2013年12月アーカイブ

チケット情報はこちら

皆さん始めまして!
今回モダンスイマーズさんの公演でお世話になります!

18歳の西井幸人です!^_^


こんな大人に囲まれて舞台をするのは初めて!

そして毎日が新鮮で刺激的です!

すっごく毎日楽しく稽古しています!

モダンスイマーズさん最高です!

そんなこんなで今日の稽古終わりに男気じゃんけん開催!

僕の一人勝ちでピザ買っちゃいました!
今日から皆に兄貴って呼ばれるみたい笑

new_IMG_8775.jpg

この先の稽古楽しみです!

素敵な舞台になるように頑張ります!

new_IMG_9386.jpg
モダンスイマーズ「死ンデ、イル。」
2013/12/12(木) ~ 2013/12/22(日)
ザ・スズナリ (東京都) 

チケット情報はこちら

チケット情報はこちら


お前はもう死んでいる!イントロ♪ドゥドゥドゥドゥードゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥードゥドゥドゥーユアーショックーずいません皆さん!!!!!ビリビリビリ。(このビリビリビリはなんの音でしょうか?ヒント ビリビリビリの前に有ります☆後でアンサーです(^.^))

皆さんモダンスイマーズ公演(以下モダ公)のストーリーは北斗の拳なんかじゃないんですよーー!!!そんな話しではないですよ!!!!!


蓬莱さんの


「死ンデ、イル。」は☆


すみません尊武論さん!そんな話しではないとかいって!!!余談・・・超ファンです☆すみません蓬莱さん!!!超コアファンです☆

「コア付き」で今回はすいません尊武論さん(>_<)


乱文ですみません!!!お久し振りです皆さん!!!三回目の出演をさせて頂きます!モダンスイマーズ末弟の

宮崎敏行です(*^^*)


誰も分からないですね★


宜しくお願いいたします(^q^)


蓬莱竜太さんから宮崎へのダメ出し(演劇の世界では俳優を良くするためのアドバイス)です。


必死にやって


この言葉に尽きますね。必死こけや必死こけや必死こけやもうその通りです。必死こけや必死こけや必死こけやもう恐いので止めます。でも病みます☆

気分害したらすみません皆さん(>_<)

台本読んで素直な感想シリーズ

やばいなーこの台本ほっかほかだよ。

以上です♪


皆さん凍みる季節がやって来ましたよー♪ほっかほかだよー♪


「死ンデ、イル。」に関わってらっしゃる皆様。そしてブログを御覧の皆さん宜しくお願い致します!!!!!


new_死ンデ、イル。本チラ-B919.jpg


PSアンサーです(^.^)北斗の拳の歌詞「ユアーショックーーー!」に「すいません皆さん」がぶつかった摩擦音がビリビリビリでした。因みに「すいません皆さん」がぶつかったので「ずいません皆さん」(;_;)


ただいま至福な「稽古チュ、ウ。」

new_modanimage (3).jpg

モダンスイマーズ「死ンデ、イル。」
2013/12/12(木) ~ 2013/12/22(日)
ザ・スズナリ (東京都) 

チケット情報はこちら

new_Ustバナーgravity【ダブレット】.jpg
稽古直後の、キャストによるトークを生配信致します。
お稽古の状況、公演の構想など、期待のステージについて4人が語ります!お楽しみに!
※当日の状況により配信時間に変更が生じる場合がございます。ご了承下さい。

 ■配信日:12月6日(金)
 ■配信時間:22時頃から約1時間位を予定
 ■トーク出演者:シルビア・グラブ、林希、三倉茉奈、三倉佳奈

【質問募集中!】
事前に、出演者への質問を受付致します。
お名前(ペンネーム)、質問内容、を下記のメールアドレスにお送り下さい。
件名に、「キャスト生トーク! 質問」と明記下さい。

gravity.special.live@gmail.com
 ■受付締切:12月6日(金) ※18時頃まで

また、当日はご自身のtwitterの、ハッシュタグに[#CBGK]を加えて呟いて頂くと、
USTREAM中のメンバーが、あなたの質問を読むかもしれません。是非ご参加下さい!


「gravity × 茉奈 佳奈 Special Live 2」
「gravity(シルビア・グラブ、林希) × 茉奈 佳奈」この二組が繰りなす異色のコラボレーションライブ第2弾!!
12/28(土)、12/29(日)にCBGKシブゲキ!!にて開催のスペシャルライブステージ!
生バンド演奏と、バラエティ豊かなゲスト多数で、年末、華やかにパワフルにお届け致します!


チケット情報はこちら


徳島県鳴門市の大塚国際美術館内にあるシスティーナ・ホールにて、来年2月、システィーナ歌舞伎が開催されます。

陶製の板に原画を転写し名画を忠実に再現した、世界でも類をみない美術館の中にある同ホールは、ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂が原寸大に立体再現されています。

このホールを使い、日本の伝統文化である歌舞伎を西洋文化の壁画に囲まれた空間の中で「和と洋のコラボレーション」「創作による新作歌舞伎」をコンセプトに"コラボ歌舞伎"として2009年に初演。
その後、ほぼ毎年1回のペースで上演を重ね、来年で5回目を迎えます。

今回の演目は、モーツアルトの名作オペラ「フィガロの結婚」をモチーフにした「満月阿波噺(まんげつあわのよばなし) Le Mariage de Figaro フィガロ」


11月下旬、出演の片岡愛之助さん、上村吉弥さん、中村壱太郎さんと作・演出の水口市一夫さんが会見を開き、公演への意気込みを語りました。

P1040253_350.jpg左から壱太郎、愛之助、吉弥


会見レポート


 
■水口一夫さん (作・演出)
ミケランジェロの原寸大の「最後の審判」の絵、あるいは天井画(「天地創造」ほか)がまわりを覆い尽くしている空間で歌舞伎をやるというのは本当に難しいです。
今回上演する「フィガロ」は喜劇です。
ご存知のようにモーツアルトの名作でレベルが高い作品です。
和と洋のコラボということで、徳島の弦楽四重奏のみなさんにもご出演いただきまして、クラシックの音も加える予定です。
本来の歌舞伎の音、下座、清元、常磐津、長唄、竹本などを組み合わせて、いかに歌舞伎版の「フィガロ」を創るかが私の大きな課題です。
愛之助さんが「今度は歌いたい」とおっしゃってますので、それならばぜひにと思っております。そうなりますと、吉弥さんと壱太郎さんにも歌っていただくことになりますので、それぞれのアリアを期待していただきたい。
"傾く心"の精神を忘れず、歌舞伎でもこんな面白い舞台が創れるんだ、というものをお見せしたいと思っております。

P1040256_350.jpg


■片岡愛之助さん (一昨年から参加。今回で3回目の出演)
"コラボ歌舞伎"ということで、水口先生がおっしゃられた通り、"傾く"という新しいことに取り組む気持ちは忘れちゃいけないと思っています。
新作や復活ものの再演というのは少ないんですけれども、このシスティーナ歌舞伎で創られた中から2作も再演されています。
ひとつは、今年2月に大阪・松竹座で勤めさせていただいた『GOEMON(石川五右衛門)』、それから今月、豊岡市の永楽館で『ガラシャ(切支丹寺異聞 伽羅紗)』を。これは第1回に上演された作品です。
ここから生まれたということはすごく嬉しくて、再演のできる作品をどんどん作っていきたいと思っています。

P1040273_350.jpg

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ