演劇・小劇場の最近のブログ記事


エントレ主催の《第5回クォータースターコンテスト》の結果発表と授賞式が昨年12月に開催され、藤原佳奈さん(mizhen)の投稿動画『マルイチ』がグランプリを含む4賞を獲得しました。


2012年に始まったクォータースターコンテスト(以下QSC)は、演劇・舞台系動画のニュースサイト・エントレが主催する"15分編集なしの演劇動画を競う"コンテストで、グランプリを獲得すると賞金30万円が副賞として授与されます。
グランプリはエンタテインメント分野で活躍するクリエイターが審査員を務め、第5回は鴻上尚史さん、鄭義信さん、別所哲也さん、行定勲さんという豪華な顔ぶれとなりました。

また、協力団体が選出する各賞があり、げきぴあも第1回目から参加しています。

第5回は全国から96本の作品がエントリーされました。
その中から見事グランプリに輝いたのは、
藤原佳奈さん(mizhen)の『マルイチ』です。
4人の審査員全員が1位から3位までのいずれかに選んでいますので、この作品への評価の高さがうかがえます。

各審査員が選んだ結果とコメント詳細はこちら 


物語はバツイチ子持ち同士の男女の恋愛を描いたもの。オリジナルで作ったという楽曲が印象的な音楽劇。男性から見た状況と女性が受け取る感覚の違いをリフレインの手法を用いて効果的に見せています。前半の会話劇から後半の音楽劇に変化する手法など、工夫を凝らした演出もみどころです。

=====================
【動画作品情報】
『マルイチ』
脚本・演出:藤原佳奈(mizhen)
出演:佐藤みゆき、橋本拓也
音楽:黒沢秀樹
撮影:佐々木智崇
協力:藤沢宏光、くるみ、じおん、ミサキドーナツ、フォセット・コンシェルジュ
=====================



そして第5回QSCの【げきぴあ賞】もグランプリと同じ『マルイチ』が獲得しました!
本作はげきぴあを含む3つの団体賞も獲得しています。
各賞の受賞作品はエントレの「第5回クォータースターコンテスト 結果一覧」をご覧ください。


【げきぴあ賞】の副賞はげきぴあへのインタビュー掲載です。
そこで、さっそく脚本・演出の藤原佳奈さんにお話を伺いました。

P1050818.jpg

舞台『人間風車』は、後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に1997年書き下し上演、その後2000年、パルコ劇場にてG2演出の下、生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲ、八嶋智人、大倉孝二、など現在も活躍する錚々たるキャストが集結し上演、作品の衝撃度と共に長らく演劇界の伝説となった。2003年にも永作博美、入江雅人、河原雅彦、他のキャストにより再演された人気作である。
この度、14年の時を経て、まったく新しい形で再演されることが決定した。


物語の始まりは、一人の童話作家、平川の日常
一冊の本も出版出来ぬまま、新聞配達をしながら、せっせと童話を書いている平川。作品はひねくれた妙な作品ばかり。登場人物は全てレスラーの名前、作品のタイトルはレスラーのニックネーム、「一生懸命生きていると損をする」とか「三流大学出身よりは高卒がまし」、そんな話ばかり。
そんな平川は、毎週末に近所の公園で、子供たちに自作のへんてこ童話を語って聞かせていた。
ある日、子供たちと一緒に童話を聞く青年が現れる。自らをサムと名乗る青年は、平川の童話を聞くとすぐにその話を覚え、童話の登場人物になりきって現れる。サムは、見た目は大人だが、まだ幼い少年のような言動の不可思議な青年だった。

そんなある日、金が底をついた平川は、友人の務めるテレビ局に相談に出かけるが、そこで女優でレポーターのアキラと知り合い恋心が芽生える。それが原動力となり、平川は、傑作童話を書きあげる。

しかしそのことが発端となり、平川は親友だと思っていた男に裏切られ、恋する人からは誤解され、そして世間から見捨てられる羽目に....。理不尽な目に会い、転落した平川が取った恐るべき行動とは....。
平川が渾身の力を込めて語る2つの童話。絶望の淵に立った彼が語る、世界で一番残酷な童話。そして、もう一つは、世にも悲しくそして美しい物語....。

「夢」が「悪夢」に変わる瞬間、恐怖の最高潮が訪れる。心許した人からの裏切り、愛する事への挫折、様々な感情が渦巻きながら、大きなドラマが展開してゆく。
笑いはいつしか戦慄と恐怖に変わり、最後には押し寄せる涙。
「舞台」というエンターテインメントの面白さが、全て詰まっている作品だといって過言ではない。

今回、キャスティングも注目だ。主演・平川役は、高い身体能力と演技力で、会話劇から大型ミュージカルまで幅広く出演し、演劇界で八面六臂に活躍中の、今最も旬な実力派俳優、成河(ソンハ)。平川という人物の、天国から地獄に堕ちてゆく激情を、成河が、いかに演ずるか期待が高まる。

ヒロイン・アキラ役に抜擢されたのは、存在感と透明感を併せ持ち、確かな演技力に定評があるミムラ。今回が2度目の舞台出演となるミムラだが、この作品は大きな挑戦となるに違いない。

そして、物語のキーとなる、青年・サム役は、加藤諒。加藤は昨年、その強烈なビジュアルとキャラクターとキレキレのダンスで、バラエティ番組での大ブレイクを果たし、一方、舞台『パタリロ』では、主役・パタリロを好演、原作との高いシンクロ率で話題となる等、唯一無二の存在感で巷の人気をさらっている。その加藤が、サムという役を通じ、舞台上でどんなオーラを放つのか、今から楽しみである。

更に、2017年版のもう一つの見どころは、河原雅彦による演出だろう。河原は2003年版の出演者の一人でもあり、'サム'を鬼気迫る迫力で演じた。そんな彼が、今回は演出を担う。河原は、エンタテインメント性とカルトな世界観を両立させる独特な美学と高い演出力で、大劇場、小劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、様々な作品を手がけ高い評価を得ている、今演劇界を牽引する演出家の一人である。その河原が、より恐怖とエンタテインメント性を高めた、新しい『人間風車』を創りあげる。今回も、演劇界で旋風を巻き起こすに違いない。
今回の公演に際し、メインキャスト3名と、演出の河原が、以下のように意気込みを寄せた。


チケット情報はこちら


俳優・結城洋平の自主公演、結城企画『くるみ割れない人間』 

アフタートークが決定。

大村まなる(劇団プレステージ)、大歳倫弘(ヨーロッパ企画)、

モラル(犬と串)の登壇が発表された。


大村まなる(劇団プレステージ)2.jpg


大歳倫弘(ヨーロッパ企画)2.jpg


モラル2.jpg


1月25日より公演がスタートする俳優・結城洋平の自主企画公演、結城企画『くるみ割れない人間』のアフタートーク登壇者が決定。

1月25日(水)19:00公演は本作品の脚本・演出を手掛ける劇団「犬と串」のモラル、26日(木)19:00公演は劇団プレステージの中心メンバーで結城とも親交の深い大村まなる、29日(日)18:00公演は旗揚げ公演『ブックセンターきけろ』の脚本・演出を務めたヨーロッパ企画大歳倫弘に加え、出演者の眼鏡太郎(ナイロン100℃)も登壇する。


上演にむけて、主宰の結城洋平は、

「初日まで、残り一週間をきりました。エネルギッシュクラシックバレエコメディ。こに開幕いたします。くるみ割れない人間は、本当にくるみ割れない人間なのか!? 当はくるみ割れる人間なんじゃないのか!? 是非確かめに来てください!フタートークには心踊る、素敵な方々に来て頂きます。んな"くるみ割れない話"ができるのか、楽しみです。ご来場お待ちしております。」と語る。

結城洋平2.jpg



チケット情報はこちら

渡辺流演劇塾5期生の早石です!

オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」本日の稽古場をレポート致します!


今日は、芝居のこと細やかのことを決めていきました。

更に更にグレードアップしていっている稽古場、腹がシックスパックになるか⁉というくらい稽古場に笑いが絶えません! 段々と形になってていくことが凄いと...壮大なドタバタ劇になっております。


今日はこんな一コマをご紹介!

S__18210823.jpg

舞台を盛り上げるための衣装作りをやっております。女性陣が一丸となり作業にあたっております。どこのシーンの衣装なのか?

全ての答えは... 是非、1月18日よりシアタートラムまでお越しください!!今年初の劇場での初大笑いを!! 大いに笑えます^_^ 劇場でお待ちしております。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

こんにちは!

渡辺流演劇塾三期生の秋山日登美です。

『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古は、いよいよ活気付いております。

今日は劇中ミュージカルの振付が中心でした。

役者として、どう考えてどう動くか。自分の考えが反映されなければ活きない演技になってしまう!

当たり前の事が何故か当たり前に出来無くなっていた事をえりさんから御指摘を受け、己れに自身に愕然としているΣ(-᷅_-᷄๑)

間も最早、無い位に現実は、本番が刻々と近付いています!

そんな緊張感と1月の寒さで縮こまる心と身体を制作さんの温かい御心遣いが救って下さいます❗️

感謝の気持ちで又、明日を頑張って行きたいと思います!

宜しくお願い致します!!m(_ _)m

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

内野聖陽版ハムレット、豪華キャストの一人二役に注目

シェイクスピア作品の中でも特に人気が高い名作『ハムレット』を、内野聖陽主演で上演する。演出は『レ・ミゼラブル』オリジナル版演出で知られ、英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクターである巨匠ジョン・ケアード。本作の製作発表が1月10日、都内にて開催された。
hamlet2017_01_8046.JPG
ジョンは以前より内野に「いつかハムレットをやるべき」と強く薦めていたという。その理由を「ハムレットはシェイクスピアが描いた中でも一番大きな役。若い役と思われているかもしれませんが、本当は経験豊かで技術がある人がやらなきゃいけない。この物語は哲学を描いているから、"ただ稽古でやったことをやる"のではなく、シェイクスピアの描いたことについて考えられる人じゃないと出来ない。内野さんはそういうことが出来る人」と熱弁。これに対し内野は「(考えることは)一番苦手」と笑いながらも、「ハムレットはもっと若い人がやるべきと思う人がいるかもしれませんが、そうじゃないんだぞというのを、今回必ずお見せします」と力強く意気込む。また名匠ジョン・ケアードについて「彼の"どんなキャラクターにも、特殊な役にも、それぞれ共感できるところがないといけない"という考え方が大好き。この作品にも難しい部分はあるかもしれないが、万人に共感できるところもたくさんある、豊かな作品になるのでは」と期待を話した。ちなみに劇中、ハムレットは「太っている」という描写があると訊き「(『真田丸』の家康役のために)16キロ太って必死にいま痩せようとしてたのに、気が緩みました(笑)」と内野。

会見ではジョンによる構想も語られたが、中でも注目は、30人ほどの登場人物を、わずか14名のキャストで演じきるということ。内野含め、ほとんどの俳優が複数役を演じ、そのことで演劇的構造を浮かび上がらせる仕組み。「内野さんも(ハムレットが死んだ後)フォーティンブラスとして戻ってきてもらいます。もともと僕は、ハムレットの死後、全然知らない人(フォーティンブラス)が国をとっていってしまうのが疑問でした。ハムレットが自分がなるべきだった王として復活した...となると、この劇のテーマである"蘇る死と生の関係"というものがクリアに見えてくるんじゃないか」と語るジョンに、出演者自身も興味深そうに耳を傾けていた。

なお、ヒロイン・オフィーリア役は、オーディションでこの役を掴んだという貫地谷しほり。「本当に今、ここに立てていることが嬉しい」と喜びを語った。ほか出演は北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉、壤晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼ら。公演は4月9日(日)から28日(金)まで、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演(4/7・8にプレビュー公演あり)。チケットは1月14日(土)に一般発売を開始。その他兵庫・高知・福岡・長野・愛知公演あり。



以上、「チケットぴあニュース」でも掲出した記事ですが、ジョン・ケアードさんが話す構想が非常に興味深く、またキャストの皆さんもとても素敵な表情をしていましたので、「げきぴあ」ではもう少し詳しくお伝えいたします。
hamlet2017_04_7936.JPG

登壇したのは、内野聖陽さん、國村隼さん、貫地谷しほりさん、北村有起哉さん、加藤和樹さん、山口馬木也さん、今拓哉さん、壤晴彦さん、村井國夫さん、浅野ゆう子さん、演出のジョン・ケアードさん、演奏・音楽の藤原道山さん、翻訳の松岡和子さんの13名。

会見では最初にジョン・ケアードさんが、今回の劇の構造について、そしてその意図について熱く語りました。
hamlet2017_05_7917.JPG

チケット情報はこちら

本日のレポートを担当します、渡辺流演劇塾4期生藤枝です。


初日まで数える日数となってまいりました。

稽古場にも冬の寒さなどものともしないほど熱が入ります。

半袖で稽古する人がちらほらいるほどです。


本作品「鯨よ!私の手に乗れ」は老人施設が舞台の話なのですがなんと!

歌あり、ダンスあり、更に演奏もあるのです。

ミュージカルもありますよ!

ヒップホップやりますよ!


そしてそして、今回使用する楽器の目玉のひとつがこちら!


KIMG0365.jpg


遂にお披露目。

ハープです!!

しかも3つ!!


なんと、えりさん自身が実際に触り音を確かめ選びました!

ベテランの客演の方々も、ハープの音色を初めて聞いた時は思わずため息をつかれたほどに素敵です。

ハープの柔らかな音色が、えりさんの劇世界へ誘います。



ぜひ劇場に足を運び、その音色を生でご覧下さい。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

はじめまして。
渡辺流演劇塾4期生の菊地祥子です。
オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」の稽古場レポートをします!

本日は止め通しと言い、何かあれば止めながら最初から最後まで通して演じる稽古の予定でしたが...
止まることなく最後までいきました!
通し後、演出の渡辺えりさんもおっしゃっていたのですが、とてもおもしろくなりそうです!

S__18456665.jpg
通し後は制作さんが作ってくださったおしるこで一息!
甘いおしるこで元気回復した後は、各々稽古したり、衣装や美術等の作業をしたりしました。

写真はタップを練習中の広岡由里子さん、土屋良太さん、坂梨磨弥さんです。

明日はとあるシーンの振付です!
今回、作・演出だけでなく振付もえりさんがします!
どんなダンスになるのか、楽しみです。

オフィス3○○「鯨よ!私の手に乗れ」今月18日からです。
ぜひシアタートラムにお越しください!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

初めまして。渡辺流演劇塾4期生の宮本 翔太と申します。北海道札幌市出身です!

4期生石井から引き継ぎ私 宮本がレポートしたいと思います!!

渡辺えり新作『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古場風景をお伝えします!


本日は朝から立て込み作業に入りました!!

舞台セットがドンドン出来上がって行くとテンションが上がりますね!!!

皆さんで作り上げている作品なので えりさんの熱も上がってます!!


出演してる僕も楽しみで仕方ないです !!


そんなお昼は毎日美味しいケータリングが頂けるのです!!!!!、

もうモゥ美味しくて美味しくて仕方ないんですよ~!!

本当に感謝!感謝!! 感謝!!!です!!

な・の・で!!ケータリングのご飯も次回 ご紹介させて頂きたいです!!


さてさてそんな中!

時間がたつのがはやいもんで稽古終わりになってしまいましたが!!!素敵なツーショット写真とご紹介させて下さい!!


ドーン!!!!

00image1.JPG

桑原裕子さんと吉田芽吹さんです!!


お二人は稽古中も仲が良いので写真を撮らせて頂きました!!!


お二人の役所は!?

それは言いたいけど言えません 笑

僕は毎日学びながら観ています!!

慌ただしい日々ですが!!

鯨よ!私の手に乗れ。は、2017.1/18より公演します。私 宮本も最善の芝居をお見せ致します!


明日はどんなレポートになるでしょう!?


最後に1枚!

00image2.JPG

全身 バージョン!!!

明日もご期待あれ!!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

初めまして。渡辺流演劇塾4期生の石井幸と申します。
渡辺えり新作『鯨よ!私の手に乗れ』の稽古場風景をお伝えします

本日は、えりさんがスタッフ、役者全ての関係者の方々の為に、芋煮を作って持ってきて下さりました。

S__48758788.jpg
えりさんの芋煮は、美味しいと評判らしく、芋煮が登場すると、稽古場内が、おお!っと活気付き、えりさんの芋煮美味しいんだよね〜、と、言ったその人が既に芋煮を取り囲みに走り出しているほど、大変な盛況でした。
残念ながら、僕が小道具を弄っている間に芋煮は終わってしまい、食べる事が出来ませんでした。
芋煮を食べようと鍋を見た時には、既に汁しか残っていませんでした。
出演者の方々や、関係者の皆さんで芋煮を食べている間は、緊迫した雰囲気が和らぎ、皆さん笑顔で談笑したり、各々伸び伸びと過ごされていました。
しかし稽古が始まると、また直ぐに緊迫した様相を見せ、本番に向けて、エンジンが全開になって来ている、そんな雰囲気でした。
鯨よ!私の手に乗れ。は、2017.1/18より公演します。
これからどんどん出演者やスタッフさんの様子等レポートして行きます!
是非、劇場にお越しくださいませ!劇場で、お待ちしております。

えりさんの芋煮を食べる、出演者の土屋良太さん。土屋さんにとっては、ご家庭の味?

S__48758787.jpg

チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉