クロムモリブデン「進化とみなしていいでしょう」 森下亮 vol.13

| トラックバック(0)

進化し終わりました。
森下亮です。

クロム史上最大のロングラン公演。
本当に本当にたくさんのご来場ありがとうございました!!!!

公演が始まった時は永遠に続くんじゃないかと思いましたが、
終わってしまえば一瞬でした。

長い間ひとつの作品と向かい合ったので今ちょっとぽっかりしてます。
ぼんやりしてます。
ボーっとしてます。
沖田九六です。

青木さんは昨年末に平田容疑者が自首したところから脚本を書き始め、
2月にオーディション
3月稽古開始
5月脚本配布
この後、菊地直子高橋克也逮捕。
そう、今回の話はよく菊地高橋の話かと思われてたんですが、
平田の話だったんです。
7月28日開幕。
8月14日閉幕。

これだけ長い期間ひとつの作品に向き合えるのは劇団としても俳優としても
とてもやり甲斐がありました。
向き合った分、抽出された一番濃いものを本番の舞台に乗せれたのではないかと思います。

crome38.jpg

頭の中の刑事楽しかったです。
思いっきりバカやれて。
普段はツッコミ振り切れた狂人役が多めの僕ですが、
こういうストレートにボケる役はわりと珍しいので自分でも新鮮で楽しくてしょうがなかったです。
空気を読めない読まない草壁道元
あのイントネーションがまだちょっと取れません。
「猿の惑星は地球」以来の幸田とのシンクロコンビも面白かったし、
今回初参加強烈個性手塚けだまの顔面交差点は堪らなかったねえ。
crome39.jpg

空気砲も楽しかったですねえ。
花戸佐藤武子は完全に空気砲マスターになってました。
あの煙、ホント空調の調節ひとつで方向が曲がったりして超繊細だったんですよ。
再演しない劇団クロム恒例の千秋楽小道具販売で買われた空気砲は、
噂によると今都内のマジックバーにあるらしいです...。
何のマジックに使われているのやら...。

crome40.jpg

6つのU字から出たり入ったりする日々ももう終わり。

今年のクロム終わってしまいました。

次は来年3月!

東京と大阪の2都市公演です。

早くも青木さんは12月に台本配布するために今から執筆だとノリに乗ってます。

それまで皆さまにおかれましては、どうぞたっぷり「進化とみなしていいでしょう」を反芻しててくださいませ。


本当にありがとうございました!!

またお会いしましょう!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6247

前の記事「男だらけの青春愛憎群像劇!? 中屋敷法仁の『露出狂』愛知・関西公演が間もなく開幕」へ

次の記事「ONEOR8「そして母はキレイになった」 vol.14 瀧川英次」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ