ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』全国7都市完走! 日本版キャストCD発売も発表された、大千秋楽カーテンコールレポート

| トラックバック(0)

 
9月の東京・シアタークリエ公演よりスタートした2018年版ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』が、11月11日、神奈川県民ホールで大千秋楽を迎えました。
JB1111_40112.JPG

演出の藤田俊太郎さんによると、「のべ4万7千人のお客さまにご観劇いただきました」という大盛り上がり、各地で大旋風を起こした『ジャージー・ボーイズ』。
げきぴあでは8月初旬の稽古場から、キャストインタビューまで、様々な角度からこの作品を追ってまいりました!

【2018年『ジャージー・ボーイズ』バックナンバー】
# ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート、熱狂の開幕!
# 2018年版『ジャージー・ボーイズ』本格始動! 稽古場レポート
# 稽古場レポート第2弾! WHITEチームの稽古場に潜入
# 稽古場レポート第3弾! BLUEチーム ピックアップ
# まもなく開幕! 初日前囲み取材でキャストが意気込みを語る
# イレイカナタ☆プレゼンツ:白石拓也&山野靖博インタビュー(前編)
# イレイカナタ☆プレゼンツ:白石拓也&山野靖博インタビュー(後編)
 
大千秋楽のカーテンコールの模様は東宝チャンネル公式ですでに上がっておりますが、げきぴあでも連載最後の記事として、記しておきたいと思います。

 

★前編

★後編

 
 
●演出の藤田俊太郎さんは、次のように、まず出演者たちに感謝を。

「いま舞台上にキャストは15人いますが、昨日千秋楽を迎えたWHITEチームの3人あわせると18名のキャストがいます。本当にこのキャストでなければ、この2018年の『ジャージー・ボーイズ』は作れなかったと思います。ひとりひとりを愛しておりますし、このメンバーだからこそ作れた公演に誇りを持っています。今日思いました、これから先もこの18人を守っていきたいと。この18人がこれからも輝ける場所を作っていけるような演出家になりたいと今日改めて思いました」

さらに
「たくさんのファミリーと呼べるようなカンパニーのスタッフと一緒に作ってきました。この世界最高のスタッフのみなさんは、僕たち私たちは当たり前の仕事をしただけだよ、というかもしれない。でもこの世界最高のスタッフとカンパニーだから作れた公演なんです。最後に、そのひとりひとり、劇場の色々な場所にいるスタッフにカンパニーに、大きな拍手を!」
とスタッフにも謝意を伝えます。
 

JB1111_20027.JPG●ジョー・ペシ役ほか、石川新太さん
「僕は何が好きかときかれたら「音楽が好き」って答えます。音楽が好きと確信したひとつのきっかけは、2年前、この『ジャージー・ボーイズ』という作品です。僕は高校生でしたね...。その愛すべき『ジャージー・ボーイズ』に初演に引き続き、立たせていただいたこと、本当に心から嬉しく思います。ありがとうございました!」
 
トミーに毎日、思いっきり! はたかれていた(ボブ加入のくだりで)石川さん。千秋楽のアドリブもお見事でした(詳細は動画内、伊礼さんのコメントをどうぞ)。
(こっそり7年前の記事へのリンクを貼っておきます)
 
 

●ドニー、ジョー・ロング役ほか、山野靖博さん
「思い返せば2年前、それまでずっとオペラの勉強ばかりしていた僕が初めてミュージカルの世界に足を踏み入れるきっかけとなったのがこの『ジャージー・ボーイズ』初演でした。だからなのか、僕にとってホームのような存在だと思いながら2年間、活動してきました。この再演とツアー公演を経て、ただのホームではなく、どんどん新しい世界、風景を見せてくれる存在でもあるなと気付きました。本当に皆さん、最後まで応援ありがとうございました」

その低音で作品のすみからすみまで支えていた山野さん。
山野さんはインタビューでも当連載にご登場してくださいました!

 

●ストッシュ、ボウリング場のオーナー役ほか、白石拓也さん
「この作品のオーディションが3年前の夏にありました。その時、なぜだかわかりませんが、これは受けなければならないと思いました。そしてこのカンパニーに入れたことはとてもラッキーで、この作品にめぐり合わせていただいたことに本当に感謝しています。この物語はフォーシーズンズの、そして僕らカンパニーの、そしてお客さまみなさまの物語だと思っています。この作品がこれからも愛され、皆様のこれからの物語が輝きますことをお祈りいたします」

白石さんも山野さんとともに、インタビューにご登場いただきました!
そのインタビューではとても紳士的に丁寧に応えてくださいましたが、舞台上はなぜかチンピラ役が多かったですね...。


 
●ハンク・マジュウスキ役ほか、大音智海さん
「僕は何をかくそうアッキー(中川)さんの大ファンなのですが、初演はそのアッキーさんと共演できることがすごく嬉しくてそれが僕を突き動かしていたんですが、今回の再演はそれ以上にジャージーカンパニーの一員になれることが本当に嬉しかった。これからもこの作品が日本中の皆さんに愛されればいいなと思います」
 
大音さんは、いつもキレイに、しかも楽しそうに出していた『Oh, What A Night』の高音が印象的です!
 


●ジ・エンジェルズのリードボーカル、"クリスマスプレゼント"役ほか、遠藤瑠美子さん
「この作品から得たものは本当に特別で、私の人生において特別なプレゼントをいただいたと思います。それは一緒につくってきた皆さんと応援してくださった皆さんから頂いたものです。本当にありがとうございました」

様々な印象的な役を演じている遠藤さんですが、筆者はニックの彼女役(教会のシーン)の遠藤さんが中でも好きです。
フランキーが歌いだした瞬間に遠藤さんが少し上を見上げる表情で、教会の中に降り注ぐフランキーの歌声の美しさが、さらに素晴らしいものに輝くのです。
 


●ロレイン役ほか、小此木まりさん
「全員で泣いたり笑ったりしながら大切に作ってきたこの作品が、こんなにたくさんのお客さまに愛していただいて、無事今日を迎えられたことをとても幸せに思います。50公演、あたたかい応援をありがとうございました」

知的なロレインも素敵でしたが、ウエイトレス役などもチャーミングでしたね!
 


●メアリー役ほか、綿引さやかさん
「メアリーにとって、ザ・フォー・シーズンズという存在は、まぶしすぎるくらい素敵で温かく、強い絆で結ばれた家族のように映っていました。血がつながっていなくても家族だと思える人たちがいるっていうのはすごく幸せなこと。私にとっては全国ツアー、クリエの公演で出会えたお客さまたちと、このカンパニーのみんなが家族のような存在になりました。皆さまにとっても、この作品が、会いたいなと思ったときにいつでも戻ってこられる、ただいまと帰ってこれる場所であれたらいいなと思います。本当にありがとうございました」
 
綿引さんのメアリーは、悲しくも、カッコよかった!
最初の「ハーイ、トムーチ」の声のトーンが大好きです。
 


●フランシーヌ役ほか、まりゑさん
「初演の最初の立ち稽古が、たしか『セ・ソワレ・ラ』から始まったんです。そのときに藤田さんが「スタッフ(を演じる)チーム、ちょっと来てください」と私たちを集め、「何をやりたいですか」って仰ったんです。「え、挙手制!? 自分で決めていいの? じゃメイクやります」みたいな、そんな感じで決まっていって。あ、これはブロードウェイの作品なんだけど、藤田さんがブロードウェイから飛び立って日本版のものを作ろうとしているんだなと思った。自分たちでゼロをイチにすることが出来る作品なんだと思ったのを覚えています。その『ジャージー・ボーイズ』がたくさんの人にもっともっと、受け継がれていきますように。皆さん本当にありがとうございました」
 
まりゑさんはなんといってもフランキーの娘・フランシーヌ役ですよね!
『Fallen Angel』のフランシーヌの笑顔は最大の泣きポイントです...。
 


●ジップ・デカルロ役ほか、阿部裕さん
「今年のクソ暑い夏、死にそうな思いで稽古場に通っていました。あれから3ヵ月半。この本物のやんちゃくれたちをどう束ねていこうかと悩む毎日でした。そしてこの大千秋楽、やっと思いの丈を...トミーの服を今日やぶきました!ありがとうございました!」
と、ガッツポーズの阿部さん。
伊礼さんは「めちゃめちゃ痛かったです」と。
 
デカルロ役以外では、ラジオ局のディレクター(『Can't Take My Eyes Off You』の直前)がインパクト大です!
 

●ノーム・ワックスマン役ほか、畠中洋さん
「(阿部さんのご挨拶をうけて)そのとばっちりを僕は地下室のシーンで受けました。こいつ(トミー)が蹴った椅子がドーンと(脛にぶつかった)。......この作品と出会えて、そしてこいつらと出会えて、そして皆さんの拍手に包まれて幸せでした。ありがとうございました」
 
ラスボスのような迫力のノームもですが、トミーの兄貴のニックに "鼻のない男" に、"いま雨がおじさん" ...と、すべてが脳裏にこびりつく衝撃でした!
 


●ボブ・クルー役、太田基裕さん
「50公演、たくさんの方に、たくさん愛していただきまして本当に感謝しています。本日まで本当にありがとうございました」
...と話したところで、伊礼さんに「そこでスコーピオン」と水を向けられ、
全力で「スコーピオン!!」を客席に向かってやる太田さん。
このセリフ、いつもはボブ(ゴーディオ)に向かってやっていますので、客席で見ているこちらもボブ気分に!?
 


さて、ここからはメインキャストであるザ・フォー・シーズンズのご挨拶。
大千秋楽は<TEAM BLUE>の公演回でした。
JB1111_10095.JPG

●ニック・マッシ役、spiさん
「今日11月11日は、なんの日か知ってますか? ポッキーの日、第一次世界大戦停戦の日だったりします。あとは(11対11で)サッカーの日とか、ペンチの日でもありますよ。+-+-で。そしてもういっこ。僕、ベースを弾いているんですが弦が4本なんですね。1111でベースの日とも言われているんですって。今日はベースの日、すなわちニックの日にお集まりいただきまして、まことにありがとうございました!
 
spiさんはチーム最年少ながら、グループ最年長のニックを堂々と、飄々と、そして粋に演じていました!
 


●ボブ・ゴーディオ役、矢崎広さん
「今回はツアーがあり、色々な土地にいったのですが、その土地土地のパワーがあって、岩手だったら岩手の人たちの夢や思い出、未来、そんなパワーを受けながら、どんどん『ジャージー・ボーイズ』がパワーアップしていくのを、ボブ・ゴーディオとしても、僕としても見ていました。すごく『ジャージー・ボーイズ』の可能性が上がったなと思いました。そして今回、チームBLUE。REDとWHITEのオリジナルキャストがいる中で、僕たちチームBLUEは、どこか、何か新しい風を吹き込まなければ、『ジャージー・ボーイズ』の新しい可能性に向かっていかなければと、無意識に思っていたと思います。......自信を持って言います。チームBLUEは新しい風を吹き込んだと思います!それは頼もしい伊礼さん(ここで当然のように伊礼さんは「まあまあ、俺だよな。言わなくてもみんなわかってる」とまぜっかえし、spiさんに「うるさい!」と止められ)......そしてその伊礼さんより実はもっと頼もしいspi(笑)。何より中川ヴァリ教さんのおかげだと思っています。ありがとうございました。
これからも『ジャージー・ボーイズ』は続いていくと思います。僕も出演者ですがいち作品ファンとしても皆さまと、この『ジャージー・ボーイズ』の未来や展望を応援していきたいなと思います。「みなと、みらい」を見ていきます。どうもありがとうございました」

会場周辺の「みなとみらい」地区に絡めてのご挨拶でした!
矢崎ボブは、上述のクルーの「スコーピオン!」の返し方や、さまざまなちょっとしたところの"間合い"が最高にチャーミングでした!
 


●トミー・デヴィート役、伊礼彼方さん
「新しい風と矢崎君が言いましたがたしかにそうだなと思います。今回のBLUEチーム、フォー・シーズンズの4人もそうだし、シングルメンバーも、何かが新しい風が吹いたとして、その風をしっかり受け取って返してくれる、素晴らしいメンバーが集まったことに僕は一番感謝しています。毎回新鮮な気持ちでやれる現場ってなかなか出会いたくても出会えません。それは、みんなそれぞれが作品を愛しているからだし、自分の役をしっかり大切にされてるからだと思います。毎回新しい発見があって、なにひとつ無駄にならない公演でした。そして何よりも今回本当に新しい風だなって思ったのは客席に多数の男性のお客さまがいらしたこと。ご夫婦、ご家族でいらしたり、ほかのミュージカルではあまり拝めない男性のお客さんが毎回、会場にいらした。この作品はきっとこれから新しいヴァリ、新しいトミー、新しいボブ、新しいニックが生まれていくと思います。いつか高校生の男の子が「映画のチケット買ったよ」じゃなく、「『ジャージーボーイズ』のチケット買ったよ」って自慢する、そうなる日がもうそんな遠くないんじゃないかなと思って。皆様もぜひご協力いただいて、ミュージカルはいいんだぞとSNSで拡散していただければと思います」
 
最後の最後までトミー節の伊礼さんですが、千秋楽にハプニングに対応した石川さんを褒めたり、中川さんに「ひとりでよく頑張ったなおまえ」と言ったりと、愛情に溢れたご挨拶でした!
 


●フランキー・ヴァリ役、中川晃教さん
「この公演をこうやって再演することができて、本当に嬉しく思います。本当にすべての方に心から感謝、感謝、感謝申し上げます。このカンパニーなくして、今回の再演は生まれなかったなということをひしひしと感じる毎日でした。今日のラストの瞬間でさえ、「ああ終わって欲しくない」と思っていました。
この作品、幕開きはトミーによって始まります。子どもの頃の僕たちは、ニュージャージーから川をいっぽん隔てたあの町、マンハッタンに向かって夢を抱く。そしてこんなめちゃくちゃなヤツ(トミー)だったけれどこんなヤツがいなかったら俺たちはあのニュージャージーから飛び出ることは出来なかったかもしれない。ある意味起爆剤で、すごい爆発力を持った男がトミー。そして色々な人と出会い、愛する妻がいたり恋人がいたり、様々な経験を経てようやく出会ったボブ・ゴーディオ。この1ピースがなければこの物語がきっと生まれなかったであろう、なぜなら彼がこのミュージカルのプロデューサーだからです。そして兄弟同然のように思っていたニック・マッシ。彼は最後に「自尊心」という言葉を残して去っていきます。その言葉をフランキーが知るのはもしかするとニックが亡くなったあとかもしれない。でも誰にだってその言葉は心に突き刺さる何かがある。そう思ったときにこの物語、もういちど時間が巻き戻ってラストシーンに向かっていきます。2時間半ともにこのカンパニー全員でこの『ジャージー・ボーイズ』を生き、最後の最後にまた、あの生まれた街灯の下にもどっていく。ということは終わらない、きっと永遠に続く作品だと思っています。どうぞみなさん応援してください。そしてまたお会いできる日を心から楽しみにしています。本日はどうもありがとうございました!」
 
誰よりもたくさんのナンバーを歌い、シングルキャストで難役フランキーを演じた中川さん。
歌声ももちろんですが、フランキーは「みんなから愛される存在」でなくてはならない。
そんな愛されるフランキーを50公演、素敵に演じていた中川さんにただ、拍手です。

 
ダブルアンコールでは、さらに
「ここでちょっと爆弾落としてもいいかな?」と中川さんが口を開き、

「みなさん、この『ジャージー・ボーイズ』......CDが発売されます!」
との発表が!

 
「音楽が主役と言っても過言ではないこの作品、その音楽とみなさんの思い出がギュッと詰まっています。そしてこれからこの作品がさらに育っていくためのひとつのきっかけとしてこのCDが発売されるということは、カンパニーとしてもまれなことだと思います。私たちたちこの日本オリジナルカンパニーとして誇りをもってこのCDを発売していきたいと思います」と最後の挨拶まで感動的でした!
 
 
そして、この前日・11月10日に千秋楽を迎えていた<TEAM WHITE>中河内雅貴さん(トミー・デヴィート役)、海宝直人さん(ボブ・ゴーディオ役)、福井晶一さん(ニック・マッシ役)にも、心からの拍手を。 
 
CDももちろん楽しみですが、また日本版『ジャージー・ボーイズ』に会える日を、楽しみに待ちましょう!
JB1111_30100.JPG

取材・文:平野祥恵(ぴあ)

 

【『ジャージー・ボーイズ』バックナンバー】
●2016年
# 『ジャージー・ボーイズ』で"天使の歌声"フランキー・ヴァリに!&10年ぶりのスタジオ録音CDリリースも決定――中川晃教インタビュー
# 日本版『ジャージー・ボーイズ』誕生! PV撮影の裏側をちょっと見せ!!
# 日本版『ジャージー・ボーイズ』ついに始動! 記者会見レポート

●2018年

# ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート、熱狂の開幕!
# 2018年版『ジャージー・ボーイズ』本格始動! 稽古場レポート
# 稽古場レポート第2弾! WHITEチームの稽古場に潜入
# 稽古場レポート第3弾! BLUEチーム ピックアップ
# まもなく開幕! 初日前囲み取材でキャストが意気込みを語る
# イレイカナタ☆プレゼンツ:白石拓也&山野靖博インタビュー(前編)
# イレイカナタ☆プレゼンツ:白石拓也&山野靖博インタビュー(後編)
 
【公演情報(全公演終了)】
9月7日(金)~10月3日(水)シアタークリエ
10月8日(月・祝)大館市民文化会館(秋田)
10月17日(水)・18日(木)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知)
10月24日(水)~28日(日)新歌舞伎座(大阪)
11月3日(土・祝)・4日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール(福岡)
11月10(土)・11日(日)神奈川県民ホール 大ホール(神奈川)
※その他チケットぴあ扱いのない公演地あり。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9209

前の記事「【レベッカ #3】「内心、めちゃくちゃやりたかった」ヒロイン役に初挑戦。『レベッカ』わたし役、平野綾インタビュー」へ

次の記事「生駒里奈・矢部昌暉ら豪華なキャストが揃った舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~』開幕!ゲネプロ&囲み会見レポート!!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉