『ビッグ・フィッシュ』#4 公開稽古レポートPart2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『ビッグ・フィッシュ』vol.4■


ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』公開稽古レポート、
BigFish04_00_9600.JPG
父・エドワードと、息子・ウィル確執と和解を軸にしたこの作品。
物語はウィルの結婚式を控えた"現在"と、ウィルの子ども時代である"過去"――エドワードの語る大げさな話をまだウィルが信じていた頃を行き来して、紡がれていきます。

浦井健治さん扮するウィルのナレーションから、物語はスタート。
「人には、決して釣れない魚がある...」「僕は迷信なんか信じない」
そう語りながら、どこか、そういったものに憧れを抱いているかのようなウィルの表情が、観る者をぐっと『ビッグ・フィッシュ』の世界へ誘います。
BigFish04_02_9274.JPG

現実的な息子に対して、幻想・空想に遊ぶ父親・エドワード=川平慈英さん
「この川で、おまえはこんなに大きななまずを釣った」
「実際はその半分くらいだけどね...」
BigFish04_03_9276.JPGBigFish04_04_9280.JPG
いつしか、世界は過去に巻き戻って。
ヤング・ウィル=鈴木福くんにせがまれて本を読むエドワードですが、「ギリシャの話なんかじゃなく、もっと自分の目の前にある話をしよう!」と父。
BigFish04_05_9306.JPG
ここで歌われる『ヒーローになれ』は、川平さんイチオシのナンバーですよ!
想像力さえあれば、王様にだって物語のヒーローにだってなれる、人生は果てしない夢を生きることだ...というメッセージは人生の応援歌にもなりそう。
BigFish04_06_9314.JPG

また現実の世界から、空想の世界へ羽ばたくというのは、とてもミュージカルらしく、上手く出来ています。
BigFish04_08_9354.JPG

そして(おそらく)エドワードのおはこの冒険譚、魔女に出会った話へ...。

少年時代のエドワードと、幼馴染のドン・プライス(藤井隆さん)、その弟のザッキー・プライス(東山光明さん)
どうやら森の中を探検中。
魔女は未来を予言してくれるらしい...。
BigFish04_10_9390.JPG

ムードたっぷりに登場した魔女=JKimさん。
劇団四季出身の歌姫ですよ!
BigFish04_11_9398.JPG

しかしこの魔女、なかなかユニークです。
そして藤井さんのこの表情!
BigFish04_12_9399.JPGBigFish04_13_9402.JPG
エドワードとドン、一緒に探検しているのだからきっと仲は良いのでしょうが、何かと言うと張り合っているようなふたりの関係性も、微笑ましく。
さらにお兄ちゃんの真似をしてエドワードにつっかかる、のだけど気弱そうな弟のザッキーも可愛いです!

魔女にいじめられて(?)涙目で捨て台詞をはいて去っていったドンとザッキー。
残されたエドワードは、魔女にある予言をされます。
BigFish04_14_9418.JPG


過去から現在に戻って、父と息子の会話。
「僕の結婚式で乾杯の音頭をとらないで、スピーチをしないで」と言う息子。
何でも自分の話にもっていってしまう父に、息子はうんざりしているよう。
BigFish04_15_9439.JPG

母親のサンドラ(霧矢大夢さん)は、主張の食い違う父と息子、どちらも否定はせずあたたかいまなざし。
BigFish04_16_9448.JPG

さて、ウィルとその妻になるジョセフィーン(赤根那奈さん)結婚披露宴
BigFish04_21_9500.JPGBigFish04_22_9491.JPGBigFish04_23_9472.JPGBigFish04_24_9479.JPG
案の定、エドワードはあるやらかしをしてしまい、怒るウィル。
「もううんざりだ!」
...でも、どちらの言い分も、よくわかるんですよねー。
父と息子って、難しい。
BigFish04_26_9507.JPG
BigFish04_26_9512.JPG
ジョセフィーンのおなかの子が息子だとわかり、喜ぶウィル。
自分も"息子の父親"になる...。父エドワードへの複雑な思いが入り混じります。
ここで歌われるナンバーは、昨年の浦井さんのソロ・コンサートで先行して披露されていた『見知らぬ人(ストレンジャー)』
繊細な気持ちを歌にのせる浦井さん、さすがです!
BigFish04_31_9517.JPG
BigFish04_33_9552.JPG
一方でエドワードには病が見つかります。
BigFish04_34_9520.JPG
BigFish04_35_9567.JPGBigFish04_36_9593.JPG
そのことから、父の語った数々の空想のような冒険譚の真実を...そして父という人間のことを知りたいと思うようになる、ウィル。
聡明な妻・ジョセフィーンも「家族の歴史が知りたい」とその手伝いをしていきます。
BigFish04_38_9607.JPG

エドワードが語る物語は色々なパターンがあって、「サンドラとの出会い」の物語だけでも何パターンもあるらしい!

ハイスクール時代、エドワードは何でもできる町いちばんの男だった話。
町いちばんの可愛い女の子、ジェニー・ヒル(鈴木蘭々さん)と恋をした話。
(ちなみにジェニー・ヒル、劇中の超キーパーソンです!)
巨人のカール(深水元基さん)と仲良くなった話。
BigFish04_41_9616.JPG
BigFish04_42_9628.JPGBigFish04_46_9639.JPG
また出た!プライス兄弟!!
嫌味ったらしいのですが、彼らが出てくるたびにくすりとなっちゃう、味のある兄弟です。
BigFish04_44_9634.JPG


エドワードの少年時代の、嘘みたいなエピソードが、心浮き立つ素敵な歌や夢のようなダンスの中で、次々と語られていきます。

そして、運命の女性・サンドラとの出会い。
それはサーカスで、でした。
キャロウェイ・サーカスの団員オーディションを受けに来たサンドラと友人たち。
BigFish04_51_9668.JPG
BigFish04_52_9689.JPG
若き日のサンドラを演じる霧矢さん、可愛い!
このシーン、ダンスもキュートで必見です。

サーカス団の団長エーモスはROLLYさん。
私服(?)なのに、すでにティム・バートンの世界の住人といった雰囲気!
BigFish04_53_9662.JPG

サンドラはサーカス団に合格しなかったのですが、彼女を見て恋に落ちたエドワードは、彼女の情報をエーモスからもらうために、サーカス団で働きます。
月にひとつ、サンドラの情報をもらい...働くこと3年!

最後に得た、「サンドラの好きな花はスイセン」というヒントを持ち、スイセンを手にサンドラを探し出すエドワード。
実はこの時すでにサンドラには婚約者がいたのですが...サンドラはエドワードの優しさにふれ、彼と恋に落ちます...。
BigFish04_61_9756.JPG

さて、父エドワードの真実を探す、息子ウィルの旅は、どこへ行き着くのか。
父が語った物語の真実は。
父と子は和解できるのか。
...続きはぜひ、劇場で!


俳優たちの演技を見つめる、演出の白井晃さん
「必要があったら止める」と仰ってたのですが、ノンストップで1幕全部通して行われた、この日の公開稽古でした。
BigFish04_71_9724.JPG

まだ稽古場ですので、セットや衣裳がどういったものになるのかはわからないのですが、それでも「このシーンは明るく華やかなものになりそうだな」「ノスタルジックでうっとりするシーンになりそうだな」と、想像するだけで美しい世界が目の前に広がるミュージカル版の『ビッグ・フィッシュ』!

特に1幕ラスト、サンドラの好きな黄色いスイセンが舞台上いっぱいに広がったら、どんなに美しいんだろう...!と、今から期待値上がりまくりです。
BigFish04_64_9786.JPG

最後に、ちょっとしたシーンながら、とても素敵に思えたこのワンカットをお届けして、公開稽古レポ、終わりにします!
BigFish04_72_9369.JPG

取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


【バックナンバー】

【公演情報】
2月7日(火)~28日(火) 日生劇場(東京)

チケット情報はこちら




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8600

前の記事「『ビッグ・フィッシュ』#3 公開稽古レポートPart1 」へ

次の記事「より高みを目指して――ミュージカル『王家の紋章』再演に向け、浦井健治が大いに語る!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉