『十二夜』稽古場レポート Part3

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

シェイクスピアのロマンチック・コメディ『十二夜』稽古場レポート第3弾は終盤、大団円一歩手前! のワンシーンの稽古の模様をお届けします。
TwelfthNight05_00_6757.JPG


最初に登場するのは成河さん扮するフェステ(道化)。
TwelfthNight05_02_6724.JPG

フェイビアン役の青山達三さんと交わすのは、言葉遊びのような、機智に富んでいるような、シェイクスピアらしい楽しい会話の応酬。
TwelfthNight05_03_6720.JPG

そこにやってきたのは、小西遼生さん扮するオーシーノ公爵
TwelfthNight05_a_6765.JPG


公爵が連れているのは、小姓シザーリオ(中身は女性のヴァイオラ)
TwelfthNight05_08_6743.JPG
TwelfthNight05_07_6792.JPG
音月桂さん、今度は少女が扮した少年に見えてくる不思議!
稽古場レポートPart1の兄・セバスチャンver.と見比べてみてください。

演技をしていないと、普通に綺麗な女性なんですが...。
TwelfthNight05_10_6735.JPG


口八丁で公爵から金貨をもらおうとしているフェステ。
TwelfthNight05_12b_6773.JPG

「何事もワン・ツー・スリーで弾みがつく」ともう1枚、もう1枚と要求していくフェステ、セリフ中に「三拍子のワルツで...」とあるところ、演出のジョン・ケアードから「今のところは歌にして」と要求が。
TwelfthNight05_13_6779.JPG

節回しをつけてセリフを言った成河さんでしたが...
「今のは、3拍子じゃなくて4拍子でしたね(笑)」というオチに、みんなが大笑い!

ちなみにフェステは劇中、歌とギターで物語を盛り上げます。
劇中音楽は『レ・ミゼラブル』オリジナルプロダクションで編曲を手掛けたジョン・キャメロンが担当という豪華布陣!
本作はミュージカルではありませんが、音楽的要素も多く、そんな明るさ・華やかさもこの物語の祝祭感を高めています。


明るい外光が入る稽古場で(カーテンを開け放つ稽古場って実は珍しいんですよ)、知的でありながらも遊び心に満ちた会話が作り出す、可愛らしい恋の物語。
『十二夜』、素敵な舞台が誕生しそうです!



【公演情報】
3月8日(日)~30日(月) 日生劇場(東京)
4月7日(火) iichiko グランシアタ(大分)
4月10日(金)~12日(日) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)

TwelfthNight05_21_6637.JPG
↑ 舞台装置の説明を受けている、出演者の皆さん。


【『十二夜』バックナンバー】

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7998

前の記事「宝塚歌劇版『ルパン三世』、開幕!」へ

次の記事「【ゲネ写真】つかこうへいトリプルインパクト「いつも心に太陽を」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉