【ライムライト #2】舞台人のシビアな現実を、優しい視線で描く美しい物語――稽古場レポート Part2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
■音楽劇『ライムライト』vol.2■


チャップリン晩年の傑作映画として名高い『ライムライト』
その名作を2015年に世界で初めて舞台化、好評を博した作品が、4年ぶりに上演されます。
出演は石丸幹二、実咲凜音、矢崎広ら。

その稽古場レポート、後半をお届けします。limelight2019-02-01_5956.JPG

物語は、かつては人気だったが今は落ちぶれた老芸人カルヴェロと、足が動かなくなってしまったバレリーナ・テリーが出会い、心を通わせ、お互いを思いやるがゆえにそれぞれの決意をしていく過程を、人間の優しさと社会の厳しさの中で描いていくもの。

11-a_AAA2747.JPG

カルヴェロ=石丸幹二さん、テリー=実咲凜音さんは "通し役" ですが、ほかの方々はシーンによって様々な役を演じていくのも楽しいところ。
 

矢崎広さんは、テリーがかつて恋心を抱いていた作曲家・ネヴィル役。
淡い思い出だけだったふたりですが、才能を開花させた若者たちはのちに再会を果たします。limelight2019-02-15_SSS0407.JPG

矢崎さん、ほかに新聞売りなども。limelight2019-02-17_SSS0271.JPG


こちらのシーンも可愛かったのでお楽しみに(さて、何役でしょう!?)。limelight2019-02-18_AAA1849.JPG

 

吉野圭吾さんは、劇場支配人のポスタントをメインに演じます。
売れっ子の時代はカルヴェロを持ち上げ、落ちぶれてからはやっかいもの扱いするポスタントですが、それでもどこか同情心が見え隠れするのは、やはり同じ"舞台"を生業にしている同業者だからでしょうか...。
ほか、舞台で口上を言って客席を盛り上げるチェアマンなど、芸達者な吉野さんを堪能できそうです。limelight2019-02-22_AAA1933.JPG 
植本純米さんは演出家のボダリンクや、カルヴェロのマネージャー・レッドファーンほかを。
彼もまたカルヴェロの浮き沈みを、ともに経験している存在です。
limelight2019-02-23_AAA2106.JPG


 

保坂知寿さんは、カルヴェロの住むフラットの家主、オルソップ
悪気はないものの、ズケズケとプライベートにも踏み込んでくる女性を、保坂さんがコミカルに演じます!12-f_SSS0464.JPG
石丸さんとのかけあいはさすがの息の合いっぷりです。13_SSS0034.JPG

 

 
矢崎さん、吉野さん、植本さん、保坂さんは、"観客" "町の人々" などもめまぐるしく演じていきますよ。limelight2019-02-24_AAA1986.JPG

 
 
佐藤洋介さん、舞城のどかさんの名ダンサーおふたりは、カルヴェロやテリーが語る記憶の中の人物や、劇中劇のメインキャストなどを幻想的に魅せていきます。limelight2019-02-26_SSS0471.JPGlimelight2019-02-27_AAA2134.JPG

 
 
さて、カルヴェロの応援もあって、舞台に復帰したテリー。
実咲さんの本格的なバレエシーンもみどころです。14_AAA2469.JPG15_5930.JPG 
 
若者は挫折を乗り越え、光の方向へ進んでいく。
老芸人はしかし、そう簡単に栄光の道へ戻ることはできない現実がある。limelight2019-02-41_5901.JPG

それでもカルヴェロは、一世一代の舞台に立ちます......。limelight2019-02-42_5944.JPG

「ライムライト」は、電気が普及する前に使用された照明器具の名称です。
転じて、その光をあびる人が受ける「名声」の意味もあります。
光と名声に魅せられた舞台人の現実をシビアに描きながらも、人々の優しい温もりと愛情に溢れた、美しい物語。

チャップリンの作品は、どうしても"チャップリンの映画"という印象を強く抱いてしまいがちですが。
その枠組みを少し忘れて、物語の持つ純粋な美しさを追求したのが、この舞台版『ライムライト』。

演劇だからこその表現、演劇の持つ力なども感じられる珠玉の作品。
開幕は、まもなくです。16_SSS0357.JPG

 
取材・文:平野祥恵(ぴあ)
撮影:吉原朱美・平野祥恵


 
【バックナンバー(2019年公演)】
#稽古場レポートPart1
 
【バックナンバー(2015年公演)】

#顔寄せレポート
#稽古場レポート Part1
#稽古場レポート Part2
#観劇レポート

 
【公演情報】
・4月9日(火)~24日(水) シアタークリエ(東京)
・4月27日(土)~29日(月・祝)
 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪)
・5月2日(木・祝)・3日(金・祝
 久留米シティプラザ ザ・グランドホール(福岡)
・5月5日(日・祝)・6日(月・祝)
 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9278

前の記事「【SMOKE #1】ミュージカル『SMOKE』早くも再演! 新キャスト版に登場する実力派3人、石井一孝&藤岡正明&彩吹真央インタビュー」へ

次の記事「【ライムライト #3】「演じるネヴィルは"良い人"。だからこそとても難しい」――ネヴィル役 矢崎広ロングインタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉