2015年10月アーカイブ

チケット情報はこちら

「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」 に出演の
椎名鯛造さん・伊崎龍次郎さん・濱頭優さんよりメッセージ動画が到着いたしました!

  


「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」 
公演期間:2015/12/3(木) ~ 2015/12/13(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木 (東京都)
S席 7,500円
※未就学児童は入場不可。
★チケット絶賛発売中です!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

ブログ用公演イメージ画像(c)WEBデザイン:瀬川祐.png
 WEBデザイン:瀬川祐


10月28日(水)より東京・CBGKシブゲキ!!で、舞台『ポップンマッシュルームぴあ野郎「錆びつきジャックは死ぬほど死にたい」』が上演される。 


同公演は、映画『日々ロック』などの脚本で知られる吹原幸太が主宰を務める劇団「ポップンマッシュルームチキン野郎」とぴあの共同プロデュースで行われる。学者によって機械人間に改造され、死ぬ事ができなくなった男、ジャック役を俳優の久保田秀敏が務める。そのほか、女優の愛加あゆ、俳優の水石亜飛夢、萩野崇などが出演。 

同公演の上演に際し、脚本・演出・出演を務める吹原は「ハロウィンの渋谷で、最も派手で過激で楽しい空間...それがポップンマッシュルームぴあ野郎が『錆びつきジャックは死ぬほど死にたい』を上演するシブゲキです。古代ギリシャの天才学者・アルキメデスによって機械人間に改造され、永遠に死ぬことを許されなくなった気弱な男が、悠久の時の中で様々な事情を抱えた人々と繋がり、人生の意味を見い出していく...そんな物語を観て、アナタも人生観をひっくり返してみませんか。最高の俳優達と最高の舞台作品を作ってお待ちしております」とコメントを寄せている。 

舞台『ポップンマッシュルームぴあ野郎「錆びつきジャックは死ぬほど死にたい」』は10月28日(水)から11月3日(火・祝)まで、東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。チケットは発売中。

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

今年、創立30周年を迎えている劇団スタジオライフ
男優のみで文学性の高い硬質な舞台を創作するスタジオライフですが、そのスタイルは現在の日本演劇界を席巻しているイケメン舞台の元祖とも言えますし、少女マンガの舞台化なども数多く手がけているという面で言えば、「2.5次元舞台」のはしり、とも言えます!

その彼らが10月7日、都内にて、30周年記念公演 下半期製作発表を開催。その模様をレポートします。
life30th01_1052.JPG

まずは、すでに発表済み・30周年記念公演第4弾『PHANTOM THE UNTOLD STORY』の制作発表です。
原作は、ミュージカルでもおなじみ『オペラ座の怪人』にインスパイアされた、スーザン・ケイの小説『ファントム』。
『オペラ座の怪人』では語られなかった、怪人と呼ばれる青年エリックの苦悩の半生を描く人間ドラマです。
スタジオライフでは前編の『The Unkissed Child』を2011年に、後編の『The Kiss of Christine』を2012年にそれぞれ初演、今回は初の前・後編を一挙に交互上演となります。


演出を手がける倉田淳
「『ファントム』は、本に出会って10年くらい温めていました。いっぺんではまって、いつかやりたいと思っていたのですが、ファントム=エリックが生まれ落ちたフランスの片田舎から、ゴージャスなオペラ座までをどう舞台に表現するか。ずっと悩み、10年くらいあっというまに経ってしまいました」
と、ずっとやりたかった作品であることを話します。
life30th02_0976.JPG

チケット情報はこちら


TOP-HAT_イベント_MG_5505.jpg"ダンスの神様"フレッド・アステアと、ジンジャー・ロジャースが主演した大ヒット映画『TOP HAT』の舞台版が、英国からいよいよ日本にやって来た! 9月30日から10月12日まで東急シアターオーブで上演された東京公演は、連日大きな盛り上がりを見せ大反響。「これは絶対観るべきミュージカルだ!」などと口コミでも広がり、日に日に当日券に並ぶ人の列が伸びていった。往年のファンからフレッド・アステアを知らない層まで、一瞬で虜にする楽しさと迫力。興奮冷めやらぬ観客同様、英国から来日したキャストたちも、毎日エネルギッシュに舞台を務めている。
 
その先頭に立つのが主演の二人、ブロードウェイのミュージカル・スター、ジェリー役を演じるアラン・バーキットと、美しいモデルのデイル役を演じるシャーロット・グーチだ。

TOP-HAT_イベント_MG_4769.jpg東京公演の千秋楽の翌日、10月13日、大阪公演に先がけ二人は大阪の阪急うめだ本店で、来日公演記念パフォーマンスを披露した。ちょうどこちらでは『英国フェア2015』のイベントを開催中(10月15日(木)まで)。上にミラーボールまで設置されている4フロア吹き抜けの「祝祭広場」には英国の旗が揺らめき、異国情緒が溢れていた。こちらに舞台と同じ黒燕尾服&白い羽根のドレスを着た二人が登場。背の高い美男美女の姿に、階段の上まで埋め尽くした観覧者から、ため息のような声がもれる。アランは「イギリスを離れて4週間弱になりますが、イギリスに帰って来たみたいで嬉しいです」と。シャーロットも「小さな劇場みたいで驚きました」と笑顔を見せる。

TOP-HAT_イベント_MG_4692.jpgそして作品のハイライトと言える、デュエットダンス『Cheek to Cheek』のナンバーを披露。アランの「ヘブン~♪」という甘く優しい歌声に始まり、ステージ上いっぱいを使って華麗なダンスを1曲歌い踊り切る。ポスターにもなっているシャーロットの180度以上足上げポーズでは、「ウワッ!」とどよめきが。さらに背中の柔らかさを存分に生かしたシャーロットの優美なダンス、軽やかにアランがリードするリフトにも大きな拍手が送られる。こういう場でも全く手を抜かず、全力で踊り切る二人のプロ根性、素晴らしい人柄...すべてが二人の笑顔に集約されていた!
 
パフォーマンス終了後、関西テレビの山本悠美子アナウンサーが、「すごい運動量なんですよね?」と声をかけると、アランはにこやかに「息がきれますね」と笑う。さらに観覧者たちの多くがカメラや携帯電話を構えるなか、撮影のためにと、改めてポスターのメインヴィジュアルの足上げポーズを披露。またもや拍手が起こる。

TOP-HAT_イベント_MG_4697.jpg東京公演の手応えについて尋ねられたシャーロットは、「舞台の最後にはお客様が総立ちになって一緒に踊って下さり、何人もの方々が繰り返し足を運んで下さった。日本の方々にこの作品が愛されて私たちも幸せです。大阪の皆さまも同じように愛して下さると思うので、公演が始まるのが楽しみです」とコメント。日本公演限定の客席降り&カーテンコールは、特にマックスで盛り上がること必至だ。
 
アランは「皆さんにもぜひたくさん笑って踊って歌いながら舞台を楽しんで頂きたいです。それが私たちの大きな活力になります」と。見どころについては「アーヴィング・バーリンの素敵な音楽はもちろん、タップダンス、社交ダンスなどいろんな要素が交じったダンスの振付も素晴らしいですよ」とアランは話す。「ハリウッド映画のあの時代にタイムスリップできる作品です!」とシャーロットもアピールを忘れない。

TOP-HAT_イベント_MG_5575.jpg以前に行われた制作発表で、この舞台に出演できる喜びを「夢が叶って、僕たちのキャリアはこれからどうなるんだろうと心配しているぐらいです」と語っていたアラン。その横で笑っていたシャーロット。あの幸福感に満ちた舞台は、まさに二人の幸福オーラから放たれるものでもある。いよいよ10月16日(金)梅田芸術劇場 メインホールにて開幕する大阪公演。これを観逃すと、恐らく二度とウエストエンド経由の「天国のような」ハッピーシャワーは浴びられない!

取材・文:小野寺亜紀

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」 に出演の
井上正大さん・山田菜々さん・鈴木拡樹さんよりメッセージ動画が到着いたしました!

 

「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」 
公演期間:2015/12/3(木) ~ 2015/12/13(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木 (東京都)
S席 7,500円
※未就学児童は入場不可。
★チケット絶賛発売中です!

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら

ウエンツ瑛士&濱田めぐみが演じる、時代の寵児の光と影


『ジキル&ハイド』等を世界的に大ヒットさせ、今年は『デスノート THE MUSICAL』世界初演を成功に導いたブロードウェイの作曲家、フランク・ワイルドホーン。彼が音楽を手がけたミュージカル『スコット&ゼルダ』が今月、日本初演の幕を開ける。主演はウエンツ瑛士と濱田めぐみ。開幕を目前に控えたその稽古場を取材した。
SZ1.jpg
主人公はアメリカを代表する小説家F・スコット・フィッツジェラルドとその妻ゼルダ。フィッツジェラルドと言えば『楽園のこちら側』の大ヒットで若くして一躍名声を手に入れた男で、代表作『華麗なるギャツビー』は今でもアメリカ文学の最高峰と賞されている。そしてゼルダはその彼にインスピレーションを与え続けた運命の女。1920年代、狂乱のアメリカで時代の寵児となったセレブ夫婦だ。さぞかし華やかなアメリカン・ドリームの世界が描かれるに違いない......と思い足を運んだ稽古場だったが、その予想は心地よく裏切られた。 

チケット情報はこちら

needles_01_gekipia.jpg舞台写真撮影:Nicola Frank Vachon


世界のアートシーンを牽引するマルチクリエーターのロベール・ルパージュ

ラスベガスで上演中のシルク・ドゥ・ソレイユ『KA(カー)』や、来年2月より日本公演が決定している『TOTEM(トーテム)』の演出を手掛け、"映像の魔術師"に相応しい魔法のような舞台で世界中の観客を魅了しています。

その彼が、1991年に初演した代表作『Needles and Opium』の完全リニューアル版を引っさげ、10月に来日公演を行います。


needles_02_gekipia.jpg舞台写真撮影:Nicola Frank Vachon


『Needles and Opium』は"ルパージュ・マジック"と呼ばれる手法を世界に知らしめた記念碑的作品で、副題にある「針とアヘン ~マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーの幻影~」のとおり、1949年に焦点をあて、当時活躍したデイヴィスとコクトーのイメージを召喚させながら、現代のある男性の内面を多層的に描いています。

さて、今作品のテーマのひとつに"麻薬中毒"があります。
詳しい方なら、マイルズ・デイヴィスはヘロイン中毒(=注射"針")、ジャン・コクトーはアヘン中毒だったなと、ピンとくるかもしれませんね。

チケット情報はこちら


フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが共演した、ハリウッド黄金時代の傑作映画『TOP HAT』。2011年にイギリスで初舞台化され、英国ローレンス・オリヴィエ賞3冠にも輝いたミュージカルが、この秋待望の来日を果たした。映画版を、そしてフレッド・アステアをこよなく愛する浜村淳さんから見た来日公演の見どころは? 普段から劇場へもよく足を運ばれている浜村さんに、映画評論家として、舞台ファンとして大いに語ってもらった。

浜村淳_MG_7965.jpg――今年の春にまず宝塚歌劇団宙組が、『TOP HAT』を日本初上演されましたね。
 
素晴らしかったですね。記者会見で宙組トップコンビの朝夏まなとさんと実咲凜音さんが、タップを踏んでいるのを見たときから「やるな~!」と思っていましたが、宝塚100年の底力を感じました。宝塚風にロマンティックにアレンジし、完全に自分たちのものにして楽しんで演じていて、見事なもんでした。
 
――フレッド・アステアが見せた高度なタップのシーンなども登場していましたね。
 
そう、映画をリスペクトする作りでした。やっぱりフレッド・アステアは"ダンスの神様"と言われ偉大。アメリカのミュージカルにとって、欠かすことのできない存在ですよ。『イースター・パレード』『バンド・ワゴン』など多くのミュージカル映画に出演し、振付もよく自分でしていました。その彼が出演した『TOP HAT』は1935年の公開で当時大ヒットしましたからね。アメリカのミュージカル映画ではベストスリーに入る映画ですよ! これをイギリスで、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの映画に負けないぐらいの見事なミュージカルにしたのですから驚きました。

浜村淳_MG_7579.jpg――映像で英国版の舞台をご覧になったそうですね。いかがでしたか?
 
 まず舞台装置が巧いですね。イギリスの舞台では、何枚もの扉のようなセットを開けたり閉めたり、2枚だけ使ったりと変化をつけて場面を転換していくんです。またロンドンのホテルでアステアがタップダンスを踊るシーン、1階下の部屋にいるロジャースが「うるさくて眠れない!」と怒ってるんですが、舞台ではアッと驚くような方法を用いて見せていますね。雨と雷のなか公園で、主役の二人が踊る場面もそうですし、舞台として見事に映画を消化しているのがすごいですね。
 
――あの公園のシーンはポイントですよね。
 
映画もそうでしたね。初めはデイル(ジンジャー・ロジャース)の方が反目しているけれど、あまりにもジェリー(フレッド・アステア)の誘い方が上手いからか、意識してない感じでデイルもスーッと立ち上がって一緒に踊り出す。「さあ踊りましょう」とか誘いの言葉もなくスーっと。二人の心の動きを表す振付で、素晴らしいタップが繰り広げられます。この場面、舞台でも見事でした。

浜村淳_MG_7642.jpg――そのとき心が近づいたかに見えた二人が、勘違いのせいですれ違っていきます。
 
デイルの友人でもあるプロデューサーの奥さんが、善意のおせっかいをやくのもあってね(笑)。裏目裏目に出て面白い話になっていくわけです。笑いがいっぱいのラブ・コメディで楽しいですよね。イタリア人デザイナーも、イタリア男の風情を漫画風に大げさに演じるから大いに沸きます。ただ、コメディといってもドタバタ喜劇ではなく、さり気なく笑わせてくれてお洒落ですよね。
 
――特にお好きなナンバーはありますか?
 
やっぱり「Cheek to Cheek」"頬よせて"は聴いていて心地いいですね。この曲を最初は、作曲家のアーヴィング・バーリンもフレッド・アステアも気に入らなかったそうです。それが80年経った今もスタンダードナンバーになっているのですから、分からないものです(笑)。イギリスの舞台では、あの有名なデュエットダンスのシーンで、デイル役の人が逆立ちするぐらい足を上げる振付があるんですが、アクロバティックですね! あれナマの舞台で観たら大変なものですよ。他には、「Top Hat, White Tie and Tails」という曲での群舞もいいですね。"トップハットに白い蝶ネクタイ、黒燕尾"という意味ですが、これはアステアの定番のスタイルでもあります。彼は映画でもよく燕尾服を着てましたが、日常が特別な世界のような気分になるから好きだったんでしょうね。このシーン、映画では男性ばかりの群舞でしたが、イギリスのミュージカルでは女性も入っているんですよ。その点、ちょっと持ち味が違って面白かったですね。
 
――この舞台では映画の音楽以外にも、アーヴィング・バーリンのヒット曲の中から新たに10数曲が加わっています。
 
そう、だから見応えありますね。バーリンは「ホワイト・クリスマス」という大ヒット曲もありますが、ミュージカルの音楽を手掛けると必ず成功する名人なんです。『アニーよ銃をとれ』など名作がたくさんあり、必ず作品中1曲は後世に残る曲を残しています。わたくしニューヨークへ行った時、「アーヴィング・バーリンがニューヨークにいますがお会いしますか?」と言われたんですよ。世界的な大音楽家の前で、何を喋れますか!? その時は丁重にお断りしたのですが、その後間もなく101歳でお亡くなりになられてね。あの時、バーリンが書いた曲や作品のことなど、「あれはあーでしたね」と色々喋りたかったなと、後から思いました。

浜村淳_MG_7795.jpg――それはきっとお話も弾んだでしょうね。バーリンもアステアも、きっと天国で舞台化を喜んでいるのではないでしょうか。
 
そうだと思います。なぜ長いこと舞台化されなかったのか。その理由は分かりませんが、私が思うにアステア以上の踊りを見せられるのか、またアステア以上のものをやられても困る、という思いもどこかにあったのかと思います。でも、もうそういう時代じゃないですからね。アステア以上のものをやってもいいのではないかと思います(笑)。
 
――来日公演のジェリー役を演じられるアラン・バーキットさんは、タップダンスのチャンピオンシップで優勝したこともあるそうです。
 
それは楽しみですね。本当にみなさんタップダンスが巧いですから。それに映画は白黒でしたが、舞台は衣裳も装置も全部カラーで美しいですよね。みなさんにはこの舞台で、夢を見てほしいと思います。日常のストレスを消してしまう効き目がありますよ。華やかで明るくて楽しくて、心が躍って身体も踊るという(笑)。タップが無理でも、ぜひスキップぐらいして帰って頂きたいですね。

公演は10月12日(月・祝)まで東京・東急シアターオーブ、10月16日(金)から25日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演。チケット発売中。

取材・文:小野寺亜紀
撮影:木村正史
 

チケット情報はこちら






チケット情報はこちら

■ミュージカル『CHESS』■


2度のコンサート形式での上演を経て、ついに日本初演の幕を開けたミュージカル『CHESS』
冷戦下のチェスの世界大会を舞台に、恋愛と政治の駆け引きが絡み合う奥行きのある物語が、ABBAのメンバーが手がけた美しく繊細な楽曲に載せ紡がれる作品です。
何より、カンパニーの『CHESS』への愛情がひしひしと伝わる、熱い熱いパフォーマンスは感動必至!
必見のミュージカルです。

★開幕レポートはコチラ

稽古場からこの作品を追っているげきぴあですが、本日は去る9月28日に行われたアフタートークイベント「CHESS ミュージカル版を語る!」のレポートをお届けします。

出席者は石井一孝田代万里生AKANE LIV戸井勝海、そしてゲストに『CHESS in Concert』初演(2012年)にアービター役で出演していた浦井健治という豪華な顔ぶれです!
chess2015_04_00_0813.JPG

まず、作品を観た感想を求められた浦井健治さん。
「もう大感動しております! そして、楽曲が難しい! (難しいことを)思い出した! みんなすごいな~って...」と開口一番の賞賛の言葉でした。
chess2015_04_11_0808.JPG

そしてソ連側の代表選手・アナトリー役をコンサート版初演から演じている石井一孝さん。
「長い道のりの3時間ですが、今回コンサートバージョンと一番違うのは、妻のスヴェトラーナが1幕で近くにいること。これがやっぱり、一番違うかな。だから(スヴェトラーナ役の)AKANEちゃんと何度も話し合いました。一番最初に、2階の居間に出てくるじゃない? ...あ、2階の飛び出たところを我々は居間と呼んでいるんですが(笑)。あそこではどんな会話をしているとかも。その段階から亀裂が入っているわけではなく、普通の家庭。ただ試合が近くて、これからメラーノに乗り込んでいくところなので、イライラしている。でも愛してないとか溝があるとか、そんなんじゃない方がいいよねとかも話し合って、演じているのがすごく新鮮。(コンサート版では)失われた、見せていなかったピースだからね。子どもがふたりもいるんだよ?名前も決まってるの。その辺がすごく新しくて。より辛くもあるけれど、よりリアルな感じで挑めているのが嬉しいです」
...と、コンサート版との違いを語ります。
chess2015_04_01_0872.JPG

チケット情報はこちら

「フランク・ワイルドホーン&フレンズ」 
出演者インタビュー

12月23日(水)大阪・梅田芸術劇場メインホール、26日(土)・27日(日)東京・東急シアターオーブにて行われる「フランク・ワイルドホーン&フレンズ」の出演者インタビューを公開!

3繧キ繝ァ繝・ヨIMG_0234縮小最新.jpg
撮影=MAKOTO WATANABE
写真左から、フランク・ワイルドホーン、和央ようか、トーマス・ボルヒャート

<フランク・ワイルドホーン&フレンズ とは>
ミュージカル界が誇るメロディメーカー、フランク・ワイルドホーン。
今年は彼の代表作であるブロードウェイミュージカル『ジキル&ハイド』が25周年を迎え、
さらに初めて漫画ミュージカル化作品である『デスノート』を日本で世界初演が行われるなど、とても記念すべき年。
この公演は、そんなワイルドホーンが世に送り出してきた名曲の数々を作曲家自身に選ばれたトップクラスの歌手5名が歌うという豪華なコンサート。ワイルドホーンを含め、この豪華なコンサートに出演する選ばれた歌手、和央ようかと、トーマス・ボルヒャートの3人のインタビューをご紹介します!


ワイルドホーン ミュージカル作品
「ジキル&ハイド」「ビクター/ビクトリア」「スカーレット・ピンパーネル」「南北戦争」「ドラキュラ」「NEVER SAY GOODBYE」  「MITSUKO」「シラノ」 「モンテ・クリスト伯」 「ボニー&クライド」「カルメン」  「GOLD~カミーユとロダン」「ルドルフ」 「アリス・イン・ワンダーランド」「デスノート」他、多数



カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉