【最終陳述 #3】ガリレオズ登場! 佐賀龍彦×伊勢大貴×山田元 インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
現在、日本初演のミュージカル『最終陳述 それでも地球は回る』が好評上演中です。

天動説が信じられている時代に地動説を唱えた偉大な科学者ガリレオ・ガリレイと、今なお生み出した作品が世界中で上演され続けている偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア
同じ1564年生まれのこの偉人ふたりが、天国で出会ったら......という"if"から、自分の信念を貫くこと、夢を追いかけることの難しさや尊さを描く物語です。

出演者は2名のみ。
主人公のガリレオ役の俳優と、
シェイクスピアをはじめコペルニクス、ミルトンからフレディ・マーキュリーまで、ガリレオ以外の登場人物すべてを演じる"マルチマン"役の俳優だけ。

ガリレオ役はトリプルキャストで佐賀龍彦さん、伊勢大貴さん、山田元さん。
シェイクスピア役はダブルキャストで野島直人さん、加藤潤一さんが演じます。
※伊勢さんは2/27に、加藤さんは2/28に千秋楽を迎えます。

稽古場取材、開幕レポートとお伝えしてきたげきぴあ、今回はガリレオ役をトリプルキャストで務めている、佐賀龍彦さん、伊勢大貴さん、山田元さんにインタビュー!

なおインタビューは、伊勢ガリレオ&加藤マルチマンの回の終演後に行われました。

ガリレオ - コピー.jpg 

佐賀龍彦×伊勢大貴×山田元 INTERVIEW

 

● 開幕後1週間、現在の心境は

 
―― 開幕して約1週間です。まずは現在の率直な心境を教えてください。
 
伊勢「(即答で)大変です! 全然楽じゃない...」

山田「それは、そうだね」

伊勢「1公演終わったら、足がガクガクするし...」

佐賀「イセダイ(=伊勢)、終わった瞬間に倒れこんだりして。...舞台が終わってからもそういう演技するんだぁ、と思って(笑)」

伊勢「ヤメロ。そういうことじゃねぇ(笑)」

佐賀「あれ、そういうことじゃないの!? でも、それだけ入り込んでいるって、すごいことだよ」

山田「そうだね、最終的に描かれるのは「ガリレオの終着点」だから。色々な出会い、歌、すべてを経ての、最後のあのシーン。やっぱり最後はエネルギーを出しつくしますよね。...と言っても僕はまだ1公演しかやっていないんですが。初日やって、それから全然やっていない(苦笑)」
※山田さんは2/14の初日に出演後、1週間ほど登板があいてしまっていました。

伊勢「怖いでしょ」

山田「いま、不安しかない...」

伊勢「ですよねぇ。佐賀さんはどうですか、慣れてきました?」

佐賀「だいぶ仕上がってるよ!」

伊勢「本当ですか、色々きいてるぞ(笑)」

―― まあまあ(笑)。伊勢さんは先ほどガリレオとして生きたばかりですが、今日はどんな心境でしたか。

伊勢「本当に、ガリレオはマルチマンとお客さまに導かれているんだな、というのが、実際にお客さまの前に立って一番わかったことです。みんなに見守られて...ではないですが、みんなと一緒に旅をして、最後にガリレオがどう思うのか、日によって感情が違う。最後に、照明と一緒にひとつひとつの物語が消える、という演出があるのですが、いい思い出も浮かぶし、辛い思い出も浮かぶ。それが日によって違ってくる。役者をやっていて幸せだなと思う最後のシーンをいただいたって思います」

佐賀「いい話だねー」

▽ ガリレオ=伊勢大貴02_20190215 63.jpg


―― では佐賀さんは、ガリレオとして舞台に立って、どんなお気持ちでしょう。

佐賀「僕も本番が開けてからだいぶ作品に対する印象が変わりました。実は劇場に入って、ゲネプロをやった時に、自分の中で筋が通っていない部分が明らかになってしまって。これはイカン! と、そこから色々修正して、繋げることができた。ガリレオという人物が幕開きから最後のシーンまで旅をしている、というのが自分でも感じられて、今は楽しいです」

伊勢「佐賀さんは毎回、違うんですよ。本当にその日を生きている。安定しないところが魅力的なんだろうなって思う。その分、マルチマンは大変だろうけれど、それも楽しいんだろうな」

佐賀「いや、でも僕だけでなく、マルチマンも毎回違うから、こっちも変わってくるんだよ」

伊勢「佐賀さんは、すごい純粋なんだろうなって思う。芝居自体がピュア。受けの芝居というか、受ける脳がピュアなんだと思う」

▽ ガリレオ=佐賀龍彦01_0029.JPG


佐賀「でもふたりとも、その場その場で起こったことを、すごいキャッチするじゃん! すごいなーと思うよ」

山田「頑張りたい...」

佐賀「頑張りたい?」

山田「フレッシュでありたい」

伊勢「元さんはでも、対応力が高いよね。ちゃんと脳を通して話しているから、相手がどんな角度からきても、ちゃんと受けて、成立させられる人だと思う」

佐賀「あと元ちゃんは、普通に立っていてもガリレオっぽい!」

山田「ガリレオっぽい?」

伊勢「っぽい! 一番、元さんが科学者気質を持ってるのかもしれない」

山田「あぁ、一見すごく思慮深そうに見える、と(笑)」

―― では山田さん、1週間前の感想になるんですが...。

山田「そうなんですよ...。でも初日の前にゲネプロをやって、その後にメンバーでディスカッションをしたんです。気持ちの持っていき方とか、全体がどう見えているか、というようなことをみんなで話して。それで、俯瞰する視線を持って初日に挑んだら、ゲネプロと本番ではまったく感じ方も、ガリレオとしてのアプローチも変わりました」

佐賀「へぇ~。どう変わったの?」

山田「みんなで話していたことなんだけど、この話はガリレオが宗教裁判にかけられているシーンから始まり、最後もそこに戻っていく。自分が処刑される...という思いを、どこまで引っ張るか、その演技と歌唱のバランスをどう成立させるか。初日はそれが、ここまで難しいのかと改めて感じたんです。今それを咀嚼して、明日からまた自分がどうなっていくのか、楽しみであるし、ちょっと不安もある、というところです」

▽ ガリレオ=山田元03_20190214 21.jpg


―― 皆さん、ふたり芝居は初めてですよね。

全員「はい」

山田
「あたりまえなんですが、やることが多い。俳優ひとりの負担が大きい」


伊勢「いや凄いですよね。家で練習しようと思って最初からはじめたら、通し稽古と同じくらい時間がかかる(笑)。なんだこれ!ってなりました」

―― 冒頭から1時間くらい、出ずっぱりですか?

伊勢「僕らガリレオさんは、1時間20分、(袖に)引っ込まないです」

山田「捌けるのは1回だけだもんね。フレディのソロの間だけ」

伊勢「あの時間は僕らにとって、超大事! なんですよ!! その時に、佐賀さんの買ってきてくれた蜂蜜をよく食べています」

山田「あ、そんなことしてるんだ」

伊勢「蜂蜜はめっちゃ利きます。最後にもうひと踏ん張り頑張るエネルギーのカケラみたいなものがもらえる」

佐賀「即効性があるんだよね」

伊勢「あるあるある。本当に佐賀さんが言ったとおり!」

―― 劇場としても、とてもお客さまが近い作りです。実際に舞台に立ってみていかがでしょう。

伊勢「でも、いいオーディエンスです。最初の裁判のシーンでは、僕は皆さんのことを裁判の傍聴人だと思ってやっている。ひとりひとりの目を見て蔑んでみたり、逆に恋人だと思ってひとりを見つめることもできる距離感。楽しいです」

山田「僕は、お芝居を始めた最初はこれくらいの...もっと小さい、50人・100人のキャパシティの劇場でやっていました。6年ぶりくらいにこの規模の劇場に出演して、俳優としてテンションがあがっています」

伊勢「わかります、それ!」

佐賀「僕も慣れました。皆さんの温度感もすぐ伝わってくるから、何の違和感もなくやっています」

伊勢「いいですよね、この感覚。一体感が生まれやすい環境で。特にこのミュージカルはガリレオの旅路を描いていますし、どこかに向かっているときは応援してもらいやすい。だからこそ最初のシーンで引きつけていかないと、お客さんの気持ちがどんどん離れていっちゃうという緊張感もありますが。でも楽しい」20190215 496.jpg

● 3人お互いのガリレオ像は?

  
―― 今回、皆さんがトリプルキャストで同じガリレオ役を演じているのですが、稽古場から3人で相談したりしていましたか?

佐賀「はい、僕なんかは本当にふたりにお世話になってます」

山田「ホントに僕もですよ!」

伊勢「いやいや、こちらこそですよ!」

―― では、お互いにお互いを褒め合ってみましょうか。

佐賀「僕のすごいところはですね...」

伊勢「いやいや、自分で言う時間じゃないから!」

佐賀「違うの?」

伊勢「わかる? 質問聞いてた??」

―― 笑。

佐賀「あぁ、お互いにですね」

伊勢「...無いですね、この人(佐賀)のいいところ」

佐賀「おいっ!おーいっ!」

山田「(笑)」

伊勢「ええと、佐賀さんは歌の説得力がすさまじい。自分が「これくらい力強く歌いたいな」と思うところを、力強く歌っているのが羨ましい。あと会場全体を包める声を持っていると思ったら、薄く切ない声も出る。表現者としてすごい武器ですよね」

山田「これだけ歌が多い作品で、歌唱力があって説得力がある、聴きたい音を出してくれるというのは本当に素晴らしいです」

伊勢「...これくらいでいい(笑)?」

佐賀「えー、まだ時間たっぷりあるよ(笑)!」

山田「これくらいでいいんじゃないの(笑)?」

佐賀「いや、でも、なかなか気持ちいい時間を過ごさせていただきました(笑)。温泉入るより気持ちいい!」

伊勢山田「(笑)」

―― では、伊勢さんについて...。

佐賀「イセダイは鶏肉を作ってきてくれたりとかね」

伊勢「サラダチキンね!」

山田「(笑)。真面目に言いますね。自分の話になりますが、僕は良くも悪くも安定してると言われることが多くて、自分でも殻が多い人間だって感じているんです。イセダイは正反対で、ことごとく、殻を破っていく。心をさらけだす表現が出来る人だなと思って」

佐賀「確かに!」

山田「お客さんってそういうところを俳優に求めるところがあるから、見ていて僕もすごく勉強させていただいています」

伊勢「ありがとうございます...恥ずかしいね、これ(笑)」

佐賀「一方で、セリフも感情で言うというより、緻密に芝居を組み立てた上でその爆発力だから、この人は凄いなって思いますね。一度 "組み立てた" ら、そこには理性が入ってしまいそうなのに、そうは見せない。そこにリアルがある」

伊勢「嬉しい!」

佐賀「あとね、吸収力がすごい。高音の出し方、こうしたらいいんじゃない?って言ったら、僕が2~3年ぐらいかけてやっとできたことを、ポッと次の日にやったりして。教えるんじゃなかったな、って後悔(笑)」

山田「稽古初期から比べると信じられないくらいレンジ(音域)が伸びてる。音楽面での成長も凄かったよね」

佐賀「感性がいいんだろうね」

伊勢「皆さんに非常に助けられました!芝居しながら歌うって、本当に難しいけど快感がありますね」

佐賀「こんなもんでいいですかね?」

伊勢「十分だぁ! 俺は墓場まで持っていく、今の話!」

―― お次は山田さんを褒める時間で。

山田「ちょっと待って、録音するから」

伊勢「茶目っ気出さなくていいよ(笑)! 恥ずかしいんでしょ」

山田「恥ずかしい(笑)」

佐賀「録音開始するまでに終わるから」

伊勢「あ、うん、良かったっす(笑)」

山田「おい!」

佐賀「(笑)。元ちゃんは、僕らが気付いていなかった芝居の落としどころ、重要なポイントを知らない間に押さえている。こっちは言われて、そこが重要だったんだって気付かされるんです」

伊勢「確かに」

佐賀「中盤の『望遠鏡のある部屋』というナンバーで、「望むものは 小さな部屋 窓辺に望遠鏡」というガリレオの本当の思いを言う部分があるのですが、曲調も明るいし、そこを最初はみんな結構明るく作っていたんです。だけどそうじゃないんじゃないかっていう指摘を元ちゃんがして、今は "そうじゃない" 演出になっています。そういうところに疑問を持つ感覚、尊敬します。あとスタートが一番遅かったのに...」

山田「そうねー」
(※山田さんはその前に出演していた舞台の本番と本作の稽古が重なっていたのです)

佐賀「まとまっていくのが、早かった」

伊勢「構成力がすごくある人だなと思う。それにこだわりも強いんだけど、でもそれを変える、手放すことも出来る柔軟さもありますよね。役者としてすごい強みなんだろうと感じます」

佐賀「あと自分の魅力、声とか見せ方とかをちゃんとわかってるよね」

伊勢「うん、それは本当に役者として、良いことだと思う!」

山田「ありがとうございます」

伊勢「あと舞台を見ていて思うのは、やっぱりビジュアルが良いっていうのは、本当に素晴らしいことですよね~。でも元さんの場合、それ以上にまっすぐな目が本当に魅力的だなって思う」

山田「嬉しい!」

伊勢「星を見ているときの目、みんなそれぞれ違って見えるけれど、一番まっすぐに見えるのは元さんだなって思う。尊さが見えるっていうのかな。「星が綺麗だな、嬉しいな、素敵だな」って見ている中に、元さんはもうひとつ「尊い」という気持ちが入っている気がする。...というのは、僕が勝手に見ていて思った感想です!」

佐賀「いや、でも"尊さ"、わかる」19_20190214 294.jpg
 

● ガリレオは、どんな人物か

 
―― 役作りについてお伺いします。みなさんは同じガリレオという役を演じていますが、それぞれ個性が違っていて面白いですね。例えば、最初の宗教裁判でガリレオが「天動説が正しい、自分は間違えていた」と言うところなんか、ずいぶん違うなあと思って拝見しました。

伊勢「あぁ、確かに違いはあると思います。思ってることは一緒だけど、アウトプットの仕方はみんなバラバラ。割と佐賀さんは、全身を使って表現しているよね」

山田「そうだね」

佐賀「僕はあの時は、大好きな恋人を裏切って本当に申し訳ない...と思っています。恋人って、星のことです。裏切っちゃってごめん、って。あとは、自分が声がバンっと出ちゃうタイプなので、それを抑えるために体勢を変えて、無理やり発言しています...と表現しています」

――なるほど、興味深いです! 伊勢さんは薄く笑っていたなと思うのですが。

伊勢「僕は若干、諦めの境地ですね。天動説を支持している自分すらも笑えてきてしまっている、「俺、こんなこと言っちゃってるよ~もうダメだ」みたいな、自分自身に呆れている状態です」

佐賀「あーなるほど」

伊勢「物語の半ばで、地動説を支持してガリレオの前に火あぶりになったジョルダーノ・ブルーノの話が出てくるんですが、それももとともとガリレオの過去にある話。だから冒頭のシーンでもブルーノのことが頭をよぎります。ブルーノのことは大きな葛藤のひとつだと思うので。人って、耐えられないことに直面すると、泣くか笑うか止まるか、だと思うんですよね。でもミュージカルとしては、そこで止まることも泣くこともできないので、"笑う" という選択をしています。...元さんは?」

山田「僕もイセダイに近いかも」

伊勢「どちらかというと "茫然" といった方向ですよね」

山田「それこそブルーノのこと、火あぶりのこと、あくまでも地動説を唱えたら世間にどういう目で見られるか...とか、いろいろなプレッシャーが四方八方からのしかかって、出てきたものが今の表現です」

伊勢「自分自身に困っている雰囲気も見える」

山田「うんうん、戸惑い、ですね」


―― ガリレオの葛藤というのは、権力に無理やり言わされた、というのとまたちょっと違う。敬虔なローマ・カトリックの教徒ですから、教会が主張する天動説を認めるのは、信者としてはそうありたいという気持ちもまた本心ではあったんですよね。

山田「そうですね。M21の『最終陳述リプライズ』(ガリレオが「太陽が回る」と、天動説の支持を表明するナンバー)で僕は、結構その気持ちが色濃く出ている。運命を受け入れています」

伊勢「キリスト教を信じなければ、こんな苦しい状況に陥らなかったんだろうけど。そう考えると可哀想な人ですよね。でも、キリスト教を信じなかったら彼はここまでの功績を残せていないんだろうとも思います。だから、ドラマが生まれる人生なんでしょうね」

▽冒頭のシーン。ガリレオ=佐賀

06_0014.JPG


 
●野島直人さん&加藤潤一さん、マルチマンふたりの違いと、"あのシーン"の勝敗の話

 
―― ちなみに、マルチマンはダブルキャスト。野島さん、加藤さんは、やっていてどんなところに違いを感じますか?

山田「僕はまだ1回、加藤さんとしかやっていないので...」

佐賀「そっか! そうだった」

伊勢「あのね、エネルギーが違うので、伝わり方が違うなと感じます。ふたりで一緒にいるな、と感じるのは野島さん。お客さんも含めてその場に一緒にいる、と感じるのは加藤さん。...例えば水槽があるとして、水槽の中でやっているものをお客さまが眺める構造を作っているのが野島さんで、加藤さんは水槽の中にお客さんも入れちゃう、ってイメージ」

佐賀「あー、はいはい。一緒に巻きこんじゃう」

伊勢「どっちも正解だし、面白いなと思う。今回はお客さんに絡むのが許される作品なので、ショーアップする部分も必要。僕、もともとは客席と絡むという作りの作品は好きなタイプではないんですが、それが良しとされるなら思い切りやりたいし、こういうミュージカルだからこそそれが楽しいんだなと思う。野島さんと加藤さんの違いを考えていると、こういうタイプの演劇に出会えてよかったなってところに行き着きます」

佐賀「いい話! あと、野島さんのほうが、各シーンで愛おしくなっちゃう(笑)」

山田「あ、わかる。可愛い」

佐賀「ねぇ!」

伊勢「(色々な役をやる)マルチマンなんだけど、すごく人間の血を感じますよね。一緒に困ってくれるタイプ。加藤さんのマルチマンは、完全にガリレオを引っ張ってくれるタイプ」

佐賀「そうそうそうそう。"マルチマン" という存在がいて、僕らが導かれていく感じ」

山田「野島さんは一緒に歩いて行ってくれてる感じ」

佐賀「そんな感じかも!」

山田「ところで、マルチマンとの対戦は最近どうですか?」

▽ ガリレオ=伊勢、マルチマン=野島直人21_20190215 214.jpg
▽ ガリレオ=山田、マルチマン=加藤潤一22_20190214 103.jpg



―― そう、それは私もお聞きしたかった! このミュージカル、ガリレオとマルチマン(シェイクスピア)が対決して、お客さまにどちらが魅力的だったか選んでもらって、物語が一部分岐する。その選択によって歌うナンバーも変わってきます。現在の勝敗のほどは?

伊勢「ワタクシ、本日勝ちました!」

山田「おお!」(一同拍手)

伊勢「1回だけ負けました」

山田「僕は全勝です、1回しかやっていないので(笑)。勝率100%」

佐賀「僕も1回負けましたね。でもその負けた回、LE VELVETSのファンクラブの方が大勢きてくださっていた回だったんですよ...!」

山田「アドバンテージあったにも関わらず負けたんですね...」

佐賀「その1回の負けの衝撃はすごいですよ、ほんとに...」

伊勢「ファンの方も「素直に好きとは言わないよ!」って感じなんですよ(笑)」

山田「でも、どうなんですか? あれって、客観的に見るとガリレオのほうに入れたくなるはずですよね?」

―― それは、そう思います。そこまでの道のりで、観客はガリレオに対して心を寄せているはずなので。

佐賀「いただいたお手紙にも書かれていました。「ガリレオを選んであげないと、その後の旅が上手く進まないんじゃないかと思った、だからガリレオを選びました」って」

伊勢「あぁ、そういうことか!」

山田「その分岐も、もしかしたらお客さんが考えちゃうのかもしれませんね」

伊勢「なるほど。この記事を読んでくださる方、こっちはわりと、そこだけはガチで勝負しているので、ガチで選んでください! 選ばれないと本当に悔しくなるし、選ばれると心から喜ぶから! どっちに転んでも物語はちゃんと進みます」

―― お客さまはその後の物語展開への影響を心配せず、あのシーンだけ切り取って魅力的だった方を選べば大丈夫、と。

伊勢「うん、それでいいと思います」

加藤(通りがかり)「こっちもガチです!(観客のガリレオへの思い入れも)こっちがそれを超えればいいだけの話だから...!」

佐賀「なーにを言ってるんすか。カッコつけた体勢で」

山田「どっからモノを言ってるの(笑)」

加藤「2段上から言ってるの(笑)」(加藤さん、階段の上にいました)

伊勢「でもまぁ、楽しみ方は人それぞれなんでね、強制はできないですけど、僕らはあそこ、結構真剣に対決していますってことで!」

▽ ガリレオ=山田、マルチマン=加藤23_Image4.jpg

 
●『最終陳述』は"究極な作品"です

 
―― 最後に改めて、この作品のアピールをお願いします。

伊勢「ガリレオ3人、マルチマン2人、さらに物語に分岐があるから物語も2パターンある。全部で12通り。普通の舞台ではありえないくらい毎日違うものがこの会場では生まれている。一瞬一瞬が、一度過ぎたら本当に無くなってしまうものなので、ぜひ楽しんでいただきたいです」

佐賀「うん、こんなタイプの作品あまりないから、客観的に見ても、面白いと思いますよ」

―― でもこれだけ皆さん出ずっぱりで、皆さんのいろんな表情が見えて。やりがいもあるのでは。

伊勢「こんな究極な作品、なかなかないですよ! ふたり芝居ってだけで大変だし、ミュージカルってだけでも相当大変なのに、ふたり芝居のミュージカルって」

山田「男としての勝負もあるし」

伊勢「そう(笑)! でも、1公演を終えるごとに感じる達成感はひとしおですね」

佐賀「では最後のまとめは元ちゃんに!」

山田「...この作品は、いわゆるリアリズム演劇とは違って、不思議なことが色々起こる。その中で、それぞれの役をちゃんと自分の中に落とし込んで、台本を推敲して、しかも韓国ミュージカル特有の難しい楽曲に挑み、さらに20曲以上ガリレオは歌う。僕らにとっても高い山でしたが、その分、魅力がたくさん詰まっています。ぜひ何度でも見に来ていただけたらと思います!...いやぁ、久しぶりにふたりに会えて嬉しかったな」

伊勢「うん、嬉しい。3人でしゃべって楽しかった!」

佐賀「嬉しいと言ってもらえて、僕も嬉しいっす(笑)!」

saisyuchinjutsu-031.JPG

 
取材・文・撮影(3ショット):平野祥恵(ぴあ)
舞台写真:オフィシャル提供

 
【『最終陳述』バックナンバー】
#1 稽古場レポート
#2 開幕ニュース
 
【公演情報】

2月14日(木)~3月17日(日) 浅草九劇
[演出]渡邉さつき
[出演]佐賀龍彦・伊勢大貴・山田元(トリプルキャスト)
   /野島直人・加藤潤一(ダブルキャスト)
[演奏]河谷萌奈美

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9259

前の記事「全く新しい"柚希礼音"が見られる!? 来年芸歴20周年を迎える柚希が挑む、歌もダンスもアリの一人芝居」へ

次の記事「【エントレ】北翔海莉×峯岸みなみ(AKB48)が劇中歌を熱唱! 明治座 ミュージカル「ふたり阿国」製作発表レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ