稽古場レポートの最近のブログ記事

チケット情報はこちら

劇団「柿喰う客」が、10月4日(水)から11月5日(日)まで、東京・赤坂RED/THEATERで「柿喰う客フェスティバル2017」を開催!

musabetsu01.JPG

「柿喰う客フェスティバル2017」上演作『無差別』の稽古場の様子


<「柿喰う客フェスティバル2017」とは?>
一日1~3演目、「柿喰う客」の演目が上演される、約1か月間のフェスティバル。今年は『流血サーカス』(11年初演)、『八百長デスマッチ』(10年初演)、『無差別』(12年初演)、新作『極楽地獄』の4作品がラインナップしています。チケット価格も手頃、さらに3名以上の同時観劇による割引制度「なかよし割」をはじめ、学生や高校生以下だとさらに手頃な価格!という、1か月間、気軽だけれど存分に「柿喰う客」を知って楽しめます!

そんな"柿フェス"について、劇団の主宰であり作・演出を手掛ける中屋敷法仁さんを直撃。『無差別』の通し稽古直後に、今回の企画のお話から劇団のお話までたっぷり聞かせていただきましたので、前・後編にわけてお届けします!

kakifes2017_nakayashiki.JPG

中屋敷法仁さん


この記事の最後には、今回上演する4作品のポイントを語っていただいているので、ぜひチケット購入のヒントにしてください!(※当日券だと500円UPですのでお早めに!)

*****

◆できれば二作品くらい観てほしい理由

――『無差別』の稽古を見学させていただいたのですが、本番2週間以上前でこの完成度ということに驚きました。

 今年はメンバーが増えた(8月に9名加入)ので、こういう作品にしようという演出プランが明確に決まっていたからだと思います。

――メンバーが増えたので、というのは?

 作品ごとに戦略的な「キャスティング」ができるんですね。ベストキャストもできるし、ひねったキャスティングもできる。それは団体としてはすごく嬉しいことだと思います。『天邪鬼』(2015年9月)のときは7人で、去年の「柿喰う客フェスティバル」は12人だったんですけど、今は22人いるので。作品に応じていろんな人を配役できるようになりました。

――だからこそ早いということですか?

 僕はいろんな方から「4作品も同時に演出すると頭がこんがらがらないか」と言われるんですけど、そんなことはまったくなくて。圧倒的に頭がスッキリするんですよ。この4作品があるから、それぞれの作品の共通している部分と異なる部分、つまり守らなければいけないベーシックな部分や、それぞれの特長がよくわかる。一作品ばかり見ていると、なにが魅力でなにが短所なのかわからなくなるので。
でもこれは俳優たちもそうなのかなと思っていて。みんなが出る前提の本公演で「劇団の公演だから呼ばれる」のではなくて、今回だと「あの作品にも出られたけど敢えてこの作品にキャスティングした理由はあなたのこういう芝居が見たいからです」って言いやすいんですよね。今回はどのチームも毛色が全く異なりますし、「何故このチームでこの戯曲に挑むのか」ということを明確に捉えられるんじゃないかなと思います。...だからお客さんにはできれば二作品くらい観てほしいですね。

musabetsu02.JPG

「柿喰う客フェスティバル2017」上演作『無差別』の稽古場の様子

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第7回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

yahata00.jpg

八幡みゆきさん! 稽古中の八幡さんにお聞きしました!

――Q1. 「関数ドミノ」の見どころを教えてください。

「本当に願う、本当に信じることはものすごくエネルギーを使うことだと思います。50%でも70%でもない100%の確信で動く人間を狂気と取るか、妄想と取るか。思い強さが強くなればなるほど、面白くなる作品だと思います。」

――Q2. 寺十吾さん演出についてお聞かせください。

「なぜこの言葉があるのか。この言葉によって相手をどうしたいのか何を得たいのか。もっと非難して!もっと懇願して!と具体的な他動詞が出る時もあれば、『例えばさ~』と寺十さんが実演してくださる瞬間もあります。」

dominokeikoba_302.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3.稽古をしてみて感じること、エピソード等を教えてください。

「立ち稽古に入ると、稽古場の空気は少し明るくなりました。はじめは暗い照明で重々しい空気が流れていたのですが、勝村政信さんの登場には2、3日涙が出るほど笑いました。自由さに本当に感動します。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「門外不出の傑作で初のプロデュース作品に参加させていただけることは私にとって奇跡です。ですが、もっと濃厚な奇跡を体感していただきたいなと思います。ぜひ劇場でお待ちしております。」

kansud.jpg

★東京公演は追加公演をのぞいて完売!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

関西随一の集客力を誇る劇団 Patchが念願の東京初進出を果たす今作は、劇団史上、圧倒的殺陣量でお送りする"忍ジャーニーエンターテインメント"!! 忍びたちが舞台せましと縦横無人に駆け回る旅物語は、「霧ver.」「虹ver.」、二つのキャストパターンで役替わり上演致します。
初めてづくしの今回の主演を演じるのは、劇団 Patch劇団員の松井勇歩さん納谷健さん。彼らの今作に対する意気込みを稽古場からお届けします!

geki_patch_1.jpg

――Q1. 「JOURNEY-浪花忍法帖-」の見どころを教えてください。

納谷「作品として、2つのバージョンが楽しめるところ、ですね。「霧ver.」と、「虹ver.」。ストーリーは同じでも全体の印象として全く違う色になりそうな予感があり、稽古の中でもそれを良さとしてより違う方向へ持って行けたらと思っています。あとは殺陣。一言でいうと、みんな大暴れしています。できることを余すことなく、表現に昇華させてぶつけている感じが切磋琢磨してるなぁ...って、焦りを覚えるほどです」

松井「そうですね、笑いあり涙あり殺陣ありダンスありそしてWキャストありと盛りだくさんなので、全てがみどころと言いたいところですが......、一つあげるとしたら"笑い"ですね」

geki_patch_3.jpg

――Q2. 本作は劇団Patch初のダブルキャストということですが、難しさなどはありますか。

松井「単純に覚えることが2倍というのももちろんなんですけど、健とはまず体格が違いすぎるので僕ら二人もそうですが僕らと殺陣で関わる周りのメンバーも大変やと思います。でもだからこそ、「霧ver.」と「虹ver.」全然違っておもろいもんになるんだと思います」

納谷「ダブルキャストという面では特に難しさは感じませんが、逆に自分にしかできないお芝居を追求できるなと感じました。2つの役を演じるという面ではシンプルに覚える量には苦戦していると思います。ストーリーは1つなので覚えてしまえば筋はなぞれますが、2つの人生を歩むので先に心情や動機を辿って覚えるようにしていますが、1日の時間が足りない。(笑) 時間と集中力が無限に欲しいです!」

geki_patch_4.jpg

――Q3. 劇団Patchとして初めての脚本・演出(我孫子令氏)ということですが、稽古をしてみて感じることを教えてください。

松井「とても陽気なおっさんです。(笑) メンバーみんな懐いてますね。稽古ではすごく真摯にぼくたちの話を聞いてくれはるんです。同じ目線に立って一緒に作品を作り上げてくださる。
「JOURNEY」は令さんじゃないと作れなかったし、令さんとだからこそまだまだ「JOURNEY」をおもろくできると思います。すごく信頼しています」

納谷「稽古に入って少し会話して演出を受けた時点で、信頼して付いて行こうと思えました。脚本もシンプルな印象だけど複雑でドラマ性があり登場人物が魅力的。この世界観、令さんと手を取ってもっと拡げて行けたらと思います」

geki_patch_2.jpg

――Q4 最後に意気込みメッセージを!

納谷「僕たち劇団Patchが東京進出、そしてPatchの新しいスタートとして踏み出したvol.11。この公演がまだスタートに過ぎず、勢いに乗ってより長く遠い旅をできるように、たくさんの挑戦も込めた作品です。そんな僕らの門出の『JOURNEY』を観ていただき、まだ先の旅のワクワクを共に持っていただけたらと思います!」

松井「今回はWキャスト、そして初の東京公演。劇団Patch史上最高公演数と、僕たち自身、経験したことのないものに挑戦しています。でも僕たちがこうして一つ一つ新しい事に挑戦させて頂けるのは、いつも応援し支えてくださる皆様のおかげです。全てを背負わせて頂きます。「JOURNEY」を、劇団Patchの名を、全国に轟かせてやります。劇場でお待ちしております!」


****************************************************************

■『JOURNEY-浪花忍法帖-』アフターイベント開催決定!
Patch stage vol.11『JOURNEY-浪花忍法帖-』大阪公演・平日夜限定で、終演後にアフターイベントの開催が決定いたしました!どの回も盛り上がること間違いなし!
その日限りの特典をお楽しみいただけます!お見逃しなく!
※10分~15分のイベントを予定しております。

【オープニング撮影会・内容】
物語冒頭部分にある出演者全員によるキャスト紹介シーンを終演後に完全再現!
Patch stage開幕のド派手なワンシーンを撮影可でお送りいたします!
≪対象公演≫
■9月29日(金) 19:00 霧ver.
■10月2日(月) 19:00 虹ver.

【殺陣撮影会・内容】
今回の最大の見せ場である大盛り上がりの大立ち回りを終演後に完全再現!
Patch stage史上最もハードな殺陣を撮影可でお送りいたします!
≪対象公演≫
■10月3日(火) 19:00 霧ver.
■10月4日(水) 19:00 虹ver.

【if......殺陣!・内容】
もしもあのとき、あいつが現れなかったら......、もしもあのとき、武器がなかったら......、物語上のワンシーンを切り取り、もしもの展開をエチュードで再現!
≪対象公演≫
■10月5日(木) 19:00 霧ver.
■10月6日(金) 19:00 虹ver.

********************************

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第6回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

ikeoka00.jpg

池岡亮介さん! 稽古中の池岡さんにお聞きしました!

――Q1. 「関数ドミノ」の見どころを教えてください。

「"ドミノ"に振り回される登場人物たちの心境の変化がとても面白いです。運とか奇跡とか、とても抽象的なものが具体化されていく現象を普段自分たちの生活と照らし合わせながら観ていただけたらと思います。」

――Q2. 前川知大さん作品の魅力についてお聞かせください。

「ゾッとするような恐怖を感じますが、同時にこんなことがあったら面白いなという刺激をいつも与えていただいています。ファンタジーの中に見える、あらゆる人間臭さが生み出すリアルが魅力だと感じます。」

dominokeikoba_1126.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3.稽古をしてみて感じること、エピソード等を教えてください。

「とても緊張感のある稽古場ですが、その分一回笑ってしまうと抜け出せなくなります。僕が笑い上戸だということもあるのですが、勝村さんに狙われたらただでは終われません(笑)。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「2017年版『関数ドミノ』、また新しい"ドミノ"の世界観をファンの皆さんをはじめ、初めて演劇に触れる方々にも楽しんでいただけるよう精一杯頑張ります。地方公演も楽しみです。ぜひ劇場に足をお運びください。」

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第5回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

yamada00.jpg

山田悠介さん! 稽古中の山田さんにお聞きしました!

――Q1. 寺十吾さん演出についてお聞かせください。

「寺十吾さん演出の作品に参加させていただくのは、二度目です。その演者の個性と役に寄り添ったダメ出しは、新たな自分を発見できると思っています。役と自分自身と向き合う作業の連続です。毎日が楽しいです。」

――Q2. ご自身の役どころを教えてください。

「HIV患者の土呂弘光を演じます。迫り来る"死"に直面し、その救いを"ドミノ"にすがります。易く演じることは絶対にできないし、易く扱ってもいけないと思っています。責任と覚悟も持って、演じ切りたいです。」

dominokeikoba_547.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3.共演者の印象についてお聞かせください。

「森魚役の柄本君と芝居するシーンが多いのですが、演技に嘘がないです。あと、何があっても全て受け止めてくれます。度量が大きくて、愛がとてもある方です。たくさん救われています。二人で芝居するところが見どころです。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「奇跡を願い、奇跡を追い求め、奇跡のために奔走する人々が、いつの間にかドミノ(奇跡)に翻弄されます。テーマこそ現実では、とても荒唐無稽なものですが、現実でも起こり得るかもと思って頂けるかと考えています。楽しみにしていてください。」

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

■『レディ・ベス』2017年公演特別連載 vol.3■



『エリザベート』『モーツァルト!』などの作者として知られるミヒャエル・クンツェ(作)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽)による新作として、日本ミュージカル界が誇る鬼才・小池修一郎演出で2014年に世界初演されたミュージカル『レディ・ベス』が、3年ぶりに上演されます。


今回の再演は、2014年のオリジナルキャストがほぼ全員続投!

あの、陰謀と波乱に満ちた、しかし美しい女王の半生が、最強の顔ぶれで蘇ります。

初演もがっつりとこの作品を追っていたげきぴあ、今回も稽古場に潜入してきました!

来ました稽古場。3年ぶりの『レディ・ベス』の世界です。
稽古も佳境に入っている9月半ばの某日。
まずは入念にボイストレーニングをする皆さん。LadyBess17_03_11_6466.JPG

初演ではいなかった子役さんもキャスティングされ、
さらに宣伝担当さんからも
「結構、前回から変わってますよ」
という言葉をもらって挑む稽古場取材。

さて!?

この日は、一幕の最初から返しながらやっていきましょう、という日でした。
山口祐一郎さん扮するロジャー・アスカムが、物語の世界へ誘うプロローグ。
LadyBess17_03_12_6747.JPG
天文時計を模した美しい舞台セットと、山口さんの壮大な歌が、時を超えさせてくれるよう......なのは、初演から変わらず!

そんな山口さん、舞台上の段差があるハズのところ(稽古場には段差はありません)でつまづいてみせたりと、ちょっとお茶目。
LadyBess17_03_13_6622.JPG

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第4回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

suzuki00.jpg

鈴木裕樹さん! イキウメファンの鈴木さんにお聞きしました!

――Q1. 前川知大さん作品の魅力についてお聞かせください。

「前川さんの作品や、イキウメの公演を観るといつも、不思議な世界に引き込まれます。むしろ、気づかない間に自分がその世界にいる。『自分が知らないだけで、そんな世界は普通に存在しているのではないか?』と、今も思っています。」

――Q2. 稽古をしてみて感じること、エピソード等を教えてください。

「稽古の合間の時間に何気無い話から、『あれは実はドミノだったんじゃないか』という話によく発展します(笑)。 稽古は難しさも勿論感じますが、演出の寺十吾さんに導かれながら毎日少しずつ発見を重ねています。」

dominokeikoba_611.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3.共演者の印象についてお聞かせください。

「左門森魚役の柄本時生くんとは、十数年ぶりの共演となるので、個人的にとても嬉しく思っています。勝村政信さんのお声掛けで皆で食事に行ったり、素敵な方ばかりなので、良い関係を築いていけたらと思います。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「僕自身、前川作品、イキウメの一ファンとしてこの作品に関われることをとても嬉しく感じています。同時にプレッシャーも感じますが、しっかりと作品に向き合い、このカンパニーならではの『関数ドミノ』を届けられたら、と思います。是非、ご期待ください。」

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第3回目にメッセージを寄せていただいたのは小島藤子さん!

kojima00.jpg

 小島さんにお聞きしました!

――Q1. 「関数ドミノ」の見どころを教えてください。

「登場人物たちの会話はどこの場面もかみ合っているようでかみ合っていない奇妙なものです。作られた物語の中の出来事ではありますが、どこかリアルで生々しい人間模様に台本を読んでいても目が離せなくなりました。」

――Q2. 稽古をしてみて感じること、エピソード等を教えてください。

「舞台の世界は私の知らないことだらけで毎日が勉強です。激しい動きや派手な演出はありませんが、その分お芝居の細かいところにこだわり、いろんな可能性を皆で模索しています。とても緊張しています。」

dominokeikoba_840.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3. 共演者の印象についてお聞かせください。

「内容が内容なのでずっと緊迫した空気なのかな? と思っていたのですが、皆さん優しくて面白くて稽古場はいつも和やかです。分からなくて戸惑っているとすかさず声をかけてくれる、頼もしい先輩方ばかりです。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「フィクションですが、どこか他人事とは思えないリアルさもあり、観てくださった方々が共感するような部分がところどころにあると思います。久々の舞台になりますが、皆様に観て良かったと思っていただけるものにしたいです。」

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。チケットは9/16(土)AM10時より販売!

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

第2回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

emoto00.jpg

柄本時生さん! 演出の寺十さんと共演経験もある柄本さんにお聞きしました!

――Q1. 前川知大さん作品の魅力についてお聞かせください。

「初めて『関数ドミノ』を読んだときに本当にあるようでないような、ある意味、抽象が具体になる本だと思いました。見たことがあって見たことがない、本当か嘘かわからないところが魅力だと思います。」

――Q2. 寺十吾さん演出についてお聞かせください。

「寺十さんにお会いするのは二度目で、初めてお会いした時は俳優さんでした。すごい変な方だと思っております(笑)。『こうしてほしい、ああしてほしい』と明確に言ってくださるので、出る側の人間としてはとても楽です。」

dominokeikoba_299.jpg

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3. 稽古をしてみて感じること、エピソード等を教えてください。

「いいですね、空気が重くて。空気が重いというのはきちんと稽古をしているということです。稽古は楽しくなくていいんです。だからとても楽しいです。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

「一生懸命頑張って面白い作品にします。この作品で、演劇というものを楽しんでいただけたらと思います。ぜひ観にいらしてください。」

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。チケットは9/16(土)AM10時より販売!

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

前川知大さん率いるイキウメの代表作のひとつ『関数ドミノ』。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきたこの人気作が、イキウメ以外で初めて上演されます。新キャスト、新演出が楽しみな今回の上演にあたり、キャストの皆さんからのメッセージが稽古場から届きました!

早速ですが、第1回目にメッセージを寄せていただいたのは、、、

seto.jpg

瀬戸康史さん! イキウメの前川さんの作品が大好きで、上演作をかなりご覧になっているという瀬戸さんにお聞きしました!

――Q1. 「関数ドミノ」の見どころを教えてください。

「今作は、奇跡を検証することで起こる人間関係がとても可笑しい。奇跡とは曖昧なものですが、曖昧が故にはっきりと浮き彫りになってくるものが人の考えや、自分でも気がついていない自分自身だったりする。そこを面白く、時に恐ろしさなんかも感じながら観ていただける作品です。」

――Q2. 前川知大さん作品の魅力についてお聞かせください。

「僕らが普段生活している中で忘れ去られていたり、欠けてしまっている大切なことを直接的ではなく、あるフィルターを通して投げかけることによって却って簡単に観客の心に届かせてしまうところが魅力だと思います。そんな前川作品に今年も参加でき、とても光栄です。」

瀬戸康史

稽古場の様子(撮影:神ノ川智早)

――Q3. 寺十吾さん演出や稽古をしてみて感じることを教えてください。

「このような題材を扱う上で共通認識というものはとても大切で、何度も本読みを重ね、時間をかけて丁寧に役やこの物語について全員で考える時間が大切なのだと改めて気づきました。まだ理解できてないことも全て台本に書いてある。そこを見つけていく作業が今は楽しいです。」

―― 読者の方へメッセージをお願いします!

僕自身が大好きなこの作品の、新たな一面を引き出せるよう稽古に向き合っています。
2017年版「関数ドミノ」、ご期待ください。

kansud.jpg

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。チケットは9/16(土)AM10時より販売!

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ