【SMOKE #2】石井一孝・藤岡正明・彩吹真央による"3人ミュージカル"『SMOKE』稽古場レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■ミュージカル『SMOKE』2019年版 vol.2■
 
 
昨年日本初演され、その濃密な世界観と美しい音楽でたちまち話題となり、多くの熱狂的ファンを生み出したミュージカル『SMOKE』
20世紀初頭に生きた韓国の天才詩人、李箱(イ・サン)の遺した詩と彼の人生にインスパイアされたミュージカルで、たった3人のキャストが、ミステリアスで奥深い世界を作り上げていきます。

このミュージカルが早くも今年、再演されることになりました!
しかも今年はキャスト・劇場を変え、6月と7~8月の2パターンで上演。

まずは6月に登場する〈NEW CAST〉バージョンの稽古場を取材してきました!
〈NEW CAST〉バージョンの出演は、石井一孝藤岡正明彩吹真央という、いまのミュージカル界を支える実力派3名です。
SMOKE2019-02-01_7531.JPG

 

まずは『SMOKE』ってどんな話?という説明から...。

◆ about『SMOKE』 ◆

李箱(イ・サン)の作品「烏瞰図 詩第15号」にインスパイアされ、その詩のみならず彼の人生やその他の作品群の要素も盛り込み作られたミュージカル。
イ・サンは、才気ほとばしる作風が讃えられる一方で、その独自性と難解さゆえに酷評もされた、両極端の天才詩人。結核をわずらった後、日本に流れつき、そのまま異国の地・東京で27歳の若さで亡くなります。

このミュージカルでは、彼の精神世界を謎めいた筆致で描き、誰も想像できなかった物語が繰り広げられます。
登場人物は、
 詩を書く男「(チョ)」、
 海を描く者「(ヘ)」、
 心を覗く者「(ホン)」
の3名のみ。 俳優の実力も問われる、スリリングな作品です。

 

この日の稽古場は、冒頭からの数場面を何度も繰り返していました。
先日掲載したインタビューで、石井さんがこの物語のことを
「最初は犯罪劇のように始まり、だんだん心の葛藤の物語になっていく」
と表現していましたが、まさに冒頭はその<犯罪劇>のようなスリリングな展開
石井一孝さん扮する〈超〉と、藤岡正明さん扮する〈海〉が、彩吹真央さん扮する〈紅〉を誘拐してきます。
SMOKE2019-02-10_7406.JPG
『SMOKE』の物語は、"表" で描かれていることすべてに、「実は...」というような "裏" があり、それもすべてが説明されるわけではなく、文学的であり多少難解なところはある。
ただ、この導入部分など、「何が起こるのだろう」「彼らの目的は何なのだろう」とミステリを読んでいるようなハラハラドキドキ感で、ぐぐっと心を掴まれます

〈超〉と〈海〉はなぜ〈紅〉を誘拐したのか? 彼らの目的は? 彼らの関係性は?

...とっても、「続きが気になる!」のです。
SMOKE2019-02-12_7412.JPG

石井一孝さん=〈超〉
〈超〉は詩人で、だけど自分の詩が書けなくなっている。
『SMOKE』は不遇の天才詩人、李箱(イ・サン)の作品と彼自身の生き様にインスパイアされた物語。
ということで、〈超〉は李箱の分身なのかな、と思ったあなた。正解です。でも、不正解です。
それだけじゃないのです...!
SMOKE2019-02-15_7445.JPG
冒頭から、苦悶の表情の〈超〉。
このシーンでは演出の菅野こうめいさん、「カズ(石井さん)が書き始めたときのギョロっとした目! すごいなあの目は。あれはカズにしか出来ない!」と絶賛してました。
SMOKE2019-02-17_7381.JPG
 

藤岡正明さん=〈海〉
〈海〉は"絵を描く少年"で、実際は27歳ですが知性は14歳で止まっている...そうです。
兄貴分の〈超〉を全面的に頼っている、少年のようなピュアさを藤岡さんが上手く表現していました。
ただどうやら、彼は記憶をなくしている、らしい...?
どんどん謎めく物語。
SMOKE2019-02-17_7450.JPGSMOKE2019-02-18_7557.JPG
 

彩吹真央さん=〈紅〉
〈海〉は彼女のことを "三越デパートの令嬢" だと思っているようですが、どうやらそうではないようです。
それどころか、〈超〉と〈海〉のことを知っているらしい...?
冒頭からどこかに閉じ込められているような〈紅〉ですが、これもきっと最後まで観たら、「ああ、彼女はあそこに閉じ込められていたんだ」と、(語られずとも)判る、と、思います。
SMOKE2019-02-19_7494.JPG 
誘拐され、目隠しをされ、後ろ手に縛られ、クロロホルムで気を失わせられる〈紅〉。
その格闘を、どうやったらスムーズに見せられるか何度もトライする3人。
ここをこうして...とやる中で、特に「そうすると"嘘"が生まれるなぁ...」とこだわっているのは、藤岡さん。
SMOKE2019-02-22_7509.JPG
この日の稽古場には、初演の〈紅〉であり、今年も浅草九劇で再演されるORIGINAL CASTバージョンに出演する池田有希子さんも見学に来ていました。
SMOKE2019-02-25_7369.JPG
この〈紅〉誘拐劇のくだりでは、それまでの稽古でも「どうやったら痛くなく出来るか」に苦労していたようで、「そうだ、ゆっこさん(池田さん)が初演のときに上手くやってたから、聞きたいって話してたんだ!」とアドバイスを求める皆さんです。


この稽古場には色々な方が見学・勉強に足を運んでいるようで。
浅草九劇バージョンの〈海〉、木内健人さんもいらしていました!
SMOKE2019-02-26_7416.JPG
池袋の〈海〉と浅草の〈海〉。
SMOKE2019-02-27_7427.JPG 
 
自分の書いた詞や、出版した著作をどんどん捨てていく〈超〉。
〈海〉は、君が必死になって書いた君の作品をどうして捨てるのか、と止めようとするのですが。
SMOKE2019-02-30_7421.JPG
何があっても海へ行くんだ、これが最初で最後のチャンスなんだ、と歌うふたり。
ところどころシンクロするようなポーズが入ってくるのは、「これは "予兆" だからね」と、菅野さん。
何の予兆でしょうか...!? 答えは劇場で!
SMOKE2019-02-31_7538.JPG 
 
拳銃を手にしている〈超〉。
このあたり、写真だけでも、どんな展開なのかハラハラドキドキするのでは!?
SMOKE2019-02-34_7588.JPG 
拳銃の扱いの確認をしている石井さんと菅野さん。
この拳銃、稽古場用らしく「早く(実際の舞台で使うものに)慣れたいなぁ...」と石井さん。
どうやら演劇的にガチャっと銃弾を装填した時の緊張感が出るものを求めているようで、ワルサーがどうだとかリボルバーがどうだとか話すおふたり。
稽古場にあるほかのモデルガンが用意されたりもしたのですが「これだとモダンすぎるんだよね」と菅野さん。時代的にもう少し現代寄りの型だったようで(李箱は1937年没)、菅野さんの知識の幅、すごい...!
SMOKE2019-02-35_7546.JPG 
 
こちらはもう少し物語が進み、〈海〉と〈紅〉のデュエットナンバー。
〈海〉の、海への憧れが歌われます。
SMOKE2019-02-41_7480.JPG
藤岡さんの〈海〉の、ピュアな笑顔がたまりません!
SMOKE2019-02-42_7478.JPG
彩吹さんの〈紅〉からも包み込むような温もりが伝わってくるようで......。
SMOKE2019-02-43_7473.JPG 

 
ご紹介したのは前半のほんの一部ですが、謎めいた物語の一端が伝わりましたでしょうか。
そして言わずもがな、かもしれませんが。
この3人、歌が、すごい!!!
 
歌唱力も声量もあるのはもちろんなのですが、声質がすでにドラマチック
なので、この『SMOKE』のメロディアスな楽曲が、なんとも言えない濃厚な質感をもって空間を満たします。
乞う、ご期待です!

 
取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

 
【バックナンバー(2019年公演)】
#1 石井一孝&藤岡正明&彩吹真央インタビュー
 
【バックナンバー(2018年公演)】

#1 稽古場写真到着!公演情報
#2 稽古場レポート
#3 大山真志×日野真一郎ロングインタビュー

 
【公演情報〈NEW CASTバージョン〉】

6月6日(木)~16日(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト(東京)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9300

前の記事「三谷幸喜の新作歌舞伎『風雲児たち』公開稽古レポート」へ

次の記事「【前編:作品編】南河内万歳一座『~21世紀様行~ 唇に聴いてみる』内藤裕敬インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ