【レベッカ #2】「ここまで怖い人を演じるのは初めてかも」―― 『レベッカ』ダンヴァース役、保坂知寿インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
■『レベッカ』特別連載vol.2■
 
 
『エリザベート』『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』で知られるミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽・編曲)のゴールデンコンビが手掛けたミュージカル『レベッカ』 が8年ぶりに上演されます。

物語は、ヒロインの「わたし」がイギリスの大金持ちである上流紳士のマキシムと恋に落ち結婚するも、彼の所有する広大な屋敷 "マンダレイ" に色濃く落ちる前妻・レベッカの影に追い詰められていき......というもの。
アルフレッド・ヒッチコック監督映画でも知られる名作ですが、このミュージカルではサスペンスフルな展開に、巨匠リーヴァイ氏の流麗な楽曲がマッチし、独特の世界を生み出しています。

主人公である大富豪、マキシム・ド・ウィンターを演じるのは、初演から変わらず、山口祐一郎。その相手役である「わたし」は、大塚千弘平野綾桜井玲香のトリプルキャスト。

そしてヒロイン「わたし」を追い詰める、マンダレイの家政婦頭ダンヴァース夫人は、再演に続いて涼風真世、そして今回初参加の保坂知寿のダブルキャストです。

レベッカが亡くなってからも、彼女が生きていたときと同じように屋敷を守り、新しい女主人「わたし」の存在を認めないダンヴァース夫人。彼女はタイトルを冠したビッグナンバー「レベッカ」を歌い、観客は彼女を通し、そこにはいないレベッカの影を見ることになる......という、作品をとおして最大のキーパーソンでもあります。
2018年版のキャスティング、この役柄に新しく保坂さんの名前を見て「そうきたか!」と嬉しく思ったミュージカルファンも多いのではないでしょうか。


今回は、その難役ダンヴァース夫人を演じる保坂知寿さんのインタビューをお届けします

 

◆ 保坂知寿 INTERVIEW ◆

HOSAKA_FFF5741.jpg
● 日本で三演目の『レベッカ』に初出演
 
 
―― 保坂さんは『レベッカ』へ初参加ですね。このミュージカルは日本で三度目の上演で、原作である小説や映画版もある作品です。これまでにこの物語に触れたことはありましたか?


「ミュージカル版は、日本初演(2008年)の時に拝見しました。最初に観た時は、楽曲が素晴らしいなと思ったのと、レベッカという人が主役かと思ったらレベッカは出てこないんだな......という感想でした(笑)。ヒロインも一人称(わたし)のまま名前も明かされず、面白い作りだなぁ、と。ミュージカルだからあえてそういう構造にしたのかなと思って、そのあと映画も観て、本も読んだのですが、元々こういうお話なんですね。物語の作り方が本当に面白いな、と思いました」


―― ミステリータッチで、「出てくる人みんな怪しい」といった作りの作品でもありますが、初めて観た時はどんな風にご覧になりましたか?

「私は "犯人が誰か" といった視点で見ていなかったかもしれません。この登場しないレベッカという女性はどんな人なんだろう? そんなことを考えながら見ていた気がします。例えば、起こった出来事が事件なのか事故なのか、それすらも最後までわからないじゃないですか。それなのにみんなが「レベッカ、レベッカ」と言っている。だからなぜレベッカが死んだんだろう、旦那様であるマキシムにとって彼女がどういう存在だったんだろう、どんな人だったんだろう? それが気になっていました。ミステリー要素がありますが、最後に犯人がわかってスッキリ、というタイプではなく、しみじみと「あぁ、そういうことだったのね」という感じでした」


―― 今回、この作品へのご出演のお話があった時は、どう思われましたか?

「非常に光栄ですし、頑張らねばと思いました。ただ最初は......なんだか他人事で「え、まさか」って感じだったかな(笑)。自分がこの役をいつかやりたいとか、具体的に考えたことがなかったので。でもお話をいただいた後に改めて映画を観たり、小説を読んだりして、これはすごくやりがいがある役だな、素敵な役だなと思いました。あとから実感が湧いてきて、身を引き締めた......という感じです」


―― 保坂さんは最近のミュージカル作品でのご出演は、コメディタッチの役どころが多かったですよね。

「アハハ、そうですね(笑)」


―― コメディエンヌなお顔の保坂さんも素敵なのですが、久しぶりにガッツリ、保坂さんのシリアスな歌やお芝居を観られることも楽しみにしています。

「ありがとうございます。私も、今回はふざけちゃいけないな、どうしよう、って思ってるんです(笑)」

 
●「ここまで怖い人を演じるのは初めてかも」


―― 演じるのはダンヴァース夫人。主人公マキシムの亡くなった前妻・レベッカ付きの使用人で、彼女が亡くなったあともマキシムの邸宅・マンダレイを取り仕切っている家政婦頭ですね。ヒロインの「わたし」を追い詰める存在であります。

「ここまで怖い人を演じるのは初めてかもしれません。ミュージカルだと"怖いけど実は良い人"とか、"悪いヤツだけど愛されキャラ"、そういうキャラクターが多いじゃないですか。ダンヴァース夫人はそういうところがなく、ひたすら怖い。彼女が怖くないと物語が成立しません。......どうしましょう、と思っています(笑)」


―― 怖いキャラクターを演じるのは、苦手ですか?

「人って色々な面がありますし、私自身が思う私と、他人が思う私も違う。私のことを怖いと思っている人もいっぱいいるのかもしれません。"怖さ" にも色々あると思います。自分の中のそういう要素をこれから追求していくことになるのかな、と思っています」


―― 現時点では、保坂さんはダンヴァース夫人の "怖さ" はどういうところだと思いますか?

「この作品は様々な国で上演されていて、ダンヴァース夫人もたくさんの女優さんが演じていらっしゃる。きっと、演じる方によってこの役は色々なアプローチがあるんだと思います。でも彼女の怖さの裏にあるのは、レベッカという存在への思いだと思うので、そこをきちんと作っていかないといけないのかなと考えています。ただの "好き" ではない。ちょっと狂信的な部分もあるだろうし、彼女が小さい頃から側にいたので、母親のような気持ちも有る。憧れもあるし、尊敬もあるし、独占欲もある......。色々な形の愛が凝縮され、彼女に向かっていた。その人を失ってしまった今、どういう行動をとるのか。その結果が、「わたし」やお客さまから見たら怖いという存在になるんじゃないかと考えています」


―― ダンヴァース夫人と対になる存在である「わたし」は、今回はトリプルキャストですね。大塚千弘さん、平野綾さん、桜井玲香さんが演じます。

「共演が楽しみです。私は大塚さん、平野さんとはご一緒したことがあって、桜井さんとは初めましてですね。色んな「わたし」に出会えそうです。みなさんしっかりされているようなので、向き合った時にタジタジしないように......追いつめる役側がイジメ返されないように頑張らなくっちゃ(笑)」


―― マキシム役の山口祐一郎さん、同じくダンヴァースを演じる涼風真世さんとは、共演経験も豊富ですね。

「私は涼風さんのダンヴァースは拝見できていないのですが、『クリエ・ミュージカル・コレクション』で涼風さんが『レベッカ』の曲を歌っていらっしゃるのを拝見して、涼風さんのダンヴァースはもしかするとレベッカが乗り移ったようなダンヴァースなのかな、と思ったんです。映画版だともっとドライでそんな風には感じませんし、本当に演じる方によってずいぶん違いますね。山口さんはじめ、大塚さん、涼風さん、それに石川(禅)さんや吉野(圭吾)さん、初演・再演と出演されていらした方が今回もたくさんいらっしゃいます。皆さんが作ってきた『レベッカ』がきちんとありますので、そこにどう私たち新キャストが加わっていくか。かき回すのではなく、その世界観の中で、新しい何かが生まれたらいいですね。作品が目指していく方向などは、経験者の方に教えていただけますし、お稽古も『レベッカ』の世界がより膨らんでいくような形で出来たらと思っています」
 
 
 
●「レベッカ像をどれだけ膨らませられるかで、自分の演じるダンヴァース像が決まります」
 
 
―― この作品はいわゆる "ウィーン・ミュージカル" と呼ばれる、ウィーンで初演された作品群のひとつです。ウィーン・ミュージカルは日本でも一大ジャンルになっていますが、保坂さんはもしかして初でしょうか?

「はい、初めてなんです。ウィーン・ミュージカルだからどう......という感覚は私はあまりないのですが、やっぱり音楽はドラマチックですし、お話もスケールが大きい。現実とは違う世界に連れていってくれる力がすごいですよね。『レベッカ』は、『エリザベート』や『モーツァルト!』より時代設定も現代に近いですが、でもやっぱり壮大。話に奥行きがあって、謎めいていますし、どんどん想像力が掻き立てられていく。見入ってしまう、世界に引きずり込まれていく感じがあります」


―― ご自身が歌う楽曲についてはいかがでしょう。

「難しいですね~! 難しいし、ナンバーがいっぱいある。ダンヴァースはずっと「レベッカ、レベッカ」って言ってます(笑)。でもこの『レベッカ』というナンバーはものすごく印象的で、お客さまは絶対、このフレーズを(耳に残し)持って帰ると思う。だからこの曲を歌うダンヴァースは責任が重い。何しろ、作品のタイトルの曲ですからね。今回私がやらなきゃいけないのは、よりキャラクターとして歌うことなんじゃないかな。骨太で、ある程度の歳を重ね、地に足が着いた......もしくは誰かを地中に引きずり込むくらいの存在の人としての歌が求められるのではと思うので。カーンと楽しく明るいブロードウェイタイプのミュージカルナンバーを歌う時とは違うアプローチで音楽と向き合わなければというのが課題かなと考えています」


―― 作中で登場しないレベッカという女性、保坂さんの中で想定する人物はいますか?

「......内緒です(笑)。自分の中で色々と想像を膨らませています。実は、絵的に「この人っぽいな」という人、具体的にいるんです。でもそれを口にしてしまうと薄っぺらになってしまいそうなので。ただ、物語の中でも、前半でみんなが思っているレベッカ像があって、話が進むにつれ「そういう女性だったの!」ということになっていきますよね。そういうところを踏まえての「この人」という方はおらず......。"自分にとってのレベッカ像" を作っていくのが、役作りになっていくのかなと思っています」


―― やはりダンヴァースを演じる上で、レベッカの存在は切り離せませんね。

「レベッカが死んでも、彼女の中にはずっと生き続けているんでしょうね。そして、マンダレイにレベッカ以外の女性がやってこないように見張っている。そう考えると悲しい人ですね」


―― もしかしたら、ご自身が演じるダンヴァースがどういう女性か、ということより、レベッカがどういう女性かと考える時間の方が長いかもしれない?

「そうかもしれないですね。ダンヴァースが何かをするとき、それはすべてレベッカの存在ありきの行動なので。それに尽きるのかな。レベッカ像をどれだけ膨らませられるかで、自分の演じるダンヴァースの礎が決まってくると思います」

 
取材・文:平野祥恵(ぴあ)
写真提供:東宝演劇部

 

【『レベッカ』バックナンバー】
#1 「わたし」役 桜井玲香インタビュー

【公演情報】

12月1日(土)~4日(火) THEATRE1010(東京)※プレビュー公演
12月8日(土)・9日(日) 刈谷市総合文化センター 大ホール(愛知)
12月15日(土)・6日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール
12月20日(木)~28日(金)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪)
1月5日(土)~2月5日(火) シアタークリエ(東京)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9200

前の記事「CBGKシブゲキ!! 『実験落語neo〜シブヤ炎上ミックス〜』豪華メンバーで開催! 公演レポート」へ

次の記事「石塚朱莉(NMB48)主宰の劇団アカズノマ、第2回公演『夜曲 nocturne』追加キャスト発表!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉