『キム・ジョンウク探し』#4 稽古場潜入レポートその2!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『キム・ジョンウク探し』#4■


村井良大彩吹真央駒田一という、たった3人のキャストで贈るミュージカル『キム・ジョンウク探し~あなたの初恋探します~』
その稽古場にふたたび潜入してきました!
hatsukoi04_01_8729.jpg
hatsukoi04_50_8798.jpg
本番初日まで10日以上ある中で、この日の稽古は"粗通し"。
アタマから最後まで、本番同様に通していきます。
チームワークの良さが反映されているのか、なかなかお稽古、テンポよく進んでいるようですよ。


当連載をお読み頂いているユーザーの皆さんはもうおなじみかもしれませんが、まずは登場人物のご紹介。
ムン・ミニョク役=村井良大さん。
hatsukoi04_04_8442.jpg
勤めていた会社をクビになり、付き合っていた彼女にフラれ、色々と残念な彼がはじめたのが〈初恋探し株式会社〉。初恋の人を探してあげる会社です。
村井さん、前回稽古場にお邪魔した時とずいぶん顔つきが変わっていました。
髪型が変わったせい...だけじゃない、はず!
頼りなくてダメダメ君であるミニョクの"愛されキャラ"っぷりが、200%アップ、な印象です!
(村井さん、お楽しみのもうひと役のご紹介は記事後半で...)


ヒロイン、アン・リタ役=彩吹真央さん。
hatsukoi04_05_8477.jpg
新聞記者を辞めた彼女、そのことが厳しいお父さんの逆鱗に触れ、ぷらぷらしてるなら結婚でもしろ!とばかりにお見合い広告を出されてしまいます。
しかしそこでも乗り気でない彼女、さらに父親の怒りを買い、すったもんだのあげく連れていかれたのがミニョクの〈初恋探し株式会社〉。
...ということで、ミニョクとアン・リタは、アン・リタの初恋の相手"キム・ジョンウク"を探す旅に出るのです。


ちなみに村井さんと彩吹さんは、開演前のアナウンス(通称・影アナ)も担当。
こちら、録音じゃなく、ナマです! そして粗通し稽古でも、この部分からバッチリやっていました。
この日は村井さんの大好きなUSJの「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が終わってしまう!という話を、彩吹さんが「そんな個人的は話はいりません」とそっけなく返すくだりに、スタッフ大笑い。
皆さん、上演開始時間よりちょっと前にお席についていることをおススメします


さて、彼と彼女に絡んでいく数多の人々を演じていくのが"マルチマン"=駒田一さん。
といってもマルチマンという役の登場人物はなく、様々の役を次々と演じていく俳優さんのことを"マルチマン"と呼んでいます。

マルチマン、カッコいいバージョン。
hatsukoi04_06_8428.jpg


マルチマンが演じる役柄の中でも、重要な役どころでありそうな、アン・リタのお父さん
軍隊出身らしい、厳し~いお父さんです(阪神ファンのオジサンじゃありません)
hatsukoi04_08_8482.jpg

女性役もやっちゃいますよ!
可愛いこの笑顔からわかりますよね!!(無理?)...ミニョクの恋人です。
hatsukoi04_09_8458.jpg

こちらはミニョクの恋人宅の大家のオバさん。
いやぁ、特に前半のマルチマン、畳み掛けるように様々なキャラクターを演じていきますよ!
hatsukoi04_10_8525.jpg

こちらは前回の稽古場レポートでもご紹介した、タクシーのシーン。
タクシーに乗せて!という村井ミニョクの懇願を尻目に、窓を閉めるイケズなタクシー運転手...。痛い、手ぇ痛いよ!
hatsukoi04_11_8505.jpg

...と、駒田マルチマン"二十ウン変化"の一部をご紹介しましたが、舞台袖の駒田さん、こんな感じです...。
袖に引っ込むと同時に着替え!
その繰り返し!!
大変です。
でも、大変そうな駒田マルチマンを見ているだけで、可笑しいのです。
ぜひ、マルチマンが登場したら、大きな声援と拍手を贈ってあげましょう...!
(この日の稽古は、すべてではありませんが、一部本番用衣裳も使用しています)
hatsukoi04_12_8450+72.jpg

舞台を盛り上げ、そして客席もノセていくマルチマン。
おそらくお客さまともアドリブ満載で絡んでいくに違いありません。

この日の稽古場で、マルチマンにちょっかいを出されていた、音楽監督のかみむら周平さんもこの笑顔です。
hatsukoi04_13_8788.jpg
かみむらさん、蜷川作品からStarSのコンサートまで、もはや演劇界で欠かせない存在ですね~。


さて、そんなわけで、アン・リタはお父さんに連れられ、ミニョクの作った会社〈初恋探し株式会社〉へやってきます。
アン・リタの初恋の人は、10年前に彼女がインドで出会ったという男性。
手がかりは"キム・ジョンウク"という名前だけ...。
hatsukoi04_16_8562.jpg

〈初恋探し株式会社〉初めてのお客さんを相手に、何としてもその彼を探し出そうとミニョクはあの手この手を尽くし、頑張ります!
hatsukoi04_22_8700.jpghatsukoi04_21_8673.jpg
(多くは語りませんが、このシーンの駒田マルチマンの破壊力もすごそうな...予感!)


さて、もうひとりのキーパーソンが登場する、7年前へ時を遡りましょう。
アン・リタと、その"初恋の相手"キム・ジョンウクは、インドへ向かう飛行機の機内で出会います。
hatsukoi04_51_8600.jpg
お待たせしました。
「寂しげなフェイスライン、スマートな鼻筋」のイケメン、忘れられない初恋の相手、キム・ジョンウク=村井さん(ふた役目)!
先ほどまでミニョクとしてアタフタしていた村井さんが、びっくりするくらいカッコよく登場!!
hatsukoi04_26_8595.jpg

そして7年前のアン・リタ!
彩吹さんのアン・リタも、めちゃくちゃキュートです。
hatsukoi04_27_8622.jpg
フレッシュで可愛いのですが、甘くなりすぎない。女性の共感を得そうで、その絶妙なさじ加減が、彩吹さん上手いなぁ、と心の中で唸る担当。
ちょっと、今まで見たことのない彩吹さんが見られそうです。

7年前、ふたりにどんなロマンスがあったのかは、舞台で確かめてください...。
hatsukoi04_28_8654.jpg

おっと、インドでは(も?)マルチマンの見せ場がありますので、そちらもお見逃しなく。
hatsukoi04_29_8626.jpg


時を7年後・現在に戻して。

キム・ジョンウクを探す、ミニョク&アン・リタの珍道中(?)の行方は、一体どうなるのでしょうか...。
hatsukoi04_32_8749.jpg
hatsukoi04_33_8759.jpghatsukoi04_34_8778.jpghatsukoi04_35_8771.jpg

頑張ってる"頼りない系男子"ミニョクが、だんだんカッコよく見えてくる不思議。
いや、ダメダメなのに頑張っているからこそ、一層キュンとくるのかな?
先立ってお届けしたインタビュー「キム・ジョンウクも単にスマートなだけじゃないし、ミニョクもダメダメなだけじゃない。それぞれ色々な要素が詰まっている。ちょっと細かいひとり二役になりそう」と村井さんが語っていた、その意味するところを味わいながら観てみたいですね。


仕事を忘れてひたすらゲホゲホ笑っていた担当ですが、最後はほっこり温かく、そしてスッキリ前向きになれるパワーも、もらいました。
恋って、いいなあ......。
ミュージカルって、いいなあ......。

そしてそして、日本版のこのキャスト3名、芝居の相性も、歌声の相性もバッチリ!
すごく居心地の良いトライアングルが、素敵な劇空間を作り上げてくれそうです。
期待してお待ちください!!


★おまけ★
何かと足をくじくアン・リタ。
この"お約束"的なところは、ちょっと韓流ドラマ風味!?
hatsukoi04_41_8708.jpg


取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

【バックナンバー】

【公演情報】
・6月12日(日)~26日(日) よみうり大手町ホール(東京)
・6月29日(水)・30日(木) サンケイホールブリーゼ(大阪)

★終演後ミニイベント・出演者3人によるトークショー開催!★ 
 《東京公演》  
6/12(日)14:00(終演後ミニイベント) 
6/14(火)14:00(終演後ミニイベント) 
6/19(日)18:00(出演者3人によるトークショー) 
6/23(木)19:00(出演者3人によるトークショー) 
《大阪公演》 
6/29日(水)19:00(終演後ミニイベント) 
6/30日(木)14:00(出演者3人によるトークショー) 

★サイン入りビジュアルチケットホルダーを探せ!★ 
 対象公演への来場者全員にチケットホルダーをプレゼントします。 そのチケットホルダーの中に、1公演5枚だけ、出演者3人のサイン入りのものが入っています。 どなたに当たるかはおたのしみ。 
【対象公演】 
《東京公演》6/13(月)・14(火)・16(木)19:00 
《大阪公演》6/30(木)19:00 

 ※その他「バックステージツアー付チケット」「舞台写真付チケット」等、各種企画チケットを販売中!


チケット情報はこちら




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8382

前の記事「勘九郎、父が愛した松本での田植えイベントで「心が震えるほど感動」」へ

次の記事「【開催情報】特別展「あゝ新宿-スペクタクルとしての都市」展」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ