モダンスイマーズの最近のブログ記事

モダンスイマーズはいつも劇場入り前にたいていはこのサイスタジオで稽古します。
公共の施設のように渡り歩くことなく、稽古することになると備品や荷物を置いてけますが、管理も自分たちでということになります。
今日は古山からの告知とコメントと共に彼らの稽古前の姿と共にスタジオ入り初日に座長不調後の作業"幕"の直しもご覧下さい。

稽古開始14時、その1時間前にスタジオ入り。
これは今回に限らず、蓬莱が演出の公演でも同じく、稽古開始の前に必要に応じて入り時間が定められます。
蓬莱の場合はこの作業はありませんが、今回の古山は変わらず参加。
modern61.jpg

modern62.jpg


掃除機をかける小椋の後ろにある見覚えのある幕、これがあの作業後の状態です。
modern63.jpg


稽古場は1階、2階に控え室があります。トイレは両方にあるため、下は津村、上は座長の西條が控え室と共に掃除してます。
modern64.jpg

稽古場入口周辺、階段は屋内、屋外共に掃除は日々稽古前の日課です。
modern65.jpg

modern66.jpg

そして皆の大切な休憩場ならぬ喫煙所、椅子のセットもして完成したところ...
こうして持ち場を決めて開始、それぞれに終わればまだのところを確認して約30~40分の掃除タイム終了。
一息つく小椋と到着して着替える客演の宮崎さんです。
modern67.jpg

続々やってきた客演の皆さんと共に稽古前のひとときに一服は至福の瞬間!?


スタジオ入りの2日目は、紅一点の斎藤ナツ子さんの登場です。
スリムで丹精なマスクながら、十二分にこの男集団に馴染んでいただいてるご様子。
はたしてどんな印象でいるのでしょうか...

気になる昨夜の作業後の舞台、それは明日劇団員の稽古場入りと共にご覧いただきます。


初めまして(^O^)

今回、モダンスイマーズに初参加させていただきます斎藤ナツ子です。

よろしくお願いしますm(__)m

modern51.jpg

客演さんのコメント、最年少の宮崎敏行さんに続きましてはクールなマスクに熱い芝居心を持つ蒲田哲さんの登場です。
そして、今日からはいよいよ会場となるサイスタジオに入ります。
通例ながら朝から劇団員は舞台設営なのですが、我が座長からちょっと不吉なコメントが...


西條義将のコメント
さー!今日からスタジオに入って集中稽古!

でも俺、最近なんかついてなくて、昨日なんか朝起きたら膝痛くて歩けないの。もうビックリ!
だから一日中寝たきり。
しんど!今は良いけどね。

デンキ島の時は食中毒になるし。
今回も色々ありそうで不安だ。

といいながら、無事に舞台は夜の稽古までには立ちました。
基本的な動きに必要な状態で立てて、これから細かい部分を創り上げていきます。
劇場公演と違って、このまま本番をここで迎えるので、稽古をしながら細かい動きに合せながら考える時間がある分、役者さんやスタッフさんにも試行錯誤の時間が持てます。
座長は舞台監督でもあるので、これからは役者と二つの顔でフル回転です。
そんな朝の不調も乗り越えて、稽古を待つばかりの稽古場です。
modern55.jpg

modern56.jpg


稽古が終わって、美術家からの指示で布を張り替える座長です。
modern57.jpg

modern58.jpg


ここは、高度な作業なゆえに誰にもお手伝いできないので、初演出の古山はそれを見守るのみ、なにを思うのか...
modern59.jpg


そんな2人を待つ皆さんです。
modern60.jpg


作業後に戻る西條と入れ替わるように、本日のコメント登場の蒲田さんは三田村氏と共に稽古場をあとにされました。
蒲田さん、昨夜もお疲れのところコメントありがとうございます!!

古山憲太郎のコメント
今日から会場のサイスタジオ・コモネに入っての稽古です。
さあ2週間切りましていよいよエンジン全開。
頑張ります!!
初日2日限定の特典割引がございます!!是非お越しください!!
(詳細は公式サイトにてご確認下さい)


「憲太郎さんとの出会いは衝撃的な舞台挨拶」

皆さん初めまして!
「どん底スナイパー」に出演させて頂く宮崎敏行です!

modern50.jpg

憲太郎さんとの出会いは今も忘れません。

「進行はまずまず、稽古はこれから...」

昨日の稽古休みは、台本の最終見直しと舞台監督でもある座長と打合せもして、舞台をつくって稽古できる会場入りに向けて着々と進行してます!

稽古前の劇団員
modern36.jpg

modern37.jpg

modern38.jpg

modern39.jpg

「本日の稽古は採寸も...」
一昨日の写真は、畳の部屋で稽古するところでした。
お休みあけの今日は今回の前半にほとんど稽古で使った稽古場です。
ここは他の団体もよく使う施設で、フローリングの広めですが本当は工作室です。
9月からは会場となるスタジオに入り、舞台を作っての稽古ですが今はエリアを
テープで仕切る"場ビり"の状態で、代用品を使って稽古してます。
椅子を並べたり、積んだりしてますが、これがどんなものになるかお楽しみです。

役者の演技を見て自分の演出プランを伝え、時には個人的に細かい部分を説明した
りします。普段は蓬莱からされてることですが、当然のことながら蓬莱とは
違うってことはあるけど、これが真剣勝負!?です。

舞台に必要なセットや衣裳など、製作するものの採寸が始まりました。
ここで我が座長の鮮やかで厳しい仕切りが...
メジャーを手に、的確に質問をされるも、演出より緊張感のある時間です。
明日は衣裳担当の坂東さんが稽古で動く役者を見て、プランの確認をして製作作業に入っていきます。

modern34.jpg

modern35.jpg

「艱難辛苦を乗り越えるとそこは...」

どん底スナイパー。
旗揚げ公演の気分。
劇団立ち上げた事ないけど。俺。
あ、どうも。モダンスイマーズの小椋毅と申します。
何せ、モダンスイマーズの奇才。古山憲太郎さんの作・演出。
台本の第一稿を読み、?。?。?。
だいじょーぶか...? これ?
覚悟していたにも関わらず、ここまで大変な稽古になるとは思っていなかった。
ま、大変な稽古を乗り越えた作品ほど、結果的に面白かった気がする。たぶん。
だから、観に来た方がいいと思います。

チケット情報

「ハチャメチャな面白さは健在か...」
今回は蓬莱でなく古山が作、演出です。
何故蓬莱じゃないか。
それは十周年記念公演の「血縁」の時に皆で台本を書いたのだが、古山の台本がハチャメチャで理解不能なとこがあって面白かったのです。

蓬莱の作品は勿論好きだけど、モダンで蓬莱じゃない誰かが書いて公演してもいいじゃないか、またモダンの新たな可能性と初心に戻って芝居を作ろうとも思ったからです。
この企画は僕の独断ではなく、蓬莱も面白いよ!て、また古山も是非やらせてくれ、津村や小椋もやりたいって言ってくれたので実現しました。

そんな企画公演にも関わらず、老練の三田村周三さんや蒲田哲さん、宮崎敏行、そして紅一点斎藤ナツ子が快く参加して下さいました。

稽古場は古山が初の演出って事もあり、滞る時もありますが皆で意見を出し合い一丸となって古山作品を作っています。

未知なる可能性をはらんだ古山作品。
是非観にいらして下さい。

古山憲太郎の初脚本・演出作品は暑さを飛ばして製作驀進中!!

今回無謀にも作、演出、チラシデザインまで担当させていただきました古山憲太郎です!
今までのモダンスイマーズ公演をご覧になった方には今回は何故古山作品?という方がほとんどでしょう。
いつもの蓬莱作品を楽しみにしている方も多いと思います。しかし、今回無謀にも作、演出に挑戦いたします。
今回モダンメンバーを中心に七人の俳優が一人何役も挑戦する大作?となっています。
僕も初作、演出にしてはかなり自らハードルを上げてしまっています。まあ言い訳できません...最後までなんとか諦めず、作品を作っていきます。
今回は今までのモダンスイマーズとは違う、また一風変わった作品にしたいと思います。ご来場いただくお客様も、逆に古山作品の感じを楽しんでいただければと思っております!お馬鹿で可愛い作品になることと思います。宜しかったらぜひとも劇場まで遊びに来てくださいませ!!お待ちしてます!

■公演情報
モダンスイマーズ「どん底スナイパー」
2011/9/12(月) ~ 2011/9/25(日)
SAI STUDIO 小茂根 Aスタジオ(東京)

チケット情報

●モダンスイマーズ初のスタジオ公演
「どん底スナイパー」が始動開始!!

今回の作品は、いつもと違う初めてずくしです。
まず、モダンスイマーズの中枢となる蓬莱竜太不在、それに替わって
古山憲太郎が脚本・演出を担当。
そして、いつもは稽古場としてお世話になるサイスタジオのご協力で
かねてから試してみたいと考えていたスタジオ公演がここで実現しました。

ここでは、出演者の皆さんからの生の声をお伝えする前にモダンスイマーズの
芝居づくりや、今回の公演のみどころなども写真や動画でお伝えできるようにしたいと
思います。
これから初日の9月12日まで、どうぞよろしくお願いいたします!

●集会所から始まる稽古

早速、稽古の様子と出演者の紹介をしながら「どん底スナイパー」とモダンスイマーズの
芝居づくりなんかも覗いてみます。
稽古場公演といっても、今回に限らずモダンスイマーズでははじめからサイスタジオを使う
わけではありません。たいてい、の劇団やカンパニーと同じように公共の施設を使用します。
住みなれた場所での登録があることから、この初期稽古場おさえは座長自らが担当。
この間は、時間使用で場所を転々とするわけですが、中でも使用頻度の低い某集会施設は
畳の部屋なので、他の団体はまず使用しません。
稽古場として使用できる施設には限りがあり、
公演時期によっては稽古スケジュールどおりに場所を押さえられないということがあります。
そこで、モダンスイマーズはこの施設をほぼ独占!?使用することが可能好都合なのです。
かつてここには過去に登場した俳優さんは、ほとんどどなたということは関係なくここで顔あわせや
初期の稽古をしています。

modern26.jpg

modern27.jpg

モダンスイマーズの"奇を衒わない芝居"、それは客演の俳優さんがどんな方だからといって
必要以外に紀気を使わず、芝居創りという共同作業を基本に全員の気持がそこに向くことを重要と
考え、その価値観を共有できる客演さんと過ごす時間を大切に考えています。
そんな姿勢の現れが、この初期稽古場にも反映されているということでしょうか...
初回はその雰囲気を少しお見せして、その稽古場を垣間見つつ稽古中の出演者をご紹介します。

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉