG


夢咲さんも
「私も最後の公演なので、精一杯自分の力を出し切って燃え尽きたいと思いますので、最後までよろしくお願いいたします」とご挨拶。
hoshi_kurohyo32_4947.JPG

チケット情報はこちら

井上芳雄が主演する舞台『正しい教室』が3月21日にZeppブルーシアター六本木で開幕した。ミュージカル界のプリンスが、気鋭の演出家・蓬莱竜太とともにガッツリと骨太なストレートプレイに挑む注目作。前日の20日には井上、共演する鈴木砂羽、近藤正臣が意気込みと見どころを語った。
tadakyo01_2748.JPGtadakyo02_2694.JPG
井上が蓬莱の書いたストレートプレイをやりたい、とラブコールを送ったことから実現した今回の作品。とある地方の小さな町、小学校の6年2組の教室に、かつて一緒に学んだ同級生たちがやってくる。現在はその学校で教師をやっている元クラス委員長の男の企画で、事故で息子を亡くしたかつてのマドンナを元気付けようと同窓会が開かれるのだ。思い出話に花を咲かせる同窓生たちだが、そこに厳しい指導で生徒たちに嫌われていた当時の担任教師がやってきて空気は一変。険悪なムードの中、思いもよらない過去の出来事が次々と暴かれていく...。

会見では井上が「僕は本当にやりたいと熱望して、今回の舞台をやらせてもらった。出来上がった台本もとても面白いと思いましたし、何度も何度も繰り返す百本ノックのような蓬莱さんの稽古も楽しかった」と振り返ると、嫌われ者のかつての教師を演じる近藤は「俺は苦しかったよ...」とポツリ。「もっと嫌われて、もっと嫌われてと繰り返されて...。物語のためだからいいんだけど、やっぱり精神的にキツかった!」と言う近藤に、マドンナ役の鈴木も「私の役もかなり傷が深い役。舞台上に居ながらずっと黙っているという、あまりこういう役をやらないので、家でも悶々としていました」と明かす。負けじと元委員長役の井上も「僕もどんどん状況が悪くなるという役なので、追い詰められていきました。この稽古に入ってからずっと胃の調子が悪かった(笑)。この役のような大ピンチになることはそうそうない!」と苦労をアピール。

とはいえ「やっている方は大変ですが、観る方は「ちょっと笑えるミステリかな」くらいの気持ちで気楽に、でも注意深く観てください」と近藤が楽しみ方を伝授。井上も「僕らと一緒に同窓会に参加するくらいの気持ちで観に来てください。思いもよらない体験が待っていると思います」、鈴木も「同窓会というテーマは皆さんにも近しい話題だと思います。その題材が蓬莱さんの手で迫力のある会話劇になりましたので、とても見応えのある舞台です」とそれぞれ見どころを語った。どんでん返しの連続から、各々が隠していた裏の顔が見えてくるスリリングな物語。一筋縄ではいかない物語を楽しんで欲しい。

六本木公演を経て、3月24日(火)には愛知・名鉄ホール、3月26日(木)には福岡国際会議場 メインホール、3月28日(土)には大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。その後ふたたび東京に戻り4月2日(木)から19日(日)にPARCO劇場で上演される。チケットはいずれも発売中。
tadakyo11_2818.JPGtadakyo12_2766.JPG



げきぴあでは、初日前日に行われた囲み取材の様子も詳しくお伝えいたします。

tadakyo51_2884.JPG

チケット情報はこちら

世界が注目する人気漫画『デスノート』をミュージカル化する『デスノート THE MUSICAL』、開幕も3週間後に近づいて来ました!
どんな作品になるのかと開幕を楽しみにしている方も多いと思いますが...
去る3月16日、都内にてその作品世界の一端を垣間見る<楽曲披露イベント>が開催されました。
deathnote_keikoba2_50_1184.JPG

★ひと足先に配信したニュース記事はコチラ

このミュージカル、音楽を担当するのはブロードウェイの第一線で活躍する作曲家、フランク・ワイルドホーン
ワイルドホーン作品は日本でも人気が高く、『ジキル&ハイド』をはじめ『ルドルフ ザ・ラスト・キス』『スカーレット ピンパーネル』『シラノ』『MITSUKO』『ボニー&クライド』等々、数多くの作品が上演されています。
『デスノート THE MUSICAL』もまた、ワイルドホーンらしい、キャッチーな音楽になっていそうです。
その楽曲を歌うキャストも、主人公の夜神月に浦井健治柿澤勇人(Wキャスト)、L役に小池徹平死神リューク役に吉田鋼太郎死神レムに濱田めぐみ...と、最強の布陣が結集!

さて、この日は劇中ナンバー5曲が披露されました。


♪『できるものなら』~『デスノート』
作品冒頭で、高校生の夜神月がデスノートを拾います。
名前を書くとその人物が死ぬと記されたノートに、半信半疑で犯罪者の名前を書き込むライトですが、実際にその力を目の当たりにし、このノートで悪を裁こうと決意していきます。

浦井ライト、ノートを拾いました。
deathnote_keikoba2_10_0966.JPG
ノートの力に慄きながらも、このノートで正しい世界が作れる、それは自分にしかできないと決意を固めていくさまを、繊細かつ力強く歌い上げます。
deathnote_keikoba2_12_0991.JPGdeathnote_keikoba2_13_1010.JPG

同じく『デスノート』を、今度は柿澤ライトで。
柿澤さん扮するライトは、まだこのシーンでは怖れが強く出ているようで、そんな違いにもWキャストの楽しみが感じ取れます。
deathnote_keikoba2_14_1032.JPG

チケット情報はこちら

ついに開幕した『十二夜』
とってもロマンチックで楽しくて、素敵な舞台になっていますよ~!

この公演を追っているげきぴあは、開幕早々の3月9日に行われたアフタートークショーの取材をしてきました。

この回の出席者は演出家ジョン・ケアードさん、音月桂さん、橋本さとしさん、の予定でしたが
公式HPには「※飛び入りでその他の出演者も参加するかも!?」との記載があり...。

実際は、ジョンさんの呼び込みで...
TwelfthNight08_10_0539.JPG
こんな大勢がアフタートーク参戦です!
TwelfthNight08_11_0638.JPG

そしてジョンさんの「どなたかこの中に質問がある方、いらっしゃいますか?」という問いかけで、お客さまからの質疑応答大会に!
観劇し終えたばかりのお客さまからも積極的に手が上がっていきます。


まずは、本作で双子の兄妹、セバスチャンとヴァイオラのふた役を演じている音月さんに「役作りで大変だったことは?」という質問から。

音月さん、「今回は言葉を大切に、とにかくシェイクスピアの流れる詞のような、歌のような言葉をちゃんとお届けしようと最初に言ってもらっていました。私はこれまで役を創る上で感情を先にする演技法をやっていたので、今回は言葉を大切に、丁寧にする。今までとは逆の方法で役作りをするという初めての挑戦だったので、そこは壁にぶつかりましたし、自分の中での葛藤がありました」と苦労した点を語ります。
TwelfthNight08_00_0572.JPG

チケット情報はこちら

3月11日、宝塚月組公演『1789 -バスティーユの恋人たち-』制作発表が都内にて行われました。
2012年にフランスで初演、大好評となった作品の日本初演に、月組が挑みます。
tsuki1789_01_0920.JPGtsuki1789_00_0702.JPG

『ロミオとジュリエット』の大ヒットから、<フランス産ミュージカル>の上演の機会が日本でも増え、宝塚でも『太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~』、宝塚以外でも『ロックオペラ モーツァルト』、また『ノートルダム・ド・パリ』の来日公演等、次々と上演されています。

『1789 -バスティーユの恋人たち-』は、『ロックオペラ モーツァルト』『太陽王』を生み出したDove AttiaさんとAlbert Cohenさんによる作品。
作品に作曲家クレジットがないのは、5・6人でチームを組んで、みんなで曲を作っているから(打ち込み系の作曲をする彼らは、1曲の中でもどんどんみんなで案を出し合って作っていく形態をとっているそうです/会見内、小池先生のコメントより)。

物語はフランス革命を舞台に、革命に翻弄される人間の生き様を描くもの。
宝塚でフランス革命といえば...かの『ベルサイユのばら』がありますが、同時代を舞台にした作品に挑む理由や意気込みも、会見ではたっぷりと語られました。

そんな、今アツい<フレンチ・ミュージカル>の新作を、日本で数々のヒットを飛ばしているミュージカル界の鬼才・小池修一郎が脚色・演出します。
新・人気レパートリー誕生になるか、大きな期待がかかります!

チケット情報はこちら

【チケットぴあニュース】
宝塚版『ルパン三世』、原作者も驚き
yuki_lupin3rd90_9228.JPG

宝塚歌劇雪組東京公演『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-』『ファンシー・ガイ!』が2月20日、東京宝塚劇場で開幕した。国民的人気マンガの舞台化であるとともに、雪組新トップコンビ早霧せいな、咲妃みゆのお披露目公演ということで大きな話題を集めている。

『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-』は、アニメ、映画、ゲームと様々なメディアで展開されている、日本国民なら誰もが知るモンキー・パンチによる傑作マンガが原作。時は現代のフランス。展覧会に出品されている"マリー・アントワネットの首飾り"をルパン一行が盗もうとした瞬間、革命前夜にタイムスリップ。そこで一行は王妃マリー・アントワネットに出会い...。ルパン、不二子、五エ門、次元、銭形警部といったおなじみの面々が起こす大騒動に、宝塚の代名詞『ベルサイユのばら』を彷彿とさせる世界が見事に融合、コミカルかつロマンチックな、宝塚らしいルパンの物語が誕生した。ルパンに扮する早霧せいなは軽妙な語り口にくるくると変わる表情で、原作やアニメのイメージを損なわないキャラクター作りで客席を大いにわかせる。ルパン・ファミリーに扮するスターたちのなりきりっぷりも楽しい。それでいて宝塚らしいスタイリッシュさ、品の良さは残し、宝塚歌劇の懐の深さをも改めて感じさせる意欲作だ。

初日の舞台は原作者のモンキー・パンチ、「ルパン三世のテーマ」などを手がけた作曲家・大野雄二も観劇、初日後に早霧、咲妃らとともに会見を開いた。ふたりとも「びっくりした」と口を揃えつつ、「僕が描いた漫画とはまったく違う世界を見せていただいた。これからの作品の中でもヒントとして活かせる部分がずいぶんある」(モンキー)、「宝塚の独特のやり方と『ルパン三世』がすごくいい具合にミックスされていて、とても楽しく観ました。音楽のアレンジも「お、やるな」という感じでした(笑)」(大野)と絶賛。また誰もが知るキャラクターに扮した早霧は「やはり山田(康雄)さんの声がとても印象深い。あの声を、モノマネをするわけではなく自分色に染めて、宝塚の舞台に出来ないかなということは意識しました」とキャラクター作りについて話し、「ルパン三世ファン、そして宝塚ファン、どちらのお客さまにも楽しんでいただける公演になれば」と意気込みを語った。

公演はエネルギッシュなショー『ファンシー・ガイ!』と同時上演。東京公演は3月22日(日)まで。

==『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-』==
yuki_lupin3rd01_8457.JPGyuki_lupin3rd02_8123.JPGyuki_lupin3rd03_8220.JPGyuki_lupin3rd04_8259.JPGyuki_lupin3rd05_8363.JPG



げきぴあでは、初日公演後に行われた囲み取材の模様を詳しくお伝えいたします。
登壇者は、早霧せいな、咲妃みゆ、モンキー・パンチ(原作者)、大野雄二(作曲家)、小柳奈穂子(演出)

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉