【HPC『GJ』(3)】鈴木勝秀を作・演出に迎えて贈る、新しいホットポットクッキング! 高橋胡桃&愛加あゆ&鈴木勝秀インタビュー〈後編〉

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
ホットポットクッキングの第4回公演『GJ』
が4月13日(金)より、赤坂RED/THEATER にて上演されます。

ホットポットクッキングは、元アイドリング!!!のメンバーを中心に、<あらゆるジャンルの美味しい人材を、そのキャリアに関わらず、演劇という鍋に大胆に投げ込んでコトコト煮込み、舌がトロける美味しい舞台作品を作り上げるために結成した演劇プロジェクト>

第4回公演となる今回の『GJ』は、旗揚げ公演から連続出演している高橋胡桃玉川来夢橋本瑠果を軸に、Wake Up, Girlsの吉岡茉祐永野愛理、そして元宝塚雪組トップ娘役・愛加あゆ らが参加します。
HPC_GJ_3_00_3786.JPG
この、女子力が高そうな面々とタッグを組むのは、なんと "男芝居" を得意とするスズカツこと鈴木勝秀さん!

今回は主人公のジュンコ役・高橋胡桃さん、その母親役の愛加あゆさん、そして作・演出を手掛ける鈴木勝秀さんのインタビュー<後編>をお届けします。
インタビュー<前編>はコチラ
HPC_GJ_3_01_3741.JPG

 

高橋胡桃愛加あゆ鈴木勝秀 INTERVIEW ★

 
―― 高橋さんが演じられるジュンコ、大変な役ですよね。

鈴木「まあジュンコは大変ですよね」

高橋「台本をいただいたときは、ページめくるごとに役名のないページがなくて(笑)。早く覚えなきゃ!って必死でした」
HPC_GJ_3_08_a_3744.JPG

―― 今回初めてこの作品に触れられた高橋さん、愛加さんにとって、ストーリーの印象はいかがでしたか?

愛加「私はまさに今、両親が祖父母の家の相続をどうするかとか、そういう話もちょこちょこ聞いているような歳なんです。そういう時にこの題材が来たので、おおう! という感じでしたし(笑)、そういったことを改めて考えるきっかけにもなりました。 家族って一体どういう形が正しいのかな、とか、色々と考えてます。何が正解かはまだわからないのですが...。そんなことを考えるのも、自分が母親役だというのも大きいのかも」HPC_GJ_3_11_3772.JPG

―― 愛加さんと高橋さんの "母娘" のシーンは凄く印象的でした。

愛加「私、前の公演があり、稽古に遅れて参加したんです。合流したら、川口龍さん演じるお父さんがびっくりすることになっていて(笑)。てっきり会話劇だと思ってたらセットにもびっくりだし、お父さんは "ああ" だし...本当に衝撃がすごかった(笑)。ただ、存在としてはお父さんもお母さんも両方異質なんですが、ジュンコが描いているお父さんとお母さんは真逆な印象なので、違う表現にしていく。そういった方向にスズカツさんが導いてくださったので、面白いです」

鈴木「やっぱりね、実際に見ないとわからないよね(笑)」

愛加「想像を遥かに超えたものがありました(笑)」HPC_GJ_3_21_3718.JPG

高橋「私の場合...文章から色々読み取る力がすごく弱くて...」

鈴木愛加「(笑)!」

高橋「台本を読んでいて、私が演じるジュンコがいて、私が質問したのにイヨとセリナがどんどん喋るし、弁護士たちもひとつのセリフを割り振って喋ったりしているし、もう頭が混乱して(笑)。でも私、中学校1年生のときにこの業界に入ったのですが、家に帰ったら誰の声も聞きたくない、学校にも行きたくないという風になっちゃった時期があったんですよね。だからジュンコの "世の中に馴染めない感じ" というのがどこか共感できるんです」

鈴木「ふたりとも、とても的確なんですよ。やっていることがぶれない。僕は人柄がどうこうとかいうのがあまり興味なくて、それよりちゃんと考えていることがやれているかどうか、が大事。ブレずにちゃんとやってくれるというのは、非常にありがたいです」


―― いま愛加さんのお話にもあったお父さんの演出も、とても驚きました。

鈴木「"無駄な情報" を入れたかったんです。セリフの情報だけでいくと、僕が退屈しちゃうから(笑)」


―― ご自身が(笑)。

鈴木「だって、もう作品を知っていますから。ただそれが最終的に、父と娘の最後のシーンでは無駄な情報はなく、必要な情報もセリフにすらなってない。ただふたりの人間が立っているだけ、という状況になっていく。そのためにも、(前半には)無駄な情報が必要。僕らがやってた小劇場は、ああいうことが頻繁に行われてたんですよ。「セリフの意味と違うことをしなければいけない」、とかね。あれを川口君とかの世代にやらせたらどうなるだろう、とやってみたんですけど、思った以上に効果があった。稽古場でも毎日楽しく見ています(笑)」
HPC_GJ_3_13_3735.JPG

―― フリートークのシーンも小劇場的ですよね。

鈴木「あれは完全に小劇場ですよ! 僕、80年代以降、ああいうのはやってないですから(笑)。当時は入れなきゃいけないかなと思ってやってたんですが、うまく喋れない人がやってグズグズになるのが嫌で、やらないことに決めたんですよね。でもなぜか今回、フリーで喋らせてみようかな、と思っちゃったんですよ。しかもそのうち1役がトリプルキャストですし、ああいうシーンを1ヵ所入れておくのもいいかなと」

高橋「稽古場でも毎回違うテーマで喋ってみるんですけど、家に帰ったら「明日何喋ろう...!」って毎日必死です(笑)。本番はお客さんの反応も入りますし、どうなるんだろう!? って今からドキドキしています」
HPC_GJ_3_16_3714.JPG

―― さて、まもなく初日です。改めて意気込みをお伺いします。

愛加「この作品は、稽古場でも毎日発見があるんです。不思議なことが毎回起こるし、すごく面白い。なのでお客さまには1回だけでなく、何回も見ていただけると面白いんじゃないかな、と思っています」

高橋「去年のホットポットクッキング本公演は同じ赤坂RED/THEATERで、でも内容は "ザ・コメディ"! という感じでした。あの時の私たちとは全く違うので、先入観なく見ていただきたいです」

鈴木「僕はとにかく、自分が観たい作品を作っているだけなので(笑)。でもさっきお話したフリートークのシーンとか、トリプルキャストなので出演者が変わるとまた影響するでしょうし、影響しなかったら逆につまらない。毎回必ず何か、変化が起こる作品になると思います」

HPC_GJ_3_20_3796.JPG

取材・文:川口有紀
撮影:平野祥恵(ぴあ)
 

【『GJ』バックナンバー】
# 稽古場レポート
# 高橋胡桃&愛加あゆ&鈴木勝秀インタビュー〈前編〉

 
【公演情報】

4月13日(金)~22日(日) 赤坂RED/THEATER
※吉岡茉祐、永野愛理、内山日奈加はトリプルキャスト。

 

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9020

前の記事「石川直が語る。「『ワンピース』のテーマをよりリアルに伝えたい」」へ

次の記事「歌謡倶楽部『艶漢』第二幕 東京キネマ倶楽部にて開幕!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉