石川直が語る。「『ワンピース』のテーマをよりリアルに伝えたい」

| トラックバック(0)




チケット情報はこちら

gekipia20180327_Ishikawa_itw_025.png


この夏初演となる『ワンピース音宴 〜イーストブルー編〜』に、これまで『ブラスト!』シリーズや『Endless Shock』で活躍してきた石川直さんの出演が決まった。マーチングドラムの第一人者でもある彼が意気込みを語る。




——『ワンピース』は仲間たちが各自の目標に向かって冒険をする物語。どこかマーチングバンドと似ていますね。


確かに マーチングバンドは人数が多いので、 様々な人間模様が見られます。 大会には 130名くらいで出る学校が多く、実に大所帯。 打楽器、木管や 金管などの管楽器、旗を振るカラーガードなどのパートがあり、いわば 異なる専門の人たちが集まって、一つの演奏を作り上げるわけです。


例えば サッカーなら ボールを蹴ってゴールに入れるなど、大体 同じスタイルでプレイできるわけですが、マーチングは違う特性を伸ばす人たちが 共存しなければいけない。その上、大きな部活では 10名以上の外部コーチが教えにきますし、 作品を作るアレンジャーや 振付師、ドリルデザインなどの大人の制作チームも加わります。生徒の中にも 部長、各セクションのリーダー、先輩後輩がいる。つまりマーチングは、社会に出る前に経験できる 小さな社会 なんですね。とても深く 良い社会勉強ができる場です。

gekipia20180327_Ishikawa_itw_047.png

チケット情報はこちら


——最近は 一人でも生きていける社会になりつつありますが、やはり 麦わらの一味みたいに仲間と一緒の方が豊かになれる気がします。


僕が『ワンピース』から考えさせられたのは、人間同士の繋がり、悩みや葛藤。 個々の問題にそれぞれが逃げずに向き合い、全員が力を合わせることで 大きな壁を超えてゆく。そこは 人間誰しも必要な感覚だと思います。


また ルフィと仲間たちが互いの個性を認め合い、受け入れるのも素敵なこと。マーチングでも ドラムを叩いている人間は、トランペットの音色を生かすことを考えて 演奏しなければいけない。お互いの味を引き出すことが大事で、塩加減が強すぎても、出汁を入れすぎても ダメ。絶妙なバランスが絶妙な空気感を生み出す。それは 人間関係も同じですね。

gekipia20180327_Ishikawa_itw_043.png



——生の演奏だと、誰かが調子悪くて それをフォローしたり もあるのでは?


全体的にはいつもと同じように見えても、人間ですから 場合によって一人一人の調子は変わってきます。それを感じ取りながら、お互いにフィードバックし合うことで、良い流れを維持することができる。そのために 仲間同士のコミュニケーションと共通の理解は不可欠。ルフィたちみたいに。

gekipia20180327_Ishikawa_itw_094.png



——新たな『ワンピース』のブラス・エンターテイメント として立ち上がる『音宴』ですが、『ワンピース』のファンには何を伝えたいですか。


こういう楽しみ方もある ということ。
『ワンピース』の良さを倍増させながら、新たな発見や可能性を感じていただけたら。二次元だったものが三次元になると、漫画や映像からだけでは感じ取れない 別の刺激が出てくるはずです。

なおかつ、空想の世界で作られた 二次元の世界と 人間社会を、僕ら生身のパフォーマーたち繋げることで、より『ワンピース』の世界をリアルに感じられ、メッセージが届きやすくなるのではないでしょうか。また 観客の皆さんの生活に、『ワンピース』をどう反映させることができるのか、より鮮明に感じていただけると思います。

gekipia20180327_Ishikawa_itw_098.png



——最後に 読者の方々に メッセージをお願いします。


世界的ヒットのアニメ『ワンピース』と ブラス・エンターテイメントは共通点がたくさんあります。この組み合わせ に 役者の演技を加えて、3つの要素からなる 新しいエンターテイメント が誕生します。まだ誰も観たことのない、新しい チャレンジ。


冒険、葛藤、友情と希望、人生とは何か。『ワンピース』のメッセージを 僕らのパフォーマンスで、新たな空気感でお伝えします。僕自身のワクワクが止まりません。
ここでしか味わえない 特別なひと時を、ぜひご体験ください!

gekipia20180327_Ishikawa_itw_035.png

チケット情報はこちら


 ワンピース音宴(おとうたげ)
 イーストブルー編
2018 年8 月12 日(日)〜9 月2 日(日) 全28公演
東京国際フォーラム・ホールC(東京・有楽町)
■ 原作:尾田 栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)
■ 演出・構成・振付 :金谷かほり
■ 音楽監督 :田中公平
■ 主催:キョードー東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版
■ 協賛:伊藤園
■ 監修:集英社/東映アニメーション
■ 企画制作:キョードー東京

【お問合せ】キョードー東京
0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00〜18:00)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9023

前の記事「【HPC『GJ』(2)】鈴木勝秀を作・演出に迎えて贈る、新しいホットポットクッキング! 高橋胡桃&愛加あゆ&鈴木勝秀インタビュー〈前編〉」へ

次の記事「【HPC『GJ』(3)】鈴木勝秀を作・演出に迎えて贈る、新しいホットポットクッキング! 高橋胡桃&愛加あゆ&鈴木勝秀インタビュー〈後編〉」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉