『1789 -バスティーユの恋人たち-』稽古場レポート Part2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

フランス生まれのポップでセンセーショナルなミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』、いよいよ開幕が近づいてきました!

ロナン&革命家たちの稽古場に潜入したレポート、後半をお届けします。
1789_4_01_3329.JPG
1789_4_03_3360.JPG
★稽古場レポート、前半は→コチラ★


前半でもお伝えしましたが、この時の稽古場は、「武器を持って起ち上がれ」と動き出した革命家(市民)たちを、将校・ペイロールが蹴散らさんとするシーンの振付をやっていました。


ロナン振付中。
1789_4_13_3293.JPG

小池徹平さん。
1789_4_10_3199.JPG

加藤和樹さん。写真右は、振付の桜木涼介さんです。
1789_4_11_3251.JPG

兵士と市民たちが押し合っています。
1789_4_15_3177.JPG

そうこうしている間に、ペイロール役の岡幸二郎さんが合流!
1789_4_20_3352.JPG

主人公・ロナンは父を貴族に殺害されたことから革命派に身を投じますが、そのきっかけとなった張本人が、ペイロール。

岡ペイロール、冷徹かつ容赦ない!
しかも強い!
1789_4_21_3284.JPG

また、岡ペイロールが入るとこのシーン、見事にピシっと引き締まる、そんな緊張感が生まれます。
前回のレポでお伝えしていた兵士たちのダンスも、ペイロールが入るとこんな感じになりました。
1789_4_22_3408.JPG


さて、振付は主に①市民(男)、②市民(女)、③兵士、の3パートに分かれている...と前回も記しましたが、その組み立てがとても興味深かった!
まず兵士たちの振付をし、次に男性市民、最後に女性たちのパートの振付がなされ、その3パートが一緒になると...「こう見えるのか!」という、パズルのピースが嵌った感!

3パートに分かれている感覚、このカットから少し伝わりますでしょうか?
1789_4_28_3277.JPG

兵士が振り上げた足をかわす、革命家たち。
ダントン役=上原理生さん。
1789_4_31_3262.JPG

兵士の上を飛び越える、革命家たち。
こちらはロベスピエール=古川雄大さん。
その下に、女性が滑り込みます!
1789_4_32_3253.JPG

滑り込むとこうなります。同じシーンです。
ロナン=小池徹平さん。
1789_4_33_3288.JPG

同じく、加藤和樹さん。
1789_4_34_3291.JPG

いやー、このシーン、かなりのド迫力になりそうです。
特に客席前方のお客さまは「うぉぉっ!」となりそうですよ!

今回ご紹介した場面は、おそらく舞台で通すと、ほんの数分のシーン。
それを、3時間ほどかけて皆さんが作り上げていました。
その積み重ねで出来上がる、新しいミュージカル『1789』、期待して待ちましょう!
1789_4_41_3235.JPG
1789_4_42_3300.JPG


取材・文・撮影:平野祥恵


【公演情報】
・4月11日(月)~5月15日(日) 帝国劇場(東京)
 ※4/9(土)・10(日)プレビュー公演あり
・5月21日(土)~6月5日(日) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8317

前の記事「FUKAIPRODUCE羽衣『イトイーランド』出演者File005 幸田尚子 by新部聖子」へ

次の記事「FUKAIPRODUCE羽衣『イトイーランド』出演者File006 浅川千絵 by岡本陽介」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉