ミュージカル『王家の紋章』#8 山口祐一郎ビジュアル撮影レポ

| トラックバック(0)

■ミュージカル『王家の紋章』#8■


連載開始から40年を迎える少女漫画の金字塔『王家の紋章』が、初のミュージカル化!

脚本・演出=荻田浩一、音楽=『エリザベート』『モーツァルト!』のシルヴェスター・リーヴァイという豪華クリエイター陣が、古代エジプトを舞台にした壮大なロマンを、この夏、舞台上に描き出します。

ビジュアル撮影レポート第8弾は、宰相・イムホテップを演じる山口祐一郎さん
oumon2016_8_31_8348.JPG

山口さん、日本で上演されているシルヴェスター・リーヴァイ作品、皆勤賞です!



◆ ビジュアル撮影レポート ◆


演じるイムホテップは、浦井健治さん演じる若き王・メンフィスを支える、エジプトの頭脳というべき立場の人。
やっぱりこの大作において、そういう役どころは、山口さんに演じて頂きたいですよね~!
撮影現場でも、山口さんの存在感は、スゴイ!
oumon2016_8_32_8394.JPG
そして、これまでのビジュアル撮影レポートでもお伝えしていますように、この『王家の紋章』のビジュアル撮影、左向き/右向き/ヒキ/寄り...と、様々なパターンの掛け合わせを細かく撮影していくのですが、山口さんはさらに、杖アリ/杖ナシのバージョンが加わり、ほかの方より撮影パターンが多いんです。

ただ、山口さんの集中力で、撮影は非常にテンポよく進んでいきました。

現場はこんな雰囲気。
oumon2016_8_05_8289.jpg

カメラマンさんは、非常にオープンマインドで、俳優さんたちを「ノセる」言葉をたくさんかけて気分をアゲていく方だったのですが、山口さんの撮影の時だけは、「...すごい集中力」「すごい威厳...」と独り言のように呟いて、静かな撮影だったのが印象的でした。
oumon2016_8_33_8282.JPG
oumon2016_8_08_8378.jpg
山口さん演じるイムホテップが、舞台上でどう物語に関わっていくのか。
そしてどんなナンバーがあるのか。
楽しみですね!
oumon2016_8_10_8425.jpg


山口さんからのコメントはこちら。

「この『王家の紋章』は40年もの長きにわたり、皆さま方に愛されている名作です。この作品を愛してくださっているファンの方が、また新しく楽しんでいただけて、3千年前のエジプトの空気が感じられる舞台になればと思っています。ぜひ劇場へ足をお運びください」


威厳溢れるイムホテップさんですが、最後にこんなお茶目な笑顔も頂きました♪
oumon2016_8_11_8439.jpg
あんなに厳しい表情をされていたのに、そんなフレンドリーに大丈夫ですか(嬉しいけど!)...と訊いたところ、朗らかに「大丈夫、大丈夫~」と気さくな山口さんでした。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8352

前の記事「演劇「ハイキュー!!」"頂の景色"東京公演開幕! 須賀健太らが魅せる"演劇への挑戦"」へ

次の記事「舞台『ダンガンロンパ』本郷奏多と神田沙也加の新ビジュアル公開」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ