『デスノート THE MUSICAL』開幕直前囲み取材レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

いよいよ世界初演の幕を開ける『デスノート THE MUSICAL』
初日前日、4月5日にはゲネプロが公開され、同時に浦井健治、柿澤勇人、小池徹平の囲み取材が行われました。
その囲み取材で発せられた、皆さんの意気込みをお届けします!
deathnote_kaimaku01_6135.JPG

主人公・夜神月(やがみらいと)役の浦井健治さん
「いま興奮状態です。世界初演、日本初演のオリジナル作品ということで、カンパニーが一致団結して、『デスノート』の世界に酔いしれて作っている状況です」と現在の心境を。
また「ワイルドホーンさんが1曲1曲、本当に『デスノート』を愛して作ってくださった。各キャラクターの歌があり、死神のリュークやレムまで歌うというのがミュージカルならでは。さらに日本という身近なフィールドを舞台にしているというのも、栗山さんの演出では効果的に扱われていて、様々な問題提起も感じることが多い。素敵な演劇的な部分もある作品になっているんじゃないかなと思います」とアピールポイントを語ります。
deathnote_kaimaku02_6154.JPG
deathnote_kaimaku21.jpg

同じく夜神月を演じる柿澤勇人さん
「世界初演とは思えないほどの順調ぶり。キャスト、スタッフ一同、一致団結して、明日の初日に向けて準備をしています。早くこの作品をお届けしたい。健ちゃん(浦井)が言ってくれたとおりなのですが、原作の漫画の濃いキャラクター性で、アニメのような面白さももちろんありますが、今回のミュージカル化では現代日本を舞台にしているということで日本人が観たら誰でも、何かしら突き刺さるメッセージがたくさん含まれている。音楽もすごく魅力的なので、マンガを知らない方も、映画を見た方も、ファンの方もそうでない方も楽しめる作品になっていると思いますので、本当に自信を持ってやるだけです」と自信を見せます。
deathnote_kaimaku03_6238.JPG
deathnote_kaimaku22.JPG
そしてふたりのライトと対決する、探偵L(エル)小池徹平さん
「劇場に入って照明などが入ることで、すべてのスタッフさん、キャストがまとまって、みんなが「こんな感じなんだな」と自覚が出て、ここからいよいよスタート。みんなかなり気合いが入っています。本当に楽しんでいただける作品になっているんじゃないかなと思います」と話しました。
deathnote_kaimaku04_6252.JPGdeathnote_kaimaku23.JPG
Lは原作でも人気の高いキャラクターですが、小池さん、なかなかのビジュアル再現率!
そして会見は裸足で登場です。
「ラフすぎて申し訳ないな、この場には似合わないなと思いますが、Lは見た目を気にするよりも頭脳を使って追い詰めることにすべてをかけてる人だと思いますし...衣裳の着心地はいいです」とのこと。
さらにメイクについても「クマとか(原作を)意識はしてやってるようにしています。(メイクですか?と聞かれ)稽古のしすぎ(でクマが出来ている)とかじゃないです(笑)、僕自身は健康です!」と笑っていました。
deathnote_kaimaku13_6171.JPG


演出を手掛けるのは、栗山民也さん。
栗山演出については、初めてその演出を受ける小池さんは
「厳しいとはまったく感じなかった。はっきりビジョンが見えている方なので、僕らも迷いなく演じられるし、すごくひっぱってくれる。個々の役作りの面ですごく助かりますし、物語の世界に入りやすくしてくださっていたので、非常に僕も助けられたなという印象です」と話します。

また浦井さんは
「柿澤くんと僕が"Wライト"としていますが、栗山さんは「それぞれのライトを作ってくれ」という話をされています。原作のイメージももちろん大事だと思いますが、それよりも今その場で起きていることにひとりの人間として反応し、肌でヒリヒリと感じられるような役作りを...という栗山さんの演出で、ぜんぜん違うライトが出来上がっています。それに対する徹平君のLもまったく違う動きをしたりとお芝居が変わってきています」と話し、原作の再現というよりは物語のリアリティを大事にしているようですが、とはいえなかなかのビジュアル再現率でもあり、
「舞台上でLと対峙するときは、目の前にあのまんまのLがいるというのは、原作ファンとして嬉しかったりしますね」とも。
deathnote_kaimaku05_3shot_6240.JPG


そんな、"Wライト"にひとりで対峙する小池さんは「どちらのライトがやりやすい、とかはあるのか」と問われ、「それは初日前に言っちゃいけないことです(笑)」との返答で...

小池「この(会見の)空気では、どっちか選べないでしょ(笑)。あとでこそっと楽屋で伝えにいきたいと思います」
浦井「あるんだ!」
小池「いやいや(笑)。でもふたりの違いはやっぱりある。もちろん同じ台本で同じ芝居ですが、微妙な間や表情がふたりは違いますので、対決する相手としては毎回飽きないし、「ここはどう来るんだろう」という楽しみが2倍あるなと。大変は大変なのですが、ありがたい方が強いですね」

...とのこと。続けて「Wキャストのふたりはお互いを意識するか」という問いには

「(Wキャストのもうひとりが)柿澤君でよかったなというのはある。仲がいいというのもありますが、個性がまったく違いますし、徹平君は2回稽古をしなければならないけど、我々は1回俯瞰して舞台をお客さまの目線で観れるので、カッキーはそういう風に来るんだ、面白いなあと思いながら見てます」浦井さん。

そして柿澤さんは「徹平とは2年前の年末、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』で共演して、その時は親友役だった。本当に仲良くさせていただいているので、だいたいこいつのことはわかっています。なんならウェンツ(瑛士)よりも(笑)。今回は適役として心理戦を繰り広げるので、その時とは180度変わっていますが、Wキャストの健ちゃんが大先輩なのでいろいろい教えてくれて、楽しくやっています」とのことでした。
deathnote_kaimaku06_6244.JPG


またこの作品、『ジキル&ハイド』など数々のヒット作を手掛けている、フランク・ワイルドホーンが音楽を担当していることも話題。
その音楽については、皆さん次のように話しました。

浦井「ワイルドホーンさんの楽曲って、最後にロングトーンで伸ばすとか、そういパッションが必要だったりします。聴いていると心地がいいのですが、歌い手は体力が必要というイメージどおりで、歌うのはとてもハードなのですが、歌いこなせることが出来れば、役の持っているメッセージがダイレクトに心に響くようなものになる。
そして1曲1曲がシングルカットできるくらいの粒揃いの音楽になっていますし、ワイルドホーンさんの現代的なところが、今の日本の社会を照らしているような面もあると思います」

小池「素晴らしい楽曲ばかり。ただ歌うのは本当に難しいです。音程も上下したり急に伸ばしたり、さらに僕は(ライトに比べ)2回分なのでノドのケアも大変なのですが、歌っていても感情が乗った時、自分と歌が繋がった時、「これはデスノートという作品で歌っている歌だ」というような概念を全部帳消しにするくらい、曲のパワーがある。楽曲も含めて、観に来られる方は全部楽しめる舞台です」

柿澤「めちゃくちゃカッコイイですね! ワイルドホーンさんはロックシンガーのようにやってくれと仰っていましたが本当にそのとおり。若い方が聞いてもカッコイイと思うだろうし、乗れる曲が多い。ミュージカルというとクラシックのイメージがありますが、まったくそういうのがなく「あの曲かっこいい!」というのが多いと思います。もちろんキーも高いですし体力も使うので、パッションがないと歌えない、そこは役者泣かせのところはありますが、本当にこの音楽を歌えて幸せです」


また死神・リューク役で衝撃の(?)ミュージカルデビューとなった吉田鋼太郎さんについても質問は飛びます。
吉田さん、製作発表では愚痴モードでしたが...

浦井「リュークはずっとライトと一緒にいるんですが...」
柿澤「遊んでますね~」
浦井「遊んでますねー!」
小池「楽しそうですよね、生き生きしている」
柿澤「2ヵ月前に製作発表で集まったときに「ほんっとにやりたくねーんだよ、初日に俺がいるかどうかわかんねぇから」って仰ってましたが」
浦井「どんよりしてたね」
柿澤「昨日楽屋にお邪魔してお話してたら「やべぇ、チョー楽しい!」って言ってましたね(笑)」

と、楽しんでいらっしゃるようです!
deathnote_kaimaku24.JPG


最後に
「世界初演、日本初演ということで、映画版とも原作ともまた異なった魅力の『デスノート』に仕上がっていると思います。ぜひぜひ新しい感覚で『デスノート THE MUSICAL』を観にきてくれたら嬉しいです」浦井
「いよいよ明日からですが、本当に素晴らしいものに仕上がったなと思っています。キャスト、スタッフ一丸となって素晴らしいものをお伝えできるよう頑張りますので、ぜひ観に来てください」小池
「世界に発信していく、日本を代表する作品に値するクオリティになっていると思います。カンパニー一同自信を持って世界に届けたいなと思っています」柿澤
とそれぞれアピールして会見は終了。


日本から世界へ発信するミュージカル、既報のとおり早くも日本公演ののち、韓国での上演も決定していますが、そちらのキャストも発表になりました。
これからどんどん世界へ羽ばたいていく作品の第一歩をぜひその目で目撃してください。

取材・文・会見撮影:平野祥恵




【公演情報】
4/6(月)~29(水・祝) 日生劇場(東京)
5/15(金)~17(日) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)
5/23(土)~24(日) 愛知県芸術劇場 大ホール

【『デスノート THE MUSICAL』バックナンバー】


チケット情報はこちら

deathnote_kaimaku99_6143.JPG



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8037

前の記事「「4BLOCKS」開幕!主演4人と演出の河原さんのコメントが到着!!」へ

次の記事「新演出版 ミュージカル「タイタニック」、大盛況のうちに終幕!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉