鶴松がご案内 「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演 2016」#5

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


11月より始まる『錦秋特別公演2016』の見どころを、中村鶴松がご案内する短期連載の5回目。最終回はもう一人の主役である中村勘九郎さんについてお話しします!

kinshu05_01中村仲四郎.jpg『歌舞伎塾』で、音の演出効果を担当される中村仲四郎さんと。

今回の『錦秋』で勘九郎さんは『女伊達』を踊られますが、個人的な印象で言えば、勘九郎さんの踊りを僕は世界一だと思っています。また、僕だけじゃなく、七之助さんも以前、「お父さん(勘三郎さん)と兄貴(勘九郎さん)の踊りはまるで機械が動いているようだ」とおっしゃっていて。「毎回寸分違わぬ動きで、表現力も素晴らしく、本当に見応えがある」と話してくださったのをよく覚えてます。
実際に共演させていただいて感じる勘九郎さんのすごさは、隣にいるだけでどんどんと体と気持ちが引っ張られるような感覚になること。だから、一緒に踊っていてとても楽しいんですよね。その吸引力は客席から見ていてもきっと感じると思います。それに、なんといっても今回の『女伊達』は勘九郎さんにとって久々の女形ですからね。初めてご覧になる方もいらっしゃるでしょうし、"こんなカッコいい女形もあるんだ!?"と驚かれると思いますよ。

kinshu05_00.jpg勘九郎さんのほか、お弟子の皆さんと。

また、よくいろんな方から、"勘九郎さんと七之助さんって、普段はどんな人?"と聞かれるのですが、そのとき僕はいつも「面白い人たち」と答えています(笑)。皆さんが歌舞伎役者に抱くイメージとはまるでかけ離れていて、お弟子さんたちと一緒にバカばっかりしています(笑)。それに、とにかく仲が良い! あれほど仲の良い兄弟はいないんじゃないかと思うほどです。でも、歌舞伎のこととなると、しっかりとお互いを尊敬し合っていて、おふたりが共演される舞台の稽古場では、よく意見を交わし合っている姿をお見かけします。11月の公演はそうしたおふたりの歌舞伎にかける情熱と圧倒的な演技、それに素の部分がたっぷりと楽しめる公演。歌舞伎初心者の方にこそ観ていただきたい内容となっていますので、ぜひお誘い合わせのうえ、お近くの劇場に足をお運びください。僕たちも皆さんに会えることを楽しみにしています!

kinshu05_02澤村國久.jpg『歌舞伎塾』で司会をされる澤村國久さんと。会場でお待ちしております!

【公演情報】
11月7日(月) オリンパスホール八王子
11月8日(火) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
11月9日(水) アクトシティ浜松 大ホール
11月10日(木) 文京シビックホール 大ホール
11月12日(土) レクザムホール(香川県県民ホール) 大ホール
11月13日(日) NHK大阪ホール
11月14日(月) ロームシアター京都 メインホール
11月16日(水) まつもと市民芸術館 主ホール
11月17日(木) 金沢歌劇座
11月19日(土) 秋田県民会館
11月20日(日) 盛岡市民文化ホール 大ホール
11月21日(月) 東京エレクトロンホール宮城
11月23日(祝・水) 松山市民会館 大ホール
11月25日(金) 福岡サンパレス

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8512

前の記事「『ミス・サイゴン』#8 市村エンジニア、あと20年はいける!? 初演キャストのサプライズ登場もあった『ミス・サイゴン』初日特別カーテンコールレポート」へ

次の記事「宝塚歌劇宙組公演『王妃の館 -Chateau de la Reine-』『VIVA! FESTA!』制作発表レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ