2016年10月アーカイブ

チケット情報はこちら


i-love-musical_01.jpg
「I Love Musical」製作発表 フォトセッションより

ミュージカルナンバーを堪能できるスペシャルコンサート「I Love Musical」の製作発表が行われ、登壇した8人のミュージカル俳優たちが1曲ずつ歌唱披露した。

「I Love Musical」は珠玉のミュージカルナンバーを堪能できるスペシャルコンサート。第三弾となる今回は、相葉裕樹、泉見洋平、岡田浩暉、坂元健児、新納慎也、大塚千弘、久野綾希子、貴城けい、玉置成実が出演。

公式サイトによると、今回歌われる作品は「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「エリザベート」「エビータ」「コーラスライン」「シカゴ」・・・と、ミュージカルファン垂涎の作品がずらりと並んでいる。

あなたのお気に入りの楽曲は歌われそうだろうか?

本作の製作発表が行われ、8人の登壇者が1曲ずつ歌唱を披露してくれた。動画はこれを抜粋したもの。

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

Dステがシェイクスピア没後400年に贈る、青木豪×シェイクスピア×Dステの本格的喜劇作品 Dステ19th「お気に召すまま」。Dステにとっては『ヴェニスの商人』『十二夜』に続くシェイクスピアシリーズ3作目です。
来月の本番を前に、熱がこもる稽古場からキャストの皆さんからメッセージが届きました!

さて今回、メッセージを寄せていただいたのは、


okini1007_01.jpg フレデリック公爵役と前公爵役を演じる松尾貴史さんと、、、

okini1007_02.jpgアミアンズ役とハイメン役を演じる鈴木壮麻さんのおふたり! 


まずは松尾貴史さんから。

Q1 青木豪さんの演出についてお聞かせください。
松尾「可塑性の高いぐにゃぐにゃの状態から試行錯誤を繰り返しつつ、少しずつ固めていくプロセスは上質のフォンドボーを煮込んでいくようで、名作に命を吹き込む実感が募ります」

Q2 稽古はいかがですか?
松尾「過去二人芝居をいくつか演じた以外は男性のみの出演という舞台は初めてなので、部活の様な独特のムードがあります。別に下ネタが飛び交うという意味ではありません。たぶん」

Q3 共演者のここがおすすめというところを教えてください。
松尾「石田(圭祐)さん、鈴木(壮麻)さんは大ベテランの風格があり、立っているだけで重層感があり、羨望です。そして若手の皆さんのエネルギーには圧倒されます。私は省エネ型なので、見倣って放出していきたいです」


つづいて鈴木壮麻さん。

Q1 Dステ19th「お気に召すまま」のここが面白い!というポイントは?
鈴木「この作品は台本上では五幕に分かれています。どの幕ももちろん味わい深いのですが、起承転結でいえば、たぶん転にあたる第三幕が面白いなあと感じています。僕はそこには出ていませんが、『ヘイホ―song』直後のこの場面を稽古場で見ていられることをとても幸せに思います」

Q2 稽古はいかがですか?
鈴木「"恋とは溜息と涙で出来てるもんだ、今のおいらがそうだ~"に端を発し、その後に続く演者たちの吐露がとても活き活きとしていて、何やら胸がキュンとしてきます」

Q3 共演者のここがおすすめというところがあれば教えてください。
鈴木「謙虚でさわやかで情熱的なオーランドー(柳下大)、思慮深くて大胆なロザリンド(前山剛久)、鬱ぎ屋といいながらも、とても豪快で、でも繊細なジェイクイズ(加治将樹)をはじめ、どの登場人物も自由闊達に人物造形がなされていて、僕は常にたくさんの刺激を受けています。みんな、ありがとう!」


okini1007_03.jpg最後におふたりからメッセージを!


松尾「若い方が多いと思われますが、シェイクスピア劇の古めかしい言い回しを新鮮な感覚で楽しめるような精緻な工夫が施されています。その一筋のラインにまとわりつく笑いをどうぞ堪能なさいませ」

鈴木「"言葉"。言葉一つ一つが持つ彩り、言葉の連続性によって生み出されるグル―ヴ感、そして何より、シェイクスピアならではの客席と舞台との一体感をぜひとも一緒に楽しみましょう!」


okini_00.jpg【公演情報】 Dステ19th「お気に召すまま」
2016/10/14(金)~10/30(日) 東京・本多劇場
2016/11/19(土)~11/20(日) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

先日行われました「I Love Musical」の制作発表のお写真とキャストコメントが到着いたしました。

ILM2.jpg
今年で第70回を迎えた世界最高峰の演劇賞、トニー賞
今年は超話題作『ハミルトン』が席巻したのも、記憶に新しいですね。

その授賞式の模様を毎年生中継しているWOWOWが、開局25周年記念イベントとして、日本初のトニー賞公認のミュージカル・コンサートを行うことが決定!
wowow_tony.jpg
出演は、昨年渡辺謙との共演が話題になったブロードウェイミュージカル『王様と私』で第69回トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したケリー・オハラ

日本でも大ヒットしたアメリカTVドラマ『glee/グリー』のウィル・シュースター先生役で人気を博し、『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』で第59回トニー賞ミュージカル部門助演男優賞にノミネートされたマシュー・モリソン

そして、日本ミュージカル界のトップスターであり、第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞(演劇部門)他、多数の賞を受賞している、我らが井上芳雄! 

日米トップ・ミュージカルスターの夢の競演で、トニー賞を彩った歴代のミュージカルの名曲の数々が披露される夢のコンサートになること間違いなしです!

チケット情報はこちら

oogarasu_01.jpg
舞台「あの大鴉、さえも」 左から小林聡美、片桐はいり、藤田桃子

小野寺修二が演出を務める舞台「あの大鴉、さえも」が東京芸術劇場シアターイーストで上演中。出演は小林聡美、片桐はいり、藤田桃子。

現代演劇のルーツといえるアングラ世代の戯曲を 若手・気鋭の演出家が大胆に現代の視点で読み直す、東京芸術劇場人気企画「RooTS」。
シリーズ第四弾にあたる舞台「あの大鴉(おおがらす)、さえも」が9月30日から東京芸術劇場シアターイーストで上演が始まった。

男が三人ガラスを運んでいるのだが、どこに運ぶのか定かでない、そして届け先には入り口が見当たらない・・・。

とても不条理でシュールな内容が好評を博し、岸田戯曲賞を受賞した竹内銃一郎の代表作だ。
今回は本作の上演台本をノゾエ征爾、演出を小野寺修二が手掛ける。出演は小林聡美、片桐はいり、藤田桃子という個性派女優3人だ。

初日前日の9月29日に本作の公開舞台稽古が行われた。動画はこちらをダイジェストにしたもの。【動画1分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

kinkyred_01.jpg
ミュージカル「キンキーブーツ」レッドカーペット 左から小池徹平・三浦春馬

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版 の初日に合わせて、レッドカーペットイベントが行われ、日本版「キンキーブーツ」で主演を務めた小池徹平、三浦春馬が登壇した。

ミュージカル「キンキーブーツ」は2013年のトニー賞 6部門に輝いた傑作ミュージカル。日本では小池徹平、三浦春馬の主演で2016年7月~9月に上演され、大好評を博した作品だ。

本場のアーティストたちによる<来日版>が10月5日から開幕するのに合わせて、日本版のキャストやスタッフがレッドカーペットイベントに登壇した。
動画はこちらを抜粋したもの。【動画1分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

世界中で大ヒットした映画 『BILLY ELLIOT』(邦題「リトル・ダンサー」)を原作とし、名匠スティーヴン・ダルドリーが映画に続いて演出、音楽界の伝説エルトン・ジョンが楽曲を手掛けてミュージカル化したミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー ~』
ミュージカルファン待望の日本人キャストによる公演がいよいよ動き出した。

『ビリー・エリオット』は、2005 年 5 月にロンドンで開幕するや忽ち観客たちを虜にし、ローレンス・オリヴィエ賞では主人公ビリーを演じた3人の少年が史上初めて主演男優賞を同時受賞するなど4部門を制覇、ブロードウェイへ進出してからも米国演劇界のアカデミー賞ともいうべきトニー賞で主演男優賞の同時受賞を含む10部門で栄冠を勝ち得るなど、これまで全世界で 80 以上の主要な演劇賞を受賞するという偉業を達成してきている。

10年以上世界中で愛され続けている本作の特筆すべきは、その主役育成システム。これまでに上演が行われた国々では、主役となるビリー少年をオーディションで選抜、さらにその後長い時間をかけて育成が行われてきた。その前代未聞の大規模オーディションの様子が、今回初めて公開された。

Ballet 1.png

昨年 11 月より募集が開始されたオーディションは、応募総数 1346 名。4 月に行われた第二次オーディションには書類を通過した 450 名がオーディションに臨み、ビリー役、マイケル役各 10 名の候補者が選ばれた。

そこからレッスン形式のオーディションが 3 カ月行われ、8 月に行われた第三次オーディション。
2週間にわたって行われたオーディションを勝ち抜いたのは、ビリー役、マイケル役共に 7 名ずつ。
役1 年半に及ぶ候補者たちの成長が作品とリンクし、来年の公演に向けて期待が膨らむ。

既に最終オーディションに向けて開始されているレッスンを経て、12 月に夢の切符を手にするのは誰か。
ぴあでは今後もオーディション含め情報をどんどん発信していきますのでお楽しみに~♪

チケット情報はこちら


105日に開幕した音楽劇『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』

留学先のドイツで結核にかかり、23歳で亡くなってしまった音楽家・瀧廉太郎を巡る事実も交えた"IF-イフ-"のお話。『故郷』『朧月夜』『荒城の月』など馴染み深い唱歌の中には、作者不詳の歌も多くあります。この作品は、その作者不詳曲の作曲に関わったとされる岡野貞一と、天才とうたわれ短命に散った瀧廉太郎の物語。2014 年、2015 年と上演されている人気作です。

 

今回、初演から岡野貞一を演じる原田優一さん、今作で瀧廉太郎を演じる和田琢磨さんと、実際に瀧がドイツで交流を持ったとされるヴァイオリニスト・幸田幸さんの世話人フクを演じる星野真里さんにお話をうかがいました。


瀧廉太郎3ショット.png

チラシ表ブログ用.jpg



チケット情報はこちら

「焼肉ドラゴン」の作・演出で有名な鄭 義信さんから、舞台「鱈々」の作家である李康白さんとの出会いと、作品の魅力について語っていただきました!


初めて李 康白先生とお会いしたのが、正確にはいつのことか、実ははっきりした日付が思い出せません。でも、強く印象に残っているのは、韓国・南山の国立劇場から下った先にトンソク屋が軒を連ねる一帯がありまして。そのうちの一軒に連れて行っていただき、ご馳走になったことでしょうか。韓国の劇場、劇団で僕の戯曲が幾つか演出・上演されてからのことなので2011、12年頃だったと思います。

 李 康白先生は、韓国でも大変な大御所。でも、そのお話しぶりは気さくでウィットに富み、ところどころに挟まれるブラックな視点や言葉がピリッと響くのがまた味がありまして(笑)。名実ともに韓国の知識人を代表される方だと思います。

 その後の2013年、日本で影書房から戯曲集「ホモセパラトス」(秋山順子訳)が刊行された際には先生から本をお送りいただき、その中に収録されたいたものを読んだのが、僕が『プゴテガリ』に触れた最初でした。

 韓国では戯曲に限らず、感情の描写などがウェットでパッショナブルな作品が多く、作り手にも観客にも好まれる傾向がありますが、先生の作品は抑制された文体と抽象的な設定が印象的で、他に類を見ない作品世界が展開されていると思いました。そこには、深い知性の裏打ちがある。日本の劇作家で言えば、別役実さんのような筆致をお持ちだと言えるのではないでしょうか。

 今回のような形態で先生の戯曲の上演が実現されたのは、80年代後半から地道に続いてきた日韓の演劇交流、その成果の一つだと思います。僕が劇団時代、初めて韓国公演を行った頃には今、小劇場が並ぶ大学路にも、数件の劇場があるだけでしたから。

 『プゴテガリ』は閉塞した空間で展開する濃密なドラマです。今回は大きめの劇場で、栗山民也さん演出のもと、藤原竜也さんや今年、僕の『焼肉ドラゴン』に出演してくれた中村ゆりさんらエモーショナルな四人の俳優さんが取り組まれると聞きました。あの、独特の世界観を今回のカンパニーがどう解釈し、日本の観客に何を届けるのか。作品が内包する大きなエネルギーが、日本の劇場で大きく花開き、いかに変容して広がるかに期待を寄せています。

 ちなみに干しダラのスープは僕も大好きで、韓国に行くと必ず食べます。ただ、それは劇中のような唐辛子を大量に入れるものではなく、淡白で滋味に溢れたもの。今回のカンパニーが作る"スープ"が、どんな味わいのものになるかも楽しみにしています(談)。


チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

Dステがシェイクスピア没後400年に贈る、青木豪×シェイクスピア×Dステの本格的喜劇作品 Dステ19th「お気に召すまま」。Dステにとっては『ヴェニスの商人』『十二夜』に続くシェイクスピアシリーズ3作目です。
来月の本番を前に、熱がこもる稽古場からキャストの皆さんからメッセージが届きました!

さて今回、メッセージを寄せていただいたのは、


okini1004_01.jpg タッチストーン役を演じる牧田哲也さんと、、、

okini1004_02.jpgル・ボー役とオードリー役を演じる遠藤雄弥さんのおふたり! 


まずは牧田哲也さんから。
okini1004_03.jpg

Q1 Dステ19th「お気に召すまま」のここが面白い!というポイントはどちらですか?
牧田「いろんなところにloveやlikeがあるところですね。最後に結ばれる人たち以外のひとたちにもloveやlikeがどこかにあったりして、その感情に突き動かされて物語が進んでいっていると思います。ぜひいろんなloveやlikeを見つけてみてください」

Q2 御自身の役どころを教えてください。
牧田「僕の演じるタッチストーンは本当にでたらめですね。言ってるとこだけを解釈しても、つじつまが合わない所はたくさんあって。よくよく考えるとこの人は今、森にいるから森の人に宮廷の話をするだけであって、これがまた宮廷に戻ったら、今度は宮廷人に森の話をするんだろうな」

Q3 共演者のここがおすすめというところを教えてください。
牧田「西井幸人が女性役をノリノリでやっているところが面白いですね。水を得たさかなというか(笑)。イキイキした状態で所謂"言葉遊び"をしていると、それだけで幸せな気持ちになりますし、いろんな感情が見え隠れして面白いです」


つづいて遠藤雄弥さん。
okini1004_04.jpg

Q1 Dステ19th『お気に召すまま』のここが面白い!というポイントは?
遠藤「オールメールで上演するという点です。男性キャストだけで女性役も演じるのは、やはり難しくも、面白い部分だと思います。シェイクスピアも当時、オールメールという形で演じるのが普通だったと言われており、昔はこうして上演されていたのかと思いながら観て頂けると、さらにこの作品を楽しんでいただけると思います」

Q2 青木豪さんの演出についてお聞かせください。
遠藤「会話を大事にされる方だと思いました。演劇だけに限らず、どんな土俵にも通じていて、非常に勉強になり、僕自身楽しんでいます。シェイクスピア作品でこういった演出をされるのは素敵です」

Q3 共演者のここがおすすめというところがあれば教えてください。
遠藤「レスラーのチャールズ、鬱ぎ屋ジェイクイズを演じる加治将樹は今作のキャストの中で一番付き合いが長いのもありますが、毎日稽古場で新しい発想が飛び出しているすごさと面白さを感じています。特に、最終的にどんなジェイクイズになるのか今から楽しみでなりません」



最後におふたりからメッセージを!

牧田「シェイクスピア作品は難しくて分かりづらいと思っている方がいたら伝えたいのですが、このDステ『お気に召すまま』は本当に何も考えずに笑えて、幸せな気持ちになれる作品になっていると思います。人が恋することってこんなに楽しくて笑えることなんだなと感じていただけたら嬉しいです」

遠藤「Dステも今回で19作目となりました。今まで応援してきて下さっている方々には本当に感謝しています。これからもDステを支えていただければ幸いです。今作では、人を好きになるという喜びや楽しさを存分に感じていただけると思います!劇場でお待ちしております!!」


okini_00.jpg【公演情報】 Dステ19th「お気に召すまま」
2016/10/14(金)~10/30(日) 東京・本多劇場
2016/11/19(土)~11/20(日) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

チケット情報はこちら





カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉