『ビッグ・フィッシュ』#3 公開稽古レポートPart1

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『ビッグ・フィッシュ』vol.3■


ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』の公開稽古が1月25日に行われました。
BigFish03_01_9588.JPGBigFish03_02_9788.JPGBigFish03_31_9246.JPG
ティム・バートンの傑作映画をもとにし、2013年にブロードウェイでミュージカル化されたこの作品。


自分の体験をワクワクするような冒険譚にでっちあげて語る父・エドワード。
少年時代に"沼の魔女"から、自分の死期を予言された話。
故郷の洞窟に住んでいた巨人・カールとの友情。
サーカスで最愛の女性・サンドラと出会い、彼女の情報ほしさに団長のエイモスのもとで働いた話。
...そんな父の大げさな話に飽き飽きしている息子・ウィルとエドワードの間には、いつしか溝ができてしまっています。
しかし父が病に倒れたことから、ウィルは"父の話の真実"を知りたいと強く思うようになって...。


父と子の、そして"家族"の温かな物語が、
エドワードの語る、楽しくも幻想的な冒険譚に彩られながら紡がれていく、美しくハートウォーミングなミュージカル。


この日は、1幕の稽古が公開されるとともに、フォトセッション、演出の白井晃さん&主演の川平慈英さんのご挨拶もありました。
BigFish03_10_9193.JPG
まずはキャストの皆さんの表情と、おふたりのご挨拶をご紹介します。

主役、エドワード・ブルーム役は川平慈英さん。
「ほんっとうに!楽しいミュージカルに参加させていただいております。日々その楽しさ、喜びを感じながら稽古しています。すごいのは、僕、...申し訳ないのですが...3人の素晴らしい女優さんとキスをさせていただきます、これはデカイ(笑)。霧矢(大夢)さん、(鈴木)蘭々さん、人魚役の小林由佳ちゃんと。白井さん本当にありがとうございます(笑)。
...でも冗談抜きで素晴らしいチームと一緒に出来て、いいエネルギーになっています。まだまだ、ここから羽ばたいていきたいと思いますが、圧倒的な"ミュージカル力"がある作品。曲とダンス、そしてストーリー。特に最後のシーンなどは本当に感動的で、稽古をしてて僕も涙が出てしまうくらい、愛に溢れた素晴らしくあたたかいミュージカル。感動間違いなしと日々感じています。2月は日生劇場でほっこりあたたまって、みんなと一緒に幸せをわかちあって....いいんです! 『ビッグ・フィッシュ』で、私たちが幸せをお届けします」
と、ユーモアの中にも、真剣な意気込みもしっかり語る川平さんでした。
BigFish03_11_9245.JPG

以下、写真のみご紹介ですが...


ウィル・ブルーム、浦井健治さん
BigFish03_12_9215.JPG

エドワードの妻サンドラ・ブルーム役、霧矢大夢さん
BigFish03_13_9236.JPG

ウィルの妻ジョセフィーン・ブルーム役、赤根那奈さん
BigFish03_14_9219.JPG

ドン・プライス役の藤井隆さん
BigFish03_15_9224.JPG

魔女役のJKimさん
BigFish03_16_9227.JPG

カール役の深水元基さん
BigFish03_17_9256.JPG

ジェニー・ヒル役の鈴木蘭々さん
BigFish03_21_9228.JPG

ヤング・ウィル(ウィルの少年時代)はWキャスト。
鈴木福と...
BigFish03_18_9262.JPG
りょうた
BigFish03_19_9221.JPG

エイモス役のROLLYさん
BigFish03_23_9226.JPG


そして演出の白井晃さんは、
「『ビッグ・フィッシュ』はティム・バートン監督の映画でとても有名なのですが、今回上演するのは"ブロードウェイ・バージョン"、ミュージカルとして作られた『ビッグ・フィッシュ』です。シナリオライターは映画版と一緒なのですが、映画の雰囲気とはまたちょっと違い、楽しい音楽と、父親と息子の物語が強調された作品になっています。
川平慈英さんはじめ、浦井健治さん、霧矢大夢さん...個性的なメンバーに集まっていただきました。もしかしたら...ちょっと...、ブロードウェイよりいい作品になるんじゃないか、という予感がしております(笑)、手前味噌なんですが(一同拍手!)。それくらい充実した稽古で、楽しい雰囲気で作っています」
と、チラリと見せる、かなりの自信!
BigFish03_26_9209.JPG

ブロードウェイよりいい作品になる...、期待しちゃいます!!
続けて、公開された稽古(一部)の模様も、ページを分けてご紹介しますが...

その前に、公開稽古のヤング・ウィルは鈴木福君でしたので、りょうた君の可愛いカットを。

決めカット撮影中、映像のカメラ用に少し動きを...と言われた皆さん。
隣の赤根さんに誘われて...
BigFish03_41_9201.JPG
控えめに動きのあるポーズをとっていた姿が可愛かったりょうた君でした!
BigFish03_42_9204.JPG

そして最終的にこうなりました。
BigFish03_43_9203.JPG


取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


【バックナンバー】

【公演情報】
2月7日(火)~28日(火) 日生劇場(東京)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8599

前の記事「【エントレ】【動画4分】天海祐希「絶対損はさせません・・・アダム・クーパーさんが!」/舞台「SINGIN' IN THE RAIN」特別会見レポート」へ

次の記事「『ビッグ・フィッシュ』#4 公開稽古レポートPart2」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉