劇団史上初の4人芝居に挑戦!猫のホテル最新作「アバエスク」

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


憎み合った としつきが になる

猫のホテルの新作「アバエスク」が12月25日(水)、下北沢ザ・スズナリで開幕する。

近年は女性のふたり芝居や男性だけの3人芝居、外部から演出家を招いての上演など、従来の劇団公演にとらわれず様々なスタイルに挑戦している猫のホテル。
主宰の千葉雅子が以前から"やりたい"と思ってきたことを実現してきた。

さて、今回は千葉の作・演出による4人芝居だ。
昭和時代を舞台に、洗濯屋を営む夫婦と流しの歌手夫婦が互いの存在を見つめ直す一日を描くという。

4人が醸し出す濃密な空気からどんな世界が立ち上がるのか気になるところ。
現在都内で稽古の真っ最中だが、稽古場の千葉からげきぴあ宛にコメントが寄せられた。

abaesuku_chiba.jpg稽古場にて 千葉雅子

すっかり年の瀬となり、一年を締めくくるべく、劇団初の試みで4人芝居に挑戦します。
「アバエスク」とは「アバ」と「~風」を合わせた造語です。
「アバ」は懐かしのポップグループ。
二組の夫婦で活躍していたその姿はどこかもの哀しく、夫婦別れをしてしまった事を聞いた時は「やっぱりなぁ」と無常感を味わったものです。
食堂でも漫才でも夫婦でやるということは、どこかではずかしい部分を晒す覚悟が必要です。
そんな夫婦のおかしみと哀しみを、中村まこと、佐藤真弓、村上航、千葉雅子で描きます。
とある町にひっそりと生きる夫婦たち。
その無常なる世界。二組の夫婦の物語ですから、どの組み合わせにするかは悩みました。
どんな夫婦が誕生するか、劇場で見届けていただけたら幸いです。
4人芝居と銘打ってありますが、劇団の他メンバーもちょっと変わったかたちで出演します。
ザ・スズナリにて心よりお待ちしています!

千葉雅子

 

ABBAといえば、1970~1980年代にかけて活躍したスウェーデンの男女4人、二組の夫婦で構成されていたグループ。
「ダンシング・クイーン」「テイク・ア・チャンス」「チキチータ」などのヒット曲を連発。
アラフォー世代には懐かしい、ディスコミュージック全盛時代に一世を風靡し、世界中で絶大な人気を博したが、その後離婚。
いつの間にか活動停止となり事実上解散してしまった...。


というのはABBAの話。
今回の舞台は、"夫婦"でビジネスをする姿に着目し、愛し合い憎しみ合いもがく夫婦たちの物語。
二組の夫婦が熱唱する歌に宿るものとは!?
その答えはぜひ劇場で確かめて欲しい。


abaesuku_chrashi.jpg


【公演情報】
2013/12/25(水) ~ 2013/12/29(日)
[会場]ザ・スズナリ (東京都)
[作・演出・出演]千葉雅子
[出演]中村まこと / 佐藤真弓 / 村上航

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7474

前の記事「『ライオンキング』15周年!」へ

次の記事「モダンスイマーズ/「死ンデ、イル。」9 蓬莱竜太」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉