クロムモリブデン・森下亮の最近のブログ記事

第17回:「クロム、バラエティーに出る」


こんにちは。

前回まで「短期集中ブログ」て名前でやってましたが、
完全に短期集中でなく、長期ダラダラになってるぞってことで
名前変えました!
今日からは

「クロムモリブデンのクロムチップス」!!

「クロムチップス」でいきます!

クロムにまつわる小さなカケラたちを拾って、
げきぴあブログでしか書けないことが書けたらなと思っています。

で、いきなりお芝居とぜーんぜん関係ないんですが、
先日みんなで那須高原のアルパカ牧場に行って来ました!

crome21.jpg

完全に

かんっぜんっに癒されて来ましたよっ!!

第16回 クロム近況報告

こんにちは。
ちょっとご無沙汰です。

先日、某雑誌の取材を受けて来ました。

「裸の女を持つ男」特集でのインタビューで、
客演の辰巳さんと僕とで公演振り返りまくって来ました。

今回唯一のゲストだった辰巳さんが、
公演終わったからこそ話せるあれやこれやを語ってくれました。
もちろん僕も必要以上にわあわあしゃべって来ました。

そうやって人に話して気付くことも沢山あって、
次回12月の公演の課題が山積みになった気もします。

雑誌に載る写真を見返しながら、
「あ~この芝居もう出来ないんだなあ。もう見せられないんだなあ。」
なんて思っていました。

たまにいつのまにか麻酔ステップを踏んでしまっている自分に気付くこともありますが(笑)。

6月や7月に発売される雑誌等で、
再び「裸の女を持つ男」をお目に掛けられると思います。
お楽しみに♪


第15回:アンケート・ウィズ・ヴァンパイア

こんにちは。
ゴールデンウィークしてますか。

もはや完全に「短期集中」ではなくなっているこのブログ。
げきぴあさんに「公演後も続けてもらっていいですよ」と言われて調子に乗り、
「短期集中」から「長期ダラダラ」へと変貌を遂げようとしています。
話したいことはね、いくらでもあるんです。よー。
ちなみに僕と劇団員の久保貫太郎とラジオ番組やってるんですが、
そのタイトルが「死ぬまでにしゃべりたい7万のこと」といいます。
どんだけしゃべりたいんや。

今回は公演の際に皆さんに書いて頂いているアンケートのこと。
沢山の感想やご意見をもらえるアンケート、
これが僕大好きなんです。
公演中は誰よりも貪り読みます。
読み尽くします。
吸い尽くします。
アンケート吸血鬼です。

今はネットで沢山の感想は見れますが、
公演観た直後の、手書きの...
そう手書き!
その人の気持ちのよくわかる手書きなのが好きなんです。

元々手紙好きってのもあるんですが。
公演の時の差し入れも、
色んなおいしいもの面白いもの頂いてとても嬉しいんですが、
実はその差し入れに添えられている手紙が一番嬉しかったりします。
貪り読みます。
血となります。
肉とならず血となります。
吸血鬼ですから。

第14回:「裸の女を持つ男」ギャラリー


さてさて今日は「裸の女を持つ男」にまつわる写真たちをお届けします。

crome15.jpg

まずは今回最も胡散臭かった久保貫太郎。
キャラは胡散臭かったですが、帽子はかわいかったですね。

何人だかわからないキャラでしたが、
毎日「今日は台湾寄り」「今日はイランを入れる」と、
微妙なマイナーチェンジがあったみたいです。

crome16.jpg

こちらは2年振りに帰って来た板倉チヒロ。
この頭が地毛だというのだから驚きです。
雨の日はゴワつきが半端なかったです。

第13回:千秋楽のお楽しみ

よく千秋楽のステージでは、
アドリブシーンが増えたり、
スペシャルカーテンコールがあったりなどの
「楽日スペシャル」みたなことがあったりしますが、
クロムの千秋楽では他ではあまり観ないものが観れます。

と言っても作品の中身は変わりません。
演出の青木さんからは
「初日は楽日のように。楽日は初日のように。」
という言葉ももらってますし。
カーテンコールも特に別に特別なことはありません。
ではどこに特別なことがあるかと言うと...

クロムは再演なしでやってる故に、
公演が終わると公演に関するものはほとんど処分してしまいます。

そこで。
千秋楽のステージ終了後、
舞台で使っていた小道具を販売するのです。
ついさっきまで使っていた小道具たちを惜しげもなくお持ち帰り頂きます。
これなかなかどこもやってないと思います。
今回はカーテンコール中にバラシが始まってしまいましたしね(笑)。

しかし。

よくよく考えたら、
クロムの小道具はかさばるものがほとんど。

今回で言うと
メイン小道具のハンドル

crome14.jpg

これです。
これを持って帰ってどうするんだという話ですよね(笑)。
帰りの電車でこれ持ってたら不審過ぎますよね。



第12回:真っ白のhighになった

「裸の女を持つ男」、
全公演終了しましたあ!!!

本当にたっくさんのご来場ありがとうございました!!!

あなたのストレス解消になってたら幸いです。

2年振りの役者勢揃い、
初めてのシアタートラム、
めちゃくちゃ楽しかったです。

そしてそして個人的には、
ビジュアルをだいぶイメチェンしての公演。

crome13.jpg

ビジュアルだけでなく、
だいぶぶっ飛んだ役だったので、
皆さんの驚く顔が楽しかったです。


第11回:楽屋のひとコマ

「裸の女を持つ男」中日を越えて、
今日から後半戦です!

お客さんからは大絶賛と大不評の嵐。
だから舞台は面白い。

本当に観る人によって感想が違って。
けど、それだけ皆さんの心を動かしているのかと思うと、
やはりとてもやりがいのことやってるなあと嬉しくなってます。
アンケートの回収率も非常に高いです。
何か言いたい書きたい舞台なのかもしれません。

あとアンケートには僕があまりに前回公演と姿が違うので、
「〇〇みたい」と書かれたものも目立ちます。

前回書いたゲイリー・オールドマンとハエだけでなく、
カメレオン、エビ、バットマンのリドリー、ケビン・スペイシー、
エヴァ初号機、ジョジョに出て来る誰か...
と色々言われてます。

まだ観てない方は「どういうこと?」と思いますよね。
観た人は「確かに!」と思うでしょうか?

劇場でお確かめください。



crome12.jpg


写真は今回のゲスト、ブラジルの辰巳さん。
昨日、事件が起きました。

第11回:4日目


「裸の女を持つ男」
前半戦、勢い良く公演中です!

まだ4ステージが終わったところなのに
早くもリピーター続出!

そう、クロムは何度もリピートして観るという醍醐味があります。

あと、当日券は3800円ですが、
2回目以降の当日券はなんと2000円という
とんでもないお得設定!
リピートしやすいったらない!
スタバの本日のコーヒーは2杯目100円くらいの感覚です。
それは言い過ぎました。

このリピーターチケットは当日券のみの有効なので、
お席はあまりよくないかもですが、
なんせ2000円!
シアタートラムで2000円てなかなかないと思いますよ。
是非何度もリピートしてご覧くださいませ。

そして公演でのお楽しみの公演グッズ!
今回もご好評頂いています。

crome09.jpg

写真は奥田ワレタプロデュースTシャツ。  
毎公演、作品に合わせたモチーフでのデザインで好評頂いてます。
今回もワレタが演出の青木さんとああでもないこうでもないと
ケンカしながら作りました(笑)。

crome10.jpg

バックプリントもばっちりです。
作品とどう絡んでいるかは...実際劇場で。
観た方は...納得のデザインでしょう!?

第10回:トラムクロムで会いましょう

こんにちは。

16日から開幕しました、
クロムモリブデン「裸の女を持つ男」
大絶賛公演中ですっ!!
既に沢山のご来場ありがとうございます!!

もうご覧頂けましたか?
それともこれから?

今週末24日が千秋楽!
気付けば終わってますよ。

ちなみに僕は
「ゲイリー・オールドマンみたい」て声と
「ハエみたい」て声で
二分されています(笑)。

まあ...どっちもかな。

どういうこと!?

答えはシアタートラムで。

crome08.jpg

写真は着到盤。
本日もよろしくお願いします。

チケット情報
クロムモリブデン プロフィール

第9回:明日開幕!

はい!
劇場入ってたらふく仕込んで来ましたよー。

ひたすらワクワクが募って来ました...。

今日は舞台を使って、音と照明と合わせてのリハーサルです。
ワクワクが溢れ出て来そうです...。

すでに鼻息荒いです。


ディズニーランドは本日再開!

クロムモリブデンは明日開幕!


シアタートラムでお会いしましょう!!


crome07.jpg

写真は上空に吊られたクロムバズーカ。
戦艦ヤマトじゃないよ。
スピーカーだよ(×2)。


チケット情報
クロムモリブデン プロフィール

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ