『ビッグ・フィッシュ』#9 霧矢大夢&赤根那奈&藤井隆によるアフタートークレポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『ビッグ・フィッシュ』vol.9■


日生劇場で好評上演中のミュージカル『ビッグ・フィッシュ』
とても素敵な世界が広がっています。

作品の魅力に迫ったこれまでの連載はコチラ→

今回は、2月15日の終演後に開催されたアフタートークショーをレポートします。
BigFish09_01_a_1371.JPGBigFish09_02_1398.JPG
出席者は霧矢大夢さん、赤根那奈さん、藤井隆さんの3名。
司会は中山昇さんです。

翌々日は公演の折り返し地点、【中日】というタイミングで行われた、このアフタートーク。
霧矢さんは主人公・エドワードの妻サンドラ、
赤根さんはエドワードとサンドラの息子・ウィルの妻ジョセフィーン、
藤井さんはエドワードの友人ドン・プライスを演じています。
プライベートでは、霧矢さんと赤根さんがともに宝塚歌劇団出身(しかも同時期を同じ月組で過ごしていたこともある)というご関係です。

ちなみに司会の中山さんは、漁師役etcを演じています。


●まずは我らがヒーロー、エドワード・ブルーム役の川平慈英さんについて。

霧矢「はじめからすごく雰囲気のいい現場で。まず川平慈英さんが本当にもう、"ムードメイカー"を通り越して...なんなんでしょうね」

藤井"ムード"ですね!(客席笑)

霧矢「そこに藤井隆さん、ROLLYさんが加わって。皆さん個性的ですし、この作品のために生まれたんじゃないかというキャストが揃って。毎日笑い転げてます」

赤根「慈英さんはお稽古場からフルパワーで、楽しんでいらっしゃるのが伝わってくる。始まってからも、本当にエネルギーが衰えるどころかクレッシェンドしていくんですよ。毎日、カーテンコール終わったあとも舞台袖で繰り広げられるパフォーマンスがあって...

霧矢ミュージカル『グリース』(笑)。慈英さんのカーテンコールの扮装が"それ風"なので、ずっと袖で、そのマネをやって、私たちに見せてくださっている(笑)」

▽ 霧矢大夢さん
BigFish09_11_1500.JPG
中山「止まっている瞬間がないんですよね~」

藤井「慈英さんがすごく素敵な空気を出してくださって。稽古中でも「ムムっ」とか「クゥー!」とか言ってくださるんですよ(笑)。失敗しても「いいんです!」と親指を立てて言ってくださって。おかげさまで僕、人生でこんなことしたことないんですが、いい癖が出来ました。家でも何かあったら「いいんです」と親指を立てて言うようになりました。あと稽古場で楽しかったのは、霧矢さんがおいしい差し入れをいつも持ってきてくださったこと!カレーパン、ラスク、ドーナツ...それをみんなで食べてみんなで感想言うのも楽しい時間でした」

霧矢「稽古場から本番まで、"どよん"とした空気にになることがほとんどなかったですよね」

...と、カンパニーの素敵な空気が伝わってくるエピソードを披露。

▽ 「いい癖が出来た」という藤井さん
BigFish09_13_1392.JPG

ちなみに「日生劇場の空間も壁がブルーになっていて『ビッグ・フィッシュ』の世界になっている。素敵」と霧矢さん。

▽ こんなかんじです
BigFish09_15_0018.JPG

「ROLLYさんがすごく素敵なことを仰っていました。『お魚のおなかの中にいるみたいですよね』って」と藤井さん。

●お互いの、印象深いシーンは

赤根「私、サンドラとドンのお芝居がすごく好きで...」

藤井「大学でしょ!」

赤根「大学です!(笑)」

霧矢「私が藤井さんに耐えるのが苦しいところだ...(笑)。私も関西出身なので、吉本新喜劇を小さい頃から観ていて、藤井さんは神のような存在なんです。そんな方とこんなお芝居をしているのが夢のようなんですが...最近、負けています(笑)」

中山「(笑をこらえて)後ろを向いていらっしゃいますよね」

霧矢「そうなんです。どうしてサンドラがドン・プライスと婚約したのかわからないのですが...」(客席爆笑)

藤井「ホントそうなんですよね、すごい謎なんですよ! でも僕、指輪返されて本当に悲しいし。でもそのまえにドンはおふたりの大事なスイセンを踏んでるし、ひどいことをしてるんですが。でも本当に悲しくて、色々な報復に出てしまうんです...!」
※エドワードがサンドラに告白し、ドンはサンドラに振られてしまうのです。その時のドンの反応が面白いので、皆さんぜひご注目を。
BigFish09_21_1410.JPG

霧矢「慈英さんはそのシーン、ドンに殴られて地面に転がっているのですが、最近はわざわざこっち(サンドラ/客席を背にした方向です)の方を向いて倒れている。私たちを見て笑ってるんです(笑)。その顔が見えてまた、(可笑しくて)耐えられなくなって。本当に苦しい! 楽しいんですけど、苦しい」

藤井「僕は、霧矢さんと赤根さんの関係がすごく素敵だなと思って。和気藹々としてるのですが、「先輩後輩です!」って瞬間があるんですよ! あと、結婚式のダンスを、それぞれサンドラは息子に教えて、ジョセフィーンはお父様と踊るじゃないですか。あれを慈英さんや浦井さんがいらっしゃらないところで、おふたりで練習してたり」

霧矢「あ、それはですね。実はサーカスの場面で、エドワードが働きながら私のヒントを集めるというところで、"サンドラはダンスが好き"というのがあって。そこで(エドワードとサンドラの)ダンスがあるのですが、その振りを、結婚式でエドワードとジョセフィーンが組んで踊るのと同じ振りにしようということになったんです。で、私はもともと男役なので"踊らされ"慣れていないんです。なので先輩後輩の関係を乱用して(笑)、ねねちゃんに「ちょっと身体貸して!」って」

藤井「そう、「身体貸して!」って言ってた(笑)!」

▽ 稽古場の霧矢さんを再現中の藤井さん...。
BigFish09_22_1421.JPG

霧矢「こうやったらスムーズに"踊らされ"られるというのを、トップ娘役としてバンバン踊らされていた彼女に訊いてやってたんですよ~」

★当連載、ちょうど霧矢さんと赤根さんが組んでダンス練習しているところ、稽古場で目撃していました!

藤井「そうやってちゃんとお稽古されているのをそばで見ていて、すごく勉強になりました。でもここだけの話...、(ジョセフィーンが)妊娠5ヶ月と知ってるお父さんが...すごいアクロバットに踊らせてましたよね!? 赤根さんが軽やかに「アハハウフフ」ってやっているからいいようなものの!」

霧矢「よかったね、元気な子が生まれて!」

赤根「ありがとうございます(笑)」

▽ひとりでジョセフィーンに扮してダンスを再現している藤井さん。跳んでます!
BigFish09_22_1424.JPG

霧矢「私は男役だったので、本家本元の方に(ラブシーンの!?)、ああいう"お花畑のラブシーン"とかを見られるのがすっごい恥ずかしいんです」

一同「へえええええ」

霧矢「娘役さんはそういうことを百万回やってるので。慈英さんの愛の歌を聴いている間とか恥ずかしくて「ねえねえ、ねねちゃん、聴いている間どうしたらいいの?」って訊いてしまいました(笑)

藤井「なんてアドバイスしたんですか?」

赤根「いやいや...(笑)」

霧矢「彼女(ジョセフィーン)に背中さすってもらったりとかも......それこそ昔は男役として彼女をさすったり抱えたりという芝居をしてたんですが。人にやった芝居は自分に返ってくるわーって思ってやっています(笑)。でもいい嫁です!」
BigFish09_24_1466.JPG

藤井「(客席に向かって)花嫁姿、綺麗だったでしょ?(場内拍手)本当に首が細くて頭がちっちゃいからお人形にしか見えないですよね」

霧矢「天下一品綺麗ですよね。ウエディングドレスって何回くらい着てるの?」

赤根11着目です」

中山「藤井さんもけっこうダンスシーンがありますが...」

藤井「いやいやいやいや!全然...。2幕の冒頭のシーンも霧矢さんが「練習しましょ!」って言ってくださって...」

中山「うわさによるとスパルタだったって」

藤井「全然、全然!ただの...鬼教官でした(会場笑)。"美女"鬼教官ですけど。僕がいつも逆になったりすると「ちがいまっせ」と教えてくださいます」

霧矢「私、そんなにいちいちカッコつけてます~!?

と、和気藹々と進むトーク。
ちなみに赤根さん、ブーケトスは3回、妊婦役は2回経験してるとのこと(もちろん舞台上で)!

▽赤根那奈さん
BigFish09_12_1453.JPG
▽鬼教官の霧矢さん...の真似をする藤井さん
BigFish09_25_1436.JPG


●自分の役以外で、やってみたいキャラクターは?

霧矢「わたし高いところが好きなので、カール。大変だと思うのですが、3メートルの世界を体験してみたいですね」

藤井「僕が大好きなのは、赤根さんのナンバー」

赤根「え?」

藤井♪もいちど見てー、右のほうよ♪ って(1幕の『よく見て』)。あれ大好き。いまステージで歌えてすごい嬉しい!」
BigFish09_31_1477.JPGBigFish09_32_1451.JPG
(その後ほぼ完璧にフルコーラス歌いきる藤井さんでした。最後の方、少し藤井流にアレンジしていましたが...笑)

赤根「わたしは2幕の冒頭のシーン。女性の皆さんがアメリカの国旗風衣裳を着ているところ。あれ、やりたーい!」

霧矢「ジョセフィーン、(舞台サイドから)ノリノリで見てますよね」

赤根「そうなんですー。あの衣裳も着たい!」

中山「赤根さんは今回ダンスシーン少な目ですが...」

赤根「2幕の裁判のところで踊らさせていただいているので。そこはすごく楽しいです!」

中山「あそこドンさんも激しく踊っていますね」

藤井「あれねー、演出の白井さんが、赤根さんと接近してくださいって言うから、立ち位置、どんどん近づいていったんです。本当はこっち(正面)見なきゃいけないのにすっごい赤根さん見てやってます。振付とかも、フリーのところがあって、思いつかへんなって時は、赤根さんがやったやつをそのまますぐに真似してます(笑)」

赤根「すごい感じてます、視線を」

霧矢「私も見たいです、そこ」

赤根「(サンドラは舞台上で)寝てらっしゃいますもんね~」
BigFish09_33_1400.JPG


●最後にご挨拶。

そんな、3人のほんわかしたお人柄が伝わる楽しいトークショーでしたが、最後に皆さんそれぞれが次のように語り、トークショーは終了しました。

藤井「私はミュージカルの経験が少ないのですが、でもそんな私を皆さんが温かく迎え入れてくださってすごく楽しくやらせていただいています。ひとりでも多くの方にこの作品をご覧いただきたいと思いますので、またよろしければ劇場の方にお越しください。最後まで頑張ります」

赤根「まだ寒い日が続きますが、こうしてみなさんに劇場まで足を運んでいただいて『ビッグ・フィッシュ』を観ていただいて、毎日幸せだなと思っています。私はナンバーにはあまり出ておらずお芝居中心なんですが、皆さんを見守る立場として、毎回違う感情が生まれたりします。これは本当にライブならでは。何度でも観にいらしていただきたいなと思います。精いっぱい千秋楽まで頑張ります」

霧矢「外の寒さとはうってかわって、劇場には温かい笑いと涙が毎日溢れています、そしてなんといっても慈英さんのエドワード・ブルームの大熱演! そんなエドワードにありがたくも愛されるサンドラを演じて毎日幸せで、あと公演が半分と訊いて本当に寂しいです。この素敵なストーリー、素敵なキャストでこうして毎日精魂こめてお届けしていきたいと思っていますので、ぜひまた劇場に足をお運びいただけたら嬉しいです」

みなさん、よく笑っていらっしゃいました。
BigFish09_34_1422.JPG

『ビッグ・フィッシュ』アフタートークはあと2回予定があります。
キャストの方々の楽しいトークを聞きたい方は、ぜひ対象回のチケットをお買い求めください。
・2/22(水)13:00公演後 川平慈英、浦井健治、赤根那奈
・2/24(金)13:00公演後 川平慈英、霧矢大夢、ROLLY


司会の中山さんにも拍手で労をねぎらう3人!
BigFish09_51_1511.JPG
BigFish09_35_1483.JPG
取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


【バックナンバー】

【公演情報】
2月28日(火)まで上演中 日生劇場(東京)

チケット情報はこちら



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8616

前の記事「「愛してる」を連呼、走る、怒鳴る...。本当の自分を暴かれる『レ・ミゼラブル』オーディション裏話」へ

次の記事「『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』3月10日よりロードショー! 日本版クリス・井上芳雄さんからお祝いコメントも」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉