開幕レポートの最近のブログ記事

宝塚歌劇団星組の東京公演『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-』『ロマンス!!(Romance)』が10月21日、東京宝塚劇場で開幕した。
hoshi_ouka01_9001.JPG

本公演は星組トップスター・北翔海莉、トップ娘役・妃海風の退団公演。『桜華に舞え』は、西郷隆盛の右腕と呼ばれ、明治維新の立役者となりながらも、己の"義"を大切にし"避けられぬ宿命"西南戦争へ身を投じていく桐野利秋(中村半次郎)を主人公に、"最後の侍"の生き様を描く作品。北翔にぴったりな優しさ、温かさと頑なさを持つ桐野の姿、そして次期トップスター紅ゆずる扮する衣波隼太郎に次の時代を託す場面なども盛り込まれ、北翔の退団を意識した作品になっている。とはいえ、観終わったあと、悲しい涙よりも明るい笑顔が胸に残るのもまた、北翔に似合う。
hoshi_ouka01_7617.JPG

後半のショー『ロマンス!!(Romance)』は演出家・岡田敬二によるロマンチック・レビューシリーズの19作品目。伝統的な宝塚らしさに満ちた、華やかで美しいステージだ。こちらでも、歌もダンスも芝居も何をとっても天下一品、当代きっての芸達者トップスター・北翔の魅力が存分に味わえるとともに、妃海との息の合った歌声やダンス、そして勢いのある星組スターたちの熱いパフォーマンスが息つく暇なく展開され、目が奪われる。
hoshi_ouka02_8809.JPG

北翔の19年の宝塚生活のピリオドとなる2作品。舞台上には北翔からの愛が、そして北翔への愛が溢れ、幸せ空間となっていた。


==『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-』==
hoshi_ouka11_7708.JPGhoshi_ouka12_8095.JPGhoshi_ouka13_8194.JPGhoshi_ouka14_8286.JPG

==『ロマンス!!(Romance)』==
hoshi_ouka21_8928.JPGhoshi_ouka22_8503.JPGhoshi_ouka23_8734.JPGhoshi_ouka24_8431.JPG

初日にさきがけ10月21日には、北翔海莉、妃海風が取材に応じ、現在の心境を語りました。


北翔海莉&妃海風 囲み取材

北翔「星組の北翔海莉でございます。わたくし事ではありますが、今回『桜華に舞え』『ロマンス!!』、卒業公演となりました。宝塚大劇場での公演を無事に終え、残るは東京のみ、ファイナル公演です。待ったなし、ノンストップでまいります。とにかく全員が怪我をせずに揃ってゴールできることを目標に、そして進化し続ける舞台を目指して、頑張りたいと思います」
hoshi_ouka31_8943.JPG

妃海「星組の妃海風でございます。私もご一緒に退団させていただくことになりました。大劇場公演もとってもとっても、毎日充実していて楽しかったので、東京公演も、瞬間瞬間を大切に過ごしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします」
hoshi_ouka32_8947.JPG
△ 囲み取材で自分の名前を名乗るトップスターさん&トップ娘役さん、珍しいです...!

チケット情報はこちら

■2016年版『ミス・サイゴン』 vol.7■


ベトナム戦争を背景に、普遍的でありながらも究極の愛の形と、戦争のむなしさを描き出すミュージカル『ミス・サイゴン』

ベトナム人少女キム、アメリカ兵クリスの悲恋を中心に、何をしても生き延びてやるという貪欲さで混乱する状況下を泳ぎ渡るエンジニアら、さまざまな人々の思いや思惑が交差しくさまを、『レ・ミゼラブル』を作ったアラン・ブーブリルとクロード=ミッシェル・シェーンベルクの美しい音楽が包み込んでいく、大作ミュージカルの金字塔です。

日本では1992年の初演以降幾度となく上演を重ね、2012年には"新演出版"が登場、好評を博しました。
この作品が2016年もまた、新たなキャストを迎えて上演されます。

多くの俳優によって引き継がれていく『ミス・サイゴン』ですが、今年も多くの新キャストを迎えるほか、日本初演からエンジニアを務めてきた市村正親が、今回をもって作品を卒業するのも話題
市村さん、日本での上演回数1368回のうち、809回の舞台に、エンジニアとして立っています!

10月15日にはじまったプレビュー公演を経て、いよいよ10月19日に初日を迎えるこの『ミス・サイゴン』
19日の初日前、市村正親さん、キム役の笹本玲奈さん、クリス役の上野哲也さんによる囲み取材が行われました。
misssaigon2016_07_01_0562.JPGmisssaigon2016_07_02_0550.JPG
△ 会見は、劇中『アメリカン・ドリーム』のシーンのセット、自由の女神像&キャデラックの前で行われました。


――まずはひと言どうぞ。

市村「ようやっと初日が来ました。頑張ります」
misssaigon2016_07_04_0640.JPG

笹本「8月のあたまからお稽古していたので、私もようやく舞台に立てたと、楽しみで仕方ないです」
misssaigon2016_07_05_0642.JPG

上野「今回僕は2回目なんですが、演出家(海外から来る演出補)も変わり、自分の中のキャラクターもけっこう変わっているので、前回とは違う緊張感と高揚感があります」
misssaigon2016_07_06_0650.JPG

――市村さん、復活ですね。

市村「こないだ(2014年の前回公演)は胃がんで降板しましたからね。復活と同時にファイナルです。でも次の再演の時、元気だったらやっちゃうかもしれないけど(笑)! 一応ファイナルということで、頑張ろうと思ってます。体調は非常にいいんですよ。万全です! でも人間明日のことはわからない。僕、3年先までスケジュールは決まってるけど、4年後は決まってないんです。体調次第ですね、明日のことはわからないから。次はもし元気だったらリターンするからね!「本当の復活!」とか(笑)」
misssaigon2016_14_0611.JPG

チケット情報はこちら


yoruha_03コピー.jpg
舞台「夜が私を待っている」 左から入江甚儀、秋元才加


舞台「夜が私を待っている」が東京・紀伊國屋サザンシアターで開幕した。

本作は英国人作家エムリン・ウィリアムズにより1935年に書かれた心理サスペンス劇。

演出を手掛けるのは河原雅彦。出演は入江甚儀、秋元才加、前田美波里のほか、明星真由美、久ヶ沢徹、岡部たかし、弘中麻紀、白勢未生が出演する。

本作の公開舞台稽古と、囲み取材が行われ、意気込みを語った。【動画1分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

oogarasu_01.jpg
舞台「あの大鴉、さえも」 左から小林聡美、片桐はいり、藤田桃子

小野寺修二が演出を務める舞台「あの大鴉、さえも」が東京芸術劇場シアターイーストで上演中。出演は小林聡美、片桐はいり、藤田桃子。

現代演劇のルーツといえるアングラ世代の戯曲を 若手・気鋭の演出家が大胆に現代の視点で読み直す、東京芸術劇場人気企画「RooTS」。
シリーズ第四弾にあたる舞台「あの大鴉(おおがらす)、さえも」が9月30日から東京芸術劇場シアターイーストで上演が始まった。

男が三人ガラスを運んでいるのだが、どこに運ぶのか定かでない、そして届け先には入り口が見当たらない・・・。

とても不条理でシュールな内容が好評を博し、岸田戯曲賞を受賞した竹内銃一郎の代表作だ。
今回は本作の上演台本をノゾエ征爾、演出を小野寺修二が手掛ける。出演は小林聡美、片桐はいり、藤田桃子という個性派女優3人だ。

初日前日の9月29日に本作の公開舞台稽古が行われた。動画はこちらをダイジェストにしたもの。【動画1分】

記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

【開幕レポート】


姿月あさと、マテ・カマラス、伊礼彼方の3人によるスペシャル・ライブ「姿月あさと×マテ・カマラス×伊礼彼方 -Musical Songs and Pop Galore!-」が9月13日、東京・草月ホールで開幕した。
SizukiMateIrei2016_01_7590.JPG

同日に行われた最終舞台稽古の模様を取材した。

▽ 姿月あさと
SizukiMateIrei2016_03_7726.JPG
▽ マテ・カマラス
SizukiMateIrei2016_04_7869.JPG
▽ 伊礼彼方
SizukiMateIrei2016_05_7738.JPG

宝塚歌劇団宙組の初代トップとして知られ、退団後もその力強い歌声でファンを魅了し続ける姿月、『エリザベート』のトートをウィーン、ハンガリー、日本の地で3ヵ国語で演じ、日本でも2007年の初来日以来、根強い人気を誇るマテ、ミュージカルからストレートプレイまで、挑戦的な作品に出演し続ける個性派俳優・伊礼。さまざまな大舞台をきらびやかに彩ってきた3人である。幕開け早々、当然のようにおなじみの王道ミュージカル・ソングのメドレーが続き、華やかな歌声で魅了する。玉野和紀演出ならではか、ダンスも盛りだくさんでショーアップされたシーンだ。だが、そこで終わらないのがこの個性派3人ならでは。日本人なら誰しもが知っているであろう、少し懐かしめのJ-POPが続けざまに歌われ、独特な世界に観客をいざなう。中でも意外な選曲を日本語で歌うマテの姿が新鮮かつユニークだ。
SizukiMateIrei2016_07_8003.JPG

チケット情報はこちら

 舞台『遙かなる時空の中で5』の続編、舞台『遙かなる時空の中で5 風花記』が8月11日(木・祝)に初日を迎えた。
大人気ネオロマンスゲームを題材とする、この作品は白龍の神子・蓮水ゆき(君島光輝)と彼女を守る八葉たちが現代世界と異界とを救う物語。

DSC_0753.jpg
 無事に二つの世界を崩壊から守ったゆきは、しかし、荒廃したままの現代で目覚める。果たして何が起こっているのか......
彼女は再び、兄妹のように育った桐生瞬(越智友己)、いとこの八雲都(汐月しゅう)とともに異界へと飛ぶ。
ところが、そこは見知った京の街ではなく、幕末の江戸城の中だった!?

haruka5_DSC_0695.jpg
 今作から登場するのは、江戸幕府に仕える陰陽師・リンドウ(山川宗一郎)。怜悧な眼差しで、ゆきの資質を疑い、神子をやめるよう進言する。けれど聞き入れることなく凛とした眼差しで「やめません」と答える、ゆき。
 そんな彼女のもとに集う、瞬を始めとした八葉たち、坂本龍馬(塩口量平)、チナミ(河原田巧也)、沖田総司(秋葉友佑)、小松帯刀(吉田龍介)、福地桜智(伊万里有)、アーネスト・サトウ(冨森ジャスティン)、高杉晋作(仲田博喜)も前作同様、それぞれに個性あふれる演技を披露。
 さらに脇を固める土方歳三(小島祐輔)、勝海舟(中神一保)、小栗忠慶(太田裕二)らも物語を彩る。

haruka5_DSC_0789.jpg
haruka5_DSC_0710.jpg
haruka5_DSC_0803.jpg
 ひょうひょうとした笑顔で銃を撃ちまくる龍馬、見事な殺陣で刀を振るう高杉、自在に薙刀を操る小松──八葉たちが華麗な衣裳をひるがえし怨霊たちと戦う姿は実に艶やか。さらに江戸時代から現代に飛ぶ、彼らの洋装も見どころのひとつ。
 怨霊退治とともに、幕府の手による江戸の大火をキッカケにチナミの兄や仲間への熱い心も明かされる。描かれるのは戦う日々ばかりではなく、総司がゆきの笑顔のために金平糖を渡す姿も微笑ましく、もちろん鞭を手にする桜智の挙動不審さ(笑)も健在!
 さらに公演ごとに八葉たちのマルチシーンが日替わりで8パターン用意され、それぞれが抱く、ゆきへの想いも語られる。なお、初日ではアーネストが登場。それらがどう描かれるかは、劇場でのお楽しみ。

 やがて、現実世界と異世界の二つの世界が崩壊し融合した先に生まれる合わせ世の存在と瞬と弟の祟(熊谷魁人)の秘密を知り、ゆきは神子としてひとつの選択を迫られる。
 リンドウはうそぶく「がんばっても運命は変わらないよ」と。都は叫ぶ「全部を背負い込んでつぶれちゃダメだ」と。瞬は願う「俺は、あなたとともに生きたい」と──そして、ゆきは誓う、みんなを守る、と。

haruka5_DSC_0874.jpg
haruka5_DSC_0918.jpg
 ゲーム世界そのままに届けられる、本公演は8月21日(日)まで、全労済ホール スペース・ゼロにて上演中。

haruka5_DSC_0902.jpg
文/おーちようこ

チケット情報はこちら

■ミュージカル『王家の紋章』#18■


ついに開幕したミュージカル『王家の紋章』、続けて、初日8月5日の終演後に行われた「囲み取材」の模様をレポートします!
oumon2016_18_01_4858.JPG
oumon2016_18_11_4932.JPG
登壇したのは、主人公・メンフィス役の浦井健治さんと、ヒロイン・キャロルをWキャストで演じている宮澤佐江さん・新妻聖子さん

「感無量です。細川先生と芙~みん先生が白いハンカチで涙を拭われているのを見た瞬間にこちらもぐっときてしまって、大感動しました。お客さまに支えられて、スタッフ、オーケストラ、キャスト...全員が一丸となってやれたので、こんなに幸せな舞台はないなと思っています」浦井さん
oumon2016_18_03_4981.JPG


原作ファンを公言している新妻さんは、
「幸せですぅ~。私、本当に『王家の紋章』の大ファンで、マニアと言ってもいいくらい好きなので、その世界の中に入れていただいて、実際にキャロルとして生きるということがこんなにも幸せなんだなって思いました」
oumon2016_18_04_4944.JPG

宮澤さんは、この囲み取材の翌日(8月6日)が初日でしたので、まだ実際には初日の舞台は踏んでいない状態でしたが
「夢みたいです。帝国劇場に立てることも、この『王家の紋章』という作品でキャロルをやらせていただけることも夢みたいです。でも、その夢の時間は1ヵ月で終わってしまうので、本番中も、いっぱい成長できたらいいなと思っています」
と決意表明。
oumon2016_18_05_4880.JPG


■ミュージカル『王家の紋章』#17■


8月5日(金)、ミュージカル『王家の紋章』、ついに開幕しました!
oumon2016_17_01_4750.JPGoumon2016_17_02_4722.JPG
初日には特別カーテンコールが行われ、なんとその場で早くも、来年の再演が発表に...!
このミュージカルの勢いを感じる瞬間でした。

ひと足先に出したニュースはコチラ→

今回はその特別カーテンコールの詳細レポートをお届けします。


まず主人公・メンフィス役の浦井健治さん
「少女漫画の金字塔である『王家の紋章』。連載40周年、発行部数4000万部を誇るこの作品がこうして舞台化されることになり、今日初日を迎えました!」と報告するとともに、「これも関係者の皆さまや、(演出の)荻田さん、(作曲の)リーヴァイさんのおかげです」とお礼を。
oumon2016_17_10_4746.JPG

そして浦井さんの「代表してふたりに」という呼びかけでこちらのおふたりがご挨拶。

キャロル=新妻聖子さん
oumon2016_17_11_4708.JPG
「私は原作が大好きで、ウン十年来のファンです。ずっとこの『王家の紋章』から私が頂いてきた幸せを、少しずつでも舞台上でお返しできればという思いで1ステージ1ステージ、心を込めて努めさせていただきます。...客席に(原作の)細川智栄子先生と、芙~みん先生の姿が見えるだけで涙が出そうです...。。こうしてこんなにゴージャスな金の衣裳も着させていただき、もう死んでもいいです......、死なないです、明日からも頑張ります(笑)。でも死んでもいいくらい幸せです。
今日改めて、すばらしいキャストとご一緒できる幸せを冒頭から噛み締めておりました。そしてお客様がとても温かく、本当に嬉しかったです、ありがとうございました」
と、原作愛に溢れたご挨拶です!


そして浦井さんに「イズミルこと、マモちゃん!」と紹介された、イズミル=宮野真守さん
oumon2016_17_12_4692.JPG
「マモちゃんです(笑)。今回、人生で初めて帝国劇場に立たせていただけることになりました。普段は声優のお仕事をしています。そんなこともやってるんだなと覚えて帰ってください(笑)。子役の頃からずっと活動していて、帝国劇場でミュージカルを見たりもしていて、(この場所を)目指したこともあって。でもなかなか上手くいかないこともあったのですが、今こうして、最高のメンバーと最高の作品で、この場所に立てていることが嬉しく不思議で、自分の人生において大きな一歩になったなと思っています。
観ていただいた皆さんが(カーテンコールで)立って、ワーっと拍手をくれて、嬉しかったです。世界初演なので不安なこともみんなあったと思うのですが、その拍手のおかげでいま幸せな気持ちでいっぱいです。今日から1ヵ月、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」
と、万感のご挨拶でした。

チケット情報はこちら


geki_elisabeth1_160728.jpg
1996年に宝塚歌劇で初演され、今年で20周年を迎えたミュージカル『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』が、トップスター・朝夏(あさか)まなと率いる宙組により上演。7月22日、兵庫・宝塚大劇場にて幕を開けた。

19世紀末に実在したオーストリー=ハンガリー帝国皇后エリザベートの生涯を、黄泉の帝王トート(死)との愛憎を軸に描いた本作。一度聴くと耳から離れないほどに美しい楽曲の数々で彩られた名作で、歌唱での表現力も重要な要素となる。宝塚版ではトートを主役に置き換えたオリジナルの演出がつけられ、歴代のトップスターが上演のたびに新たなトート像を作り上げてきた。9代目のトートとなる朝夏。手足の長い美しいスタイルの朝夏トートは、艶めかしく冷たいオーラを放ち、それでいて情熱的にエリザベートへの愛を見せる。そのバランスが絶妙で、眼差しや指先の動きも、観る者をゾクッとさせるほどに妖しい。

geki_elisabeth3_160728.jpg
エリザベートを演じるのはトップ娘役・実咲凜音(みさき・りおん)。活発な少女時代では澄んだ歌声で「パパみたいに自由に生きたい」と、無邪気に歌い上げる。一方で、オーストリー=ハンガリー帝国の皇后となった後は、皇太后ゾフィーの厳しい教育に苦悶。孤独に耐えながら精神的な強さを身に着け、「私のためだけに生きる」と決意したときには凛とした目、佇まいで惹きつける。しかし美貌が衰えることへの焦り、皇帝フランツの不貞...と、精神的に追い詰められていく様は、痛々しさを感じるほどだ。

geki_elisabeth4_160728.jpg

さらに真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、柔らかな語り口と優しい雰囲気をまとい、皇帝フランツを表現。エリザベートに深い愛を抱く一方で、皇后ゾフィーには逆らえない弱さも。次第にすれ違っていくフランツとエリザベート。想いが届かないもどかしさを丁寧に見せている。そして、狂言回し的な役どころである暗殺者ルイジ・ルキーニを演じるのは、愛月(あいづき)ひかる。鋭い目でルキーニの狂気を表し、軽快なセリフ回しやアドリブで観客の笑いを誘いながら、物語を運ぶ。皇太子ルドルフは澄輝(すみき)さやと、蒼羽(そらはね)りく、桜木みなとの3人が役替わり。この日は桜木みなとが、ルドルフの孤独や寂しさを滲ませながら好演した。

geki_elisabeth5_160728.jpg
それぞれに歌唱力が高く、ソロナンバーはもちろん、ハーモニーも心地良く胸に響く。集団でのコーラスや群舞も迫力があり、20周年の『エリザベート』にふさわしい仕上がりになっている。

兵庫・宝塚大劇場公演は8月22日(月)まで上演中。また、東京宝塚劇場公演は9月9日(金) ~ 10月16日(日)まで。8月7日(日)の一般発売を前にプレリザーブを7月28日(木)11:00から8月3日(水)11:00まで受付。

取材・文/黒石悦子
撮影:三上富之

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


geki_cats_160719.jpg

7月16日より大阪四季劇場でミュージカル『キャッツ』が開幕した。『キャッツ』は、24匹の個性あふれる猫たちの物語。都会の夜のゴミ捨て場を舞台に、各々のキャラクターが自らの生き様を高らかに謳い上げる。

ここ大阪での公演は13年ぶり4度目。大阪初演は1985年~1986年、旧国鉄の西梅田コンテナヤード跡地(現:大阪モード学園・HAL大阪)に建てられたテント式の仮設劇場「キャッツ・シアター」で、2度目の公演は1992年~1993年、大阪スタヂアム(当時)グランド内に特設された「キャッツ・ドーム」。そして3度目の公演は2001年~2003年「大阪MBS劇場」(当時)にて行われた。

geki_cats2_160719.jpg

グリザベラ役の木村智秋は「13年ぶり4度目の『キャッツ』大阪公演がいよいよ開幕しました。大阪初演の場となった西梅田で再びこの作品を上演できるのは大変光栄なことです。作品の感動を、お客様お一人お一人の心へお届けできるよう、出演者一同、全力で取り組んで参りたいと思います」と意気込む。

geki_cats3_160719.jpg

劇団四季『キャッツ』大阪公演は現在上演中。11月末までのチケットはほぼ完売。12月~2017年3月末公演分のチケットを発売中。

チケット情報はこちら

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉