中川晃教さん、第1回フランチャコルタ イタリア アワードを受賞!

| トラックバック(0)


イタリアの最高峰発泡性ワイン「フランチャコルタ」。
その「フランチャコルタ協会」が、DOC認定50周年を記念して
【フランチャコルタ イタリア アワード】を制定。

その、記念すべき【第1回 フランチャコルタ イタリア アワード】を、ミュージカル界のスター、中川晃教さんが受賞しました!171115_01_9823.JPG


本日11月15日にイタリア大使館公邸で行われたその授賞式の模様をレポートいたします。


【フランチャコルタ イタリア アワード】は、
「フランチャコルタが成熟していくように、 よいものを見極める目を培いつつ、価値を表現でき、若い時から地位を確立、その後の積み重ねが現在の人生を豊かにしている」女性と、
「フランチャコルタの元となるぶどうのようにフレッシュで、これから世界へ羽ばたいていくであろう」男性へ贈るアワードとのこと。


受賞者は、こちらの方々。171115_05_9802.JPG

●ワインのように「味わい深い大人の女性」
女優:鈴木保奈美さん

●ぶどうのように「フレッシュな男性」
シンガーソングライター/俳優:中川晃教さん

●特別賞
京都吉兆 徳岡邦夫さん


▽ 駐日イタリア大使 ジョルジョ・スタラーチェ閣下よりトロフィーを授与される中川さん171115_11_9770.JPG

▽ フランチャコルタ協会長 ヴィットリオ・モレッティ氏よりトロフィーを授与される鈴木保奈美さん171115_12_9781.JPG


▽ 左よりロンバルディア州農業局長 ジャンニ・ファーヴァ氏、ジョルジョ・スタラーチェ大使、中川晃教さん、鈴木保奈美さん、ヴィットリオ・モレッティ氏、徳岡邦夫さん171115_13_9821.JPG


この賞は、男性は「フレッシュな感性を持ち、今後、エンターテインメントを支えていくであろう、ワインでたとえるならフレッシュなぶどうのような男性」に贈られる賞だということで、中川さん、次のようにご挨拶を。


「本当に嬉しいです。乾杯のときにフランチャコルタを頂きましたが、とてもフレッシュで、飲んだ瞬間に幸せになれる。僕は歌を歌い、ミュージカルをやっているのですが、同じように人を幸せにする仕事に就くことが出来る仕事。そういう共通点も感じ、今日を幸せに感じています」
171115_21_9840.JPG

また今年は、『ジャージー・ボーイズ』フランキー・ヴァリ役で読売演劇大賞最優秀男優賞、菊田一夫演劇賞という大きな賞を受賞したこともあり、

「私が演じた役、フランキー・ヴァリはイタリア系の出身。ちょっとご縁を感じています」とも話していらっしゃいました。



そして今年ももう残すところ1ヵ月ちょっと...ということで、「2017年、やり残したこと」という話題には


「やり残したことのないように生きたいと思っています。が、時間は有限で、すぐに経ってしまいますので......、大好きな人に会いに行きたい。家族や、大切な人と過ごす時間には、「やり尽くした、これで満足」というものはない気がします。でも、その時間を大切にするという気持ちを持ったときに、やり残したことがない、と言えるのかなと思います。なので、大切な人と過ごす時間は大切にしたいなと思います」という思いを語る中川さん。


さらに「2018年の抱負」については、

「今年はデビューしてちょうど16年目。来年は17年目になります。来年、松本零士先生が描いた『銀河鉄道999』が連載40周年になるそうです。その40周年に因んで、ミュージカル化され、僕が星野鉄郎を演じます。
......というように、僕はミュージカル、音楽、色々な活動をし、今日いただいた賞のように「エンターテインメントを牽引していく」、そういう存在になれるように精進していきたい。同時に、みなさんと一緒に盛り上げ、そして応援していただきたいと思っています」と話しました!171115_25_9919.JPG


鈴木保奈美さんとの囲み取材では中川さん、「ワインが、泡が大好き」とも話していらっしゃいましたよ~。
171115_24_9887.JPG
中川さんのこれからのご活躍に、期待です!


取材・文・撮影:平野祥恵


【振り返り:2017年、中川さんが受賞した賞!】

第42回(2016年度)菊田一夫演劇賞授賞式レポート
第24回読売演劇大賞受賞、中川晃教取材会レポート
第24回読売演劇大賞授賞式レポート

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8871

前の記事「【エントレ】串田和美の色で染め上げた新しいチェーホフ「24番地の桜の園」がシアターコクーンで上演中」へ

次の記事「ハダカ座公演『ストリップ学園』藤原祐規×古谷大和×芹沢尚哉「女装してたね、で終わったらもったいない」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉