【連載企画】舞台『華アワセ』演出家:西森英行インタビュー★第3回

| トラックバック(0)

「作品の世界観やキャラクターの魅力をダイレクトに受け取ってもらえる空間を作る」

DSC_0693.JPG

人気の乙女ゲームを原作にした舞台『華アワセ』の
演出・西森英行が語る「乙女ゲーム舞台の作り方」。

最終回となる第3回目は、ゲームを原作とした劇作の工夫に迫る。

たとえば、原作はプレーヤーが主人公の女性・みこととなって
進めていくゲームであるにもかかわらず、今回の舞台には女性が一切登場しない。
その狙いを鍵に、ゲームから作られる舞台だからこその面白さを追求してみたい。

                                    

──原作の『華アワセ』は、主人公のみこととして女性がプレーしていくゲームですが、舞台には女性が登場しません。そういう設定にしたのはどんな理由からですか。

「みことは一応、舞台でも存在はしています。蛟、いろは、姫空木、唐紅の"五光"たちが語る台詞のなかにも出てきたりはするんです。でも、生身の役者としては登場しない。それはやはり、ゲームにおいて、プレーヤーがみこととして五光やほかのキャラクターと関係を作っていくように、舞台も、観客のみなさんと男性キャラクターが、直接関係性を持てるものにしたかったからです。誰かが演じるみことというキャラクターを通すことなく、舞台上の役者たちのエネルギーをダイレクトに客席に向けていく。そうすることで、ゲームを愛していらっしゃる方はもちろんのこと、ゲームを体験したことのない方も、ゲームの世界観やキャラクターの魅力を、まさにダイレクトに純粋に、受け取っていただけるのではないかと思っています」

──それは確かに、ほかの舞台にはないトキメキがあったり、乙女ゲームが原作だからこその楽しみ方ができそうです。

「もうひとつ、男性キャラクターだけで集まるというのは、原作のゲームではあり得ないことなので。自分がいないところであのキャラクターたちはどんなふうにいて何を話しているんだろうと、覗き見するような感覚でも観てもらえるんじゃないかと思うんです。そこにはたぶん、男性キャラクターたちが、みこととしての自分のことをすごく愛してくれていることがわかる姿があると思いますし。演出としては、本番が始まってからも、どうすれば女性の観客の方にキュンキュンしてもらえるかなっていうことを、考え続けていくことになると思います」

──といっても、男性の観客を排除するものではないんですよね(笑)。

「もちろんです(笑)。そもそも僕自身が男で、アクションであったり、男性が観てもワクワクする要素は非常に意識して作っていますので。ただ単にひとりの女性をめぐる男性の物語ではなく、そこに"華闘"という命がけの闘いがあるという男としてのロマンの部分は、しっかり追求していくつもりです」

DSC_0642.jpg

──極上のエンターテインメントであれば、男女関係なく楽しめるはずですからね。

「本当にその通りだと思います。ですから今回は、そんなエンターテインメント作品を作れる千載一遇のチャンスじゃないかとも思っているんですね。というのは、どこか伝奇的な雰囲気のある学園に、個性的な男性キャラクターがいて、花札という日本的なものを使って闘うなんて、これまでにありそうでなかった組み合わせですから。"こんな世界観、舞台で観たことなかったよね"っていうものが、原作の力をお借りして、作れるはずだと思うんです。そしてそこに、これだけのキャストとスタッフが揃って立ち向かえるというのは、なかなかある機会ではないので。みんなで一等級のものを作りたいと思っています」

取材・文 大内弓子




公演:2014/1/21(火) ~ 2014/1/26(日)
会場:天王洲 銀河劇場 (東京都) 

原案・原作:プロジェクト月花 
演出:西森英行
出演:高木万平 / 中村誠治郎 / 飯塚大夢 / 根本正勝 / 安居剣一郎 / 橋本真一 / 八木将康
全席指定 6,800円

舞台終演後、出演者による替わりトークショーを開催
■トークショー出演者
1/21(火) 19:00 高木・飯塚・八木
1/22(水) 14:00 中村・根本・橋本
1/22(水) 19:00 高木・根本・橋本
1/23(木) 19:00 中村・八木・根本
1/24(金) 14:00 高木・中村・根本
1/24(金) 19:00 飯塚・八木・橋本
※トークショーは該当公演のチケットをお持ちの方のみ参加可能

チケット購入特典として1枚につき1点、
舞台「華アワセ」オリジナルSDキャラお守りを会場にてプレゼント
■オリジナルSDキャラお守りの配布スケジュール
 1/21(火) 19:00 蛟(学業成就)
 1/22(火) 14:00 姫空木(恋愛成就)
 1/22(水) 19:00 唐紅(商売繁盛)
 1/23(木) 19:00 いろは(開運招福)
 1/24(金) 14:00 いろは(開運招福)
 1/24(金) 19:00 姫空木(恋愛成就)
 1/25(土) 12:00 蛟(学業成就)
 1/25(土) 17:00 唐紅(商売繁盛)
 1/26(日) 12:00 唐紅(商売繁盛)
 1/26(日) 17:00 蛟(学業成就)


千秋楽公演は予定枚数を終了いたしました。
その他の公演はチケット発売中です。



チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7484

前の記事「七之助が舞台挨拶に登場!亡き父・勘三郎への思いを語る」へ

次の記事「「瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々」いよいよ本稽古開始!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉