【あの一家が再びやってくる!】『アダムス・ファミリー』特別連載(1) 顔合わせレポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『アダムス・ファミリー』特別連載(1)■


印象的なBGMと妖しい出で立ち、ちょっと不気味でユニークな一家 "アダムス・ファミリー" 。
映画でもよく知られている彼らがブロードウェイでミュージカル化されたのは、2010年のこと。

日本では2014年に白井晃の演出で初演、ブラックな笑いとゴシックなテイストで描かれた "お化け一家の家族愛ミュージカル" は、大好評を博しました。

それもそのはず、脚本は『ジャージー・ボーイズ』などのマーシャル・ブリックマン&リック・エリス、作詞・作曲を手がけたのは『ビッグ・フィッシュ』などのアンドリュー・リッパという人気クリエイター。
さらに主人公であるゴメス(アダムス家のパパ)役の橋本さとしは、本作品で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。
作品が元々持つミュージカルとしての良さに俳優のキャラクターがピタリと合った、最高のエンタテインメント作品になりました。

そのブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』 が2017年、ふたたびやって来ます!addams2017_01_01_7178.JPG

新キャストも迎え、2017年版はどんなステージになるのでしょうか...?

本番に向けいよいよ始動したその稽古場、"顔合わせ"と読み合わせ稽古を取材してきました。
addams2017_01_11_6503.JPG



"顔合わせ"は、稽古初盤に、キャスト、スタッフ一同が顔を揃える場です。 ここでは、関係者全員のご紹介とともに、演出の白井晃さんが意気込みを語りました。

「3年半ぶりの再演です。この作品を再演できるということが本当に嬉しく、皆さんのお顔を見ているとニヤニヤしてきますし、この作品ともう一度立ち向かえるんだと思うとニコニコしてきちゃう。それくらい、自分も楽しかった思い出です。懐かしい面々もいらっしゃいますし、新しいメンバーの皆さんも、新しい祖先の皆さん(作中、いわゆるアンサンブルの皆さんは、"アダムス家の祖先" という役どころで登場する)もいらっしゃいます。また新しい『アダムス・ファミリー』を、お客さんに提供できればと思っています。
この作品、舞台上で出演者は大変なんです。踊ったり、歌ったり、ものを動かしたり。でもそれを楽しんでやって頂きたい。こちらが苦しんで楽しんでこそ、お客さんに楽しんで頂けるものになると思っています。ラクしたら楽しんでもらえません。演じる側が苦しみながら楽しんで頂けるような作品に出来たらと思います」
addams2017_01_11_7109.JPG
白井さんは本作を上演するKAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督ですが(2016年4月から。2014年4月からは芸術参与を務めていた)「実は3年前にここに来て、一番最初に上演した自分の演出作品が、『アダムス・ファミリー』なんです。そういう意味でも思い入れがある作品で、この劇場で上演してもらえることを楽しみにしています」といったお話も。



さて、顔合わせの日は、まだ歌稽古だったようですが、後日、読み合わせ稽古も取材してきました!
これは、台本をアタマから最後まで読み合わせていく作業です。
キャストの皆さん、まだ椅子に座った状態ですが、セリフだけでなく歌も入り、作品が本格的に動き出した感!


アダムス家のパパ・ゴメスは、橋本さとしさん。
初演でも、胡散臭い存在感の中にも、妻と娘に弱い愛すべきパパっぷりが絶賛されていました。
この日も、妻と娘に挟まれてオロオロする姿、可愛らしかったです!addams2017_01_12_7223.JPG

モーティシア(ママ)は映画でもその真っ白な顔色と無表情、そして抜群のプロポーションでインパクト大のキャラクターですが、今回はダブルキャスト!
まずは、初演時に、完璧なモーティシアを演じ新境地を拓いた真琴つばささん。
無表情なようで感情豊かなモーティシアを、茶目っ気たっぷりに真琴さんが演じています。OK03真琴つばさ_7264.JPG
橋本ゴメスとの掛け合い? ...駆け引き? も、楽しい!
おふたり自身も、楽しそうによく笑っていらっしゃいます。OK★addams2017_01_38_7253.JPG


そして今回初参加、もうひとりのモーティシアが壮一帆さん。
端正な魅力の壮さんが、個性の塊のようなモーティシアをどう作り上げるのかも楽しみにしたいですね。addams2017_01_15_7176.JPG

ゴメスとモーティシアとしては初顔合わせながら、共演の続く橋本さん&壮さん。
こちらも息の合った夫婦になりそうな...。addams2017_01_16_7165.JPG

一家の長女・ウェンズデーは昆夏美さん。
昆さんの "おさげ" のウェンズデーもピッタリでしたね!
このミュージカルでは、ウェンズデーが事件を運んでくるのです。addams2017_01_17_7150.JPG

弟・パグズリーは庄司ゆらのさん
今回、オーディションでこの役を獲得した庄司さん。
ご覧のとおり現役女子高生ですが、チラシビジュアルの完全なるパグズリーっぷりもぜひご覧ください!addams2017_01_18_7142.JPG

フェスターおじさんは、今井清隆さん。
今井さんのチャーミングさと、とんでもない美声があいまって、独特の可愛らしさを生み出しています。addams2017_01_19_7228.JPG

グランマ(おばあちゃん)は再演より参加の梅沢昌代さん。
"食えなさそう" なグランマに、百戦錬磨の梅沢さんがどう化けるのか!?addams2017_01_21_7144.JPG

そして一家の執事ラーチは初演の怪演も印象的な澤魁士さん。
フランケンシュタインのような外見を持つラーチ、美味しい役ですよね!addams2017_01_22_7160.JPG
......と、ここまでがアダムス家の皆さんです

このミュージカルは、白井さん曰くアダムス家とバイネッケ家の出会いの話。つまり、お化けと人間の出会いであり、ラテン系なアダムス家と、アングロサクソン系な感じのするバイネッケ家、価値観がまったく違う人種が出会い、最終的にはその価値観の違いを溶かし、交じり合っていく」物語ということで...。

それは(初演のパンフレットでも書きましたが、とのことですが)「そういった意味では、大きく言えば "世界平和のお話" です。今の時代にとても適した本。今の世の中で起こっていることと同じで、ある意味では世界を象徴している」とのことなんです。



その、アダムス家とは違う価値観を持った一家、バイネッケ家は、今回、全員がニュー・キャストになりました。

ウェンズデーのボーイフレンドであるルーカスは、近年、大作ミュージカルでの主演が続く村井良大さん
ふたつの家族は、ウェンズデーとルーカスが恋に落ちたことから、交流を図ることになるのです。addams2017_01_31_7218.JPG

ルーカスの母アリスは樹里咲穂さん。
おかしなアダムス一家に目をひそめる常識人のようで、実は彼女こそ、うっぷんを溜めているような...、という役どころを、テンポの良い芝居はお手のもの、な樹里さんがどう見せてくれるのか楽しみですね。addams2017_01_41_7244.JPG

ルーカスの父マルは戸井勝海さん
姿も声もダンディな戸井さん、この日もすでに、おかしなアダムス家にちょっと振り回されぎみのマルを素敵に演じていました!addams2017_01_33_7215.JPG


バイネッケ家の皆さんには、白井さんより「アダムス家は、普通からすればまったく逆のことばかり言う、変な価値観を持った人たちなんです。その価値観の違いを、最初はデフォルメするくらいでいい。はじめは「何これ...」という感覚を持ちながら、違和感を大きく作っていただいて、ハレーションを起こしてください」という言葉がありました。

▽ アダムス家と対をなす、バイネッケ家の皆さんaddams2017_01_33_7243.JPG


再演ということで、稽古場にはホラーテイストな舞台セットもすでに入っており、ちょっと不思議なムードの中、和やかに、和気藹々と進んだ読み合わせ稽古。
演技巧者の皆さんの絶妙な間合いで、途中、何度も笑いが起こっていました!

出演者自身が、とっても楽しそう。
今回も素敵なコメディが生まれそうで、楽しみです。


取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

【公演情報】
・10月28日(土)~11月12(日)
 KAAT 神奈川芸術劇場 ホール(東京)

・11月18日(土)・19日(日)
 豊中市立文化芸術センター 大ホール(大阪)
・11月24日(金)・25日(土)
 富山 オーバード・ホール

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8809

前の記事「大阪文化芸術フェスティバル2017で上演、 劇団そとばこまちの人気演目『のぶなが』が間もなく開幕!」へ

次の記事「『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』観劇レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ