会見・イベントレポートの最近のブログ記事

9月8日、都内にて宝塚歌劇月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲』制作発表会見が開催されました。
moon_GHkaiken_01_7240.JPGmoon_GHkaiken_02_7407.JPG
この公演は月組新トップ・珠城りょうさんのお披露目公演
新生月組が、2017年宝塚大劇場の幕開けを華やかに彩ります!

作品はミュージカル『グランドホテル』と、レヴューロマン『カルーセル輪舞曲』の2本立て。

『グランドホテル』は1928年のベルリンにある超一流ホテルを舞台に、そこに行き交う人々の人間模様を描く群像劇。
日本でも今年、トム・サザーランド演出版が上演され大きな話題になりましたが(当げきぴあでも連載でご紹介いたしました!)、宝塚で上演されるのは、1989年にブロードウェイで初演され、トニー賞5部門を受賞した、トミー・チューンによる演出・振付版
宝塚ではこのトミー・チューン版を1993年に上演、当時の月組トップスター、涼風真世さんの退団公演として大きな評判と、高い評価を得た作品です。
93年版はトップスターの涼風さんが重い病を患ったオットー・クリンゲラインを演じましたが、今回はトップスターの個性に合わせ、珠城さんがフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵を演じ、男爵とその恋の相手・グルーシンスカヤの愛にスポットが当てられます。

この日の会見にはトミー・チューンさんも登壇
びっくりするほどダンディです...!(自身、ダンサーでもあります)
moon_GHkaiken_36_7473.JPG


また、『カルーセル輪舞曲』は日本初のレヴュー『モン・パリ』誕生90周年を記念したレヴュー・ロマンです。
日本を出発しパリに着くまでを描いた『モン・パリ』に対して、今回はパリから出発して宝塚を目指す世界めぐり形式の作品になるとか...!

会見はまず、珠城りょうさん、愛希れいかさん、美弥るりかさんによりパフォーマンスから始まりました。


『カルーセル輪舞曲』より♪「我がパリ」、♪「カルーセル輪舞曲」
moon_GHkaiken_11_7122.JPGmoon_GHkaiken_12_7064.JPG

チケット情報はこちら

9月5日、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の製作発表会見が行われました。

2001年にパリで開幕、その後世界各国で上演されて500万人以上を動員している世界的ヒットミュージカルで、日本でも再演を重ねていますが、今回は振付・美術・衣裳が一新された"新バージョン"演出で登場するのが話題。
キャストもほぼ一新のフレッシュさです!

会見の模様はコチラに先に出しています→★チケットぴあニュース

げきぴあではまず、会見で披露されたミニライブの模様をご紹介
なおこの日の扮装は、演出の小池修一郎さん曰く「本番用の衣裳ではありませんが、私服でもありません。この日の会見のための衣裳」とのことです。貴重!


♪『世界の王』
劇中を代表する人気ナンバー!
本国フランスでは長らくシングルチャートの上位にランクインしていた大ヒット曲です。
ロミオ、ベンヴォーリオ、マーキューシオを中心としたモンタギュー家の若者たちが、この世は俺たちのものだとばかりに軽快にパワフルに歌います。
RJ2017_03_01_6316.JPG

ロミオ役:古川雄大
RJ2017_03_02_6292.JPG
ロミオ役:大野拓朗
RJ2017_03_03_6297.JPG
先日、古川さんの歌稽古は拝見したのですが(こちらで、ちょろっとレポートしてます→)大野ロミオはこのライブがお初だった担当。大野さん、しっかりとロミオの高いパートも骨太に歌いこなしてます。これは期待大!

チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.5■


8月20日に開催された「2016 神宮外苑花火大会」に、ミュージカル『ミス・サイゴン』カンパニーが出演!

ライブ中、ライブ前とレポートを続けてきましたこの花火大会密着取材記事。
最後はライブ終了後、晴れやかな笑顔のカンパニーの様子をお届けします!


エンジニア役:ダイアモンド☆ユカイさん
misssaigon2016_05_99_5909.JPG
その1・ライブレポート→
その2・ライブ前レポート→

ライブ終了! で、舞台から降りてくるキャストの皆さん。
ライブ、盛り上がりました!
misssaigon2016_05_03_5847.JPG
misssaigon2016_05_04_5850.JPG

チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.4■


8月20日に開催された「2016 神宮外苑花火大会」に、ミュージカル『ミス・サイゴン』カンパニーが出演!

前回の更新では、その本番のステージの模様をレポートしましたが、今回はライブ前のカンパニーの様子をお届けします!
misssaigon2016_04_61_5520.JPG

この日ももちろん、お稽古をしていたカンパニー。
稽古場からライブ参加者みんなでバスで移動です。
おそろいのサイゴン・Tシャツ!(ゴールドロゴ!)
misssaigon2016_04_03_5448.JPG

小一時間で、神宮球場に到着。
行ってくるぜ!とバスを降りる、クリス=小野田龍之介さん、ジョン=上原理生さん
misssaigon2016_04_04_5458.JPG

みんな一緒の控え室です!
misssaigon2016_04_05_5472.JPG

余裕をもって出番の数時間前に到着しましたので、
しばらくはそれぞれに準備したり、すでに始まっているほかのアーティストのライブを楽しんだり...。
misssaigon2016_04_10_5497.JPG

エンジニア!
ダイアモンド☆ユカイさんと、駒田一さん
misssaigon2016_04_11_5487.JPG

チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.3■


8月20日に開催された「2016 神宮外苑花火大会」に、ミュージカル『ミス・サイゴン』カンパニーが出演!

その道中から本番まで、密着取材してきました!
misssaigon2016_03_00_5525.JPGmisssaigon2016_03_01_5763.JPGmisssaigon2016_03_02_5839.JPG
この日は朝から雨模様、時折ゲリラ豪雨...という中でしたが、花火の打ち上げの時間、そして我らがサイゴンカンパニーのステージの間は雨がピタリとあがる奇跡!
サイゴンカンパニーには、晴れ男か晴れ女がいるに違いありません。

まずは、ステージの模様をお届け。


サイゴンカンパニーは、花火打ち上げ後のアフターライブに登場しました。

♪『火がついたサイゴン』
ユカイさんの「花火、楽しみましたかー?」からの、「Welcome to...Dream Land!」でスタート!
misssaigon2016_03_10_5693.JPGmisssaigon2016_03_15_5768.JPGmisssaigon2016_03_11_5717.JPGmisssaigon2016_03_12_5707.JPG

チケット情報はこちら


2016年9月23日(金)~10月2日(日)まで、天王洲 銀河劇場にて上演される、ブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』。

上演に先立ち、8月7日(日)に行われた製作発表の模様をお送りいたします!


げ①_GMF9789-3.jpg

天才演出・振付家ボブ・フォッシーの代表作

『スウィート・チャリティ』

ヒロイン"チャリティ"役は、 初舞台・初主演となる

元KARAの知英。


_GMF9850-3.jpg


『スウィート・チャリティ』 は、1966年にブロードウェイで上演され、

1968年にはシャーリー・マクレーン主演で映画化もされた大ヒットミュージカルです。

時代を超えてもなお愛され続ける本作の魅力は、王道のジャズからファンキーなナンバー、切ないバラードまでがたっぷり詰まった音楽と華やかなショーシーンとなります。


今回、この名作の振付・演出を担うのは、ミュージカル界を牽引する上島雪夫。

そしてヒロインの"チャリティ"役には、パワフルな歌とダンスを武器に舞台初挑戦・初主演となる元KARAの知英が務めます。

知英演じる"チャリティ"は、愛を求めては傷つき、それでも負けずに立ち上がるとてもチャーミングで誰もが愛さずにはいられない役柄。

また、今回の製作発表には、ビジュアル撮影を担当し、

知英の写真集も手掛けたレスリー・キーが知英の未公開写真10枚を特大パネルにして製作発表の会場を華やかに飾りました。


出演者の知英さん平方元基さん岡幸二郎さん
上演台本・演出・振付の上島雪夫さん、音楽監督の玉麻尚一さんが登場しそれぞれ意気込みを語りました。


_GMF9727-3.jpg
■知英
「ミュージカルは女優を始めた時からの夢だったので、こんなに早く実現できるとは思わなかったのでとても嬉しいです。
初めてミュージカルに挑戦するので不安ばかりでどうすればいいか分からない状態ですが、先輩方に教えて頂き頑張っていきたいと思います。
まだ歌稽古が始まったばかりで、今はセリフを覚えるのに頭がいっぱいですが、毎日歌を聴いたりスウィート・チャリティの映画を観てどういう風に自分が演じられるかイメージしています。」


_GMF9576-3.jpg

■岡幸二郎
「このお話をもらった時、実は別の役だと思っていたんです。
それがまさか真面目な会計士という役が回ってくるとは、こんな不真面目な恰好をした...、これはちなみに私服です。コンビニ行く時の私服です。(笑)。
知英さんのような素晴らしい方と共演させていただいて、今回知英さんは初舞台・初ミュージカルだそうなので、これで嫌いにならないように私達がうまい具合にサポートしながら楽しい舞台にしていきたいなと思っております。私達がしっかりすれば、良い舞台になるように頑張りたいと思います。」


_GMF9596-3.jpg

■平方元基
「決まった時に楽曲を聞かせていただいたら、とてもポップでどこか懐かしい様な、心揺さぶられる音楽なので今からとてもワクワクしています。
僕の役は、世界的に有名で超絶人気がある映画スターなのですが、今日は岡さん(の私服)に負けているので本番までには、華やかさで負けないように頑張っていかなきゃいけないなと思っております。
ぜひ成長のほどをお楽しみください。」


_GMF9621-3.jpg
■上島雪夫
「ずっと追いかけていたボブフォッシーの作品に関われることは幸せです。知英さんを歌って踊らせることが今から楽しみでしょうがない。
先日のセリフの稽古で、チャリティは一度舞台に出たらずっと舞台にいることに気がついて、『大変だけど絶対頑張る』と言った知英さんは、チャリティにとても合ってる。
岡さんをはじめとする周りの出演者は、日本のミュージカル界のトップレベルの歌い手とダンサーを集めたので、ブロードウェイに引けをとらない"スウィート・チャリティ"になると僕自身ワクワクしています。」



_GMF9539-3.jpg

玉麻尚一
「僕は30年ミュージカルばかりやっていまして、"スウィート・チャリティ"は初めてなんですが、この作品は若い世代から、懐かしいなと思う人にも見て頂ける作品だと思います。
特に60年台のミュージカルは一番変わろうとしていたころで、今のポップスにすごい近いものを取り入れようとしていて、その音楽をまた今の人たちに親近感のわく音楽にしたいなと思っております。
普段舞台を観ない方にも観ていただきたいミュージカルにしようと思います。」
---------------------------




0526メイン編集済み.jpg



【公演情報】
ブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』

公演期間:2016/9/23(金)~10/2(日)
会場:天王洲 銀河劇場

脚本:ニ-ル・サイモン
作曲:サイ・コールマン
作詞:ドロシー・フィールズ
原案・原作:ボブ・フォッシー
 
演出・振付:上島雪夫
音楽監督:玉麻尚一

<出演者>
知英、平方元基、坂元健児、黒須洋壬、原田薫、ジェニファー、岡幸二郎 他



チケット情報はこちら

■ミュージカル『王家の紋章』#18■


ついに開幕したミュージカル『王家の紋章』、続けて、初日8月5日の終演後に行われた「囲み取材」の模様をレポートします!
oumon2016_18_01_4858.JPG
oumon2016_18_11_4932.JPG
登壇したのは、主人公・メンフィス役の浦井健治さんと、ヒロイン・キャロルをWキャストで演じている宮澤佐江さん・新妻聖子さん

「感無量です。細川先生と芙~みん先生が白いハンカチで涙を拭われているのを見た瞬間にこちらもぐっときてしまって、大感動しました。お客さまに支えられて、スタッフ、オーケストラ、キャスト...全員が一丸となってやれたので、こんなに幸せな舞台はないなと思っています」浦井さん
oumon2016_18_03_4981.JPG


原作ファンを公言している新妻さんは、
「幸せですぅ~。私、本当に『王家の紋章』の大ファンで、マニアと言ってもいいくらい好きなので、その世界の中に入れていただいて、実際にキャロルとして生きるということがこんなにも幸せなんだなって思いました」
oumon2016_18_04_4944.JPG

宮澤さんは、この囲み取材の翌日(8月6日)が初日でしたので、まだ実際には初日の舞台は踏んでいない状態でしたが
「夢みたいです。帝国劇場に立てることも、この『王家の紋章』という作品でキャロルをやらせていただけることも夢みたいです。でも、その夢の時間は1ヵ月で終わってしまうので、本番中も、いっぱい成長できたらいいなと思っています」
と決意表明。
oumon2016_18_05_4880.JPG


■ミュージカル『王家の紋章』#17■


8月5日(金)、ミュージカル『王家の紋章』、ついに開幕しました!
oumon2016_17_01_4750.JPGoumon2016_17_02_4722.JPG
初日には特別カーテンコールが行われ、なんとその場で早くも、来年の再演が発表に...!
このミュージカルの勢いを感じる瞬間でした。

ひと足先に出したニュースはコチラ→

今回はその特別カーテンコールの詳細レポートをお届けします。


まず主人公・メンフィス役の浦井健治さん
「少女漫画の金字塔である『王家の紋章』。連載40周年、発行部数4000万部を誇るこの作品がこうして舞台化されることになり、今日初日を迎えました!」と報告するとともに、「これも関係者の皆さまや、(演出の)荻田さん、(作曲の)リーヴァイさんのおかげです」とお礼を。
oumon2016_17_10_4746.JPG

そして浦井さんの「代表してふたりに」という呼びかけでこちらのおふたりがご挨拶。

キャロル=新妻聖子さん
oumon2016_17_11_4708.JPG
「私は原作が大好きで、ウン十年来のファンです。ずっとこの『王家の紋章』から私が頂いてきた幸せを、少しずつでも舞台上でお返しできればという思いで1ステージ1ステージ、心を込めて努めさせていただきます。...客席に(原作の)細川智栄子先生と、芙~みん先生の姿が見えるだけで涙が出そうです...。。こうしてこんなにゴージャスな金の衣裳も着させていただき、もう死んでもいいです......、死なないです、明日からも頑張ります(笑)。でも死んでもいいくらい幸せです。
今日改めて、すばらしいキャストとご一緒できる幸せを冒頭から噛み締めておりました。そしてお客様がとても温かく、本当に嬉しかったです、ありがとうございました」
と、原作愛に溢れたご挨拶です!


そして浦井さんに「イズミルこと、マモちゃん!」と紹介された、イズミル=宮野真守さん
oumon2016_17_12_4692.JPG
「マモちゃんです(笑)。今回、人生で初めて帝国劇場に立たせていただけることになりました。普段は声優のお仕事をしています。そんなこともやってるんだなと覚えて帰ってください(笑)。子役の頃からずっと活動していて、帝国劇場でミュージカルを見たりもしていて、(この場所を)目指したこともあって。でもなかなか上手くいかないこともあったのですが、今こうして、最高のメンバーと最高の作品で、この場所に立てていることが嬉しく不思議で、自分の人生において大きな一歩になったなと思っています。
観ていただいた皆さんが(カーテンコールで)立って、ワーっと拍手をくれて、嬉しかったです。世界初演なので不安なこともみんなあったと思うのですが、その拍手のおかげでいま幸せな気持ちでいっぱいです。今日から1ヵ月、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」
と、万感のご挨拶でした。

チケット情報はこちら

■『マイ・フェア・レディ』2016 #8■


2016年版『マイ・フェア・レディ』が7月10日、ついに開幕しました!
前日にあたる9日には、囲み取材も行われ、霧矢大夢真飛聖のWイライザヒギンズ教授寺脇康文らが意気込みと見どころを話しました。
myfairlady16_09_01_0005.JPG

G2演出による"リボーン版"初演(2013年)から続投のキャストも多くいる今回のカンパニー。
初日前にもかかわらず和やかで楽しい会見で、幸福感溢れるこの作品の空気が、素のキャストの笑顔からも伝わってきます。


ロンドンの下町で育った貧しい花売り娘、イライザ役はこちらのおふたり。
霧矢大夢さん
「ふたたびイライザ役を演じさせていただくことが本当に幸せです。演出のG2さんが今回、また新たに、すごく丁寧にお稽古を重ねてくれて、まだまだ色々な発見や気付きがあって、奥の深い作品だなと改めて感じています。世界中の皆さまから愛されている名作ですので、今の私たちが出来ることを精一杯やりたいと思っています」
myfairlady16_09_kiriya.jpg

真飛聖さん
「2回目といえども、前回から3年たっていますので、また新たなものを作るという形でスタートしました。そうすると、同じセリフでも、いま霧矢さんが仰ったように、3年前には気付けなかったことに気付いたり、違う風に感情が動いたりと、色々な発見をしている日々です。3年前に観た方も、ご覧になっていない方も、とても楽しめて幸せになれる作品ですので、楽しみにしていてください」
myfairlady16_09_matobu.jpg

チケット情報はこちら

geki_cat1.jpg

6月27日、劇団四季ミュージカル『キャッツ』大阪公演開幕に先駆けて、大阪四季劇場にて舞台仕込み取材会が行われた。

『キャッツ』の舞台は都会のゴミ捨て場。舞台はもちろん客席に至るまで、猫の目線に合わせて3~5倍の大きさで作られた巨大なゴミのオブジェが2000~2500個設置され、客席に一歩足を踏み入れた途端、"猫の世界"へといざなわれる。

geki_cat2.jpg

取材会では、舞台監督の福永泰晴と舞台美術家の土屋茂昭が装置や作業内容、『キャッツ』の世界観やデザインについて解説。「猫になったような錯覚を覚える舞台装置は『キャッツ』の大事な演出の一つ。劇場内では、ゴミ捨て場にいる猫の目線を味わってほしい」と福永。また、「東日本大震災の被災地を『ユタと不思議な仲間たち』公演で回って以降、ゴミのオブジェをめぐる意識が変わり、単に空間を埋める物ではなく"思い出の塊"だと意識するようになりました。『キャッツ』は、何度観ても新しい発見があり、空間全体が秘めた力を持っていると感じます」と話す土屋。上演される土地ゆかりの"ご当地ゴミ"と呼ばれるオブジェも公開。このたびの大阪公演では、たこ焼き器や阪神タイガースの応援バットなど約15個のご当地ゴミが飾られるとのこと。ぜひ会場で見つけてみよう。

13年ぶり4度目となる『キャッツ』大阪公演は、7月16日(土)に開幕。11月末までのチケットはほぼ完売。12月~2017年3月末公演分のチケットは7月3日(日)一般発売開始。

チケットぴあでは、一般発売前最後のWEB先行先着[プリセール]を7月1日(金)昼12:00から7月2日(土)23:59まで受付。

チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉