ミュージカル『タイタニック』顔寄せレポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

『ナイン』『ファントム』など、日本でもよく知られているミュージカルを生み出しているモーリー・イェストンが音楽を手掛けたミュージカル『タイタニック』

1997年にブロードウェイで初演、同年のトニー賞ではミュージカル作品賞を含む計5部門を受賞という大ヒット。
その後2013年にロンドンでトム・サザーランドによる新演出版が登場。この新演出版もまた「2013年夏の最も入手困難なチケット」と呼ばれるほど大評判となりました。

その新演出版『タイタニック』が日本初上演!
3月14日(土)の初日まで、もうまもなく、となってきました!!

今回は2月某日に行われた"顔寄せ"のレポートをお届けします。
00_6146.JPG

『タイタニック』と言うとレオナルド・ディカプリオが主演した映画も有名ですが、このミュージカルでは、実際に乗船した実在の人物たちをモデルに、一等客の富裕層、中流階級の二等客、そして三等客の移民たち、さらには船員たち...と、様々な立場の人々がどんな夢や希望を抱きタイタニック号に乗船し、散っていったのか、というリアルな人間そのものが描かれています。

そんな人間ドラマを演じるバラエティに富んだキャストの皆さんが、稽古場に集結です!


設計士・アンドリュースを演じるのは、『ボンベイドリームス』での鬼気迫る熱演も記憶に新しい、加藤和樹さん。
加藤さんからは「ひとりひとりが主役のこの舞台を、みんなで楽しく出航できるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いいたします」とご挨拶が。
a_6154.JPG
タイタニック号のオーナー、イスメイ鈴木綜馬さん。
イスメイはタイタニック号沈没の遠因として描かれることも多いのですが、演出のトムさんからは「この作品では誰かに責任がある、というような描き方はしない」というようなお話も。
b_6133.JPG

機関士バレット役、藤岡正明さん。
00c_6175.JPG


三等航海士ピットマンと、一等客の客室係エッチスを演じる戸井勝海さん。
d_6156.JPG

二等客チャールズ・クラーク役の佐藤隆紀さん。
LE VELVETSのメンバーとして活躍中、本作が初ミュージカル挑戦です。
e_6138.JPG


一等航海士マードック津田英佑さん。
『アナと雪の女王』のハンス王子ですよ~!
津田さん、あの良い声で「今日の服のテーマは救命胴衣...」と話し、皆さんの笑いを取っていました。
f_6181.JPG


三等客ジム・ファレル役、古川雄大さん。
00g_6191.jpg


見張り役のフリートを演じるのは入野自由さん。
00h_6149b.JPG


矢崎広さんもふた役を演じます。
ベルボーイと、バンドマスターのハートリー役。
i_6208.JPG


通信士ブライド上口耕平さん。
ちなみに2007年公演ではこの役、鈴木綜馬さんが演じていました。
00j_6189b.jpg


二等航海士ライトーラー小野田龍之介さん。
00k_6139.JPG


二等客エドガー・ビーン役、栗原英雄さん。
l_6129.JPG


二等客アリス・ビーンシルビア・グラブさんが演じます。
アリスは、エドガー(栗原さん)の奥方です。
m_6225.JPG


二等客キャロライン・ネビル未来優希さん。
チャールズ・クラーク(佐藤さん)の婚約者です。
このふたりの恋愛模様は、新演出版ならでは。
n_6108.JPG


三等客には3人のケイトさんが乗船、同じ名前ということで意気投合していく可愛い女の子たちです。
まずケイト・マクゴーワン役は則松亜海さん。
o_6239.JPG


菊地美香さんはケイト・マーフィー役。
p_6223.JPG

ケイト・ムリンズ役は、関谷春子さん。
q_6116.JPG


一等客アイダ・ストラウス役、安寿ミラさん。
00r_6113.JPG


アイダの夫、
イシドール・ストラウス佐山陽規さん。
このご夫婦の愛も美しく描かれます。
s_6117.JPG


そしてスミス船長光枝明彦さん。
光枝さんは前回、イシドール・ストラウスを演じていましたね。
t_6122.JPG


ほか、川口大地さん、須藤香菜さんの出演も発表になりました。
00u_6123.JPG
00v_6219.JPG

この面々をまとめ、演出していくのは、ロンドン版同様トム・サザーランドさん。
01_6126.JPG
「自分が『タイタニック』とかかわりを持ち始めたのは10年ほど前からになります。NYに休暇で行っていて、たくさんのショーを観ていたんですが、ある人が『タイタニック』オリジナルブロードウェイプロダクションのプログラムをくれたんです。その時にモーリー・イェストンとも会って、ぜひそのプログラムを見てくれ、どこかでこのミュージカルをやって欲しいなと彼は言ってくれました。

それでそのプログラムをみたところ、中にあった写真にものすごい巨大なセットが写っていて、視覚に圧倒的なものを感じましたが、音楽と聴き比べた時に、どうもその写真と聞いている音楽がマッチしないなと思ったんですね。
私にとってはこの『タイタニック』という物語は、(船自体ではなく)1912年の4月のあの時に実際に生きていた人たちの物語というのが中心になってくると感じているのです。
タイタニックそのものの物語は非常に有名で、映画もありますし、写真など視覚的なイメージも非常によく知られている。でもそれでもあまり知られていないのは、実はその中に本当にいた人たちの物語。モーリー・イェストンとピーター・ストーン(脚本)が書いた芝居というのは、実際に生きていた人たちの物語に焦点を当てている。それがこのミュージカルのメインテーマです。

タイタニック号の事件が起きたのは100年以上前の話ですが、そこに生きた人々の物語と、いまの我々の物語は繋がる部分があります。たとえば新しい土地に向かって旅立っていって、新しい人生を始める夢と希望といったものは、今回わたし自身も実際海を渡って日本にきたわけですが、そこは同じ。新しい自分の夢に向かって旅立っていくという人々の気持ちというものが、物語の中心になります。
この作品で大事なのは「誰かに責任がある」ということではなく、あくまでひとつの大きな、偶発的に起きてしまった悲劇、というところにポイントがある。映画にしても、今までいろいろ描かれてきたものにしても、誰かに責任を押し付けるような形で描かれてきましたが、我々の作品ではイスメイでもなければキャプテンでもなく、誰のせいでもなく、ただ単に人間の力をはるかに超える何かの大きなきっかけで起きてしまった災害であるということを描きたい。

そして今回のバージョンでは、中にはひとりの俳優が一等客から二等客、三等客まで、人間の社会的階級の中で一番上から下まで全部演じ分けていくという構造があります。それはまさにタイタニックという船そのものが、人間というものそのものを大きく包んでいたものであるという解釈になると思います。

また、セットには写実的にタイタニックを描くものはほとんどありません。しかしこの空間そのものが、色々な人々、たとえば航海士の人たちや乗客たちが入ってくることによって、物語の場面としてさまざまに色を変えながら変わっていくという形で進行していきます。

強調しておきたいのは、このミュージカルは悲劇というよりも、人間性そのものを讃えているのだということ。確かにタイタニック号は沈む運命にありますが、お客さんには本当に沈むんだということは最後まで気付いてもらいたくない。乗っている人たちと一緒に、この船が希望に向かって進んでいるんだと思ってもらいながら観ていただきたいですし、そう描いていきたいと思います」
と、演出のポイントや意図などをわかりやすく説明しつつ、ご挨拶でした。


希望を抱いてタイタニック号に乗船した人々の物語、どんな舞台になるのか楽しみに待ちましょう!



【公演情報】
3月14日(土)~29日(日) シアターコクーン(東京)
4月1日(水)~5日(日) 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ(大阪)


チケット情報はこちら

B9XxhQMCQAAYeaW.jpg

↑ツイッターに上げた画像ですが...加藤さん、鈴木さんと、演出のトムさんです



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8000

前の記事「ハッピー・ミュージカルの金字塔『クレイジー・フォー・ユー』開幕」へ

次の記事「ハッピー・ミュージカルの金字塔『クレイジー・フォー・ユー』開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ