【リトル・ナイト・ミュージック(5)】「色々ある人生を、素敵だと思おうとしているところに共感します」――デジレ役、大竹しのぶインタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
■『リトル・ナイト・ミュージック』特集vol.5■


ミュージカル界の大巨匠スティーヴン・ソンドハイムの最高傑作と称されるミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』 が4月に上演されます。

19世紀末のスウェーデンを舞台に、大女優と元カレ、年の差夫婦、年下の義母へ恋する息子、愛人の浮気を本妻に調べさせる旦那......などなど、様々な恋と思惑が入り乱れるラブ・コメディ。

主役である大女優デジレは、エリザベス・テイラーをはじめ、ジュディ・デンチ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズといった名だたる女優たちが演じてきた役。

劇中デジレが歌う『ピエロたちの喜劇(Send in the Clowns)』は多くの女優たちに愛され、歌われてきた名曲です。

このデジレに今回、日本が誇る大女優・大竹しのぶが挑みます!
大竹さんに作品について、役柄について等々、お話を伺ってきました。

 

 ◆大竹しのぶ INTERVIEW ◆

LNM2018_05_11_0384.JPG
●「夢みたいに面白おかしい中に、人間の本質を突く辛辣さがあるところが魅力」


――大竹さんにとって、『スウィーニー・トッド』以来2作目のソンドハイム作品になります。まずは今回、ご出演を決められた理由をお聞かせいただけますか?

「『スウィーニー~』をやっている時に、共演の市村(正親)さんが『リトル・ナイト・ミュージック』のデジレをやったほうがいいよ、と言ってくださったんです。その時の私は、作品のことを知らなかったんですね、観たこともなかったですし。でも色々と調べてみたら、デジレはジュディ・デンチをはじめ素晴らしい女優さんたちがやってこられた役だと分かって、音楽もすごく素敵ですし、できたらいいなと夢見るようになりました」


――そんな時に、ちょうどオファーが?

「というか、市村さんが「しのぶちゃんで『リトル・ナイト~』を」って、もうことあるごとに言ってくださっていたので(笑)、それを聞いたプロデューサーの方々が実現してくださったのだと思います。...市村さん、自分が出るわけでもないのに(笑)。「僕の役はないし、僕も忙しいからね!」って、私の出演だけを勧めてくださいました(笑)」


――大竹さん、そして市村さんの夢が叶ってのご出演なのですね(笑)。稽古が始まった今あらためて、この作品のどんなところに魅力を感じていらっしゃいますか?

「夢みたいに面白おかしい中に、どこか辛辣さがあるところが、やっぱりソンドハイム作品だなあって思います。誰もが孤独を抱えているとか、若さというのはすごくキラキラしたものであるとか...描かれていることが、人間の本質を突いているんですよね。日が沈みかけて、太陽と月が一緒に出ている夕暮れ時なのか、それとも星がそろそろ出てきたのか、そういうワケの分からない感じの時間に起こる出来事ですが(笑)、音楽と詞を聴いているとイメージがどんどん膨らんで、「人生にもこういうことっていっぱいあるな」と思えてくるんです。マリアが今、そんな世界を具体的にするような演出をつけてくれているから、私たちがちゃんとその通りにやれば、きっとすごく素敵なミュージカルになると思います」
LNM2018_05_18_0748.JPG


●「ソンドハイムの音と、芝居がピタッと合う瞬間がきたらこっちのもの!」


――今回は、大竹さんと風間杜夫さんとの27年ぶり、舞台では初となる共演も話題です。

「27年もご一緒してなかったとは思えないくらい、風間さんも私も何ひとつ変わっていないですね(笑)。久しぶりの共演でもすぐに昔の感覚に戻れたので、そこは10年ぶりに再会するデジレとフレデリックと同じなのかなと思います。変わっていないといっても、お互いトンガっていた若い頃と違って今は人間としても体も丸くなっているから(笑)、人生を重ねてきた者同士の柔らか~い時間というものを、舞台でも出せたらいいですね」


――大竹さんの目からご覧になった、"役者・風間杜夫" のすごさとは?

「やっぱり、軽~い感じというのはすごいなと思います。なんかこう、そこに役として軽~くいる、という感じ。初ミュージカルという今回のお仕事も多分、あの感じで軽~く引き受けて、ソンドハイムの歌の難しさに気づいてから後悔されたと思うんですけど(笑)。できない苦しさは、私も『スウィーニー~』の時に経験したのでよく分かるんです」


――歌のご経験が豊富な大竹さんでもそうだったのですか?

「私がみんなの足を引っ張ってる、早く追いつかなくちゃって、すごく思っていました。今回は、私は歌うナンバーが少ないからラクさせてもらっちゃっていますけど(笑)、風間さんはたくさんあるから本当に大変だと思います。でも、これだけ長くこの仕事をしてきてまだそういう経験ができるって、ビッグチャンスでもありますよね。大きな宝物をもらったと思って頑張ろうねって、風間さんとも木野花さんとも言い合っています。「音と芝居がピタって合う瞬間が絶対くる、そしたらこっちのもんだぜ~!」って(笑)」
LNM2018_05_18_0751.JPG

●「色々ある人生を、素敵だと思おうとしているところに共感します」


――演じられるデジレ役について、現時点でのキャラクター像をお聞かせください。

「幸せになりたいと思って生きている、すごくチャーミングな人。ポイントは、子どもがいるということだと思います。子どもを育てながら、女優として旅公演を続けているけれども、少しずつグレードが落ちてきて、でも生きていかなくちゃいけない。登場シーンで『すてきな人生』というナンバーを歌うのですが、音はすごくハッピーなんだけれど、ただただハッピーな歌ではないんですよね。人生色々なことがあって、辛いし苦しいけど、でも「人生は素敵」って思おうとしている。そこが面白いし、みんなそうなんじゃないかなって思うところでもあります」


――そしてデジレには『ピエロたちの喜劇(Send in the Clowns)』という、数々の大女優たちが歌ってきた名曲のソロがあります。

「これもやっぱり、すごく悲しいことがあったのに、それを「素敵じゃない?」って歌う歌ですよね。ジュディ・デンチやグレン・クローズ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが歌っているのを聴きましたが、それぞれの歌い方があるところに、"大人の歌" を感じます」


――そんな中で、大竹さんはどのように歌いたいと思っていらっしゃいますか?

「今はすごく悲しくて苦しくて辛いけれど、でもいつかは笑いたいっていう、少しの希望も持って歌いたいなと思っています。悲しみの奥にある、ある種の強さというものを、うまく日本語にのせられたらいいですね」

   
文:町田麻子

 
【『リトル・ナイト・ミュージック』バックナンバー】
#1 歌入り本読み稽古潜入レポート
#2 公開稽古レポート
#3 蓮佛美沙子&安蘭けい&栗原英雄&ウエンツ瑛士 座談会

#4 風間杜夫インタビュー

  
【公演情報】
4月8日(日)~30日(月・祝) 日生劇場(東京)
5月4日(金・祝)・5日(土・祝) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
5月12日(土)・13日(日) 静岡市清水文化会館(マリナート)大ホール
5月19日(土)・20日(日) 富山 オーバード・ホール

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8990

前の記事「【エントレ】谷賢一「ドラッグの幻覚症状を生演奏と映像で表現したい」舞台『High Life -ハイ・ライフ-』稽古場公開レポート」へ

次の記事「< 第1回目 >PHOTOGRAPH 51の出演者に聞く作品を解き明かすヒント」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉