DAZZLE 20周年記念公演『鱗人輪人(リンド・ロンド)』レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


 
new_メイン素材1.jpg
new_メイン素材2.jpg
10月14日、池袋 あうるすぽっとにて、ダンス集団DAZZLEの20周年記念公演『鱗人輪人(リンド・ロンド)』が開幕した。ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合させた独特のダンスにより、壮大なドラマが紡がれる。

 海が枯れ果てた世界で、水を奪い合い殺し合う人々。どうしたら海を取り戻せるのか...。物語は問いかけから始まる。一体何が起こっているのかドキドキしていると、赤いパーカ姿のロンド(金田健宏)が登場。ロンドは砂賊で、屋敷に盗みに入ったところ、鎖につながれていた青い服の男リンド(長谷川達也)を解放する羽目に。ロンドはリンドを殺すが、再び出会い、驚く。リンドは多額の懸賞金をつけられ、追われていた。このあたり、黒電話やトランク、指名手配書、ダンボールの人を使った振りがポップかつハードボイルド的で、心が躍る。
 水が一攫千金を生む世の中、ロンドの父は井戸に固執し、使用人に殺されてしまった。ロンドはその使用人の策略で父殺しの汚名を着せられ、更生施設に入れられてしまう。施設の食事のシーンは、皿とカトラリーを使ったパフォーマンスを俯瞰から撮影して映し出す、鳥かごの中の小鳥はフィンガーダンスさながら手で演じられるなど、随所に工夫が凝らされている。
 一方、リンドはかつて恋した人魚を人間の生贄として失い、自分が千年を生きる人魚になった過去を打ち明ける。この長谷川の舞は人魚にしか見えず、胸に迫るものがある。ロンドはリンドから水脈の在り処を聞いて井戸を掘るが、水は出ない。詐欺で訴えられ、投獄されたロンドが出会ったのは、かつて自分に罪をなすりつけた使用人。彼はリンドを監禁していた屋敷の主だったのだ。ロンドは釈放されるが、デモが起こり、街が燃え広がりパニックに。そこでリンドが歌うと、雨が降り火は収まった。が、人々はリンドの力を知り、苦渋の選択を迫られることに...。
 自然と人間という根源的なテーマを軸に、人の生き様、サスペンスやファンタジーの要素が混在。DAZZLEの得意技である、小道具を使ったダンス、影と映像、彫刻的な群舞など、多彩なアプローチが存分に楽しめる。何より"踊る"というプリミティブな力がセリフ以上に語り、物語を広げ、観る者の想像力を掻き立てる。ロンドとリンドの心の交流、キラキラした水の煌めきと自らが下した決断への思いを抱えて、観客は帰り道につくことだろう。

『鱗人輪人(リンド・ロンド)』10月23日(日)まで、池袋あうるすぽっとにて公演中。

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8527

前の記事「『ミス・サイゴン』#7 25年目の『ミス・サイゴン』いよいよ開幕! 市村正親、「本田美奈子.がやりたくてしょうがなかった『ミス・サイゴン』を、僕はまだやれている...」」へ

次の記事「北翔海莉、退団公演開幕も「まだ男役を極められるんじゃないか」――宝塚歌劇星組公演『桜華に舞え』『ロマンス!!』東京公演開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ